コロナむし歯?

こんにちは。受付の黒田です。

10 月も終わりに近づき、やっと秋らしい気温になってきましたね。 今日は TV でも紹介されていた“コロナむし歯”についてお話ししたいと思います。コロナむし歯って・・・最初にテレビをみて何かと思いました。。

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い歯科の受診を控える方が多くなった今、むし歯などが悪化するケースが増えてきています。最近、受付にいると「コロナで定期検診を控えていたらむし歯になったかもしれない。」「コロナが怖くて治療を中断していた歯が痛いので診てほしい。」という声を多数 いただきます。

更に大人だけでなく子どものむし歯が重症化しているケースも多くみられます。 これは、新型コロナウイルスによる生活の変化が原因と考えられます。自宅にいる時間が増え、 お菓子や甘いものを摂取する機会が増えたり、感染リスクを恐れ歯科への通院を中断していることなどがあげられます。

そして、マスクの着用も口内トラブルの原因となっています。会話や口を動かすことが減ったり、 口呼吸が増えることから唾液の分泌量が減り、口内細菌が溜まりやすくなるのでむし歯や歯周病のリスクが高まります。 口の中が汚れていると新型コロナウィルスにもかかりやすくなると言われており、口腔ケアを しっかり行うことによって歯周病菌が減り予防にも繋がります。更にこれからの季節に増えて くるインフルエンザの予防にもなります!口の中を歯周病や虫歯などがない健康な状態に保つ ことは、新型コロナウィルスに感染した場合でも、重症化を抑えられる可能性が高くなりますし、感染しても、重症化に至らない確率が高くなります。

当院ではより皆さまが安心して歯科治療を受けられるように様々なコロナウイルス対策を行な っております。

・まず、来院時には検温とコロナウィルスに関する問診票の記入をお願いしています。

・更に、アルコール消毒、治療前に必ずうがいをしてもらい、院内は常に換気を行っています。

・受付ではウィルスガードを設置したり、待合ではマスク着用をお願いしております。

・診察券もアプリに切り替え、レジも釣り銭機を導入しているので究極の非接触を実現しています。

・そして、週末に医院内を Etak での消毒を行っています。Etak の特徴は効果が長持ちすること です。塗布、噴霧したところにしっかり固定化し、蒸発しないので拭き取ったり水で流しても抗菌成分は剥がれません。一週間は効果が持続します。 このように、当院では継続して感染予防対策を行なっています。

安心して通院していただけるようにこれからも努めて参ります。

歯周病は骨がとける病気〜岡崎好秀先生の講義を受けて

歯科医師の河底友紀です。

7月に当院にて岡崎好秀先生の講義を受けて、ますます歯への関心が高まりました。
 
国立モンゴル医学・科学大学歯学部客員教授でいらっしゃる岡崎先生は、小児歯科を専門とし障害をもつ子供を中心として診療されています。岡崎先生は、「子供の心に貯金をする」という理念を持っておられるそうです。それは、治療終了時に子供を笑顔で帰すことです。
また、岡崎先生は動物の歯にとても詳しく、日本各地の動物園や水族館から問い合わせが来るので往診にも出かけておられるそうです。
 
岡崎先生のお話の中で「カンガルー病」というのがありました。カンガルー病というのは、カンガルーに頻繁にみられる有名な病気です。口の中や歯の周囲が食べ物の硬い草などによって傷つき、そこから細菌が感染して顎の骨が化膿して腫れ、ひどくなると化膿が広がり餌が食べられなくなって死んでしまうこともあるのです。つまり歯周病です。カンガルーだけではありません。他の動物もです。例えば、犬のかかる病気の中で最も多いものが、歯に関する病気だそうです。特に歯周病の放置が重大な疾患につながる最も多い原因です。
 
