妊婦さんの歯科治療について

衛生士の佐藤です。今日は妊娠中の方の歯科治療についてお話していきたいと思います。

元々あまり歯医者に行ったことがない方も妊婦検診をきっかけに歯科へ来院してくださることが多いです。

妊婦検診とは妊婦さんや赤ちゃんの健康状態を確認するために行うもので歯科では妊婦さんのむし歯の有無や歯ぐきの状態をチェックします。

この時にむし歯や歯周病などが見つかる方も実は多くいらっしゃり、出産までの間に治療をしていきます。

しかしその時気になるのが歯科治療でおなかの中の赤ちゃんに与える影響についてですよね。

これは治療前に妊婦さんからもよく質問を受けます。

まずむし歯治療で使用する麻酔についてです。

歯科で使う麻酔は局所麻酔と言われる打った周辺のみに作用するものなので胎盤を通して赤ちゃんに影響が出ることはありません。

ですが実際に治療を行うとなると妊娠初期はつわりで口を開けて器具を入れるのはしんどい方もいらっしゃいますし、麻酔の薬に入っている成分には大量投与すると子宮収縮を起こし穏やかにですが分娩促進させる作用をおこすものもあります。

虫歯治療する際は必要最低限の量の麻酔を使用するようにしていますが、より安全に治療をするために妊娠中期(1627)に行うことを当院では推奨しています。

ですので妊娠初期の段階で検診を受けむし歯や歯周病があった方は、麻酔を用いての

治療は妊娠中期に入ってから行い、それまでは歯周病の治療を行っていきます。

また、妊婦さんは歯周病治療もしっかり行っていく必要があります。

なぜなら歯周病に罹患している方は早産のリスクが上がってしまうからです。

よく聞く飲酒による早産のリスクは約3倍ですが歯周病による早産のリスクは約7倍にもなるとされています。

これは歯周病菌がもたらす炎症を起こさせる物質が子宮の収縮を起こさせるホルモンに似ているため早産や低体重児出産の原因になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊娠中はつわりによる食生活の乱れや口腔清掃不良の影響で歯茎の炎症を起こしやすいのですが、さらに妊娠中の女性ホルモンを好んで活動する歯周病菌の影響もうけてより炎症を起こし、歯周病を悪化させます。

妊娠中の歯周病は通常よりも早く進行してしまうため早めの発見と治療をお勧めします。

また、歯周病に罹患している人としていない人を比べると歯周病に罹患している人は不妊になりやすいという試験結果もあるそうです。

歯周病は妊娠・出産に深く関わっているのに若い人と歯周病はなかなか結び付かず

知らない間に不妊の原因を身体にため込んでいるかもしれません。

ですので妊娠中の方もですが妊活前にも歯周病のチェックをしに歯科を受診してくださいね。

セミナー参加報告です

歯科衛生士の吉岡です。

現在は広島県は緊急事態宣言下にあります。今日させていただくのは、4月に参加したセミナーの報告です。

一般社団法人日本歯科医学振興機構(JDA)が主催する臨床歯科麻酔管理指導医・臨床歯科麻酔認定歯科衛生士セミナーを受講し、認定試験を受けて参りました。

今回のセミナーで受講した内容は単に麻酔といってもその内容は濃く深いものでした。

そこで今回受講して当院でしていること、患者様に伝えておきたい内容をお伝えします!

