矯正装置が入るまで〜すぐに装置が入るわけではありません

こんにちは、河底歯科・矯正歯科の院長河底晴紀です。 今日は、矯正装置が入るまでの流れについてお話します。

1.矯正相談 2.矯正検査 3.診断 4.クリーニング 5.装置装着

①まず、矯正相談という形で予約をとって頂きます。(ウェブかお電話でご予約お取りできます) 矯正相談では、矯正専用の問診票を書いていただき、レントゲン、口腔内写真の撮影をします。そ こから、問診票を見ながらカウンセリングをさせていただきます。カウンセリングした後、矯正 のドクターから詳しいお話しをします。これが矯正相談の流れになります。矯正相談をさせて頂く ことで、患者様自身が気になる事や不安に思う事を気軽に聞くことができます。 矯正相談(60分) ・問診票の記入 ・レントゲン2枚、口腔内写真の撮影 ・カウンセリング ・Drから説明 ・矯正相談に関する注意事項 お聞きしたいことや不安なことについて、できるだけメモしてきてください。 問診票記入に時間がかかる場合があります。予約時間より10分早めの来院をお願いします。 紹介状、資料を預かっている場合は、持参してください。レントゲンの際、金属類は取って頂くの で、ヘアピンやピアスなどはあらかじめ取って頂くとスムーズに撮影できます。

 

②次は、検査です。1時間程度で、お顔の写真、レントゲン(相談で撮ったもの以外)、CT、お口の 中のスキャン、口腔内写真(精密)を撮影していきます。この作業は、矯正する上で大事な作業でこ の資料を元にDrが治療計画を立てていきます。 検査(60分) ・顔面写真 ・口腔内写真 ・レントゲン(CTその他) ・3Dスキャナーによる歯型撮影

 

③次は、診断です。診断では、②の検査で撮ったデータを元に矯正ドクターから患者様にあった 矯正治療を説明します。(30分~45分)

 

④次に、クリーニングです。 虫歯がないかどうか(あった場合は、装置をつける前に治療します) 噛み合わせはどうか(スプリントという装置を数ヶ月付けていただくこともあります) かぶせの変更(かぶせの種類によっては今のかぶせのを仮のものに変更する場合があります) などによって、装置装着までの回数が変わってきます。  大人の矯正だと、抜歯が必要な場合、抜歯をしたあと、装置をつけるための型取りをします。上 下すぐには装置はつかず、まずは上下どちらから装置をつけます。(中には抜歯をしない方もい らっしゃいます) 子供の矯正だと、抜歯はせず、装置をつけるための型取りをする場合があります。

 

⑤④が終わると装置がつきます。基本的に装置が付くと、1ヶ月に1度ペースで来院していただ き、装置のチェックをしていきます。 矯正治療について、「期間が長い」「治療費がかかる」「痛そう」というイメージがあるのも事 実です。しかし、矯正治療=見た目を治すだけでなく、噛めなかった食事を噛んで食べれるよう になり、歯列を治すことで、繰り返すむし歯や歯周病を改善する例もあります。 少しでも歯並びを悩まれているようでしたら、気軽に矯正相談にお越しください。

「口元の出っ張りを改善 – 矯正治療で自信を取り戻す」

医療法人社団河底歯科・矯正歯科院長の河底晴紀です。

はじめに

こんにちは、矯正歯科医の河底晴紀です。今日は、口元の出っ張りに関する悩みに焦点を当て、この問題がどのように矯正治療で改善できるのかについてお話しします。この問題は、見た目に関する自信の欠如だけでなく、日常生活にも多くの影響を及ぼすことがあります。

口元の出っ張りの原因

口元が出ている状態は、多くの場合、上顎の前方への突出や下顎の後退によって引き起こされます。これらの問題は咬合の異常に関連しており、単に見た目の問題だけでなく、発音の難しさや咀嚼の効率低下など、様々な日常生活の問題につながり得ます。

矯正治療のアプローチ

矯正治療は、個々の状態に応じたカスタマイズされたアプローチです。最初に行う詳細な口腔内の検査と顔面の分析に基づいて、個々の状態に合わせた治療計画を立案します。その後、ブラケットや矯正装置を用いて徐々に口元の位置を調整していきます。このプロセスは患者さん一人ひとりのニーズに合わせて行われ、患者さんの日常生活への影響を最小限に抑えることにも配慮しています。

