今年もありがとうございました

事務局の河底です。今年も残すところ、わずかとなりました。

2019年の河底歯科・矯正歯科を振り返りますとこの1年もまたあっという間に過ぎました。

参加しているMID-Gでのマニュアルコース表彰式、歯科衛生士学校での矯正学講義担当、消費税アップ、院内のデジタル化の推進・・と今年も例年に劣らず多くの出来事がありました。また、「一年の計は元旦にあり」という諺(ことわざ)がありますが、当院は毎年元旦よりも早く11月くらいには来年の計画を立てるようにしています。

スタッフも同じです。

野球の大谷選手が花巻東高校一年のときにドラフト1位指名を受けるために自分がやらなければならないことを一覧にして書き出していたのを当院でも同じようにやっています。

医院として個人としてどんな風になっていきたいか、目標を見える化して前に進んでいます。

また、話はガラリと変わりますが、年末といえば大掃除ですよね。

我が家も十分とは言えないながらも大掃除に着手しました。1日では終わらないほど普段掃除をためてしまっています。この掃除をするときに、私はいつも歯のクリーニングのことを考えます。

掃除だって毎日こまめにやっておけばこんなに大変にはならないのです😅

台所やトイレ、風呂、、、、水回りは本当に掃除が大変です。私の場合、泡ハイター、歯ブラシ、クエン酸、ありとあらゆる薬剤、道具を使います。車の掃除には高圧洗浄機も使います。また、頑固な汚れのついた子供のシューズを洗うのは超音波を使います。

これって本当に歯のクリーニングに似ているんです。きっと毎日の歯磨きが十分ならば大変ではないのですが、だいたい歯科に来られる方は、プラーク、歯石がついています。

当院でもエアフロー、超音波スケーラー、ハンドスケーラー、歯磨剤もいろんな種類を使っています。あの手この手、道具と専門技術できれいに磨いていきます。

そのパワーをご覧ください。歯面に水とパウダーを吹き付けて汚れを吹き飛ばします。

↑エアフローを使用して清掃している歯科はまだごく少数です。おうちにはない道具や機械で専門的に磨きます。

歯周病はこんな感じです。歯周病は感染症ですのでとにかく、バイキンを減らしていくことです。歯科でクリーニングに通う治療期間中も朝昼晩、食べ物を食べる度に、飲み物を飲む度に汚れはついていきます。

エアフローにはきれいにするだけの効果ではなく、新たなバイキンを付着しにくくする効果もあります。

歯石はただの汚れと思わないでください。歯を支えている骨をどんどん溶かしていく病気です。

基本的に歯周病はサイレントキラーですので症状がなく、じわじわと進行していきます。歯茎の中はこんな風になっています。あれ?歯が少し長くなったかな?ぐらぐらしてきたかな?と思ったときには相当歯周病が進んでいると考えてください。

毎日、使わないといけないお口の中です。是非きれいにしてあげてください。毎日、当たり前と思って食べている食事も歯が十分にあってこそです。

お忙しい方も年末または年始に、またそれも忙しくて歯科にいけなかった方はせめて自分の誕生日月にご褒美として歯科でクリーニングしてみてください。舌で歯を触ってみると歯ってこんな形だったんだな、と改めて思えるほどきれいになります。当院は滅菌にも大変力を入れています。一生笑って、自分の歯で食事ができるようにお手伝いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

医療費控除について

こんにちは。

アシスタントの重森です。

1年もあっという間でした!

もう師走・・・

クリスマスから大晦日、お正月・・・とイベントも目白押しですね!

あなたにとってどんな1年だったでしょうか?

走り回る師走ですが、ちょっと立ち止まって1年の振返りをしてみてもいいですね。

年が明けて2月から確定申告が始まりますので今回は治療費に医療費控除が適用できる話をしたいと思います。

あなたは「医療費控除」という制度をご存じでしょうか?

