お口の中の唾液の効果

こんにちは。受付の大成です。

今回は、お口の中の唾液の効果についてお話します。みなさんは、唾液の効果についてどのようなイメージをお持ちですか?

私が初めて唾液について知ったのは学生時代の授業で、唾液に含まれる酵素アミラーゼがデンプンの分解をサポートし食べ物の消化を助けるというものでした。実は唾液にはその他にもさまざまな効果があるんです。

唾液は口腔内の3つの唾液腺から1日に1L1.5Lほど分泌されており、お口の中には常に2~3ml存在しているといわれています。普段は無意識に飲み込んでいますが、すごい量ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、唾液の効果について8つご紹介します。

1 お口の中を清潔に保つ

お口の中の食べ物のカスや口内細菌を洗い流しきれいにすることで、口臭や虫歯・歯周病を予防してくれます。

2 再石灰化作用

唾液に含まれるリンやカルシウムは歯の再石灰化を促し、虫歯菌によって溶けかけた歯を修復して強くします。

3 お口の中のpHを一定に保つ

お口の中pHバランスが酸性・アルカリ性に傾かないよう調整してくれます。

特に食事の後はお口の中が酸性に傾きやすく、酸性の状態が長時間続くと歯が溶けて虫歯になりやすくなります。唾液の効果でいち早く中性に戻すことで虫歯を防ぎます。

4 抗菌作用

唾液に含まれる酵素などの効果により、口から入ってくる細菌の侵入や増殖を防ぎます。

5 お口の粘膜を潤し、舌やのどの動きを滑らかにする

唾液が歯や粘膜を覆うことで、細菌による刺激や感染、歯の摩耗を防いでくれます。また、潤いによって舌や喉の動きがなめらかになり、食事や会話がスムーズになります。

6 飲み込みを助ける

かたくパサパサしたものでも、唾液と混ざることでまとまり飲み込みやすくなります。

7 消化を助ける

唾液に含まれる消化酵素アミラーゼがデンプンを分解し、体内に吸収しやすくします。

8 味を感じやすくする

舌にある味蕾(みらい)に唾液が味のもととなる物質を運ぶことで、食べ物の味を感じることができます。

上記のように、唾液はお口や体の健康を守るために大切な役割を担っています。

もしこの唾液の分泌量が減ると

・虫歯や歯周病が多くなる

・口臭がきつくなる

・体調を崩しやすくなる

・味を感じなくなる

・口内炎、口角炎になりやすくなる

・食べ物が飲み込みにくい

・会話がしづらくなる

など、さまざまな影響が考えられます。

唾液の分泌量が減る原因としては、生活習慣や環境(ストレス、口呼吸、不十分な口腔ケア、乾燥した室内など)、脱水、加齢に伴う機能低下(女性の場合更年期障害以降に見られがち)薬の副作用、疾患などが考えられます。

唾液の分泌を促すためには、まずは水分をこまめに取ることが大切です。

そしてよく噛むことです。しっかり噛んで食べることにより、唾液腺が刺激されよく唾液が出るようになります。食事はもちろんですが、虫歯を予防してくれる効果をもつキシリトールガムを噛むと唾液の分泌も促すことができるのでおすすめです。

また、笑う・話すことで表情筋を使うと唾液腺を刺激することができます。最近はコロナ禍でマスクをしていることや、人と会って会話をする機会が減っていることもあり表情筋が衰えることも問題視されているため、意識して使うことが大切になります。

さらには、唾液腺のある場所を軽くマッサージしたり、意識的に舌を動かすことも唾液の分泌を促すことにつながります。

もう一つ大切なのが「鼻呼吸」です。せっかく唾液が分泌されても、口を開けて呼吸をしているとすぐに乾いてしまい唾液の効果が十分に発揮できません。

唾液はお口と体の健康を守るためになくてはならないものです。まずはよく噛んで食事をしましょう。そして定期的なお口のメンテナンスにもお越しくださいね。

インプラント経験者の声を聞く【当院の歯科技工士の経験談】

こんにちは、アシスタントの山本です。

今回はインプラントについてお話ししたいと思います。

私たちも患者さんも歯を抜きたくない、失いたくないことが第一前提であります。

しかし、現実的に歯を抜かないといけない場合やすでに歯を抜歯していたり、もともと歯がない(欠損)状態の場合があります。

・人の歯の本数について

ところでみなさんは、歯の本数をご存知ですか?意外と数えたことがない、知らないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

基本的に歯は28本あります。(親知らず、先天性欠損、過剰歯は除く)

上の歯14本、下の歯14本数あり、大きく前歯と奥歯にわかれます。わかりやすく説明すると笑って見える6本の範囲で奥歯はそこから後ろの部分を言います。(奥歯にも小臼歯、大臼歯とあります。)

