MonthlyArchive: 2010.10

歯が生えた!

歯が生えた

うちの子どもに歯が生えました。
最初に生えてくる歯は、写真のように下の前歯です。
笑うと2本の歯がニョキッと見えます。

まもなく1歳になりますが、歯みがきは当然無理なので
ガーゼで軽く拭いてあげるような感じでOKです。

食べることが大好きな◯◯ちゃん。

虫歯にならないように、気をつけねば。。

ソフトボール大会

ソフトボール

先日、御調町にて広島県の歯科医師会対抗ソフトボール大会が開かれました。

福山歯科医師会からも3チームエントリーして、優勝を目指すべく7月から毎週練習を重ねてきました。

結果は・・3チームとも1勝もできずに終わってしまいました。
福山歯科医師会始まって以来の快挙?だそうです。

私は一番強いチームに所属して、2番セカンドで出場しました。
ヒットを打ったり、守備ではダブルプレーをすることもできましたが、肝心なところで三振やエラーをしてしまい、チームに迷惑を掛けてしまいました。

悔しさいっぱいの大会となってしまいましたが、福山チームは明るくて和気あいあいとした雰囲気なので、参加していて楽しかったです。

来年こそ、優勝を目指します!

奇跡の救出劇

チリ落盤事故

チリで起こった落盤事故の救出劇は本当に素晴らしかったです。。
私は深夜であるにもかかわらず、インターネットで救出の模様を見ていました。
作業員が生還して、家族や救助に関わった人としっかり抱き合う姿は本当に感動的でした。

今回の落盤事故では33人の作業員が奇跡的に生還することができました。
この奇跡には33人の作業員の現場監督であるルイス・ウルスアさんの
冷静な判断と統率力が不可欠であったと報道されています。

人間は窮地に陥るとパニックになったり、動揺したりするものですが
現状をしっかりと把握し、救助に少なくとも20日間を要すると分析した後、
2日分の食料の配分など、その指導力には感服しました。

救助活動を見ていて、そこにはいろいろな人間模様がありました。
大統領の思惑など、いろいろと報道されておりますが
私は純粋に「人間愛の美しさ」「生命力の凄さ」「愛国心」を感じました。

救出された作業員の中に全身麻酔手術が必要なほどの歯の感染症を患っている方がいると報道がありましたが、
おそらく歯に感染が起きて、膿(うみ)が溜まったのではないかと思います。
全身麻酔をする必要があるのかは疑問ですが・・

救出劇は素晴らしかったですが、このような事故が繰り返されないことを願うばかりです。

ノーベル賞バンザイ!

鈴木章根岸英一

今年のノーベル賞に2人の日本人が受賞されました。
本当に素晴らしいことですし、日本人として誇りに思います。
ただ30年前の成果が今ごろになって評価されるというのは少し複雑な気持ちです。
せっかく素晴らしい研究をして実績を残しても、長生きをしないとノーベル賞を受賞することは難しいのです。

ノーベル賞とは全く無縁の私も大学院で4年間研究をしていた時期があります。
大理石骨病のマウスについての研究をしていました。
毎日マウスとにらめっこ。

ある時期、研究に行き詰まってしまい、研究を指導して頂いた師匠に相談に行きました。
「君が今やっていることは、我々の研究にとって非常に大切なことなんだよ」と励ましていただきました。

そして師匠のカバン持ちとして、京都大学再生医科学研究所に見学に行かせていただきました。
そこはまさにノーベル賞を狙いに行くぞ!という雰囲気の研究所でした。
圧巻というか、衝撃を受けて帰ったのを今でも覚えています。
日本の最先端の研究というのは本当に凄いです。

日本の経済状況は決して良くないですが、何でも仕分けして予算を切り詰めるのではなく、
しっかりと研究をしている所には予算をつけて、将来のノーベル賞に繋げてもらいたいものです。

矯正認定医更新

矯正認定医 2010 〜

先日、日本矯正歯科学会の矯正認定医を更新しました。
矯正認定医は一度取得したら永久に認定医であるかというと、そうではなく、5年毎に更新をしなければなりません。

ただ書類を出せば更新されるというものではなく、毎年矯正の学会に参加して、常に新しい知識や技術を研鑽しなければなりませんし、学会での発表や論文の投稿など、いくつかの条件をクリアしないと認定医を更新することができません。

歯科医師であれば「矯正歯科」の標榜を掲げ、治療を行うことはできます。

しかしながら、矯正歯科というのは専門性が非常に高く、知識、経験が豊富であることが必要なため、日本矯正歯科学会が矯正治療に関して適切かつ充分な学識と経験を有する歯科医師を「認定医」として認定しています。

私は患者さんに安心して矯正治療を受けていただくためにも今後も「認定医」を更新していこうと思います。

1 / 212
ページの先頭へ戻る