聞いたことがある方は多いと思います。

ざっくり言うと1年間に支払った医療費を申告することによって税金が還付される」制度です。

今回はこの「医療費控除」について詳しく説明したいと思います。

歯科での医療費控除の対象となる治療とは・・・

あなたやあなたと生計を一緒にする配偶者、その他の親族の為に1年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費の合計額が一定額以上ある場合に「医療費控除」が受けられます。

ただし、医療費控除の対象となるものとならないものがありますので、まずはそれを見ていきましょう。

【対象となるもの】

・インプラント治療費 

・自由診療によるかぶせ等の治療費(オールセラミックの詰め物やかぶせ)

・矯正治療費 

・むし歯の治療費 

・通院のための電車、バス代(交通費は領収書がなくても日にちと金額のメモでOK

・薬局で購入した風邪薬(病気にかかる費用はOK

申告には領収書が必要となります。領収書の再発行はできませんので大切に保管してください。

【対象とならないもの】

・フッ素治療費(予防目的なので不可) 

・ホワイトニングの費用(審美目的なので不可)

・歯ブラシなどの口腔衛生用品代(日常生活で使用するものは不可) 

・インフルエンザ予防接種(予防目的なので不可) 

・通院のためのガソリン代

医療費控除の計算方法・・・

医療費控除の対象となるものが分かったら、次は計算方法について説明します。

計算は以下のようになります。 

 

 

 

   

1 保険金等で補填させる金額・・・

・健康保険組合等からの給付金や、高額療養費、出産一時手当金、生命保険契約等に基づ

き支払いを受ける医療保険金、入院給付金は差し引きます。

2 足切り額・・・

・所得が200万円以上の人は、10万円

・所得が200万円未満の人は、所得合計額の5%

ここでいう所得とは、年収や手取り額ではありません。

年収から必要経費(給与所得控除額)を引いた金額です。

所得は源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」の欄をご確認ください。

実際に計算してみましょう!

計算方法が分かったところで、実際に計算してみましょう!

例)夫、妻、子ども1人。夫婦共働き、子どもは中学生

夫の年収500万円、妻の年収250万円

  今年から子どもの矯正治療を開始

  妻がセラミックのかぶせ(10万円)を入れた

1年間でかかった医療費は家族3人分合計で85万円

夫が生命保険会社から医療保険金5万円を受け取っていた

夫の年収は500万円なので所得は346万円となり、所得が200万円以上なので足切り額は10万円です。

85万円-5万円-10万円(足切り額)=70万円

70万円が医療費控除額となります。

夫の税率が10%とすると、

医療費控除額70万円 × 税率10% = 7万円

したがって、医療費控除の申告により、所得税は7万円還付されます。

さらに住民税も一律10%安くなるので、この場合7万円の計算になり、

所得税と住民税を合わせると14万円も税金を減らすことができます。

課税所得は、源泉徴収票で計算できます。

 「給与所得控除後の金額」-「所得控除の額の合計金額」=「課税所得」

税率については国税庁のHPでご確認ください↓

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

所得税の場合は医療費控除で安くなった分だけ還付されますが、住民税は翌年6月以降

に納めるため、所得税のように還付されることはありません。医療費控除で安くなった

後の税額を6月以降に納めることになります。

夫婦共働きで、妻が夫の扶養に入っていなくても、医療費は家族分を合計して計算することができます。

また、税率が高いほうが還付額が多くなる為、夫と妻とで税率が高い方で申告をしたほうがお得です。

歯科治療についていうと、矯正費用を分割にすると足切りされる年が増える事になるので還付額を大きくしたい場合は一括払いのほうがお得です。

申告の手続き・・・

さて、還付金の計算ができたら実際に申告をしてみましょう。

①必要な書類を準備する

 ・確定申告書 

・医療費控除の明細書

どちらとも税務署の窓口、もしくは国税庁のHPからダウンロードできます。

 書類を入手して必要事項を記入します。

 ・源泉徴収票(会社員の場合)

 ・医療費通知

   →ご自分の加入している健康保険組合等から送られてくる書類です。

②必要な書類を税務署に提出する

 通常の確定申告では、支払いがあった年の翌年2月上旬~3月15日のあいだに書類を提出します。

③還付金を確認する

 還付金は1ヶ月~1ヶ月半程度後に指定した振込口座に振り込まれるか、最寄のゆうちょ銀行または郵便局に出向いて受け取ることができます。

詳細は国税庁のHPをご確認ください。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/r01junbi/iryouhikoujo.htm

1年の締めくくりとして・・・

ちょっとややこしいかもしれませんが、余裕をもって申告するためにも早めに書類を記入されるといいですね。

2019年は元号が変わるなど、大きく時代が変わったなぁ・・・と思う年でした。

2020年は、いよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます!

夏季オリンピックとしては56年ぶりの日本での開催。

今から待ち遠しいですね!

来年も元気に過ごせるよう、ぜひともお口から健康を考えてみてください!

ドイツよりSiCAT導入

毎日良い睡眠がとれていますか?

