根管治療について

こんにちは。アシスタントの重森です。

暑い暑い夏も落ち着き、少し過ごしやすくなってきましたね。

この夏は猛暑が続き、私はいつもより冷たいビールを飲む量が増えました!!

あなたはどうでしたか?

ついつい、甘くて冷たいかき氷を食べる機会が増えたり、

水分を補うためスポーツドリンクの量が増えたりとしませんでしたか?

冷たいものや甘いものを口にした時に「うぅっ!!」と歯がしみた方!

ぜひとも定期検診にお越しください。

もしかしたら、むし歯かもしれません。。。

 

今回は、

「知っているようで実はよく知らない?!むし歯の進行程度と歯の根っこの治療」

についてお話しします。

 

 

【むし歯の進行程度】

歯医者さんに行くと、先生や衛生士さんから

「冷たいものを口にしたらしみますか?お味噌汁などの温かいものだとどうですか?」

と聞かれたことはありませんか?

実は、歯医者さんではこの質問でむし歯の進行具合をさぐろうとしています。

 

むし歯の進行程度をイラストで説明すると次のようになります。

 

C1:エナメル質が酸に侵されて溶けだした状態。痛みなどの自覚症状はほんとんどない。

C2:むし歯が象牙質までに達しているが、まだ歯髄(歯の神経)までは侵されていない

状態。甘いものや冷たいものにしみたりする。

C3:むし歯が歯髄(歯の神経)まで達している状態。冷たいもの甘いもののほか、熱い

ものにもしみる。歯茎が腫れ、何もしないでも痛みを感じることもある。

C4:歯冠部がほぼ崩壊してしまい、かろうじて歯根部だけが残った状態。歯髄も死んで

   しまっているため、痛みなどの自覚症状はない。

 

 

【歯の根っこの治療とは・・・】

歯の根っこの治療が必要となるのは「C3」から。むし歯が歯の神経にまで達している状態です。

この場合、むし歯に侵された歯の神経を取り除き、歯の根っこの中をきれいにします。そして神経の変わりとなる薬を根っこに充填します。

 

 

この歯の根っこの治療のことを「根管治療」といいます。

【当院ではラバーダム防湿を行っています】

根管治療を行うとき、当院では、「ラバーダム防湿」を行います。

「ラバーダム防湿」とは、治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆いかぶせて口腔内の唾液や細菌による感染を防止する方法です。

ラバーダム防湿を行うことで、さまざまな口腔内細菌が根管に入ることを防ぎ、無菌的な処置を行うことが可能となります。患者様にとってもお水が口の奥に流れ込んでいくのを止めますから、ラバーダムをしたほうが通常は楽です。

このラバーダム防湿、日本以外の先進国では一般的に行われているのですが、日本ではあまり行われていません。

アメリカでは90%近くの歯科医院が行っているのに対して、日本では約5%~25%程度の歯科医院でしか行っていないというデータもあるようです。準備もいるので時間もかかりますが、当院ではラバーダム防湿をしっかりと行って丁寧に治療をしておりますので安心して治療を受けて頂けます。

 

とは言っても、一番いいのは、根管治療をしなくてもよい状態を保つことですよね!

暑さ対策も水分補給もとても大切です。

でも、糖分を採る機会が増えると、むし歯のリスクも高くなる・・・

この事もお忘れなく!

そして、3ヶ月に1度の定期検診も忘れずに受けてお口の健康を保ちましょう!!

矯正治療の後の保定、キープし続けることが大切

歯科衛生士の佐藤です。こんにちは。みなさんは歯列矯正と聞いて何を思いつきますか?

「歯に付けた装置やワイヤーで歯を動かすこと」と思う人がほとんどではないでしょうか?

大人の場合、2年程度でがたがたの歯並びも治りますが、治療の後の保定こそ大切です。 むし歯や歯周病の治療のあと、メンテナンスが大切ですよというのと同じです。

では、矯正治療における保定とはどういうことをいうのでしょうか? 簡単に言うと歯を動かした後の段階で 歯の裏側に装置を付けたりマウスピースのような装置を患者さん自ら装着していただきます。 安心してください。寝るときだけです。

