顎関節症の人が増えています〜スプリントが有効です〜

今回はスプリント療法について書いていきたいと思います。

皆さんは普段、口を開けたり閉めたりしたときに顎に疲れや痛みがありますか?

カクカク音が鳴っていませんか?
こういった症状は顎関節症といって、顎の関節や顎の筋肉の病気です。

顎関節症の原因は、悪い歯並びやかみ合わせ、歯ぎしりや食いしばり、ストレスなどで引き起こされます。

ちなみに私もその一人で、大きく口を開けると顎がカクカクし、寝るときは食いしばる癖があります。

最近はこのように顎関節症の症状のある患者さんが増えています。

顎関節症の治療をするためにはスプリントというマウスピースを装着する治療をしていきます。(スプリント療法)

これは顎関節症の様々な症状に対して効果があります。

歯の型取りをして一人一人に合ったものを製作し、上顎か下顎のどちらかに覆うものになりますが当院ではほとんどの方が上顎にスプリントを入れています。

(写真は下顎用のスプリントです)

 

 

 

 

 

 

スプリントの目的は、顎の位置を安定させて、筋肉の緊張を和らげる顎関節症の予防です。

スプリントを使用すると噛む力がすべての歯で均等になり、顎関節や周りの筋肉にかかる負担が軽減されます。就寝時の歯ぎしりや食いしばりの負担も軽減することができます。

基本的には夜寝る前にはめて使用しますが、昼間もくいしばっている方は昼も使用すると効果が出てきます。

また、矯正治療をされる方で顎関節症と診断された方は矯正治療前にスプリントを製作していただき、矯正前に顎位を安定させる意味で使用していただくことがあります。

顎関節に症状があるのにスプリントを使用せずに矯正治療をしてしまうと本来かみ合わせの位置の判断を誤ったり、矯正治療後のかみ合わせが不安定になったり、後戻りが起きやすくなったりします。そういったことを防ぐために顎関節の安定化は矯正治療を行う上でとても重要です。

この場合は、寝ているときはもちろん、日中も使用していただいています。

スプリントは顎関節に症状のある患者さんに使用していただいていますが、皆さんやはり最初は異物感や違和感がある方が多いです。毎日入れていれば不思議と慣れましたと言われる方がほとんどです。

そして、顎が楽になった、カクカクするのがなくなった、肩こりや頭痛も減ったと複数の方からお声をいただいています。

 

 

 

 

 

 

 

スプリントには歯並びをよくする矯正力はありませんが、口をスムーズに動かすことができ、顎の症状の緩和させます。顎の状態に不安やお悩みのある方は相談してみてください。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について日本矯正歯科学会よりお知らせしておくようにとの通達がありましたのでご案内致します。



① 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2 週間で慣れることが多いです。



② 歯の動き方には個人差があります。



そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。



③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重 要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。



④ 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まります ので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと 隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。



⑤ 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がること があります。



⑥ ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。



⑦ ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。



⑧ 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。



⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。



⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。



⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。



⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。



⑬ 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する 可能性があります。



⑭ 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。



⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物) などをやりなおす可能性があります。



⑯ あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。



⑰ 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になる ことがあります。



⑱ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

矯正後のリテーナー(保定装置)について

今日は矯正治療について書きたいと思います。

矯正の中でもきれいに並べた後の保定とその装置についてです。

保定というのはブラケットやワイヤーなどを使って歯をきれいに並べていき、移動した歯や顎骨をその位置と状態で長期間保持し、安定できる条件を整える処置のことです。

なぜこのような処置が必要かというと、装置を使って元々生えていた位置から力を加えて動かしても、装置を外し、フリーの状態にしてしまうと、歯は元の位置に戻ろうとまた動いてきてしまうのです。これを後戻りと言います。

矯正治療には必ずこの後戻りのリスクが付いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

この方は本来Uの字型のきれいな歯列に矯正されていたのが青丸の部分だけ少し歯列から

はみ出すような向きに移動してしまっています。

私の友人も「保定用のマウスピースをはめていなかったら隙間が出来ていた」といっており、みてみると前歯の間に隙間が出来ていました。

せっかく長い時間をかけてきれいに並べた歯でも後戻りはあっという間にしてしまいます。

なので後戻りしないようにつけておくリテーナー(保定装置)がワイヤーやブラケットにもまして重要なのです。

当院では固定式のものと取り外しできるもの二つのリテーナーを使って後戻りの防止をしています。

まずは、固定式のリテーナーです。

だいたいの場合、上下の前歯の裏のあたりにワイヤーを接着剤でくっつけて後戻りの防止をします。

かなり細めのワイヤーなので実際に付けた方もすぐ慣れて気にならなくなると言っていました。

 

 

 

 

 

 

もう一つは夜寝るときにはめてもらうマウスピース型のリテーナーです。

夜寝るときの姿勢(横向きとか)によっては歯列に横からの圧力がかかり、歪んでしまうこともあります。

そうならないために夜はめていただきます。

こちらもかなり薄めの素材で作っているので違和感なく使えるものです。

また保定装置を付ける側の方が気になるのはいつまでつけるの?という所だと思います。

このつける期間については先生ごとに様々な考え方がありますが、当院の院長の考えとしては、できるだけ長く!になります。

最初にも言ったように外すと後戻りのリスクが上がってしまうので、できるだけ長く、年単位での装着をお願いしています。

他にもリテーナーはたくさん種類がありますが今回は当院で主に使用しているものをご紹介いました。

妊活の前に歯周病治療を!