・歯の欠損で起きるさまざまなトラブル

歯が一本ないだけだし、今は噛めるから落ち着いたら治療したらいいかなと考える患者さんがおられるかもしれません。

しかしながら、歯が一本なくなることでお口の中には、様々なトラブルが起きます。

歯は上下の歯が噛み合うこと、隣り合う歯があることで一定の位置を保っています。歯がない状態が長く続くとことで、隣にある歯は欠損方向に傾斜をし、下の歯がなくなると上の歯らが下方向に落ちてきます。(噛み合う歯がないので)これにより噛み合わせが大きくずれ、筋肉の緊張、顎関節への負担、歯が割れる、虫歯になりやすくなる、歯周病の進行、頭痛、肩こり様々な症状が出てくる可能性があります。

一度歯が倒れてしまったり、伸び上がってしまった場合歯の角度が悪くなったりすることで治療の方法にもある程度制限がかかってきてしまうことが多くあります。

そのため歯を失ったら見た目の問題だけではなく、様々な問題が起きることを防ぐために出来るだけ早く欠損した部分を補う歯科治療が必要がなのです!

・失った歯の治療法

では、歯がなくなってしまった部分への治療法にはどのようなものがあるかご存知でしょうか?

一般的に歯がない欠損部への治療方法としてはブリッジ(Br)、入れ歯(義歯)、そしてインプラントの3種類があります。

この中でイメージしづらいインプラントについてお話ししています。

まずインプラントとはどういうものかと言うと、歯を失った場所にネジのような形状をしたチタン製の人工歯根(歯科インプラント)を埋め込みその上に人工歯を装着することにより、失った歯を補う治療方法のことを言います。

インプラントの治療の大きなメリットは周りの歯を削ったり、周囲の歯に過度な噛み合わせの負担をかけることなく自分の歯のようによく噛め美しい歯を取り戻せることが最大のメリットになります。人間の歯は骨に埋まっており、歯茎はテーブルクロスのように歯の上に乗っている状態です。この人工歯根と言われるインプラントはその骨に歯の根の代わりに直接的に植えられます。その為新しく歯の根が一つ増えるイメージ持っていただけるとわかりやすいかと思います。

 

 

 

 

 

当院でも、実際に当院の歯科技工士がインプラントの治療を経験済みです。元々、永久歯3本が無く(先天性欠如)上に2本下に1本埋入しています。

インプラントしてみての感想を聞いたところ、

前後の歯を削るのが抵抗があったのでブリッジをする考えはなく、怖いとかもなかったそうです。

ここからはその歯科技工士さんのインプラントをしてからの感想になります。

・インプラントを入れて20年ぐらいたちますが、自分の歯のように噛めて、1日3食すると思えば値段も安いです。

・インプラント周囲炎にならいないようにフロスを通したり定期的なクリーニングに通って気をつけています。

・入れ歯を、入れた患者さんがお肉の繊維、ほうれん草等の繊維が挟まったり噛みきれないと言われてるのでインプラントにしてよかったです。

当院ではスイスのストローマン社のインプラントを使用しています。ストローマンは世界70ヵ国以上で使用されているインプラントメーカーです。

世界にはたくさんのインプラントメーカーがありますが、インプラント治療が成功する為には、体の中に埋め込むインプラント自体が安全が高いものであることが必要不可になります。

その為様々な専門研究機関で使用され長期的な臨床成績が良好なものが、信頼性・安全性の高いインプラントと言えます。ストローマンインプラントは50年以上にわたって研究・開発されており長期的な安全性は多くの臨床研究により裏付けられており安心して使用できるインプラントです!

当院では患者さんが美味しくお食事していただけるように先生、スタッフ全力でサポートさせていただきます。

気になることや質問などがありましたら、お気軽にご連絡ください。

顎関節症の人が増えています〜スプリントが有効です〜

今回はスプリント療法について書いていきたいと思います。

皆さんは普段、口を開けたり閉めたりしたときに顎に疲れや痛みがありますか?