岡崎先生の著書「おもしろ歯学」にこのようなことが書いてありました。ある動物園で、昨日まで元気だったサルが死んでしまったそうです。サルの死から1年後・・・やっと死因が分かりました。虫歯が原因だったのです。虫歯が進行し神経が死んだままの状態が続くと、歯の根の先に膿がたまります。サルは歯の根の先から脳まで近いので、菌が脳に感染したのです。
写真は通常のカンガルー の頭蓋骨とカンガルー病になったカンガルー の頭蓋骨です。歯周病が骨をとかす病気だと一目瞭然でわかりますね。
ところで、人の歯は何本あるか知っていますか?正解は、28本です。(親知らずを除く。)
動物も人間と同じでしょうか?実は、動物によって本数も歯の形もちがうのです。例えば、草食動物の馬の歯は40本。草食動物は、草をすりつぶすために全ての歯が大きく平らで前歯も奥歯も同じ形なのです。大きな歯を収めるため顎や顔が長くなるそうです。
同じ肉食動物の犬と猫ですが、実は歯の本数がちがうのです。犬は42本、猫は30本。猫の方が12本も少ないのです。肉食動物には、肉を引き裂く「裂肉歯」があります。猫の裂肉歯が大きく鋭いのは、犬より肉食傾向が強いためです。猫はネズミを捕まえますが、犬は捕まえませんよね。
ライオンとハイエナを比べてみましょう。ライオンが獲物を食べた後は頭や全身の骨が残っていますが、ハイエナが食べた後は何も残っていない場合があります。これは、ハイエナの口の中には、骨を砕く「骨砕歯」というのがあるのです。
 
歯を見たら肉食か草食か雑食かが分かります。人の歯は、雑食に適した歯です!
人にとっても動物にとっても、生きていくために歯はすごく大切です。みなさんが歯に興味を持ってくださり、今まで以上に歯を大切にしようと思っていただけると嬉しいです!!
そして、先日『コロナ虫歯』というのをTVでやっていました。コロナで歯科受診を控えていた人の虫歯・歯周病が進んでいるそうですがこれは実際にお口を診ていて、口腔内が悪化している人が増えていることには数ヶ月前から気づいていました。
今、平均寿命が伸びているからこそ、歯は大切です。最後まで自分の歯で食べられるよう、メンテナンスを受けてくださいね。
 

私、矯正、始めます!トリートメントコーディネーターの矯正日記

こんにちは。
トリートメントコーディネーターの重森です。

暑かった夏も終わり、めっきりと秋めいてきましたね。

コロナの影響でアウトドアが流行る昨今、私は登山にはまりました。

しんどい登り道を歩く中で、まるでオアシスのように咲く山野草を夢中で写真に収めつつ、

ハアハア言いながらも山頂に辿り着いた時の爽快さ!食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・・
いろいろな秋の楽しみ方がありますが、あなたはどんな秋をお楽しみでしょうか?

さて、今回のテーマは“私の矯正治療”です。

・・・私、矯正、始めます・・・!

思い起こせば、小学生の頃から八重歯が気になっていた私。
写真の中でニコッと笑顔の私の口元は、八重歯のせいでまるで歯がないように見えるのです。
更に、何となく笑った時の口元が歪んで見える・・・。

それが気になって、大学の謝恩会の写真はすべて歯を見せなかった記憶があります。
写真に写る時だけは口角だけ上げてニコッとして。
せっかく綺麗に着付けをして記念に残る写真なのだがら出来るだけ歯は見せないようにしようと、ほぼ無意識に・・・そうしていました。
その時の写真を見返してみると面白いくらい、どの写真にも口角だけを上げた笑顔の私が写っています。

社会人になり、社内でプレゼンをした後で先輩から、
「笑う時に、なんか笑いきれていないよね?遠慮して笑っている感じがする」
と言われました。
その時は「プレゼンで緊張しているから・・・」と思ったのですが、
あとから考えると、無意識に歯を見せずに笑おうとしていたのかな?と思いました。

しかし、これだけ口元が気にはなっていても、私の中に「歯列矯正治療」という考えは微塵も浮かんではこなかったのです。
なぜかというと、「歯並びが悪い」とは思っていなかったから。
「八重歯」という言葉は知っていましたが、それが「歯並びが悪い」ことが原因とは知らなかったからです。
「八重歯も生まれつきで仕方ないか・・・」としか思っていませんでした。
ようは「生まれつき一重だから」「生まれつき鼻が低いから」「生まれつき背が低いから」という類の「生まれつき八重歯だから」という捉え方だったんです。

