» 社会ニュースなどのブログ記事

セラミックの歯

河底歯科・矯正歯科では、完全にメタルフリーを目指して補綴物(インレークラウンなどのかぶせもの)を一新しました。

院内に技工士がおり、全体ミーティングで銀歯やセラミックの補綴物を勉強し、わかりやすくまとめましたので参考になさってください。

●「かぶせ」と言ったら銀歯・・・だった時代

今、このブログを読んでくださっている、あなた。

鏡の前で、もしくは手鏡を持って、口を大きく開いて、自分の歯を見てください。

「銀歯」は何本ありますか?

「0本だよ!治療した歯はないよ!」というかた。大変素晴らしいです!ぜひ、そのままのお口を保ってください!

大人のかたで「銀歯」がない方は、たぶんすごく稀だと思います。

2014年の調査では、20代~60代の「銀歯」を入れている人の率は、なんと71.2%という結果も出ているくらいです。

では、あなたのお口にも入っている、その「銀歯」。素材は何だかご存知ですか?

銀歯の素材は「金銀パラジウム合金」と言う金属です。

成分を細かく言うと、金12%、パラジウム20%(JIS規格)、銀50%前後、銅20%前後、その他の金属数%・・・という内容です。

この「銀歯」、実は50年間、作り方がほとんど変わっていません。

歯科の進歩がめざましい昨今においてびっくりですよね?!

そして、先進国の中でこんなに「銀歯」を入れている国民が多いのは日本だけです。

なぜ、「銀歯」という、見た目にも目立つ、昔からの素材を日本人は歯にかぶせているのでしょうか・・・?

●「銀歯」を選ぶリスク・・・

「だって健康保険内でできるからでしょ?」

そうですね。みなさん、そう答えられると思います。

日本は基本的に国民皆保険なので、歯科治療も保険内なら3割負担ですみます。

ただ、健康保険内でできる治療だからといって、「銀歯」を選ぶということは、実は様々なリスクを抱える・・・ということにつながっていくのです。

今、歯科医やスタッフ、その家族がむし歯になってかぶせものをどうしますか?という選択肢に直面した場合、銀歯を入れるでしょうか?

答えは「NO」です。

銀歯を入れるということは、

1審美的に美しくない

22次むし歯になりやすい(銀歯の下でむし歯は広がりやすく、再治療が必要になる確率が高くなります。)

3口腔内にいれた銀歯は劣化し、体内に金属が蓄積される(シルバーのアクセサリーや食器を持っている方、銀って黒ずむのをご存知ですよね?)

4金属のせいで歯茎が黒っぽくなる(今ある銀歯が入っている箇所の歯茎の色をよく見てみてください。)

今までは、なんとなく、高いものをすすめにくい、健康保険で認められているものだからとおもい、とくに審美的欲求の高い方にのみすすめていた銀歯ですが、当院では、自分が受けたい治療、自分の家族に受けさせたい治療を目指しています。

そうすると、高くても、よいものはよいセラミックをおすすめすることになるのです。

●まだまだある、「銀歯」のリスク ~ガルバニック電流~

金属製のスプーンなどを口に入れた時に「キーン」と嫌な感じがした経験はないですか?

これは口の中でごく微弱な電流が走っているからなのです。

これが「ガルバニック電流」です。

簡単に言うとガルバニック電流とは、異なる金属同士が触れ合うことで発せられる電流のことです。

「ガルバニ電池」といえば聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

ボタン電池もこの原理を利用して作られています。

とっても飛躍して言ってしまえば、あなたのお口の中でボタン電池のような現象が起こっている!?ということになります!

なぜなのか?・・・お口の中にある金属と言えば・・・

そう、むし歯を削った歯にかぶせた「銀歯」ですね。

銀歯が複数ある人はスプーンを口に入れなくても、口の中の銀歯同士が唾液などを介して接触することにより電流を発していることになるのです。

実はこのガルバニック電流、舌炎を起こしたり、またはアレルギーを発症したりする可能性も指摘されています。

他にも、まだ研究段階ではありますが、このガルバニック電流が原因で、疲れや不眠、イライラなどのトラブルがおこる事があるとも言われています。

●メタル=金属を使わない「かぶせ」へ・・・

ここまで、銀歯の素材である「金銀パラジウム合金」という金属のことをお話ししてきましたが、ひと昔前には「アマルガム」という無機水銀を素材とした詰め物も使用されていました。

しかし、歯科の進歩によって、これら金属の身体への有害性が研究されるようになり、時代は「メタルフリー」へと変化しています。

当院でも、オールセラミックの金属を使わない「かぶせ」や「つめもの」を取り入れ、患者様ひとりひとりのお口の状況に最適な物をおすすめしています。

オールセラミックと聞くと「銀歯ではない、白い歯」というイメージがありますが、

決して「白い歯」という見た目のメリットだけではありません。

口の中の環境を改善することによって、しっかり食べられるようになり、それが身体全体の健康維持にもなりつながり、そしてQOL(生活の質)を高めることにもなる・・・。

私たちはそのように考えて患者様ひとりひとりと向き合っています。

「銀歯が入っているけど、セラミックに変えようかな・・・」

そう思ってくださった方、まだまだ迷いがある方、もっとメタルフリーについて話が聞きたい方、、、どうぞご遠慮なくお気軽にスタッフにお声かけください。


ロンドンオリンピック

ロンドンオリンピックが終わりましたね。
時差の関係から、なかなか生放送での観戦はできませんでしたが
今回もたくさんの感動をもらいました。

個人的には水泳の最終種目である、国別対抗男子・女子400メートルリレーが印象に残っています。
この日はなぜか午前4時に目が覚めて、生放送で観戦することができました。

競泳中の緊迫感、4人の選手の一体感、そして歓喜。
最高の一瞬でした。

競泳男子競泳女子

このような素敵な戦いが繰り広げられると

松岡修造も熱くなっちゃいます!