・妊婦の方には妊娠中期(16~27週)に歯科治療を行うことを推奨しています

・麻酔をして、心臓がドクドクするのは心拍数が増加する作用が入っています

・麻酔が効きにくかったことのある方は歯茎に炎症があると効きにくいことがあります、

・上顎は骨が薄いので麻酔は効きやすく、下顎は骨が密で麻酔が効いてくるスピードが上顎と比べると遅いことがあります

・麻酔で針を刺す時と液を入れるときには痛みを生じやすいです。そのため当院では表面麻酔といって麻酔を入れる前に歯茎にシールをはっています。(麻酔の麻酔)

もしも偶発症が起こった時のために、AED、パルスオキシメーター、血圧計、酸素ボンベを置いています

当院に来院されている方で麻酔のことで何かご不安に思われることがありましたら気軽に聞いてください。

 

他にも法律や局所麻酔の薬剤や効果作用、麻酔の偶発症についての知識を深め、救急対応についての実習をさせていただきました。

 

試験は難しい内容だったので、通知が来たときは結果を開くまでドキドキしましたが、無事臨床歯科麻酔認定歯科衛生士の認定証をいただくことができました。(認定期間は3年とされています)

河底歯科・矯正歯科では、痛みが少ない治療を目指し、患者さんの心理的負担を軽くしたいと考え診療しております。

少しのことではありますが、歯科=痛いところをいう従来の悪いイメージを覆し、快適に歯科治療に通っていただきたいと思っています。

失敗しないためのインビザライン矯正

皆さんは歯並びを意識していますか?

歯並びは顔のバランスや見た目の印象に大きく関わります。

当院には一般歯科と矯正歯科がありますが、今日は矯正治療について書いていきたいと思います。

一言で矯正治療といっても、治療方法は様々あります。

一般的によく知られているのは、ワイヤー矯正だと思いますが、もう一つ矯正方法があります。

それがインビザラインというマウスピースの矯正方法になります。

インビザラインとは従来のワイヤー矯正と比較して非常に目立ちにくい装置です。

一人ひとりに合わせて作製される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かして、歯並びを矯正していきます。

<インビザラインの適応症・非適応症>

インビザラインはだんだんと適応症例が広がってきてはいますが、やはり中には適さないケースというのもあります。

【適応症】この矯正の一番得意なことは歯を遠心(奥)に動かすことです。

・開咬:前歯に隙間が空いている咬み合わせ

・抜歯をせずに並べられる軽度の歯並び不正の場合

・歯の移動量が少ない場合

・叢生:歯並びがガタガタ重なった歯並び

・空隙歯列:歯と歯がすいている

・受け口、出っ歯:軽度であれば可能

他にもかみ合わせが深い場合や歯が反対にかみ合っている場合などにも適応できます。

【非適応症】

歯を並べるのに抜歯が必要となる場合や歯をたくさん移動しなければいけない場合には

インビザラインだけではできないことがあります。

その場合(インビザラインを希望の方)はワイヤー矯正とインビザラインを組み合わせた矯正を行うことが可能です。

また、骨格的に上あごや下あごが出てしまっているように、骨格的な問題になるとインビザラインでは対応できません。

<歯を動かす方法(アタッチメントについて)>

インビザラインは歯を徐々に動かした形のマウスピースを取り換えていき歯を動かしていきます。この矯正方法は、加える力を計算して作っているので、歯の移動速度や速度、角度などによってステージ数が変わります。

その力の手助けをする機能がアタッチメントです。懸垂をする時に腕の力で体を持ち上げるのと同じように歯を動かすときにもアタッチメントの力で動かさなければなりません。

アタッチメントとは、歯科用のプラスチックでできているものを歯の表面につける突起物です。歯と同じ色をしているので、表面につけてもあまり目立ちません。

アタッチメントとつけることによってマウスピースが維持できることやステージが進んでくると歯と歯の間に隙間ができてきたりすると歯の動きやずれが分かるので計画通りに進んでいるかという判定の材料になります。どのような状況でつけるかはその時によって異なるので歯科医師の判断のもとでしていきます。

アタッチメントは接着剤でつけているため、着脱のときにとれることがありますが、取れた場合にはまた歯が動くように付け直しをしていきます。

<装着時間>

取り外しは可能ですが22時間以上の装着が推奨されています。

しかし、時間にとらわれず、歯磨きをする時と食事をする時以外は装着しておくことをお勧めします。

矯正治療もワイヤー矯正だけでなくマウスピース矯正へと幅が広がってきています。

矯正をしたいけど、目立つのでは?と心配されている方は装置を気にせず過ごしたい、サービス業で相手の目線が気になる、大事な日を控えているなど、目立ちにくい矯正をしたい方は、まず矯正相談にお越しください。

