あなたは、矯正治療を行う医院をどのように選びますか?

認定医

今日は矯正をするにあたりどこの歯科医院を選択するのがよいのか、そして矯正専門医院と当院の違いについてもお話していきたいと思います。

矯正をしたいと思ったらまずどこの歯科医院でするのかを選択しなければいけません。

矯正専門医院の方がいいのでは?と思われる人が多いと思いますが、ここでは私が当院に勤務し始めて、思った個人の見解を述べたいと思いますので参考にしてくださいね

矯正治療は、歯科の中でも特に専門性が高い分野と言われています。

しかし、歯科医師免許を持っていたら、標榜科目は自由です。わかりやすく言えば、矯正治療を一度もしたことがなくても矯正歯科と標榜することもできるのです。

そこで、一つのわかりやすい基準となるのが、「日本矯正歯科学会の認定医」資格です。全国10万人いる歯科医師のうち、日本矯正歯科学会認定医は約2965人(2015年)です。認定医の取得には、5年以上の矯正治療経験と50症例以上の実績が必要とされていますが、矯正治療をされる方は、むし歯の治療よりはるかに長い治療期間と費用をかけるわけですから、しっかり歯科医院は選ばれたほうがいいと思います。

通常は、認定医を持っている歯科医師は、矯正専門医院で開院するケースが多いです。

私も、入職してから、院長に話を聞いたことがあります。

「どうして矯正専門医ではなく、一般歯科もできるようになったんですか?」と。

院長は、先代の院長(院長の父)が矯正治療と一般治療を両方やっていたことが大きいけれど、自分が父親になったときに、子供のむし歯治療ができないのではなく、むし歯の治療もできる歯科医師になりたいと思ったのが、両方を手がけるきっかけだったそうです。

また、インプラントに関しても、先代の院長がしていたので、引き継ぐ形ですることになったが、歯がなくなったときの選択肢として、インプラントの意義を非常に強く感じて、研鑽を続けているそうです。

また、矯正治療に対しては、

「矯正治療は最大にして最高の予防」

「矯正治療こそが、予防のスタートラインだ」という信念があるそうです。

よく、院長が八重歯のおばあちゃんはいないんだよという話をするのですが、八重歯をそのままにしておくと口腔内の歯が少しずつ崩壊していくそうです。

歯並びをよくすると、見た目だけを気にされる方がたくさんいますが、

・むし歯や歯周病のリスクが少なくなる

・かみあわせがよくなり、食べ物をよく噛めるようになる(胃腸に負担を与えない)

など、健康面でも、いいことがたくさんなんですよ。

また、矯正専門医ではなく、当院のような一般歯科も手掛ける認定医で治療するメリットはほかにもあります。

矯正治療中にむし歯ができたり、抜歯となった場合、当院は、すぐに対処できます。

でも、それよりももっと大きい意義があります。

それは、矯正をしている先生は、歯並びをよくすることに重点を置いて矯正治療をしますが、当院では、補綴と言ってかぶせの治療などもできるので、矯正専門医にはない発想で患者さんの口腔内をよくする方法を提案できます。

矯正治療は、予防のスタートラインといえる素晴らしい治療です。

通常のむし歯の治療に比べ、患者さんの感動も大きいですし、喜ばれます。しかし、矯正治療にも限界はあります。それは、元々の歯の形や大きさまでは治せないということです。

患者さんの中には、歯の形や大きさに問題がなく、歯並びを治すだけでいい方もたくさん、いらっしゃいますが、私が診ている限り、いろいろな方がいて、矯正治療をした後にかぶせの治療をして歯の形態をきれいにしたり、歯の本数がない場合には、インプラントをしたりもします。これこそが当院の強みです。

また、矯正治療が終わった後も、ずっとメンテナンスに通っていただくことが可能であり、その後のむし歯や補綴にも十分に対応できます。

上記は、私の個人的な見解ですが、ぜひ参考にして医院選びをしてみてください。

徹底比較しよう!インプラント・ブリッジ・入れ歯

 

歯科衛生士の吉岡です。

今日は、歯がなくなったときの選択肢として、ブリッジ・インプラント・入れ歯をわかりやすく徹底比較してみたいと思います。

 

歯がなくなったとき、皆さんはどう思われますか?