歯並びが悪い、ことに気づいたのは、もちろん、この業界に入ってから。
この業界とは“歯科”のことですね。

当院に就職して、周りのスタッフに「歯並びが悪い」ことを指摘されたり、歯科について勉強をする中で、「あれ、私の歯、このままでは大変なことになるのでは・・・?」と思い始めたのです。

そして勇気を出して院長に「私の歯並びってどうなんですか?」と聞くと、衝撃のひとことが・・・。

「おばあちゃんになった頃には歯は無くなっているかもね」

・・・それで、わたしは、矯正を始めることにしました・・・

詳しくは、当院の八重歯のおばあちゃんはいないというブログを見て下さいね。

この際なので、これも以前から気になっていた、
笑った際に奥のほうでキラッと鈍い輝きを放つ、
・・・銀歯・・・
これもセラミックに替えてしまおうという治療計画をたてています。銀歯は、当院のブログでもお伝えしていますが、

・歯茎の変色(黒ずみ)

・二次むし歯ができやすい

・プラークがつきやすい

などの問題があります。

今後、この場を借りて「矯正治療の実況」をお伝えできれば良いな~と思っています。

今、私は登山でいうところの、登山計画書を書いて登山口に立ったところです。
これからどんな景色が見えるか、どんな難所が訪れるか、その先にあるゴールはどうなるのか・・・。
(私にとっては)未知の世界への少しの不安と大きな期待とを背負って、“河底歯科・矯正歯科”というチームで“矯正治療”という山に登っていきます!
(少々、オーバーな言い回しになったことは笑ってやってください)

あなたも、もし口元のことで悩みがあったら、ぜひ私たちにご相談ください。
私のように「生まれつきだから仕方ないか・・・」と思っていることも、もしかしたらどうにかなるかもしれません。
「案ずるより産むがやすし」という言葉があるように、歯並びのことで悩んでいらっしゃったら、まずは当院にて矯正相談を受けてみられてはいかがでしょうか。

お気軽にご相談くださいね。

 

私の現状の口の中です。八重歯があり、噛み合せが深く、全体的にでこぼこ。

正中(真ん中)もずれています。

さて、これがどんな風に変わっていくのか、楽しみです!

勤務医の先生の症例発表を聞いて

歯科衛生士の佐藤です。先日、勤務医の先生ががセミナーで発表した治療計画を院内ミーティングで見せていただきました。

見せてもらった症例で感じたことは資料から現状を読み解く大切さ、大変さ咬合力が歯に与えるダメージは大きいということです。

強い咬合力がずっと加わっていると知らず知らずのうちに歯や骨に影響を与えています。

①歯ぎしりをしている歯が削れてしまう 

②力が加わったところが欠けてしまう

③神経を抜いている歯は力に耐えられず歯根が折れてしまうことが多い

④顎の関節にだるさや痛みが出てしまう

⑤歯を支えている歯槽骨が歯周病じゃないのに下がってしまう

など悪い影響が多いです。

特に力は奥歯に加わることが多いので咬合力が強い人は自分の力の強さで奥歯からどんどん歯を失っていき、口腔の崩壊を招いてしまうこともあります。

咬合力は、なかなか自分で強いかどうかわからないと思いますが、ずっと加わり続けている力は口の中に影響を及ぼしているのでそこから読み取ることが可能です。

まず、写真から分かるポイントです。

 

 

 

 

 

 

写真からは骨と歯の両方の影響を見ることができます。歯列の内側にボコボコっと出っ張っているのは骨です。

これは力の加わっている辺りの骨は分厚くなってできるもので骨隆起と言います。

他にも、歯のすり減り(咬耗)や一部歯質が楔状にかけてしまう楔状欠損も確認できます。

 

 

 

 

 

 

 

次に、レントゲンから咬合力の強さが分かるポイントです。レントゲンからは骨への影響を見ることができます。

ずっと強い力が加わる箇所は頑丈になるので分厚さが増し、咬合力の弱い人と比べると

明らかに骨の分厚さが違いますし、いわゆるエラの張ったような直角の骨になっています。

逆に咬合力が弱いひとは角度のついたようなシュッとした感じの骨になっています。

 