カクカク音が鳴っていませんか?
こういった症状は顎関節症といって、顎の関節や顎の筋肉の病気です。

顎関節症の原因は、悪い歯並びやかみ合わせ、歯ぎしりや食いしばり、ストレスなどで引き起こされます。

ちなみに私もその一人で、大きく口を開けると顎がカクカクし、寝るときは食いしばる癖があります。

最近はこのように顎関節症の症状のある患者さんが増えています。

顎関節症の治療をするためにはスプリントというマウスピースを装着する治療をしていきます。(スプリント療法)

これは顎関節症の様々な症状に対して効果があります。

歯の型取りをして一人一人に合ったものを製作し、上顎か下顎のどちらかに覆うものになりますが当院ではほとんどの方が上顎にスプリントを入れています。

(写真は下顎用のスプリントです)

 

 

 

 

 

 

スプリントの目的は、顎の位置を安定させて、筋肉の緊張を和らげる顎関節症の予防です。

スプリントを使用すると噛む力がすべての歯で均等になり、顎関節や周りの筋肉にかかる負担が軽減されます。就寝時の歯ぎしりや食いしばりの負担も軽減することができます。

基本的には夜寝る前にはめて使用しますが、昼間もくいしばっている方は昼も使用すると効果が出てきます。

また、矯正治療をされる方で顎関節症と診断された方は矯正治療前にスプリントを製作していただき、矯正前に顎位を安定させる意味で使用していただくことがあります。

顎関節に症状があるのにスプリントを使用せずに矯正治療をしてしまうと本来かみ合わせの位置の判断を誤ったり、矯正治療後のかみ合わせが不安定になったり、後戻りが起きやすくなったりします。そういったことを防ぐために顎関節の安定化は矯正治療を行う上でとても重要です。

この場合は、寝ているときはもちろん、日中も使用していただいています。

スプリントは顎関節に症状のある患者さんに使用していただいていますが、皆さんやはり最初は異物感や違和感がある方が多いです。毎日入れていれば不思議と慣れましたと言われる方がほとんどです。

そして、顎が楽になった、カクカクするのがなくなった、肩こりや頭痛も減ったと複数の方からお声をいただいています。

 

 

 

 

 

 

 

スプリントには歯並びをよくする矯正力はありませんが、口をスムーズに動かすことができ、顎の症状の緩和させます。顎の状態に不安やお悩みのある方は相談してみてください。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について日本矯正歯科学会よりお知らせしておくようにとの通達がありましたのでご案内致します。



① 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2 週間で慣れることが多いです。



② 歯の動き方には個人差があります。



そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。



③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重 要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。



④ 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まります ので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと 隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。



⑤ 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がること があります。



⑥ ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。



⑦ ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。



⑧ 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。



⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。



⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。



⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。



⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。



⑬ 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する 可能性があります。



⑭ 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。



⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物) などをやりなおす可能性があります。



⑯ あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。



⑰ 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になる ことがあります。



⑱ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

矯正後のリテーナー(保定装置)について

今日は矯正治療について書きたいと思います。

矯正の中でもきれいに並べた後の保定とその装置についてです。

保定というのはブラケットやワイヤーなどを使って歯をきれいに並べていき、移動した歯や顎骨をその位置と状態で長期間保持し、安定できる条件を整える処置のことです。

なぜこのような処置が必要かというと、装置を使って元々生えていた位置から力を加えて動かしても、装置を外し、フリーの状態にしてしまうと、歯は元の位置に戻ろうとまた動いてきてしまうのです。これを後戻りと言います。

矯正治療には必ずこの後戻りのリスクが付いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

この方は本来Uの字型のきれいな歯列に矯正されていたのが青丸の部分だけ少し歯列から

はみ出すような向きに移動してしまっています。

私の友人も「保定用のマウスピースをはめていなかったら隙間が出来ていた」といっており、みてみると前歯の間に隙間が出来ていました。

せっかく長い時間をかけてきれいに並べた歯でも後戻りはあっという間にしてしまいます。

なので後戻りしないようにつけておくリテーナー(保定装置)がワイヤーやブラケットにもまして重要なのです。

当院では固定式のものと取り外しできるもの二つのリテーナーを使って後戻りの防止をしています。

まずは、固定式のリテーナーです。

だいたいの場合、上下の前歯の裏のあたりにワイヤーを接着剤でくっつけて後戻りの防止をします。

かなり細めのワイヤーなので実際に付けた方もすぐ慣れて気にならなくなると言っていました。

 

 

 

 

 

 

もう一つは夜寝るときにはめてもらうマウスピース型のリテーナーです。

夜寝るときの姿勢(横向きとか)によっては歯列に横からの圧力がかかり、歪んでしまうこともあります。

そうならないために夜はめていただきます。

こちらもかなり薄めの素材で作っているので違和感なく使えるものです。

また保定装置を付ける側の方が気になるのはいつまでつけるの?という所だと思います。

このつける期間については先生ごとに様々な考え方がありますが、当院の院長の考えとしては、できるだけ長く!になります。

最初にも言ったように外すと後戻りのリスクが上がってしまうので、できるだけ長く、年単位での装着をお願いしています。

他にもリテーナーはたくさん種類がありますが今回は当院で主に使用しているものをご紹介いました。

3 / 2812345...1020...last »
ページの先頭へ戻る