» 社会ニュースなどのブログ記事

ロンドンオリンピック

ロンドンオリンピックが終わりましたね。
時差の関係から、なかなか生放送での観戦はできませんでしたが
今回もたくさんの感動をもらいました。

個人的には水泳の最終種目である、国別対抗男子・女子400メートルリレーが印象に残っています。
この日はなぜか午前4時に目が覚めて、生放送で観戦することができました。

競泳中の緊迫感、4人の選手の一体感、そして歓喜。
最高の一瞬でした。

競泳男子競泳女子

このような素敵な戦いが繰り広げられると

松岡修造も熱くなっちゃいます!

松岡修造

松岡修造2

他にも卓球女子団体 初の銀メダル

卓球1

バレーボール女子の銅メダル

メダルを目指して、眞鍋監督、スタッフが4年前から綿密な計画を立て

それに選手が応えた結果がメダル獲得に繋がりました。

バレーボール

個人的には、開会式に登場したMr.ビーンのローワン・アトキンソンも良かったです。

Mr.ビーン

ロンドンオリンピック最高でした。

選手の皆さん、感動をありがとう。

HOPE

明けましておめでとうございます。

2011年は日本にとって大変な年になりました。

震災で被害に遭われた方々のことを思うと言葉になりません。

未来を信じて、どうか前向きに生きてもらいたいと願うばかりです。

2011年を表す漢字は「絆」でした。

いろいろな方々との絆を大切にしていく一年にしてまいりたいと思います。

本年もよろしくお願い致します。

スティーブジョブズ

アップルのスティーブ・ジョブズ前CEOが亡くなりました。
私は16年間パソコンはMac一筋でしたので本当に残念です。

16年前に初めてMacを購入してスイッチを入れると
画面に「Hello!」という文字が飛び込んできました。
誕生日には日本語で「お誕生日おめでとうございます」
お正月には「あけましておめでとうございます」
というメッセージが出てくる、こんな遊び心のあるMacが大好きでした。

今では見ることができませんが、当時のMacはフリーズの連発で
パソコンの調子が悪い時に出現する、困った顔のアイコンも
今となってはご愛敬です。

今でもMac、iPhone、iPad、iPodなど
スティーブ・ジョブズが発明した製品に囲まれて生活をしています。

ありがとう。スティーブ・ジョブズ

なでしこジャパン

久しぶりのブログなのですが、サッカーの話題ですいません。

なでしこジャパンのW杯の優勝は久しぶりに喜ばしいニュースでした。
朝が弱い私ですが、スポーツ観戦はリアルタイムでないと面白くないので、午前3時半からテレビの前で観戦しました。

試合内容はご存じのように、手に汗握る最高の試合でした。

一つの目標に向かって、チームが一丸となって戦っている姿はアッパレでしたね。

今回の優勝は元気のない日本に一つの希望を与えてくれました。
こういう明るいニュースが増えてくる世の中になるといいですね。

ありがとう、なでしこジャパン。

アジアカップ優勝

サッカー日本代表がアジアカップに優勝しました。

私は毎試合テレビで観戦しましたが、本当に見ていて楽しいサッカーでした。

サッカー日本代表の選手と監督、コーチ、裏方のスタッフまで一致団結して戦っていました。

チームの団結力は昨年南アフリカで開催されたワールドカップの日本代表チームから引き継がれたものです。

ザッケローニ監督はサッカー日本代表の選手選考を行うにあたり、

技術はもちろんですが、チームに対する忠誠心、素直さを重視して選考したそうです。

「素直な心」大切ですよね。

アジアカップを優勝したサッカー日本代表はこれで満足するようなチームではありません。

もっと上を目指す向上心があります。

私もサッカーの試合を通して刺激を受けました。

常に素直さと向上心を持ち続け、患者さんに歯科医療を提供できるように頑張ります。

ザッケローニ

みなさんはサッカー日本代表が活躍しているアジアカップをご覧になっていますか?
私の中では非常に盛り上がっています。

現在のサッカー日本代表は非常にバランスが取れていて
チームの団結力もあり良いチームだと思います。

その我らがサッカー日本代表を統率しているのがイタリア人のザッケローニ監督。この監督が本当に素晴らしい。

試合中はどんなに苦境に陥っても沈着冷静で、
自分の選んだ選手を信頼し、的確に戦術を伝え実践しており、
選手交代一つをとっても意図がはっきりとしていて
采配に納得できる部分が多いです。
ですから、テレビでサッカー日本代表の試合を観戦していると本当に面白いです。

ザッケローニ監督は普段は温厚でまじめな性格で、
サッカー協会の関係者に対しても大変気を遣われていて
大物監督にありがちな自己中心的な言動は一切ないそうです。

サッカー以外では大相撲を観戦したり、居酒屋で食事をしたりして
日本人の考え方や日本の文化を吸収しようと努力されているようです。

サッカーに関してはイタリアの名門チームを率いていただけあって
ハートも熱く、かと言ってイタリアのサッカースタイルを押しつけるのではなく
日本人に適したサッカーをうまく見つけ出してくれています。

歯科医院の院長の立場というのは、サッカーでいう監督だと思います。
医院をどのような方向に導いていくか、常に判断していかないといけません。

今、河底歯科・矯正歯科は良い方向に変わっていると思います。
私は患者さんの笑顔が増えてきているように感じます。

スタッフ同士のチームワークも良いと感じます。
あとは監督(院長)次第でしょうか。。(^_^;)

さあ、次回のサッカー日本代表は宿敵韓国との大一番!
25日火曜日の夜キックオフです。
たぶん歴史に残る壮絶な試合になると思います。

頑張れニッポン!!