福山市中心部の一般歯科・矯正歯科・ホワイトニング・インプラント「河底歯科・矯正歯科」

  • 矯正歯科 福山
  • 院内設備
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • よくある質問
  • 料金表
WEB予約
河底歯科・矯正歯科の「患者さんに喜ばれる7つのポイント」
河底歯科・矯正歯科の求人のお知らせ 歯科衛生士・歯科医師を募集中。詳しい情報はこちら
河底歯科・矯正歯科の最新情報をお届けするBlog

は休診日です

お気に入りに登録する

矯正歯科【河底歯科・矯正歯科】

矯正治療をはじめる前に

歯並びや噛み合わせが悪いと・・・

  • ガタガタの歯並びだと、磨き残しがあることにより、むし歯や歯周病になりやすい。
  • 食べるときにうまく噛み切れない。
  • あごの成長期に悪い歯並びを放置しておくことで、あごの成長が悪くなったり、変形を起こすことがある。
  • 息がもれるなどして発音に影響をおこす場合がある。
  • 悪い歯並びがコンプレックスになり、大きく口を開けて笑えない。
  • 噛み合わせが正しくないと、頭痛や肩こりなどの原因になることがある。

歯のガタガタ、出っ歯、受け口などのいわゆる不正咬合を治すと、審美的な改善だけでなく、咀嚼機能の改善、発音障害の改善、むし歯ができにくくなるなどのメリットがあります。

当院の矯正治療は日本矯正歯科学会の認定医が行います
―矯正治療を行う医院をあなたはどのように選びますか?―

日本矯正歯科学会認定医

当院は、いわゆる「○○矯正歯科」という名前ではありませんが、日本矯正歯科学会の認定医が治療を行っています。
「△△矯正歯科」と標榜している歯科医院は、一般的に矯正を専門にされている先生が治療を行っている医院です。一般の患者さんには、矯正専門のところでやったほうがよいのか?当院のように一般歯科もやっているところでやったほうがよいのか、わかりにくいと思いますので、ここでは私の個人的な見解を書きたいと思います。

矯正治療というのは、専門的な知識と経験が必要ですが、実は制度のうえでは歯科医師免許をもっていれば、矯正歯科を標榜することは可能です。全国的にも、矯正治療を手がける医院は年を増すごとに増えてきてはいますが、「認定医」は矯正治療を行う歯科医の1割程度しかおりません。
(全国に10万人いる歯科医師のうち、日本矯正歯科学会の認定医は約2000人つまり、全体の2%です。)
つまり、ほとんど矯正治療の経験がなく、専門的な知識が少ないにも関わらず、矯正治療を行っている歯科医院も多く存在しているのです。

したがって、矯正を行う医院を選ぶ際に、単純に「遅くまでやっているから」「近くだから」という理由で一般歯科での矯正治療をするのなら、私は矯正の専門の医院で治療を行うことをお奨めします。

ただ、矯正専門の医院で治療することにもデメリットはあります。それは、むし歯の治療ができないことや一般歯科への知識が相対的にないことです。矯正治療も一般治療もどちらも歯の治療であるわけですから、密接に関連しており、私自身、多数の臨床を経験し思うところは、一般歯科治療と矯正治療を両方できるということは、1+1=2をはるかに上回る相乗効果を生むということです。

当院に来られる患者さんにも矯正とインプラントを併用したり、歯周病の治療をしながら矯正をしたり、という方が多くいらっしゃいます。患者さんのお口の中を見ていると、多くの方は、歯周病、入れ歯・差し歯が合わない、歯並びが悪く咀嚼ができないなど、一つではなく、いろんな種類の問題を同時に抱えていらっしゃるのです。
当院では、このような方に「歯並びは治せますが、インプラントはできません。」とか「むし歯は治療できますが、この歯並びを治すことはできません。」など言うことなく、様々な治療方法、また専門医にはない発想で包括的な治療をすることが可能です。

当院で矯正治療を行うメリット

1. 最新の材料を用い、歯を動かす痛みのより少ない治療を行います

当院で使用している材料には次のようなメリットがあります。

【セルフライゲーションシステム(痛みの少ない矯正)】

セルフライゲーションシステム

セルフライゲーションシステムは、従来の装置に生じる「歯を引っ張るワイヤーと、歯に固定するブラケットとの摩擦抵抗」をより低くする設計がされた装置です。
従来の装置と比較して

