矯正治療で抜歯をしないといけない場合

福山市で矯正治療をしている河底歯科・矯正歯科の河底晴紀です。

矯正で歯並びをきれいにするために何で歯を抜かないといけないのか疑問に思っている方って多いのではないでしょうか?

歯を抜かなくても歯並びをきれいにできるならその方が良いですよね。

それでも歯を抜かなければいけない人がいるのはちゃんと理由があります。

 

まず、歯並びが悪くなってしまうのは自分の顎の骨のスペースより歯が大きいためです。

歯というのは歯槽骨という骨に支えられています。最近の人は洋食など柔らかいを多く食べる傾向にあるので顎の骨の発達具合が昔の人より小さいと言われています。

顎の骨のスペースが狭いとねじれて生えたり、デコボコ飛び出て生えたりしてきます。

スペースがないのにデコボコを無理に並べようとすると逆に出っ歯になったりします。

なので顎の骨のスペースや歯の大きさ、角度などをきちんと診断した上で歯を抜かなければいけない場合があります。

この抜歯・非抜歯を決める要素は前歯の傾斜している角度と歯を並べるのに足りないスペース量です。

矯正歯科医としても、抜かなくてもよい場合はむやみに抜くことはありませんし、抜歯に抵抗がある場合はまず抜歯せずに

できるところまでやってみようという方法もあります。

また、主訴が歯が出ていることでそれを引っ込めたい場合は、かなりの確率で抜歯が必要になります。

歯を抜くと聞くとかなり怖いイメージがあると思いますが、治療を終えた時の仕上がり方にかなり違いが出てきますし、理想の口元に近づくための選択として必要なことなのです。

 

それを詳しく調べるために、当院では矯正相談の時にパノラマレントゲン、側方の頭部レントゲン、口腔内写真を撮影し、矯正精密検査の時に追加でCT、正面の頭部レントゲン・、顔面写真、上下の歯型などの資料取りを行います。

 

詳しい抜歯非抜歯の診断は精密検査後になりますが、相談の時でも矯正医の豊富な経験からお伝えできることもありますので気になる方は是非矯正相談にお越しください。

 

 

 

 

ブラケットオフ(装置を外す)について

福山市で矯正治療をしている河底歯科・矯正歯科の河底晴紀です。

矯正治療中の患者さんから「あとどのくらいで装置を外せますか?」と質問されることがあ
ります。きれいな⻭並びになって早く装置を外したい!と誰もが思うことですよね。

さて、今回は⻭につけた装置(ブラケット)を外す時の流れについてお話ししていきます。

⼼待ちにしていたブラケットオフ(矯正治療が終了し矯正装置を外すこと)の⽇!
まず⻭⾯清掃を⾏い、後戻り防⽌の装置をつけます。
矯正治療後に何もせずにそのままにしておくと、⻭は元の位置に戻ろうとします。これが後
戻りです。
特に矯正治療が終わったばかりの⻭は周囲の⾻が安定していないため、とても動きやすい
のです。この後戻りを防ぐのが、リテーナーと呼ばれる保定装置です。
⻭は⼀⽣動き続けます。リテーナーはできるだけ⻑くつけたままのほうが良いと⾔われて
います。

さあ、いよいよブラケットを外します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラケットオフの時にはワイヤーをつけたまま外していきます。
ブラケットは⻭科⽤の接着剤でつけています。専⽤の器具を使っててこの原理で外してい
きます。
この時、ある程度度の⼒を加えて外していくので痛みを伴います。ブラケットオフの前には必
ず「⼒を加えて外していくので痛いですよ。」と声かけをしています。
特に下顎前⻭は痛みが強いです。下顎前⻭は他の⻭に⽐べ⻭根が細いため、ブラケットを外
す時の⼒に耐えきれず痛みが強く出るのです。
しかし、奥⻭は⻭根が太く複数根ある⻭もあるので、痛みはあまりありません。
先⽇、ある⼥⼦⾼⽣の患者さんが矯正治療を終えブラケットオフをしました。下顎のブラケ
ットオフが終わり、ご本⼈やお⺟さんと少し話をしました。
「下の前⻭、痛かったでしょう?⼤丈夫だった?」とお聞きすると、「(先にブラケットオフ
をした)妹から、下の前⻭の装置を外す時痛いよぉー!って聞いていたから覚悟していたけ
ど…やっぱり痛かったぁ〜。」とニコニコしながら答えてくれました。