歯がなくなって再生する!と思われていた患者さんに遭遇したことがありますが、永久歯は失ってしまうと、二度と取り返すことはできません。

1本くらいなら抜けてもそんなに問題がないでしょう?」と思う方もいるかもしれません。しかし、抜けてしまった分だけ、噛む力は確実に弱くなります。

また、歯はお互いに支え合っているので、1本でも抜けてしまうと、隣り合う歯やかみ合う歯にも影響が出てきます。

そのため、歯が1本でもなくなったら、何かの方法で歯を補う必要があります。

 

そんなとき、3つの方法があります。

1つ目はインプラントです。

インプラントの良い点は、顎の骨に埋入するのでしっかりと固定できることです。

また、残っている歯を削ることはないので他の歯には負担がかかりません。

見た目もよく、他の歯と同じように咬める力を持っているので硬いものや食べ物がおいしく食べられるといわれている患者様が多くいらっしゃいます。

インプラントは保険外治療なので確かに高額にはなりますが、自分の歯を140万程度で再生できると思えば、お金をかける価値はあるでしょう。1本の歯だって、ものすごく価値があるのです。あなたの指が1本とけてなくなったのが1本40万で再生できますよ、と言われたら、迷わず、治療をしませんか?

ただし、顎の骨が細かったり、骨がなかったりする方には、インプラント治療はできません。また、抜歯程度とはいえ、外科手術に耐えられるだけの体力がないと無理ですし、全身疾患がある方・骨粗しょう症のお薬を長期にわたり飲まれている方は、治療できないことがあります。

 

 

インプラント図

2つ目はブリッジです。

ブリッジは、抜けてしまった部分の両隣りの歯を土台にして、ひとつながりになった人工の歯を入れる治療法です。その状態が橋を架ける様子に似ていることから、ブリッジと呼ばれています。

 

ブリッジは入れ歯のように取り外しできるわけではありません。

土台となる歯に、歯科用接着剤でしっかり固定されています。そのため、生まれ持った歯とほぼ同じように噛めますし、普段はブリッジが入っていることを意識することもありません。

ただ、ブリッジを入れるためには、土台となる歯を削る必要があります。歯の上にそのままブリッジを取り付けたのでは、その部分だけ高くなって噛み合わせが変わってしまうからです。

一般的にブリッジでは、土台となる歯を削る量や、土台となる歯の本数が多ければ多いほど、しっかりと固定できます。でも、土台にするために健康な歯を削らなければならないことに、抵抗感を持つ人も多いかもしれません。

ブリッジ図

 

 

3つ目は、入れ歯です。

入れ歯は、大きく分けて総入れ歯と部分入れ歯があります。

 

入れ歯を入れる目的は、形態(審美性など)と機能(咀嚼、発音など)の回復、お口の中を安定した状態に保つことにあります。

歯を削除量はブリッジほどではありませんし、取り外しができるので手入れが簡単です。

欠点としては、入れ歯をしていると、お口の中で合わなくなってきて痛みを伴うことがあったり、咬む力が健康な状態と比べて、20%から40%くらいになります。

また、異物感もあり、発音しにくいことがあります。

 

 

 

安定性や審美性、咬合力など総合的にみてみますと、やはり一番長く使っていただけるのは

インプラントということがわかりますね。

しかし、長持ちさせるためには、ご自身による毎日の歯磨き、当院で行っているメンテナンスが重要になってきます。

 

補うものにはそれぞれ利点と欠点がありますので、よくお考えの上、治療方法を決めてくださいね。

歯ブラシを処方する


DAの重森です。今回は「歯磨きの仕方」についてお話しします。

皆さんは1日に歯磨きを何回していますか?そして歯磨きにかける時間はどれくらいですか?