  • 歯の移動が早く、治療期間が短縮される。
  • 歯に加わる力が低侵襲(ていしんしゅう)で体にやさしい。
  • 歯を動かすときの痛みが少ない。

2. 一般歯科も対処可能

矯正治療期間中というのは、装置をつけ、歯磨きが難しくなるのでむし歯ができるリスクが高くなります。また、治療を始める前に親しらずなど抜歯が必要となるケースもあります。
矯正専門の歯科医院では、むし歯ができたら、矯正治療を中断し、むし歯を治療することになりますが、当院では、すぐに治療ができます。(他の一般歯科からの紹介で矯正治療を当院で行われている場合は、かかりつけの先生のところで治療を行っていただきます。)

3. 広島大学病院矯正科出身で、これまでに1,000人以上の矯正治療を行いました

当院では、昭和47年に先代が福山の地で初めて矯正治療を開始して以来、2,500人以上の患者さんの矯正治療を行ってまいりました。
現在院長である私も、広島大学病院矯正科出身で、これまでに1,000人以上の矯正治療を行っております(H29年8月現在)。

4. スタッフに矯正経験者が複数います

矯正治療は一般のむし歯治療に比べて費用が高額で期間も長くなることで治療前・治療中と不安や悩みがあるかと思います。そんなときは、当院スタッフにも矯正治療経験者がおりますので、歯磨きの仕方、他にどんな小さいことでも、遠慮なくご相談下さい。

PDFファイルを閲覧するのに「ADOBE READER」が必要です。 ADOBE READER

5. 日本矯正歯科学会の認定医が常駐

矯正治療の装置は、人工的につけたものなのでとれることもありますし、歯が動くことによりワイヤーが歯茎などにあたったりすることもあります。矯正治療の通院は、基本的に月に1回ですが、当院は、日本矯正歯科学会認定医が常駐しておりますので、臨時的なお困りごとに直ちに対応できるのは安心です。

あなたの歯並びをチェックしてみましょう

第一印象で歯並びがきれいだと好感度が高くなります。
皆さんは、「顔の美しさ」の定義をご存知ですか?雑誌やコマーシャルに出てくるモデルさんやタレントさんの口元をチェックしてみてください。

1954年にアメリカの歯科矯正医Dr.ロバート・リケッツが顔の美しさとは輪郭であり、特に側貌(横顔)の形が重要であると提唱しています。

では、何が横顔の美しさの決め手になっているのでしょうか。実は、その決め手は「鼻から顎にかけての形」と言われています。これは、「エステティックライン」略して「Eライン」と呼ばれています。
このEラインとは、歯並びを作り出す矯正治療の診断にとって、重要な美しさの基準であり、「Eラインの中に唇が収まる」ことが美人の条件です。日本人は、欧米人にくらべて鼻が低いため、上下唇がともにラインに接した位置にあるのが一般的に美しいとわれています。

Eライン

歯並びやかみ合わせが悪いと、このEラインが崩れてしまいます。

そこで「正面から」、「横から」の自分の顔を、鏡で見てチェックしてみましょう。


チェックポイント1「正面から」

  •  上の前歯と下の前歯の真ん中が一直線上になっている
  •  上の前歯と下の前歯が互いに噛み合っている

チェックポイント2「横から」

  •  唇がEライン上もしくはやや内側にきている

チェックポイント3「歯の並び方」

  •  成人は、口の中心から左右に7本ずつ、上下に14本ずつ計28本(親知らずを除く)の永久歯がそろっている

不正咬合の種類

矯正治療を要するケース〜あなたはどのタイプですか?

審美的に問題
上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
反対咬合
(はんたいこうごう)
上下顎前突
(じょうげがくぜんとつ)
叢生
(そうせい)
上顎前突 反対咬合 上下顎前突 叢生
いわゆる出っ歯。日本人に多い。前歯の突出により口の中が乾燥し、歯周病やむし歯を誘発しやすくなることもある。 下顎前突(かがくぜんとつ)ともいう。いわゆる受け口。噛む力が弱くなったり、サ行・タ行を発音しにくいという問題もある。 上下の前歯・または顎の骨が出ている状態で鳥の口のようなことからアメリカでは、バードフェイスと呼ばれる。うまく噛めないという問題もある。 八重歯や乱ぐい歯(らんぐいば)のこと。でこぼこの状態で歯磨きが難しく、むし歯や歯周病の原因になることもある。
機能的に問題
開咬
(かいこう)
交叉咬合
(こうさこうごう)
過蓋咬合
(かがいこうごう)
開咬 交叉咬合 過蓋咬合
一部の歯(例えば前歯)が開いたままで咬み合わない状態。麺類などをうまく噛み切るのが難しい。 歯の前後位置が1本か2本、逆の状態。顔面が非対称になることもあり、ひどい場合は強く噛んだり歯をくいしばることができない。 上の歯が下の歯に必要以上にかぶさっている状態。咬み込みが深く、歯をすり減らしてしまう。