本来、睡眠というのは日中活動した脳と身体を十分に休ませるものです。

良く眠った夜の次の朝は、気持ちがよく、疲れが取れてスッキリした感じがあります。

しかし、寝たのに疲れが取れない、寝苦しいことがある、いびきがうるさいと周りの人から指摘を受けたことがある、睡眠中に呼吸が止まっていたと指摘されたことがあるなど、心当たりがある方はもしかしたら睡眠時無呼吸症の兆候があるかもしれません。

ところで、睡眠時無呼吸症とはどのような病気かというと、睡眠中に無呼吸と低呼吸(いびき)を繰り返す病気です。原因は、空気の通り道である気道が寝ているときに閉鎖してしまうからです。顎が小さい方や、狭い方、肥満、舌が大きい方になりやすいとされています。

この病気は、熟睡できていないため、日中に眠気が強くなり、集中力の低下などが引き起こされ、日中の様々な活動に影響が生じてきます。

また、無呼吸と低呼吸を繰り返すため、低酸素状態が起こって心臓に負担がかかります。

よって、高血圧や糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などの合併症を引き起こしやすくなります。

そのような方には、睡眠時無呼吸症の治療をおすすめします。

歯科では耳鼻科での診断後、歯の型取りをしてマウスピースを作製し、マウスピースを寝るときにお口の中に入れてそのまま寝てもらう治療方法になります。

この治療方法は今までどおりです。この度導入したのはドイツ・シロナ社製、X線で気道の容積を計測するシステム「SICAT AIR」です。

気道内を解析するための世界初の3Dソリューションソフトウェアで、睡眠時無呼吸症候群の度合いをデジタルで評価してくれる最新機器になります。

 

 

 

 

 

 

このソフトは気道の狭さの程度の判断や評価、断面図で気道の状況確認、気道の比較ができ、治療計画の可視化ができるものになっています。

今まで通りのマウスピースも保険で作成することができますがドイツ製SiCATで作成したマウスピースは

格段に装置が薄く違和感のないものであり、気道の解析をすることによってより精密な装置が作成可能です。

 

 

 

 

 

 

マウスピースの治療の効果は、適切な下顎と顎関節の位置、気道の開き具合をSICATで直接見ていくことができます。

マウスピースは一般の歯ぎしり防止用やスポーツ選手が使用しているものとは異なり、下顎を数mm突き出してかみあわすようにするものです。

マウスピースをはめることで下顎が持ち上がり、気道が開きます。空気が通るのでいびきや無呼吸を防止します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院ではこういった最新の機器を使って診断治療計画の作成を行うことができます。

患者さんに深く理解していただき、実感のある治療をしていただきたいと思っています。

ただのいびきと思わず、睡眠時無呼吸症候群かも!?と思ったら相談に来てみてください。

矯正治療を開始した場合の準備について

秋も深まり、朝晩はずいぶんと寒くなってきました。季節の変わり目ですが体調に気をつけながら、食欲の秋、スポーツの秋などいろんな秋を楽しみたいですね♪

さて、今回は大人の矯正の装置が付くまでの流れについてお話ししたいと思います。受診したらすぐに装置が付くの?と思われがちですが、実は、矯正の装置が付くまでに様々な準備が必要になります。

(小児矯正の一期治療の場合はこのような装置はまだ使いません)

  1. ゴムで歯と歯の間を空けます。

まずはセパレートという作業を行います。セパレートとは、下の画像のように歯と歯の間にゴムを入れ、ゴムの伸縮性を利用して歯と歯の間に隙間を作る作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セパレートの段階から歯を動かすことになるので、個人差もありますが歯の痛みも出てきます。しかし次のステップに進むための大事な作業なので、頑張ってクリアしていきましょう。

    2.自分の歯に合ったバンドを探していきます。

バンドとは、奥歯に付ける輪状の金属のことです。歯に指輪をしたような状態で歯の周囲を覆うので、奥歯で矯正装置を完全に固定することができ、矯正装置が外れにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.セパレートで空けた歯と歯の隙間を使ってこのバンドをつけることになります。

歯の大きさは人それぞれなので、その人の歯にあったバンドのサイズを探していきます。これをバンド試適といいます。詰め物が入っている歯や、複雑な形の歯、歯と歯の間が狭くセパレートの効果が出にくいタイプの歯の持ち主の方は、バンドを合わせる作業に手間取ることがあります。また、なるべく痛みのない状態で、バンドを合わせたいので、セパレートにきていただいて歯型を採り、バンドを合わせて装置を作ります。

装置のために歯型を採り、石膏を流して模型にします。この、お口の中を再現した模型をもとに院内で装置を作っていきます。石膏が固まり、模型ができたら、試適して合わせたバンドを付けて、ワイヤー(針金)を曲げていきます。次に熱した金属を溶かし、曲げたワイヤーとバンドを接着させます。最後に、模型から外してキレイに研磨します。これで装置は完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、これでやっと準備は完了です。装置をセットするお約束の少し前に、再度セパレートを入れた後、ついに装置が入ります。

このように、装置が付くまでには少なくとも5~6回お越しいただいて、準備が必要になります。お口に合った装置を作るために、細かい調整をすることが大切なんですね~!