せっかく歯並びがきれいになって歯の表側に付けていた装置が取れたのに また装置をつけなきゃいけないの?と思った方もいると思います。 しかし、歯並びをきれいにしてすぐは歯や周りの骨がまだ新しいお口の環境に慣れていなくて元の位置に戻ろうとします。 これを“後戻り”といいます。 後戻りしないようにするには先ほど言ったような装置を使って新しい環境に慣れるまで 維持し続けなければなりません。

そしてその環境に慣れるには 矯正でかかったのと同じくらい もしくは それ以上の時間が必要なのです。 せっかく長い時間・高い金額できれいにしたのにまた戻ってしまうのは嫌ですよね? きれいなまま維持すること、後戻りを防ぐことは歯を動かすことと同じくらい大切だと言えるでしょう。

 

この維持する装置のことを保定装置といいます。 保定装置にはいくつか種類がありますが当院では取り外し式と固定式のもの2種類を使用しています。通常の医院では1つかもしれませんが、当院では基本的に二つお渡しし、後戻りをできるだけ防ぐため、お伝えするときにはちょっと怖いくらいにきちんと装置をいれてくださいね!と指導します。(大丈夫です。怖くはないです。真剣にお伝えしているだけです。)

 

当院で使用しているものをご紹介します。

①バイオスター これは取り外しのできる装置でマウスピースのように歯にはめるものです。 毎晩寝るときに付けていただくものです。  

②リテーナー  これは前歯の裏側に接着剤で細いワイヤーを付けます。  つけて数年で取り外すことも可能ですが最低2年はつけたままです。 ですが外してしまうと歯がフリーな状態になります。 ですから当院ではできるだけ長くつけておくことをおすすめしています。 

以上が当院で使用している保定装置の紹介になります。 そして矯正終了後は装置が外れたり壊れたりしていないかチェックするために 3ヶ月に1度の定期検診をおすすめしております。 歯並びをきれいにして終わりではなくむし歯や歯周病など様々なお口のトラブルを予防し、 きれいがずっと続くようにお手伝いすることが私たちの目標です。

赤ちゃんの歯磨きについて いつから?どうやって?の疑問にお答えします。

今日は子育てをしているお母さん、これから赤ちゃんをほしいと思っている方に読んでいただきたい内容です。大人の方はほぼ毎日歯磨き粉を使用して歯磨きをしておられると思います。そういえば、こどもっていつから歯磨き粉を使うの?どんなものがいいの?疑問に思ったことありませんか?今日はそんな疑問についてブログを書いてみますね。

実は、赤ちゃんはミルクや離乳食などが中心なので歯磨き粉なしのブラッシングで十分汚れを落とすことができるのです。

うがいもできませんので無理に歯磨き粉を使用する必要はありません。

水をつけた歯ブラシで丁寧に歯磨きをおこなうと赤ちゃんの歯の汚れはとれるのです。

歯ブラシを嫌がる赤ちゃんには濡らしたガーゼを指に巻きつけて優しく歯の表面の汚れを拭いてあげて口の中の異物感になれるようにしてあげるとよいと思います。

あとおすすめは、食後にお茶を飲む習慣をつけお口の中をすすぐだけでも、虫歯予防の働きがあると考えられます。歯ブラシはヘッドが小さめで柔らかめの歯ブラシがよいと思います。

個人差はありますが2歳ぐらいからだんだんとぶくぶくうがいができるようになります。そうすると歯磨き粉を使い始められます。うがいができるようになったらそろそろ歯磨き粉を使っていいですよというサインです。はじめは様子を見ながら無理をしないようにしましょう。

当医院ではフッ素入りの歯磨き粉をお勧めしています。味はいちご、りんご、ぶどうの味があり好きな味を選べるので毎日楽しく虫歯予防ができます。うがいは少しのお水で口に含ませる程度でフッ素を歯に残してください。フッ素を全部洗い流すのはもったいないです。歯に残して虫歯予防です。

そして3カ月に1回歯科医院でのフッ素塗布をおすすめしています。

・歯科医院でのフッ素塗布は歯磨き粉よりもフッ素濃度の高いものであること

・プロフェショナルケアをおこないきれいな状態でフッ素塗布を行います。

・虫歯がないかチェックを行います。

 

歯磨きの習慣を赤ちゃんの時からしっかりつけてお子様を虫歯から守ってあげたいですよね。歯医者は痛いことをするところではなく歯磨きをしてフッ素を塗る所と思ってもらえたら歯医者嫌いにはならないと思います。