歯磨きは、1日最低でもの2回、特に夜寝る前の歯磨きはとても大切です。

また歯磨きにかける時間は7分~10分が理想。12回の歯磨きすべてこの時間はかけられないとしても、夜寝る前の歯磨きはしっかりと時間をかけましょう。

ただし、なんとなく歯磨きをして10分が経った・・・ではあまり効果的ではありません。

歯磨きの仕方にはいくつかの方法がありますのでご紹介します。


●歯磨きの仕方1 ~縦磨き法~

この磨き方は、歯と歯の間が広く開いている人、細かな操作が困難な人に向いています。

・歯ブラシの毛先を歯に対して直角にあてて、歯の根元に向けて上下に歯ブラシを

動かします。

・歯の裏側は歯ブラシを縦に使います。

・歯の噛みあわせの面には歯ブラシを前後に動かします。

・奥歯には歯ブラシを斜めに入れて往復させます。


●歯磨きの仕方2 ~スクラビング法~

この磨き方は、軽い歯肉炎がある、歯肉が退縮している、知覚過敏・・・などのお口の状態の方におすすめです。

・歯ブラシの毛先を歯に対して直角にあて、小刻みに左右に往復させます。

・前歯の裏側は歯ブラシを縦に入れて1本ずつ小刻みに動かします。

・奥歯は、歯と歯の境目に毛先を当てて、小刻みに動かします。


●歯磨きの仕方3 ~バス法~

歯茎が腫れている、出血がある、歯周ポケットが深い・・・などのお口の状態の方に向いている磨き方です。

ただ、歯ブラシの操作が難しいことと、誤った磨き方をした場合歯茎を傷付けることがありますので注意が必要です。

・歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目にあて45度の角度を保ちながら左右に小刻みに

動かします。動かすというより振動させる、という感じです。

・前歯の裏側は、歯ブラシを縦に入れて、1本ごとに振動させるように磨きます。

・奥歯の裏側は、表側と同様に行います。



このほかにも細かい磨き方はいろいろありますが、どの磨き方も、あまり力を入れすぎると歯が摩耗したり、歯茎が退縮したり傷が付いたりすることもあります。

自分のお口の状態に合った磨き方をすることが大切ですので、歯磨きについて不安に思われた方は来院時に歯科衛生士におたずねください!

●乳歯は虫歯になりやすい・・・

以前のブログで乳歯のことについてお話ししてきましたように、乳歯はとても大切な歯です。

しかし、乳歯は永久歯に比べて未熟なのでとても虫歯になりやすいのです。

乳歯で特に虫歯になりやすい歯は以下の通りです。

・上の前歯・・・歯の付け根と、歯と歯の間に汚れがたまりやすい。

・奥歯・・・23歳頃に生えてくる。いちばん虫歯になりやすい。

また、乳歯は虫歯になると進行が早いので注意が必要です。

●子どもの歯磨きについて

お子さんの大切な歯を虫歯にしない為にも、歯が生え始めたら、口の中のケアと歯ブラシに慣れさせる練習をしましょう。

・食後はぬらしたガーゼで歯を拭く(生後78ヶ月頃から)

・乳児用歯ブラシでケアをする

・上下の前歯が生えてくる1歳半頃から歯ブラシを使用する

・食べたら歯ブラシを持たせたり、口にくわえたりさせ慣れさせる

磨き方は、汚れがたまりやすい歯の付け根、歯と歯の間などをお子さんが嫌がらないうちに手早く磨きます。

食べたら磨く、のが理想ですが、その日の汚れをその日の内に落とすことを心がけましょう。

●仕上げ磨きについて

お子さんの歯を守っていく上で大切なのは保護者の方のチェックです。

2歳くらいまで・・・保護者の方が全面的に磨いてください

6歳くらいまで・・・お子さんの磨き残しを磨きましょう。仕上げ磨きです。

9歳くらいまで・・・お子さんの歯磨きをチェックしてください。点検磨きです。

ここに書いた年齢はあくまで目安です。お子さん個々の成長や性格などに合わせて保護者の方がチェックをしてあげてください。


●磨き残しをしないためには・・・

ここまで歯磨きの仕方についてお話ししましたが、実は歯磨きのみでは、約7割しかプラーク(歯垢)を落とせないのです!

この磨き残しをしないためには、歯ブラシの他に、デンタルフロスや歯間ブラシなどの歯と歯の間を掃除するためのアイテムを使いましょう。

デンタルフロスや歯間ブラシは、歯間に挟まった食べかすを取る爪楊枝の代替品ではありません。歯ブラシと同様、プラークを取るのに必要なアイテムなのです。

ただ、フロス(糸)となると使い方が難しい・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれません。当院では、フロス初心者の方も使いやすいY字型のホルダータイプのフロス(ウルトラフロス)もご用意しておりますので、スタッフへお気軽にお声かけください。

●おススメの歯磨きアイテム

ここで、重森おススメの歯磨きアイテムをご紹介します。参考になさってください。

・フィリップス ソニッケアー

電動歯ブラシです。音波水流で歯垢を落とします。

通常の手磨きの半分の力でブラッシングでき、毛先の届きにくい歯間部や奥歯などのプラークを効果的に除去します。

歯垢除去力は、手磨きの最大10倍!

んといっても、楽です。自分で手を動かすことがないので、私は、テレビをみながらゆっくり磨いています。

ソニッケアー

・テペ(歯ブラシ)

予防歯科の先進国であるスウェーデン製の歯ブラシです。

なんと、スウェーデンの薬局で購入された歯ブラシの77.2%はテペ製なのです。

ちなみに、みなさん、歯ブラシいつ交換しましたか?