不安なことや疑問がありましたら遠慮なくお話してください。キレイな歯並びを目指して一緒に頑張りましょう(^^)

睡眠時無呼吸症候群 〜ただの不眠ではなく病気です

こんにちは。トリートメントコーディネーターの重森です。

暑い夏も終わり、初秋の頃を迎えました。

秋・・・というと「秋の夜長」という言葉がありますね。

秋が深まるにつれて夜が長くなることを意味します。

ちなみに「夜長」とは秋の季語のひとつです。

正岡子規が作った俳句の中に、

 ・・・長き夜や障子の外をともし行く・・・

という一句があります。

これは、秋の夜長になかなか寝付けないときに、ふと障子に目をやると外の廊下を灯をともして通り過ぎる姿があった、自分以外にも起きている人がいることでホッとする安心した様子を詠んだ俳句です。

あなたもこの正岡子規のような思いをしたことはありませんか?

「ああ、ほかの人も起きているんだな・・・」

と、ホッとしている場合ではありません。

なかなか寝付けない・・・

これ、ある病気が原因かもしれませんよ・・・!

・・・ということで

今回は「睡眠時無呼吸症候群」についてお話ししたいと思います。

「歯医者さんのブログなのになぜ睡眠時無呼吸症候群??」

と思われる方もいらっしゃると思います。

実は治療方法のひとつとして、歯科での治療があるのです。

治療方法はあとでお話しするとして、

まずは「睡眠時無呼吸症候群」とは何か?説明していきましょう。

【睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?】

睡眠時無呼吸症候群、英語では「sleep apnea syndrome」といい、その頭文字をとって「SAS(サス)」と呼ばれています。(以降、文中ではSASと表記します)

簡単に言えば、SASは、睡眠時にいびきや無呼吸を繰り返す、睡眠障害のひとつです。

ただし、単に呼吸が止まるだけの病気ではありません。

呼吸が止まれば脳や身体は酸欠状態に陥り、全身に十分な酸素が送られません。

そうなると、睡眠の質が悪化し、昼間に強烈な眠気が起こります。

また放置しておくと突然死や循環器系の病気など、さまざまな悪影響をもたらす怖い病気なのです。

SASが日本で大きな注目を浴びたのは、20032月に起きたJR新幹線の事故です。

新幹線が所定のホーム停車位置より100m手前で自動制御装置が作動して緊急停止。

車掌が運転席に駆け付けたところ、運転士が居眠り運転をしていたというのです。

その後の検査で、その運転士はSASと診断されました。

この事故では幸いにもケガ人はいませんでしたが、

もし自動車を運転していたら・・・大事故になっていた可能性もあります。

【睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状】

SASの代表的な症状には以下のようなものがあります。

・いびき(気道が狭くなっているのでいびきをかく)

・歯ぎしり(歯ぎしりをしたあとに無呼吸になることが分かってきた)

・無呼吸、低呼吸

・日中の眠気

・集中力、記憶力の低下(睡眠不足は脳の働きを鈍らせる)

・不眠、途中覚醒(夜中に2回以上目が覚める日が週に3日以上ある)

・夜間頻尿(何度もトイレに行く)

・寝汗(無呼吸時は起きているときよりも息苦しく寝汗をかいてしまう)

・起床時の頭痛(すっきり目覚めることができない)

・抑うつ(やる気がでない、食欲がわかない、イライラするなど)

 

【睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因】

それでは、なぜ、寝ている時に無呼吸になるのでしょうか?

