» 予防のブログ記事


DAの重森です。今回は「歯磨きの仕方」についてお話しします。

皆さんは1日に歯磨きを何回していますか?そして歯磨きにかける時間はどれくらいですか?

歯磨きは、1日最低でもの2回、特に夜寝る前の歯磨きはとても大切です。

また歯磨きにかける時間は7分~10分が理想。12回の歯磨きすべてこの時間はかけられないとしても、夜寝る前の歯磨きはしっかりと時間をかけましょう。

ただし、なんとなく歯磨きをして10分が経った・・・ではあまり効果的ではありません。

歯磨きの仕方にはいくつかの方法がありますのでご紹介します。


●歯磨きの仕方1 ~縦磨き法~

この磨き方は、歯と歯の間が広く開いている人、細かな操作が困難な人に向いています。

・歯ブラシの毛先を歯に対して直角にあてて、歯の根元に向けて上下に歯ブラシを

動かします。

・歯の裏側は歯ブラシを縦に使います。

・歯の噛みあわせの面には歯ブラシを前後に動かします。

・奥歯には歯ブラシを斜めに入れて往復させます。


●歯磨きの仕方2 ~スクラビング法~

この磨き方は、軽い歯肉炎がある、歯肉が退縮している、知覚過敏・・・などのお口の状態の方におすすめです。

・歯ブラシの毛先を歯に対して直角にあて、小刻みに左右に往復させます。

・前歯の裏側は歯ブラシを縦に入れて1本ずつ小刻みに動かします。

・奥歯は、歯と歯の境目に毛先を当てて、小刻みに動かします。


●歯磨きの仕方3 ~バス法~

歯茎が腫れている、出血がある、歯周ポケットが深い・・・などのお口の状態の方に向いている磨き方です。

ただ、歯ブラシの操作が難しいことと、誤った磨き方をした場合歯茎を傷付けることがありますので注意が必要です。

・歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目にあて45度の角度を保ちながら左右に小刻みに

動かします。動かすというより振動させる、という感じです。

・前歯の裏側は、歯ブラシを縦に入れて、1本ごとに振動させるように磨きます。

・奥歯の裏側は、表側と同様に行います。



このほかにも細かい磨き方はいろいろありますが、どの磨き方も、あまり力を入れすぎると歯が摩耗したり、歯茎が退縮したり傷が付いたりすることもあります。

自分のお口の状態に合った磨き方をすることが大切ですので、歯磨きについて不安に思われた方は来院時に歯科衛生士におたずねください!

●乳歯は虫歯になりやすい・・・

以前のブログで乳歯のことについてお話ししてきましたように、乳歯はとても大切な歯です。

しかし、乳歯は永久歯に比べて未熟なのでとても虫歯になりやすいのです。

乳歯で特に虫歯になりやすい歯は以下の通りです。

・上の前歯・・・歯の付け根と、歯と歯の間に汚れがたまりやすい。

・奥歯・・・23歳頃に生えてくる。いちばん虫歯になりやすい。

また、乳歯は虫歯になると進行が早いので注意が必要です。

●子どもの歯磨きについて

お子さんの大切な歯を虫歯にしない為にも、歯が生え始めたら、口の中のケアと歯ブラシに慣れさせる練習をしましょう。

・食後はぬらしたガーゼで歯を拭く(生後78ヶ月頃から)

・乳児用歯ブラシでケアをする

・上下の前歯が生えてくる1歳半頃から歯ブラシを使用する

・食べたら歯ブラシを持たせたり、口にくわえたりさせ慣れさせる

磨き方は、汚れがたまりやすい歯の付け根、歯と歯の間などをお子さんが嫌がらないうちに手早く磨きます。

食べたら磨く、のが理想ですが、その日の汚れをその日の内に落とすことを心がけましょう。

●仕上げ磨きについて

お子さんの歯を守っていく上で大切なのは保護者の方のチェックです。

2歳くらいまで・・・保護者の方が全面的に磨いてください

6歳くらいまで・・・お子さんの磨き残しを磨きましょう。仕上げ磨きです。

9歳くらいまで・・・お子さんの歯磨きをチェックしてください。点検磨きです。

ここに書いた年齢はあくまで目安です。お子さん個々の成長や性格などに合わせて保護者の方がチェックをしてあげてください。


●磨き残しをしないためには・・・

ここまで歯磨きの仕方についてお話ししましたが、実は歯磨きのみでは、約7割しかプラーク(歯垢)を落とせないのです!