歯ブラシの交換は1ヶ月に1回が目安です。

毛先が開いてしまった歯ブラシでは、歯ブラシ本来の歯垢除去力が発揮されません。

また長期間使っている歯ブラシには細菌もたくさんついてしまっています。

当院は、歯ブラシを単なる歯磨きの道具とは考えていません。

風邪をひいたらお薬を処方するにように、当院では、患者さんお一人おひとりに合わせて歯科衛生士がおすすめの歯ブラシを処方しています。

八重歯はチャームポイントですか?矯正歯科医からみた八重歯の恐ろしさ

八重歯ガール

歯科衛生士の住井です。寒さが厳しい毎日で、春が待ち遠しいです。

衝撃的なタイトルですよね。今日は、八重歯についてです。

日本人は八重歯がかわいいという間違ったイメージを持っている人がまだいます。実際私も歯科衛生士になる前はそう思っていました。八重歯の人を見ると羨ましいと思ったことさえあります。八重歯ガールという言葉もあったくらいです。

しかし海外では八重歯は好まれません。

海外ではドラキュラ、悪魔という不吉なイメージのようです。

これは日本と海外との考え方の違いがあります。

日本で八重歯が好まれていた理由は、諸説ありますが、初めて日本に来た外国人は、日本人の歯並びの悪さに驚くそうです。


実際海外では歯並びが悪いと自己管理ができない、清潔感のない人間と思われ敬遠されるそうで、いい就職をしたり、いい出会いのために、皆さん矯正治療を子供の頃にされます。

そして、歯並びが悪いことが将来に抱え込むリスクを理解しているので、いいことは早くしよう!となるのでしょうね。

日本人にも歯の予防について海外の方のような意識があれば八重歯がかわいいという考え方は少し違ってくるのかもしれません。

だったら八重歯はどうしたらよいのでしょうか?

八重歯は抜かず矯正をすることをお勧め致します。間違いないです。

以前のブログにも書きましたが、「八重歯のおばあちゃんはいないんです」

歯科医学的にいうと犬歯(※この犬歯が外側に飛び出たものを八重歯といいます)には本来、食事を食べる時の顎を動かすガイドとしての重要な役割があります。

八重歯の状態ではその役割が果たせないどころか、歯磨きもしにくくなりむし歯や歯周病になるリスクが極めて高いのです。

結果として歯を失ってしまうため、八重歯のおばあちゃんを見ることがなくなってしまうのです。それだけではないですよ。

ガイドとしての機能も果たせなくなると、他の歯の負担が増してしまうため結果として全体的に歯を失ってしまうリスクが高まってしまいます。

こう考えると、八重歯を放っておくことが非常に怖いことだと理解していただけると思います。

つまり、八重歯の矯正治療は将来の自分への投資なのです。

子供のころ、矯正をされなかった理由に金銭的な理由を挙げる人がたまにいますが、これは逆に言うと、将来、歯にお金がかかることを仕込んでしまっていることにもなります。

芸能界を見ても、皆さん、最終的には歯並びを治されます。

沢尻エリカさん、松田聖子さん、篠原ともえさん、そして、最近は、男性の芸人さんも矯正治療をされる方が多いです。若い時にはかわいいと思っていたかもしれない八重歯ですが、結局は八重歯を矯正ないしかぶせで治されています。

八重歯を矯正して世界共通の美しい口元になってみませんか?きっと八重歯があった頃よりもっと自信を持てると思います。

また、見た目だけではなく、

八重歯が原因となって起こるトラブル

1.唇を傷つける

2.気になって笑えない

3.口が閉じにくく、口呼吸になる

4.歯磨きが難しい

ということも治すことができます。

河底歯科・矯正歯科では、患者さんの矯正治療に対するハードルを低くするべく、「低価格」「痛みの少ない」治療を行っています。

矯正治療が良い思い出になるよう、楽しく矯正治療をしましょう。

http://yaebasuperstar.blog123.fc2.com/より写真転載

子供の歯の生え変わり時期にあるトラブル

生え変わり

今回は、歯の生え変わり時期にみられるいくつのトラブルについてお話します。アシスタントの重森です。

●乳歯から永久歯への交換の仕組み

まずは基礎知識として、乳歯から永久歯への交換の仕組みについて説明しますね。

以前のブログでもお話ししましたが、乳歯は、単純に永久歯が生えてくるまでの歯というわけではなく、次に生えてくる永久歯を誘導するガイドの役割も担っています。

乳歯が生えるのと同時に、その下では永久歯が日々、成長しているのです。

個人差が大きいですが、生後9ヶ月頃に乳歯が顔を出します。そして、この頃に顎の骨の中では永久歯の赤ちゃんが作られていきます。

乳歯は3歳ころには生えそろいますが、この頃にはすでにそれぞれの乳歯の下に永久歯が成長して生える準備をはじめています。

そして、6歳頃から生え変わりが始まります。生え変わりが近づくと乳歯の根っこは少しずつ吸収されて短くなりグラグラしてきます。また乳歯の下から、成長した永久歯が顔を出そうと突き上げることで乳歯は更にグラグラしていき、やがて乳歯の根がなくなり自然に抜けて、そのあとから永久歯が顔を出します。