それは気道が閉塞してしまうからです。

 

 

 

 

 

 

SASの患者さんの約9割がこのパターンに該当します。

健康な人であっても仰向けで寝る事によって重力で舌などが下り気道が狭くなります。

さらに睡眠中は副交感神経が優位に作用しており、喉や首回りの筋肉の緊張もゆるんでいます。

しかし、健康な人の場合はその程度で気道が狭くなることはあっても閉塞まではすることはありません。

SASが起こる大きな原因のひとつは、肥満です。

肥満で喉の内側に脂肪がつくと、そのぶんだけ気道が狭くなります。

米国人の場合はSAS患者の90%以上が肥満という報告もあります。

日本人は米国人に比べて肥満者が少ないので、これまではSASの患者さんは少ないと考えられてきました。

しかし、最近では食生活などの変化とともに日本人でも肥満が原因によるSAS患者が増加しており、特に働き盛りの3060歳の男性に急増しています。

そのほかの原因としては以下のようなことがあげられます。

・顔の形、首まわり、骨格

  あごが小さい為、気道の圧迫が起きやすい。

  鼻が平べったいので喉の奥が狭くなって口呼吸に頼らざる得ない構造。

・鼻の病気などの機能的異常

  上気道が狭い、扁桃肥大、のどちんこが大きく長い、舌が肥大している。

【睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療】

SASが疑われる場合は、耳鼻咽喉科、呼吸器内科、循環器内科、口腔外科などを受診します。

もし可能であれば睡眠外来(睡眠障害専門外来)を受診されることがベストです。

治療法としては以下のようなものがあります。

CPAP(シーパップ)

 

 

 

 

 

 

 

 

SASの患者さんへの治療の第1選択肢となるのが、「CPAP(シーパップ)」と呼ばれる治療法です。

マスクを介して空気を気道へ送り込み、常に圧力をかけて空気の通り道である気道が塞がれないようにする治療法です。

この治療を適切に行う事により、睡眠中の無呼吸やいびきが減少して快適な睡眠をとることができます。

物理的要因を切除する

手術による治療を行うこともあります。

たとえば、扁桃腺が肥大して気道を閉塞しているような場合は、扁桃の切除手術をします。

また、鼻の状態に問題がある場合は、手術によってその原因を取り除くこともあります。

ただし、大人の場合、このような外科的な手術による治療はSASでは非常に限定的なものです。

マウスピース

 

 

 

 

 

 

はい、やっと登場です、マウスピース。

歯医者さんで作製します。これが歯科での治療法ですね。

口の中にマウスピースを入れて、そのまま寝てください。

この治療によって、いびきを90%抑えられるという報告もあります!

いびきは気道が狭くなることでひどくなりますので、いびきが抑えられるということは気道が狭くなるのを抑えているということです。

この治療法は、

・口にはめるだけで高い効果

・比較的安価である

・小型で旅行、出張にも持ち運べる

という利点があります。

歯科で診察後、歯型をとり、それに合わせて作製する医療用のマウスピースですので、

通販や既製品で手に入るいびき防止グッズとは異なります。

医療用のマウスピースは、口の中にはめ込むと、下あごが出て舌の位置が上がり気道が広がって空気が通るようになり、呼吸がしやすくなります。

もちろん、当院でも作製可能ですので、ご心配な方はご相談くださいね。(耳鼻科での検査をした後でマウスピースを作成してくださいという紹介状があれば保険適用となります。)

【寝不足は万病のもと・・・】

SASによって睡眠不足が日常化すると、さまざまな病気を引き起こす可能性が高まります。

高血圧

30歳以上の日本人の4割以上がかかっている国民病のひとつです。

放置しておくと心疾患、脳卒中を引き起こす危険因子ですが、自覚症状がほとんどないのでサイレントキラー(物言わぬ殺し屋!)とも呼ばれています。

高血圧になる原因はいろいろありますが、睡眠不足もそのひとつです。

糖尿病

近年、インスリンのはたらきは睡眠不足が原因で低下するという研究結果が報告されています。

4時間睡眠が1週間続けば糖尿病の初期状態になる」というアメリカの大学からの研究発表もあったとか・・・。

糖尿病を放置していると、網膜症や腎症などの合併症を起こします。

狭心症、心筋梗塞、突然死

睡眠中に繰り返す大きないびきや無呼吸による低酸素状態などが影響してこれらの病をひきおこす可能性が高くなります。

【♪秋の夜長を鳴き通す・・・虫のこえ♪・・・を聞きながら・・・】

秋の夜長に、読書をしたり、お酒を呑んだりするのはストレス解消にもなり楽しいですよね。

ストレスも万病のもと!

虫の声を聞きながら散歩をするのもリラックスできますよ。

睡眠も充分とりながら、秋の夜長を楽しんでください。

1 / 2312345...1020...last »
ページの先頭へ戻る