抜歯における注意事項

こんにちは、雨が続くお盆になりそうですね。

さて、今回は抜歯後の注意事項についてお話ししたいと思います。

当院では、できるだけ歯を残すという考えで治療しています。しかし、残念ながら避けられないケースもあります

手遅れになった虫歯や歯周病、歯が割れてしまった、隣の歯を傷めている親知らずなど

抜歯には明確な理由があります。

みかんやいちごがパックの中に入っていて傷んできたものをそのままにしておくとどうなるでしょうか?

かびが生えたようになっているものは、隣のみかんやいちごにまで影響を及ぼしますよね。当院では、大きくなってしまったむ

し歯もできるだけ残すように治療をしますが、致し方ない時には抜歯をおこないます。

抜歯になってしまった場合、その前後で注意していただきたいポイントがいくつかあります。

①持病の薬は必ず申告してください!

血液サラサラの薬を飲んでいる方は、抜歯後に血が止まりにくく、通常より厳重な止血が必要になります。

また、骨粗しょう症の薬(ビスフォスフォネート系製剤)を飲んでいると、抜歯をしたとき顎の骨が壊死してしまう可能性がおります。

ビスフォネート系製剤を服用している方が歯を抜く時はお薬を処方されている先生に相談しますので必ず事前に教えてください。

②抜歯後に気を付けること

抜歯の時は麻酔をしていますので、抜歯後1、2時間くらいお食事は気をつけてください。

麻酔が切れるのは個人差があるので人によっては半日ぐらいしびれている方もいますが

だいたい2時間ぐらいで切れてきますので、様子見てお食事してください。

感覚がない時にお食事すると、ほっぺを噛んだり熱い飲み物はやけどしたりするおそれもあります。

麻酔が切れて痛みがあるようでしたら、痛み止めをお渡ししますので早めに飲んだください。

化膿止めで抗生剤も2日分お渡ししますので、毎食後全部飲み切ってください。

また、抜歯後の翌日から使用していただくうがい薬も、処方しますので消毒代わりに使ってください。

抜歯後にガーゼを15分~30分噛んで止血をしてもらいます

この方法は、圧迫止血法とよばれる方法で、簡単なだけではなく止血効果も高いです!

時間がたっても出血が止まらない場合は、替えのガーゼをお渡しますので、

丸めてまた30分ぐらい噛んでおいてください。徐々に止まってきます。

抜歯後の当日は抜いたばかりですので激しいうがいをするとかさぶたがはげて

出血するので、激しいうがいは控えてください。

抜いたところは穴があいて、食べ物が挟まりやすいので抜歯の翌日からしっかり

うがいをして汚れを取り除いておいてください。

歯ブラシでゴシゴシ擦るのはやめてください。

穴が塞がるまで数ヶ月かかるので、それまではうがいをお願いします!

また抜歯後当日は、激しい運動や、長い入浴は血液の流れが良くなり、出血のリスクが高まるのでシャワー程度でお願いします。

アルコール、喫煙は傷の治りが遅くなったり、化膿するので当日は控えてください。

痛みや出血が止まらない場合や、なにかありましたら早めにご連絡くださいね。

当院では、抜歯は最終手段です。今ある歯を一本でも多く残せるように歯科医師はもちろん衛生士、フタッフも全力でサポートします! 8020(8020)を目指しましょう☆

ドライソケットとは?抜歯後痛みが出る場合

こんにちは。歯科医師の河底です。 今回は抜歯後の傷の治り方についてのお話しです。

―正常な治り方―

 

① 抜歯当日 空いた穴に血がたまり、血餅が形成される。

 

② 3〜4 日 上皮化(歯ぐきの再生)が始まる。

 