松岡修造

松岡修造2

他にも卓球女子団体 初の銀メダル

卓球1

バレーボール女子の銅メダル

メダルを目指して、眞鍋監督、スタッフが4年前から綿密な計画を立て

それに選手が応えた結果がメダル獲得に繋がりました。

バレーボール

個人的には、開会式に登場したMr.ビーンのローワン・アトキンソンも良かったです。

Mr.ビーン

ロンドンオリンピック最高でした。

選手の皆さん、感動をありがとう。

HOPE

明けましておめでとうございます。

2011年は日本にとって大変な年になりました。

震災で被害に遭われた方々のことを思うと言葉になりません。

未来を信じて、どうか前向きに生きてもらいたいと願うばかりです。

2011年を表す漢字は「絆」でした。

いろいろな方々との絆を大切にしていく一年にしてまいりたいと思います。

本年もよろしくお願い致します。

スティーブジョブズ

アップルのスティーブ・ジョブズ前CEOが亡くなりました。
私は16年間パソコンはMac一筋でしたので本当に残念です。

16年前に初めてMacを購入してスイッチを入れると
画面に「Hello!」という文字が飛び込んできました。
誕生日には日本語で「お誕生日おめでとうございます」
お正月には「あけましておめでとうございます」
というメッセージが出てくる、こんな遊び心のあるMacが大好きでした。

今では見ることができませんが、当時のMacはフリーズの連発で
パソコンの調子が悪い時に出現する、困った顔のアイコンも
今となってはご愛敬です。

今でもMac、iPhone、iPad、iPodなど
スティーブ・ジョブズが発明した製品に囲まれて生活をしています。

ありがとう。スティーブ・ジョブズ

なでしこジャパン

久しぶりのブログなのですが、サッカーの話題ですいません。

なでしこジャパンのW杯の優勝は久しぶりに喜ばしいニュースでした。
朝が弱い私ですが、スポーツ観戦はリアルタイムでないと面白くないので、午前3時半からテレビの前で観戦しました。

試合内容はご存じのように、手に汗握る最高の試合でした。

一つの目標に向かって、チームが一丸となって戦っている姿はアッパレでしたね。

今回の優勝は元気のない日本に一つの希望を与えてくれました。
こういう明るいニュースが増えてくる世の中になるといいですね。

ありがとう、なでしこジャパン。

アジアカップ優勝

サッカー日本代表がアジアカップに優勝しました。

私は毎試合テレビで観戦しましたが、本当に見ていて楽しいサッカーでした。

サッカー日本代表の選手と監督、コーチ、裏方のスタッフまで一致団結して戦っていました。

チームの団結力は昨年南アフリカで開催されたワールドカップの日本代表チームから引き継がれたものです。

ザッケローニ監督はサッカー日本代表の選手選考を行うにあたり、

技術はもちろんですが、チームに対する忠誠心、素直さを重視して選考したそうです。

「素直な心」大切ですよね。

アジアカップを優勝したサッカー日本代表はこれで満足するようなチームではありません。

もっと上を目指す向上心があります。

私もサッカーの試合を通して刺激を受けました。

常に素直さと向上心を持ち続け、患者さんに歯科医療を提供できるように頑張ります。

ザッケローニ

みなさんはサッカー日本代表が活躍しているアジアカップをご覧になっていますか?
私の中では非常に盛り上がっています。

現在のサッカー日本代表は非常にバランスが取れていて
チームの団結力もあり良いチームだと思います。

その我らがサッカー日本代表を統率しているのがイタリア人のザッケローニ監督。この監督が本当に素晴らしい。

試合中はどんなに苦境に陥っても沈着冷静で、
自分の選んだ選手を信頼し、的確に戦術を伝え実践しており、
選手交代一つをとっても意図がはっきりとしていて
采配に納得できる部分が多いです。
ですから、テレビでサッカー日本代表の試合を観戦していると本当に面白いです。

ザッケローニ監督は普段は温厚でまじめな性格で、
サッカー協会の関係者に対しても大変気を遣われていて
大物監督にありがちな自己中心的な言動は一切ないそうです。

サッカー以外では大相撲を観戦したり、居酒屋で食事をしたりして
日本人の考え方や日本の文化を吸収しようと努力されているようです。

サッカーに関してはイタリアの名門チームを率いていただけあって
ハートも熱く、かと言ってイタリアのサッカースタイルを押しつけるのではなく
日本人に適したサッカーをうまく見つけ出してくれています。

歯科医院の院長の立場というのは、サッカーでいう監督だと思います。
医院をどのような方向に導いていくか、常に判断していかないといけません。

今、河底歯科・矯正歯科は良い方向に変わっていると思います。
私は患者さんの笑顔が増えてきているように感じます。

スタッフ同士のチームワークも良いと感じます。
あとは監督(院長)次第でしょうか。。(^_^;)

さあ、次回のサッカー日本代表は宿敵韓国との大一番!
25日火曜日の夜キックオフです。
たぶん歴史に残る壮絶な試合になると思います。

頑張れニッポン!!