矯正治療がもたらすメリット

  1. 見た目の改善: 口元の正しい位置への調整により、外見上の印象が大きく向上します。美しい笑顔は、人との関わりや社交的な場面での自信に直結します。

  2. 発音の明瞭化: 正しい咬合は、よりはっきりとした発音を可能にし、日常のコミュニケーションが改善されます。

  3. 口腔衛生の向上: 正しい位置にある歯は、歯垢の蓄積が減り、虫歯や歯周病のリスクが低減します。

  4. 自信の向上: 外見の改善は、自己イメージの向上につながります。社交的な場面での自信は、人生の多くの面でプラスの効果をもたらします。

  5. 全身の健康への良い影響: 正しい咬合は、効率的な咀嚼を可能にし、消化と栄養吸収を助けます。また、顎関節への負担を軽減し、長期的な口腔健康をサポートします。

治療期間と費用

矯正治療の期間と費用は個々の状態によって異なります。私のクリニックでは、患者さんの財政的な負担を考慮し、最適な治療オプションを提供するよう心がけています。初診では、患者さんの状態を詳細に診断し、治療計画を提案します。

治療への一歩

矯正治療の第一歩は、専門家への相談から始まります。私のクリニックでは、無料の初診相談を行っており、患者さんの状態を詳細に診断し、最適な治療計画を提案します。

治療の成功事例

矯正治療は確かに費用も期間もかかり、簡単には始められないかもしれませんが、矯正治療をした患者さんからは「やってよかった」「人生が変わった」「早くやっておけばよかった」などのお声をいただきます。

まとめ

口元の出っ張りは、矯正治療によって効果的に改善することができます。私のクリニックでは、一人ひとりの患者さんに合わせた治療を行い、美しい笑顔と健康な口腔環境を提供しています。矯正治療についてのご質問やご相談があれば、お気軽にご連絡ください。あなたの人生がより豊かで健康的になるよう、全力でサポートいたします。

6/12グランドオープン

6/12チェアの増設に伴うリニューアルオープンにつき、6/9及び6/10は臨時休診となります。ご理解いただきますよう宜しくお願い致します。医院建物の西側にも駐車場が増えています。ご利用ください。

歯間ケアはできていますか?

今回は、「歯間ケア」についてお話しします。

しっかりとブラッシングをしているのに歯医者さんにいくと「歯間に歯垢が残っていますね」と言われたことはないですか?

歯磨きをどれだけ毎日頑張っても、歯ブラシだけでは、約60%程度の歯垢しか取ることが出来ないと言われているからです。

特に、歯と歯の間には食べ物のカスが挟まりやすく、歯ブラシの毛先が届きにくいため、歯磨きだけでは取りきれない汚れが多くあります。

このまま歯間についた細菌を放っておくとどんなことが起きるのでしょうか。

歯間に残った食べカスは、歯茎の炎症や口臭の原因になります。また、歯垢を作るバイ菌の栄養源となってしまいます。

歯にバイ菌が付着したものが増えていくと、歯肉炎やむし歯になる可能性が高まります。さらに、歯垢に唾液由来のカルシウムが沈殿すると石灰化し硬くなり、「歯石」としてお口の中に残ります。歯石は硬いため、歯ブラシでは落としきれず歯医者さんで治療が必要になってしまいます。

このようなことを未然に防ぐために、

歯磨きをした後、歯間ケアを行うこと

が有効になってきます。

歯間ケアでは、「歯間清掃具」を使用することをおすすめします。

実際に、歯磨きと一緒に歯間清掃具を使うことによって80の歯垢を落とすことができます。

歯間清掃具には、フロス歯間ブラシがあります。

では、フロスと歯間ブラシの違いについて紹介します。

フロス

フロスとは糸ようじのことで、ホルダータイプとロールタイプの2種類があります。

 ・ホルダータイプ

 Y字型F字型があり、手に持って使います。

F字型は前歯に使いやすく、Y字型は前歯だけでなく奥歯にも届きやすいです。

当院では、F字型の取り扱いはなく、Y字型のみの取り扱いがあります。水につけて乾かして使うと1週間くらいは同じものを繰り返し使うことも可能です。

 ・ロールタイプ

 自分で約3040cm (指先から肘までが目安)で切りとり、指に巻きつけて使用します。中指に巻き付けるとやりやすいです。また、フロスにワックスがコーティングされているものもあります。

※当院では、45m250mのものがあります。

ロールタイプは他にも、ブリッジをしている人や矯正の保定装置をしていて上からフロスができない人のために、歯間に入れやすいよう挿入部分が硬くなっているフロスもあります。

歯間ブラシ

 歯間ブラシは、I字型L字型があり、ブラシの先はゴムワイヤー2種類があります。

自分の歯間に広さにあったものを使用することがおすすめです。

先は、ワイヤー(金属)よりゴムの方がやわらかく挿入しやすいので、はじめての人は使いやすいです。

※当院では、SSSSSSML5種類のサイズがあります。

 

先が1番細い歯間ブラシが入らない方は、歯間ブラシではなくフロスを選ぶようにしましょう。

フロスと歯間ブラシの違いが少しでも分かりましたでしょうか?

