» スタッフのブログ記事

昨日は、当院に15年勤務した歯科衛生士の送別会でした。

送別会2

送別会1

彼女は、私の父の代から当院に勤務し、移転リニューアルも経験したスタッフでした。当時は、歯科衛生士は彼女を含めて二人、他に受付が一人と私の4人でした。

このころから来てくださっている患者さんもいらっしゃり、いろいろな別れの言葉をかけていただいたようです。彼女は、当院で初めて産休を取って復帰してくれたスタッフであり、

その後も、第二子・第三子と子供を産みながらも、パートや準社員という形で長きにわたり、当院に勤務してくれました。

中でも思い出深いのは移転です。

当時は築50年のビルの1,2階が医院だったのですが、最後の何か月かは、天井からの水漏れ、エアコンの故障、チェアの不具合などいろいろな問題があり、

また、40年父が経営してきた医院の引っ越し作業と後片付けは大変なことでした。

先日、医院が三吉町に移転して5周年を迎え、オープニングスタッフの4人で同窓会もしました。

オープニングスタッフ1

同窓会では、「あの時はあんなことがあったよね」と思い出話に花が咲き、今日の送別会では「来年はああしたいな、こうしたいな」と未来への話に花が咲きました。

私の好きな言葉に「Where there is a will, there is a way」という言葉があります。

願いや夢をもってそれにむかって努力すれば、必ず道は開けると思います。今までも、医院の移転候補地、スタッフ、思い描く医院、頭の中に

こんな環境で働けたらいいなと思うことはすべて実現してくることができました。

今も、こんな医院にして患者様に満足していただける治療を提供したいという思いや、

スタッフに働きやすい環境を整えたい、皆が自分の医院を誇りに思ってくれる医院にしたいという思いがあり

前に進んでいけます。

昨日は、開業の時に設計・施工をしていただいた関係者の方に集まっていただき、今後の構想を練りました。

今年もあとわずか。12月は毎年あっという間に過ぎてしまいますが、皆に支えられて今の自分があることに感謝し、

日進月歩の歯科医療の世界、設備や技術をさらに磨きつつ、最新最良の歯科医療サービスを提供してまいりたいと思っています。

河底歯科・矯正歯科は現在の福山市三吉町に移転して5周年を迎えました。

H22年4月に父から福山で40年続いている歯科を事業承継して、H24年11月に縁あって現在地の三吉町に移転しました。

この5年間を振り返ると、いろいろなことがありました。

H22年には歯科衛生士のスタッフ2名と受付、私の4人でスタートし、現在は10人を超えるプロフェッショナル集団になりました。

H22年にはアナログだった多くの機械類がデジタル化され、レントゲンに関しては、アナログから3次元のCTになりました。

むし歯測定器・世界基準の滅菌器を導入し、滅菌コーナーを改装もしました。

職種も増え、歯科助手・歯科衛生士・技工士・受付とみんなが自分の持ち場をもつプロフェッショナル集団になりました。

そんな中でも、変わらないのは開院当初からの歯科医療に対する考えや自分が何を世の中に提供できるかということです。

当院のコンセプトは、「健口(けんこう)と審美の両立」です。自分の歯で噛める幸せと大きく口を開けて笑える美しい口元を両立させて、口腔内に関する健康を提供することで患者様の人生を幸せにしたい!と考えています。

人数が増えて組織としても大きくなった当院ですが、働く人の幸せも考え、日々福利厚生など考えてきました。

先日、月に1回の全体ミーティングをしていた時のことです。

1人のスタッフがミーティングに少し遅れて登場。

スタッフみんなから5周年のプレゼントをもらいました。

当院のロゴマークをイメージしたバルーン。こんなうれしいサプライズはありません。

5周年スタッフよりプレゼント

ともに働くスタッフ、来てくださる患者様、一緒に仕事をしてくれる技工所や、歯科商店の方、家族、多くの方に支えられて無事5周年が迎えられ、本当にうれしいです。

今後も、患者様にとってはよい治療・環境を、スタッフにとっては働きやすい職場・環境を提供してみんなが幸せになれる歯科を目指したいと思います。

今後も宜しくお願い致します。

当院では現在、歯科衛生士さんを募集中です。業務拡大のためとご主人の転勤で退職するスタッフがいるからです。

現在、歯科衛生士不足が叫ばれていますが、この背景には、実際就業率の低さが大きく起因していると思います。毎年、6,500人の歯科衛生士が世の中に送り出されているにも関わらず、有資格者の6割が未就業の現実があります。