●乳歯がいつまで抜けない・・・

このようにして、乳歯から永久歯への生え変わりが行われるのですが、その間にいくつかのトラブルが起こる場合があります。

よくお母様から伺うトラブルのひとつに「乳歯がいつまでも抜けない・・・」というものがあります。

以前のブログでもお話ししましたように生え変わりには個人差が大きく、半年~1年弱くらいの幅はあります。

歯がグラグラしているが、歯が痛い、歯茎が腫れている、噛み合わせが悪い・・・といったことがなければ、自然に抜けるのを待ちます。

しかし、1年以上たっても抜けない場合、もともとそこに永久歯がない、事も考えられます。

「先天性欠如」といい、最近多くなっています。2007年~2008年にかけて行った調査では10人に1人がこれに該当するという結果が出ました。(日本小児歯科学会より)

下から突き上げてくる永久歯がない為、乳歯がいつまでたっても抜けないのです。

その結果、周りの永久歯との大きさの差で歯がデコボコになり、前歯の場合は見た目に違和感が生じます。奥歯の場合は、咀嚼に問題がおこってくる事も考えられます。

ただ、お口の中の状態は人それぞれなので、生えている乳歯を長持ちさせた方が良いのか、歯並びに影響するので抜いたほうが良いのか、はケースバイケースです。

場合によっては矯正を行うケースもあり、これは成長に合わせて対策を考えていく必要があります。

少しでもご心配な場合はご遠慮なく受診してください。お口のレントゲンを取れば永久歯があるかないかが分かりますし、定期健診をすることでその後の対策も細かく考えていくことができます。

●乳歯が抜けていないのに永久歯が生えてきた・・・

このトラブルもよく耳にします。

「このままで良いのだろうか?」と不安になりますよね。

乳歯が残ったまま、永久歯が生えてきた場合、乳歯が外側に倒れて、永久歯が内側に曲がって生えたりすることもあります。

このように歯並びにも影響を与える可能性が考えられますので、歯医者さんを受診されることをおすすめします。

医院では、反対側や上の歯がどんな状態なのかを診て、噛みあわせなども考え、グラグラしていなくても抜いたほうが良いのか、待ったほうが良いのかなどを状況に応じて判断します。

●乳歯は永久歯の歯並びにも関係が・・・

永久歯をきれいな歯並びにするためには、乳歯のうちからあごの骨を大きく育てることが大切です。ここで言う、あごの骨、とは「歯槽骨」という歯が生えている土台の骨のことで、ガイコツの下顎部分全体という意味ではありません。

この「歯槽骨」が歯に対して小さいと歯並びも悪くなります。

「歯槽骨」を大きく育てるためには、まず噛むこと!噛むことがお口の運動になります。

歯の生え変わりが始まってしばらく経ったころ、小学校低学年の頃がチェックポイントの1つ。この頃に、虫歯を作らないこと、よく噛む生活をおくること、よく噛むために食欲をわかせること、しっかり噛めるために正しい姿勢で食事をさせること、などに気をつけてみてください。

●生え変わり時期の食事

小学校中学年頃になると、奥歯(臼歯)が生え変わる時期になります。

奥歯なので歯がないと、上手に噛めない、咀嚼に時間がかかる、物によっては食べにくい・・・といったことがあります。

これは仕方ない事です。この時期はこのようなお口の中の環境であることを理解して、食事を早くすませるよう急がせないこと、子どもにしっかりと噛んで時間をかけて咀嚼することが大切であることを説明してあげてください。


乳歯から永久歯への生え変わり時期はいろんな不安があると思います。

ご心配なときはまず受診してください。

そして、心配事がなくても、気づきにくいトラブルに対処するため定期健診をおすすめ致します。歯科検診の結果と歯科で受ける検診の結果は、違うことがあります。歯科検診は、一人の歯科医師が大勢の生徒を一度に診るのと、十分な機材や設備がない中で行います。また、特に矯正治療というような歯科の中でも専門的な分野に関しては、矯正医でないと診断できないケースも多々あります。定期的に歯科医院でお口の中を診ることによって、適切な判断を下すことができます。ぜひ、機材や設備の整った歯科医院で検診を受診下さい。


10 / 19« first...89101112...last »
ページの先頭へ戻る