DailyArchive: 2019.03.10

娘の矯正治療

こんにちは。事務局の河底です。娘の左上2番(上の歯の正中より2番目の歯)が出てきて、装置を撤去しました。

よくお子様の矯正で「1期からしたらいいの?」『2期からしたらいいの?」

と私自身、お友達に聞かれます。私は、一般的には1期からしたほうがいいと思いますが矯正治療の場合、治療をする本人と親御さんの協力と両方が必要なので、例えば、親が治療したくてもお子さんの同意が得られないのであれば大人になってからするのも一つの方法と思っています。

または、院長の診断により1期はせずに永久歯交換後、成人矯正ということもあります。

 

1期治療の最大のメリットは歯槽骨が成長中ということです。

本人の成長力を引き出しながら、予防的に歯並びをよくしていける時期が1期なのです。

また、お母様によく聞かれるのが、乳歯と永久歯の色の違いです。

大人の場合は全てが永久歯なのであまり思わないかもしれませんが、お子様の場合、永久歯と乳歯が混在している状態なのでよく気づかれる方は

この色の違いを不思議に思われるかもしれません。

永久歯は乳歯と比較すると黄色いです。乳歯のほうが白いのは普通の事です。
理由は、歯の構造の違いによります。(基本的な構造は同じです)

歯の一番外側の部分をエナメル質といいます。エナメル質は、中の象牙質(ぞうげしつ)という部分を覆っています。
この象牙質はエナメル質に比べて黄色っぽい色をしています。
乳歯より、永久歯のほうが象牙質の厚さがあるので、それが透けることによって、
黄色っぽくみえるのです。(食べ物などの着色もあります。)

娘の歯並び観察期です。今は装置を一時的に撤去していますが、まだまだ乳歯と永久歯が混ざっている状態です。

定期チェックをしながら、虫歯の予防をしたり、変な癖がないかのチェックも行います。

最近、テレビを見ていると舌癖が多い大人が多いことに驚きます。特に林修先生や、名前はわからないのですがコメンテーターの方で

舌癖がある方が多いのに驚きます。特徴としては、舌ったらずな甘えたような口調ですのでシリアスな話題を喋れば喋るほど違和感があります。

当院では、MFTトレーニングも行なっております。

自分のお子様が風船が膨らませることが当然できると思っている親御さん、できるかどうかぜひお試しください。

 

 

ページの先頭へ戻る