この磨き残しをしないためには、歯ブラシの他に、デンタルフロスや歯間ブラシなどの歯と歯の間を掃除するためのアイテムを使いましょう。

デンタルフロスや歯間ブラシは、歯間に挟まった食べかすを取る爪楊枝の代替品ではありません。歯ブラシと同様、プラークを取るのに必要なアイテムなのです。

ただ、フロス(糸)となると使い方が難しい・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれません。当院では、フロス初心者の方も使いやすいY字型のホルダータイプのフロス(ウルトラフロス)もご用意しておりますので、スタッフへお気軽にお声かけください。

●おススメの歯磨きアイテム

ここで、重森おススメの歯磨きアイテムをご紹介します。参考になさってください。

・フィリップス ソニッケアー

電動歯ブラシです。音波水流で歯垢を落とします。

通常の手磨きの半分の力でブラッシングでき、毛先の届きにくい歯間部や奥歯などのプラークを効果的に除去します。

歯垢除去力は、手磨きの最大10倍!

んといっても、楽です。自分で手を動かすことがないので、私は、テレビをみながらゆっくり磨いています。

ソニッケアー

・テペ(歯ブラシ)

予防歯科の先進国であるスウェーデン製の歯ブラシです。

なんと、スウェーデンの薬局で購入された歯ブラシの77.2%はテペ製なのです。

ちなみに、みなさん、歯ブラシいつ交換しましたか?

歯ブラシの交換は1ヶ月に1回が目安です。

毛先が開いてしまった歯ブラシでは、歯ブラシ本来の歯垢除去力が発揮されません。

また長期間使っている歯ブラシには細菌もたくさんついてしまっています。

当院は、歯ブラシを単なる歯磨きの道具とは考えていません。

風邪をひいたらお薬を処方するにように、当院では、患者さんお一人おひとりに合わせて歯科衛生士がおすすめの歯ブラシを処方しています。

アシスタントの重森です。冬休みが終わり、世の中のお母さんは、ほっとされているのではないでしょうか?


今日は、お子様の歯の本数について、書いてみたいと思います。意外と歯の本数ってご存知ない方が多いんです。

「あれ?うちの子、今、何本生えているのかな?」特に小学生頃のお子さんがいらっしゃる方でしたら、大人の歯が何本生えたのか?気になるところですよね。また、3歳くらいの小さなお子さんをお持ちの方ですと歯がどれくらい生えてきたのか?などもお子さんの成長を感じる上で楽しみではないかと思います。子どもの歯、いわゆる乳歯は上下でそれぞれ10本ずつ、合計で20本、生えてきます。ちなみに大人の歯、いわゆる永久歯は上下それぞれ14本、合計28本です。親知らずを含めると28本+4本で32本になります。

乳歯


乳歯から永久歯への生え変わりの時期については個人差がありますが、目安として参考にしてください。乳歯は3歳頃までに20本すべてが生えそろいます。そして6歳頃から永久歯が生え始めます。まず「6歳臼歯」という大きな大人の歯が乳歯の一番奥に生えていきます。

歯ブラシを奥歯に入れるとお子様が「おえっ」となってしまう、または、奥までよく見えなくてついつい歯ブラシが届かないなど難しいですが、この6歳臼歯は、大人の歯です。死ぬまで一生使う歯ですから、大事にしてあげてくださいね。

つづいて、7歳~11歳頃には、まず切歯が、続いて犬歯(糸切り歯)と小臼歯が順々に生え変わります。そして12歳頃には第二大臼歯が生え始め、14歳頃までには親知らず以外の永久歯が生えそろいます。第二大臼歯は6歳臼歯のさらに奥なので歯ブラシが届きにくい為、虫歯に注意しましょう。なお、生え変わりの順番についてはばらつきが大きいので必ずこの限りではありません。生え変わりの時期についても個人差があります。乳歯は34ヶ月、永久歯は1年弱ほどの差があっても異常ではありませんのでご安心ください。

また、お母さまとお話していると、乳歯は、いつか抜けるから、という考えをお持ちの方が多いことに驚きます。

乳歯は、単純に永久歯が生えてくるまでの歯というわけではなく、次に生えてくる永久歯を誘導するガイドの役割も担っていますので虫歯などで乳歯があまりにも早い時期になくなってしまうと後から生えてくる永久歯にも影響が出る場合もあります。

生え変わりの期間は小学校に通いお子さんの自立心も次第に出てくる時。お口の中の状態までお父さん、お母さんの目が届かなくなる時期かもしれません。また、乳歯でもむし歯になってしまうと、痛みを避けるために、噛むところが偏る場合があります。これが癖になると歯並びに影響を与えることもありますので、 「ただの乳歯」ではなく、乳歯だからこそ、大事にしてあげてください。

当院に通院されているお子様は3か月ごとにフッ素を塗布し、ご家庭でも毎日のフッ素洗口を推奨しております。お子様に初めて歯が生えた時の感動を思い出して、一生自分の歯で食べられるよう、親子で歯を大切にしてくださいね。