③ 1 週間 血餅が肉芽組織に変化する。

 

④ 3 週間〜1 ヶ月 肉芽が結合組織に変化し、骨が再生し始める。

 

⑤ 1 ヶ月〜1 ヶ月半 抜歯後の穴は完全に歯ぐきで覆われる。 ⑥ 半年〜1 年 歯ぐきの穴が完全に埋まる。

 

このようにして、抜歯後は傷が治っていきます。 しかし、抜歯後の傷の治りが悪い場合があります。「抜歯窩治癒不全」で す。(抜歯後、歯のあったところに穴があきます。これを抜歯窩といいます。) ほとんどの場合は、抜歯後は正常に治っていきますが、稀に抜歯後数日経ってか ら逆に痛みが強くなってくる場合があります。これは「ドライソケット」 と呼ばれる状態です。

 

ドライ(乾いた)ソケット(窩=穴)。つまり、乾いた穴です。

抜歯後、正常に治る場合は血餅ができますよね。血餅とは血液が凝固したもので、 止血や傷の治癒などに重要な役割を果たします。

しかし、うまく血餅ができなかったり、せっかくできた血餅が剥がれてしまうこ とがあります。

この場合、露出した骨の表面が感染を起こし、ドライソケットに なります。

ドライソケットになった場合、麻酔が切れた瞬間よりも抜歯後 2〜3 日経ってか らのほうが強い痛みを感じるようになります。

しかも、骨が露出しているため、 飲食時に痛みが強くなります。

そして、抜いた穴から嫌な臭いがします。通常な ら歯を抜いた穴は血餅ができているので赤〜濃い紫に見えることが多いですが、 ドライソケットは抜いた穴が大きくあいていて内部が白っぽく見えます。(←これも、骨が露出しているためです。)

 

<ドライソケットの原因>

① 骨自体の血流が悪くなっていて、血餅ができなかった。

 

② うがいをし過ぎた、舌で触ってしまった、抜歯した穴に吸引力がかかってし まったなどの理由で、血餅が剥がれてしまった。

 

③ 麻酔に含まれる血管収縮薬の影響で、あまり出血しなかった。

 

④ 抜歯後、喫煙することで血流が悪くなってしまった。

 

⑤ 抜歯後、何らかの理由で感染を起こしてしまった。

 

⑥ 難しい抜歯で骨が空気にさらされる時間が長くなってしまった。

 

それでは、ドライソケットになった場合、どうしたら良いのでしょう?

 

まずは、抜歯を行った歯科医院に連絡をしなるべく早く行きましょう。

歯科医院で行う処置としては、

・抜歯した部分の消毒

・抗生物質の軟膏塗布

・抗生物質や痛み止めを再び処方される

・レーザー治療を使用した消炎処置 などがあります。

ほとんどの場合、このような処置により傷口が自然に塞がり、 1〜2 週間ほどで痛みが和らぐことが多いようです。

それでも痛みが改善しない場合は、抜歯後乾いてしまった穴に再び傷をつけて 出血させ、新たに傷口に血餅を作る処置を行うこともあります。

残念ながら、ドライソケットを完全に予防することは難しいです。 しかし、少しでも予防するためにみなさんにお願いがあります!

 

・何度もうがいをしないようにしてください。

 

・舌で傷口を触らないようにしてください。

 

・抜歯した穴に吸引力がかかるような動作は控えてください。

 

・抜歯後、喫煙はしないようにしてください。

 

・血が止まりにくくなることは極力控えてください。

 

・十分な休養をとって体調を整えましょう。

私の友人も学生の頃、下の親知らずを抜歯後ドライソケットになっていました。 とにかく痛いと言っていたのを今でもよく覚えています。

 

抜歯後ドライソケットにならないよう予防し、もし痛みがどんどん強くなるな どの症状があった場合は早めにご連絡くださいね。

1 / 2912345...1020...last »
ページの先頭へ戻る