埼玉県においては、全国の登録者数と就業者数から推計した結果、有資格者8,600名中、未就業者数が約5,300人にのぼることが明らかになったそうです。

女性がほとんどという資格なので、結婚・退職で歯科を退職し、そのまま復帰しない現実があるのでしょうね。

当院では、女性が働きやすい職場を目指し、日々、福利厚生など刷新しております。

例えば、

① 子育て支援のための保育料負担制度があります。3才に満たないお子さんを保育所などに預けて働く場合は、医院が保育料を負担します。実際、スタッフからは、子供もかわいいけれど、丸一日子育てと向き合う毎日よりも、働きながら、子育てをするほうが充実していて楽しいという声を聞きます。

② 社保完備です。今の若い世代の方たちは、もしかしたら、老後というのは、自分には来ないずっとずっと先の将来のことだと思われているかもしれません。しかし、『女性が旦那さんの扶養に入って働くのがお得』と考える親世代の常識は通用しないのがこれからです。厚労省の平成28年簡易生命表によると、女性の二人に一人が90代まで生きるといわれています。私たちは、私たちが思っている以上にはるかに長生きするのです。ご主人の扶養に入って働くいわゆる今までのパートさんの働き方では、将来の年金額が頑張って満額国民年金を払っても、月に7万円台しかありません。厚生年金に加入している当院のような歯科で働けば、年金額が格段に増えます。それは、保険料を医院が働く人と同額、負担しているからです。

バラ色老後

③ 歯科衛生士カムバック手当があります。結婚や出産を機会に、歯科衛生士の職から離れていたけど、復帰し、本採用となった場合には、お祝い金として1-3万円をお祝い金として支給致します。

④ 正社員・パートという体系のほかに準社員という体系があります。当院では、18時半の終業でほぼ残業がありませんが、家庭との両立に悩む子育て世代には、準社員としての働き方もあります。正社員と同様、社会保険(歯科医師国保・厚生年金)もかけますので、所得が増えて保険料が増えることがありません。歯科医師国保は、毎月治療代の2,000円を超えた部分が還付されますので、医療保障としても安心ですし、厚生年金もかけられ、将来の年金受給額が確実に増えます。

⑤ 衛生士さんの仕事をいったん離れると復職するのに勇気がいるという声もよく聞きます。当院では、随時更新されているマニュアルとカリキュラムがありますので、昭和時代の「見て覚えてね」ではなく、効率よく確実に仕事が覚えられます。

といったように、多くの働きやすい環境を整えております。院長も、同じ子育て世代として頑張っています。

当院の柱である「予防」の中心となり、活躍してくれる歯科衛生士さん大募集です。年代も20代から40代まで幅広く在籍しておりますので、溶け込めないかも、という心配はご無用です。まずは、見学だけでもして当院の自慢の設備とスタッフをじっくりご覧になってください。ご見学などのお問い合わせは、084-931-0041までまたは、facebookからのメッセージも可能です。

踊る花嫁

「踊る大捜査線」ならぬ「踊る花嫁」を目撃しました。

先日、学生時代から数えると7年間勤務したスタッフの結婚式がありました。

患者さんからも愛された素敵なスタッフでした。

笑いあり涙ありの披露宴となりました。

私も主賓として挨拶をしたのですが、

場慣れしていないせいもあり、緊張しまくりでした。

披露宴も中盤に差し掛かった頃に、

平井堅の「Pop Star」の曲に乗りながら

お色直しをした花嫁が踊っているではありませんか!

踊る花嫁を見るのは初めての体験でしたし、

それが7年間も一緒に働いたスタッフの意外な行動だったので

みんな目をまんまるにして驚きました \(◎o◎)/

途中からは新郎も参入してダンシング。

会場は大いに盛り上がりました。

ほんと、インド映画の「踊るマハラジャ」状態です (^^)

心に残る素敵な披露宴でした。

今の気持ちを忘れず、温かい家庭を築いてほしいな。。