⻭科医師の河底友紀です。 今回は、⻭周病と不妊・早産の関係についてです。 ⻭周病とは、細菌の感染によって引き起こされる⻭の周りの組織の病気です。進⾏すると⻭ を⽀える⾻が溶けていき、最終的には⻭が抜けてしまうこともあります。

なぜ、お⼝の中で 起きる⻭周病が不妊や早産と関係があるのでしょうか? ⻭周病は全⾝の疾患に関連すると考えられています。

最近では、病院に入院すると手術前に必ず、歯科で歯周病の治療をするように指導されると思いますが、これは、歯周病をしっかり術前に治さないとからだの疾患も治せませんよということです。それくらいお口のケアはからだの健康に通じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯周病菌が全身に流れ込むと心筋梗塞を発症する確率が高くなったり、誤嚥性肺炎を引き起こす確率が高くなることはすでに有名です。歯周病は不妊や早産にも関係があることがわかってきています。

フィンランドで⻭周病が妊娠 しやすさに及ぼす影響を調べることを⽬的とした試験が実施されたそうです。その結果、妊 娠しなかった⼥性と妊娠した⼥性を⽐較すると、妊娠しなかった⼥性は⻭周病菌である P.gingivalis が明確に⾼く検出されました。しかも、唾液や⾎清中の P.gingivalis に対する抗 体については不妊率を 3 倍に、明確に⻭周炎である場合は不妊率を 4 倍近くに⾼める可能性があると分かったのです。(年齢、喫煙、経済的理由は無関係)

妊娠前であっても⻭周病菌が増えると免疫やホルモンバランスに影響を及ぼす可能性があ り、⽣殖機能の低下が懸念されているそうです。 また、妊婦が⻭周病になると⻭周組織の破壊が通常よりも速いスピードで進⾏します。する と、⻭周病菌がもたらす炎症物質が過剰に⽣成され、⾎管の中に⼊り込み⾎液とともに全⾝ に運ばれます。この炎症物質は⼦宮を収縮させるホルモンに酷似していることから、早産の 危険性が⾮常に⾼くなるといわれています。⻭周病でない妊婦さんよりも 7 倍以上もの確 率で早期、低体重児出産が起こるそうです。

 

妊娠中は⻭磨きが不⼗分になったり、妊娠期に増加する⼥性ホルモンが⻭周病菌を増殖し やすくするため、⻭ぐきに炎症が強く現れることがよくあります。また、お⺟さんの⾎液中 の⻭周病菌は胎盤に付着し、細菌感染を引き起こします。その結果、おなかの⾚ちゃんが出 産時の胎盤を通して⻭周病菌に感染する危険性もあります。 以前読んだ本に「妊娠前、できれば妊活をスタートする前に⻭の治療を済ませるのが理想。」 と書いてありました。

 

妊娠する前から定期的な⻭のメンテナンスを受けて、⻭周病や⾍⻭を 治療しておきましょう!

食べ物が歯に挟まるというストレス、見逃していませんか?

歯科衛生士の佐藤です。みなさんは食事の後に食べ物が歯に挟まってしまうなんてことありませんか?歯と歯の間のきつさは人によってそれぞれなので全然挟まったことのないという人もいると思いますが、歯は隣の歯とくっついている部分(コンタクト)と隙間がある部分(歯間空隙)が存在します。

 

 

 

 

 

 

前歯の形はあまり膨らみがないのでこの歯間空隙はあまりありませんが、奥歯は丸みのある形をしているのでこの歯間空隙が前歯より広く存在します。

この空隙に食べ物が挟まるのです。なので歯並びによっては前歯にも挟まりますが奥歯に挟まる人の方が多いと思います。

元々挟まりにくい人も挟まるようになってしまうことがあります。

1つはむし歯です。 むし歯が原因で歯に大きな穴が開いてしまった場合、その穴に食事のたびに食べ物が入り込んでしまうことはよくあります。

咀嚼するたびに食べ物がぐいぐい押し込まれるので痛みを伴う場合もあります。

そして、入り込んでしまうと歯磨きだけではなかなか取りにくくむし歯が進行してしまったり、痛みがずっと続いてしまったりします。

また、むし歯の治療で詰め物や被せを作成した際に何らかの原因で歯が動いてしまい、コンタクトが緩くなってしまった場合にも挟まりやすくなることがあります。

次に歯周病です。

歯は周りを骨で囲まれて支えられています。歯周病はその周りの骨を溶かしてしまう病気です。

骨はどんどん根っこの方向へ下がっていきます。それと一緒に歯ぐきも痩せていくので最初の写真の三角形がどんどん大きくなっていき、物が入り込む隙間が広がっていきます。

骨は溶けてしまうと元に戻らないのでその後も挟まりやすい状態が続きます。

:歯周病の状態

:健康な状態

 

 

 

 

 

 

挟まりやすい原因がむし歯だった場合はむし歯を取り除き詰め物や被せを作っていく必要があります。

被せが合わなくて挟まりやすい場合は既にむし歯があればもちろん作り直しになります。むし歯がない場合は自分で「むし歯がないならまだこのままでもいいかな…」と思われる場合はメンテナンスを定期的に行い、経過観察をする場合もあります。

だたし、ものが入りっぱなしになっているとむし歯になったり、歯茎が腫れたりするリスクがあるので普段の歯磨きを気を付けていただく必要があります。

歯周病の場合でも、もちろん歯周病の治療が必要になります。

歯周病の場合はむし歯と違い治療後も歯間が広く空いている状態が続くので患者さんの歯間に合った歯間ブラシやフロスを使っていただく必要があります。

歯間ブラシは素材や太さの種類がたくさんあるので歯科医院で自分に合ったサイズを診てもらうことをお勧めします。

元々の歯並びが原因でむし歯や歯周病が無くても挟まりやすい方はいらっしゃいますが、治療が必要という場合もあるので気になったら是非一度は歯科医院で診てもらってください。

1 / 2712345...1020...last »
ページの先頭へ戻る