あともう一つだけ!最近は意識の高いお母さまが増えていますのでご存知と思いますが、

口移し、箸・スプーンの共有はだめです。

私も経験があるのですが、私達世代はわかっていても、おばあちゃん世代は意外とこれを知りません。スキンシップも赤ちゃんに与えてあげられる

大切な行為ですが、むし歯や歯周病は感染症なのだということをしつこく、お伝えしておきます。

3カ月に1回フッ素を塗る習慣をつけると大人になって歯科医院にメンテナンスに行くということが当たり前になると思います。いい習慣は人生を豊かにすると私たちは考えています。

お子様の歯を守る~むし歯のメカニズム、シーラント利用、フッ素洗口という観点から

お子様でこのような経験はないですか?

・習慣的に歯磨きをしているのにもかかわらず虫歯になってしまった!

・歯磨きが苦手で、甘いものが大好きで虫歯になってしまった!

・甘いものを食べているのに虫歯になったことがない!  など

 

今日は虫歯のメカニズムや要因、予防方法について書いていきたいと思います。

 

<虫歯とは>

お口の中には300種類以上の細菌が存在しています。この中には虫歯菌や歯周病菌が含まれていますが、特定の細菌、ミュータンス菌などが虫歯の原因菌とされており、虫歯が細菌による感染症であるという考え方が認識されてきています。

 

~虫歯のメカニズム~

  • ミュータンス菌は食事をした後、歯の表面や隙間に残った食べカスなどに含まれる糖を栄養とし歯垢をつくります。
  • 歯垢の中のミュータンス菌が増えて、糖を発酵させて酸をつくります
  • 酸によって歯の表面のエナメル質が溶かされ(脱灰がおこる)虫歯になります

 

~虫歯になる4つの要因~

  • 歯質:虫歯になりやすい歯の質(歯の質が弱い)
  • 細菌:虫歯菌(ミュータンス菌)の数が多い、歯磨きができていない
  • 糖分:不規則な食生活、歯垢になりやすい糖分の摂取
  • 時間:お口の中の酸性の時間、歯に付着・停滞する時間が長時間

4つの要因が重なったときに虫歯ができてしまいます

 

虫歯のメカニズム、要因さえ知っていれば、お子様の食事をした後の歯磨きや食生活・食事内容を見直すこともできると思います。

ちなみに、だらだら食べは時間を決めて、お菓子を食べる時の飲み物は砂糖が入っていないもの(お茶)にしたりと工夫していくのも一つの方法です。

 

 

<予防方法>

乳歯も永久歯も生えたての時期があるものです。歯の萌出後数年間は歯の石灰化度が低く、虫歯のリスクが高いのでこの時期の予防は大切になってきます。

 

~フィッシャーシーラント(小窩裂溝填塞法)~

 

 虫歯になりやすい歯の溝は複雑な形態をしています。

シーラントは、生えたばかりの溝が深い歯にレジンやセメントで溝を封鎖して虫歯を防ぐ方法です。

・メリット

  • 歯ブラシで毛先が届きにくいところがきちんと当たり歯磨きがしやすくなる
  • 高い確率で虫歯予防ができる
  • 生えたばかりの6才臼歯(第一大臼歯)を大人になるまでの期間、虫歯を防ぐことができる
  • 密閉することでバイ菌が入らないようにすることができる

 

・デメリット

  • 外れる可能性がある(定期健診でチェックしてもらうと良いかと思います)
  • 口をきちんと開けられる方でないとできない
  • シーラントをすべての歯にするわけではない

 

対象となる歯は、萌出後間もない健全な乳歯、永久歯(主に6才臼歯)になります。

定期的なフッ化物の塗布とお口の中の清掃状態の確認も必要になってきます。

 

 

~歯科医院でのフッ素塗布と家庭でのフッ素洗口~

 

虫歯予防をするのにフッ素を使うことは効果のある方法だと思います。

最近では歯磨き剤にもフッ素が入っていますが、歯科医院での定期的なフッ素塗布、家庭でのフッ素洗口の2つの方法もあります。

歯科医院でのフッ素塗布では、必ず歯垢を落とします。完全にお口の中がきれいになったうえで高濃度(9000ppm)のフッ素を塗布しますのでフッ素の効果がより高く得られます。

萌出後2~3年は虫歯になりやすいため、定期健診もかねて(当院では3ヶ月に1回)塗布していくと良いと思います。

さわやかなリンゴ味でお子様に不快感が少ないものを使用しています。

 