 

 

 

 

以上のように写真やレントゲンから咬合力が強いことを自覚していなくても知ることができます。

歯科医師は患者さんの口腔内を写真や模型などの資料から情報を集めていき、現状の把握や、主訴が起こってしまった原因、主訴以外の口腔内の問題点、そしてそれらすべてを踏まえての治療計画を考えます。

私たち歯科衛生士は歯周病以外の診断を行うことはできないのでドクターの治療の診断を少しでも手助けできるように資料採得の規格性や問診やコミュニケーションをとって中で主観的情報を少しでも引き出せるように努めようと思いました。

歯科医師免許取得後にどれだけ学ぶか 〜勉強会参加の報告

歯科医師の河底友紀です。
 
約1年間FCDCという勉強会に参加させていただくことになり、6月に第1回目、7月に第2回目を受講してきました。
第1回目の勉強会では、資料採得の重要性とそのやり方を学びました。資料から、まず「その患者さんの現状を知る」ことが重要です。そして、「現症に至っている原因はどこにあるのか」、また「どのような経過をたどって現在の状態になっているのか」を把握し、治療ゴールを目指していきます。
そして、実際に患者さんの資料採得を行い診断し治療計画を立て、第2回目の勉強会でそれぞれの受講生がプレゼンテーションをしました。
 
患者さんの口の中の一部をみるのではなく、いろいろな資料をもとに全体をみる…。すると、どうして治療している歯が多いのだろう?どうして顎がいつもだるいと言っているのだろう?どうして歯がこんなにすり減っているのだろう?どうして?どうして?どうして?・・・
資料をじっと見ていると、この「どうして?」の答えがみえてきます。
顎関節に影響が出ているな、おそらく歯ぎしりや噛みしめの癖があるな。噛む力が強いな、だから口の中がこうなっているんだ。矯正治療が必要だな。矯正治療をしたら口の中の環境が良くなって、この問題が解決するな。舌の癖もありそうだな。これも治していかないと…。
問題点がみえてくると、今度は最終的な治療ゴールがみえてきます。
そして、患者さんに「現状がどうなのか。」「それを解決するには何が必要なのか。」「最終的にはどうなるのか。」をお話し、患者さんの希望もお聞きします・
治療計画が決まって、治療がスタートします。
 
今回FCDCで学び始めて、1本1本の歯それぞれをバラバラに考えるのではなく、全体をみて重要な問題点を見逃さないようにしなければいけないとつくづく感じました。
 
講師の先生方は、私たち受講生のプレゼンテーションをご覧になってすぐ疑問に対する答えやアドバイスをくださいます。資料を見ると、頭の中に問題点、解決方法、治療ゴールがパッと浮かぶのだろうな…と思いました。講師の先生方はきっと今まで時間をかけて勉強をし、努力と経験を積み重ねてこられたはずです。私も講師の先生方に少しでも近づけるよう、今後もFCDCで学んでいくつもりです。
 
医療は日々進化しています。大学を卒業後、向上心を持って新しいことを学び続ける歯科医師とそうでない歯科医師とでは、治療結果に大きな違いが生まれてきます。
 
1年間FCDCで学ぶことはもちろん、自分がもっと知りたい身に付けたいと思っていることを勉強し吸収していきたいと思っています。そのために、今後もセミナーや勉強会に参加する機会を増やしたいと考えています。
 
自己投資をしてスキルアップすることで、患者さんに満足していただける治療をしていきたいです。
 
院長が常に先進のものを求めて上へ上へと目指しそれを続けることは非常に根気が必要であることを指導してくれました。
勉強にも1日だけの単発のセミナーから今回院長に参加させてもらっているFCDCのような勉強会のように1年を通して学ぶセミナーまで種類がたくさんあります。兄である院長が目指しているのは、「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」「奢れるものは久しからず」という精神であり、常に上を目指す診療姿勢には尊敬の思いです。
 
技術ももちろん大切です。それに加えて「患者様に寄り添う気持ち」「常に謙虚な気持ち」を忘れず確実な治療結果を出せるような歯科医師を目指そうと思います。
 
 
 
1 / 2612345...1020...last »
ページの先頭へ戻る