詳しい使い方や、自分に合ったものを知りたい方はお気軽に担当の歯科衛生士に聞いてみてくださいね!

毎日は大変、面倒であると感じる方が多いですが、使い続けることで習慣になります。まずは、「週に1」でもはじめてみませんか?

習慣化すると、歯間清掃具を使わないと歯磨きをした気にならないと感じる方もいらっしゃいます。

歯間ケアを忘れないように、はじめての方におすすめなのが「歯磨きをする前にフロス、歯間ブラシをする」というやり方もあります。

歯間ケアを始めることで、お口の中のトラブルを減らすことができますので、ぜひ歯磨きだけでなく、歯間清掃具を取り入れた「歯間ケア」も毎日の習慣化にしてみてくださいね!

あなたの口臭大丈夫ですか?

口臭について こんにちは、河底歯科・矯正歯科の児玉です。

 

今日は口臭についてお話しします。

口臭とは、呼吸や会話をした際、出てくる息が他人にとって不快の感じるもののことを口臭と言 います。

ただ、嗅覚には個人差があり、その時の体調や心理的要因によってもにおいの感じ方が変わって きます。

口臭には種類があり、主に4種類に分類されます。 1つ目は、生理的口臭です。 これは、舌の後ろ側にある舌苔における細菌の腐敗作用で発生します。生理的口臭は、起床直後 に高い数値を示します。睡眠時に唾液分泌が減少し、細菌が増加することでおこります。

生理的口臭を軽減するためには、舌清掃が効果的です。舌清掃をする際には、舌の後方から前方にかけて 磨くとよく取れます。舌清掃は、起床直後、1日1回程度行えば十分です。ただ、舌苔(白いもの) が付着してない場合は、磨く必要はないです。その他にも、舐めるだけで口臭改善につながるタブ レットや予防対策として洗口液があります。当院で販売しているタブレットは、タブレットに入っているキウイパウダーが唾液の分泌を促してくれます。洗口液は、当院で販売しているハビットプロがおすすめで す。気になる方は気軽にお声がけくだい。

2つ目は、飲食物・嗜好品による口臭です。ネギ、ニラ、ニンニクなどを食べた後、よく口の中が におうことがあると思います。これは、口の中に直接残っている食べカスと、体内で吸収されたものが肺から呼吸で排出されることでにおいます。ただ、飲食物・嗜好品による口臭は時間の経 過と共に減少することが多いです。

3つ目は疾患などの病的原因による口臭です。 病的原因による口臭は、90%以上が口腔内疾患や異常によるものが多いと報告されています。歯 周病や唾液分泌の減少、虫歯などです。その中でも、歯周病が主になるため、その場合には歯周 病治療が必要です。その他の唾液分泌減少に関しては、舌体操や唾液腺マッサージが効果的です。 唾液腺マッサージ ①耳下腺 指全体で耳の前、上の奥歯あたりを後ろから前に円を描くようにマッサージをします。 ②顎下腺 親指を顎骨の内側のやわらかい部分に当てて耳の下から顎の下まで押します。 ③舌下腺 両手の親指をそろえて、顎の下を軽く押します。 食前や口腔ケアの前に5回から10回程度行うのが理想です。

 

 

 

 

 

 

 

4つ目は、心因性の口臭です。これは、他人からではなく、自分で判断して悩まれてしまうことで す。しかし、誰でも口臭が0ではないので、極端に心配する必要はないです。 口臭の存在は、生活において良好な人間関係を築くうえでも障害となります。口臭の発生原因の 90%以上が口腔内にあります。少しでも口臭に悩まれているようでしたら、歯医者に受診される ことをお勧めします。 

 

 

引用文献 https://www.kokucare.jp/training/training/daekisen/ 歯科衛生士2020 10月号

ページの先頭へ戻る