また、家庭でのフッ素洗口は歯磨き後寝る前に毎日してもらうことによって効果が得られます。フッ素イオンを生えたての歯の表面に作用させることを狙いとしています。

うがいができるようになる4歳頃から永久歯が生えそろう中学生頃まで行うと良いです。

フッ素塗布と洗口を組み合わせることによって虫歯予防効果が発揮されます。

大人の方にもおすすめなのでお子様と一緒に虫歯予防をしてみるのも良いかと思います。

 

このようにシーラントやフッ素をうまく活用して私たちと虫歯になる前に予防していきましょう。

 

 

マタニティ歯科 ー妊活と同時に歯科活を始めてくださいー

みなさんこんにちは。歯科衛生士の佐藤です。

先週医院のホームページが新しくなりました。

スタッフの写真や医院の内装など新しく撮ったものもありますので

ぜひ見てみてください。

 

そしてホームページの中に『マタニティ歯科』とありますが、

皆さん聞いたことありますか?

 

歯医者には一般歯科・矯正歯科・小児歯科など色々ありますが、

それらと比べて『マタニティ歯科』は聞きなじみがないと思います。

 

マタニティ歯科とは妊婦さんを対象としたものです。

妊婦さんの中には「つわりのせいで歯磨きしにくい」「歯磨きすると血が出る」「歯が痛いけどいつ治療すればいいのか分からない」などお困りの方多いのではないでしょうか?

そんな妊婦さんのお口の中の気になること・疑問についてアドバイスや、出産・子育てに向けてむし歯治療やクリーニングをさせていただきます。

 

今日は妊娠中に起こりやすい口腔内疾患や歯周病菌が及ぼすリスク、そして赤ちゃんのむし歯のリスクについて書きたいと思います。

 

《妊娠中の口腔内とかかりやすい疾患》                                  

妊娠中はお口の中の状態が変化しやすいのです。

・ホルモンバランスの変化によって唾液の分泌量が変動しやすい。

・食事の内容や回数が変化する。

・つわりによって歯磨きがしにくく磨き方が不十分になる。

などの理由が挙げられます。

 

そして歯磨きが不十分なことに加え、女性ホルモンを好む歯周病菌が増えやすいため悪循環をまねきやすいです。

 

そんな時になりやすいのは妊娠性歯肉炎や妊娠性エプーリスです

【妊娠性歯肉炎】

原因である細菌が増えやすいので少し歯垢が残っているだけでも歯茎が腫れたり出血したりしやすいです。

【妊娠性エプーリス】

あっていない被せ物や歯石があるところのように刺激のあるところにできやすく

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増えることによって発生します。

歯茎に腫れたこぶのようなものができ、触ると痛みや出血があります。

 

これらは出産後には、軽減、消失する場合も多いです。

 

《歯周病が及ぼす影響~不妊・早産のリスク~》

歯周病が早産のリスクになることは結構皆さんご存知なのではないでしょうか?

これは歯周病菌の影響で「早く産め~早く産め~」というホルモンが分泌されるためです。

そして最近では不妊治療中の人が歯周病にかかると妊娠するまでの期間が長くなるといわれ、不妊に対しても影響があると言われています。

 

《赤ちゃんのむし歯リスク》

赤ちゃんは菌を持っていない状態で生まれてきます。

では何故むし歯になるのでしょうか?

答えはお母さんやお父さんなど周りの大人たちからです。

大人が口をつけたお箸やスプーン、コップなどをそのまま使い赤ちゃんに

ご飯をあげるときや、スキンシップでキスをするときなんかに

唾液を介してむし歯菌が移ってしまうのです。

 

そしてお母さんにむし歯があるかどうかということは

子供がむし歯になる確率に大きく関わっています。

2歳児のむし歯発生率

婚活、妊活という言葉がたくさん聞かれる一方で以外とおろそかになっているのが口腔内のケアなんです。

妊娠してから歯周病がすすんだ妊婦さんは早産リスクが高いですよといってももうその時にはすでに赤ちゃんがお腹の中にいます。妊活をするときに同時に歯科

活もしてみてください。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、お母さん自身のためにも

赤ちゃんが生まれる前から~マイナス1歳からのむし歯予防~を

家族全員で始めてみませんか?

 

 

 

10 / 23« first...89101112...20...last »
ページの先頭へ戻る