悪い歯並びになる原因

  • 遺伝
    歯の大きさ・本数は遺伝により決まっていることが多く、親が受け口であればその子供も受け口になりがちな傾向があります。
  • くせ
    舌を突き出す・つめをかむ・指しゃぶり(3〜4歳くらいまでは問題ありません)などのくせを続けていると開咬や出っ歯の原因になることがあります。
  • 食事
    近年の食事はハンバーグ・パスタなどのやわらかい食べ物を食べさせる家庭が増え、また栄養価が高いため、顎の骨が十分に発達せず、1本1本の歯は大きくなる傾向にあります。その結果、小さい顎に大きな歯が並びきれず歯並びが悪くなりがちです。
  • 口呼吸
    慢性的な鼻炎などで鼻がつまった状態だと、舌の位置が変わったり、筋肉のバランスが崩れ、受け口や出っ歯の原因になることがあります。
  • 乳歯のむし歯
    乳歯は永久歯がきちんと生えるためのガイドの役割をはたしています。そのため、乳歯がむし歯で失われたり、むし歯が痛くて偏った噛み方をすると歯並びが悪くなることがあります。

さあ、矯正を始めましょう!

矯正治療によって素敵な笑顔を手に入れませんか?

日本では海外と比較して、まだ歯並びの意識に関しては後進国です。最近では東京キー局のアナウンサー試験に合格すると、入社までに歯並びを治してくるようにといわれるそうです。

矯正治療によって素敵な笑顔を手に入れませんか?

矯正治療の流れ

STEP1  矯正相談(30分〜1時間)

矯正相談

来院されてからお口の状況をチェックさせていただきます。
矯正治療は、一般のむし歯治療などに比べて費用も高く、期間も長くなりますので、患者さんの現在のお口の状態を歯科専用カメラで撮影し、一緒にみていただきながら、どのように治療をしていくことになるか概略をご説明します。
矯正治療というのは、我々も努力しますが、患者さんやご家族の方のご理解・ご協力も必要になりますので、患者さんが一番気にされている点など詳しくお話をお聞きします。


STEP2  精密検査(約1時間)

精密検査

詳細な治療計画をたてるため、歯型の採得、レントゲン写真、より詳しい口腔内写真などの検査を行います。


STEP3  診断(30分)

診断

検査の結果をもとに、具体的にどのような矯正治療を行っていくかご説明します。
患者さんのご希望も、今後の治療計画に大いに影響しますので、ご不明な点、ご心配な点をしっかりお聞かせ下さい。


STEP4  矯正治療開始(装置装着時などは1時間、調節は30分)

矯正治療開始

当院では、まだ乳歯が残っている方は1期治療へ、永久歯に全て交換している方は2期治療へと進んでいただくようにしております。


1期治療では、永久歯に生えかわる前に顎を広げたり、顎の成長発育を利用したりして、治療を進めていきます。顎を広げることにより、永久歯交換後に矯正治療を始める場合より、歯を抜く確率を低くすることが可能です。すなわち、これから生えてくる永久歯の場所を確保したり、永久歯の生えてくる位置を正しい位置に誘導することが目的となります。

2期治療では、永久歯交換後に歯に小さいボタンのようなものをつけて歯を1本ずつ積極的に動かす治療を行っていきます。お子さんでも、乳歯が全て永久歯に生えかわっていれば、ここからのスタート、また成人の方は当然ながら、ここからスタートします。1期治療からスタートした方は、2期治療が比較的短く終わります。

リテーナー

2期治療終了後は、歯が元に戻ろうとするのを防ぐためリテーナーという装置を使用します。歯並びがきれいになり、装置をはずしてしまうと歯はフリーの状態になり、治療前の位置に戻ろうとする傾向にあります。これを防ぐ為に、リテーナーと呼ばれる歯を固定する装置をつけます。非常に目立ちにくく、他人からは装置をつけていることすらわかりません。最低2年はつけていきますが、この間、定期的にお越しいただき、チェックと装置の周りのクリーニングを行います。


矯正治療のよくある質問

河底歯科・矯正歯科 Information

河底歯科・矯正歯科

所 在 地 〒720-0031
広島県福山市三吉町2丁目14番8号
084-931-0041
owl@kawasoko-dental.com
診療内容 一般歯科・矯正歯科・小児歯科
インプラント・予防歯科・歯周病治療
休 診 日 日曜日、祝日、水曜日(祝日がある週は水曜日も診療を行います)
河底歯科・矯正歯科の診療時間

土曜日は14:00-18:00まで

河底歯科・矯正歯科へのお問い合わせはこちら

河底歯科・矯正歯科「福山駅徒歩5分」・アクセスマップ