 

出っ歯の方の矯正治療

福山市で矯正治療をしている河底歯科・矯正歯科の河底晴紀です。今回は出っ⻭の⽅の矯正治療についてお話しします。
出っ⻭とは、上の⻭が下の⻭よりも前に出すぎた状態のことです。出っ⻭のことを上顎前突
といい、⽇本⼈に多い不正咬合です。その程度は⼈によって違います。

 

 

【A さんの場合】
⼀⾒⻭を並べるだけで上顎前突を改善できそうなのですが、検査をして⾻格のバランスに
ついてレントゲンを分析すると、A さんの場合下顎が⼩さいということが分かりました。つ
まり、⾻格の問題です。上下の顎の位置のずれが⼤きい場合、⻭を並べるだけでは上下は咬
みません。矯正治療に加えて、外科的な処置が必要になります。
レントゲンを⾒ると、下の前⻭がかなり唇側に倒れているのが分かります。

 

 

 

 

【Bさんの場合】

A さんに⽐べると、B さんはさらに上の前⻭が前に出ています。しかし、レントゲン写真を
分析すると、上下の顎のバランスはやや上顎が⼤きいものの、矯正治療だけで上下を咬み合
わせることができると分かりました。レントゲンを⾒ると、上下とも前⻭がかなり唇側に倒
れています。
ところで、上の前⻭を引っ込めるとしてもスペースがないと引っ込めることができません。
したがって、抜⻭が必要になるのです。抜⻭をする場合、移動量が多いのでブラケット(ワ
イヤーを通すために1本1本の⻭に矯正⽤接着剤で付ける⼩さな装置)が必要になります。

 

 

 

 

B さんはまだ矯正治療を始めたばかりですが、今後この抜⻭スペースを使い上の前⻭を引
っ込めていく予定です。

 

 

 

 

(初診時) (上の装置を付けて数ヶ⽉後)
実は右の写真は、下の⻭に初めて装置を付けた⽇に撮ったものです。つまり、下の⻭はまだ
全く動いていないのです。初診時と⽐べるとこの数ヶ⽉で上の前⻭がさがったのが分かります。

まだ抜⻭スペースは⼗分残っているので、さらに上の前⻭は引っ込んでいきますよ。

【Cさんの場合】

 

 

 

 

C さんの場合は検査の結果、⾻格的にも問題はなく抜⻭も必要ないということが分かりマ
ウスピース矯正を⾏うことになりました。
上顎前突の⽅はたくさんおられますが、その⽅に合った治療法があります。
必要な時はアンカースクリュー(⾻に埋め込む直径1〜2㎜、⻑さ6〜10㎜の⼩さなネジ)
を使うこともあります。前⻭を後⽅にさげるとき、通常は前⻭と奥⻭の引っ張り合いをしま
す。引っ張り合いなので、奥⻭も少し前に動いてしまいます。しかし、アンカースクリュー
を使うことで奥⻭が前に動いてしまうことを防ぎ、前⻭の後⽅への移動量を増やすことが
できます。
「⾃分に合った治療法は何だろう?」と思われた⽅、ぜひ矯正相談にお越しください!

根面う蝕について聞いたことがありますか?

福山市で矯正治療をしている河底歯科・矯正歯科の河底晴紀に変わり、受付の河村が投稿します。

今日は「根面う蝕(こんめんうしょく)」についてお話しします。

大人になると生じるお口の中の変化に「歯ぐき下がり(歯肉退縮)」があります。歯ぐき下がりは不適切なブラッシングや加齢、歯周病などの原因が複合的に関与して起こります。

歯ぐきが下がると、

・歯と歯の間にすき間ができるので、歯に物が挟まる

・歯の根元が露出するので、歯がしみる

といったトラブルが起こりやすくなります。

そのような症状を感じたら、歯ぐきがさがり始めているサインかもしれません。

歯ぐき下がりにより露出した歯の根元にできるむし歯を「根面う蝕」と言います。

むし歯は、むし歯菌が作り出す酸によって歯が溶けることでできますが、歯の根元は酸に弱いため、むし歯になりやすい部分です。また、気づきにくく進行も早いために、歯を失うリスクも高いという特徴があります。これまできちんとケアをしてきた人でも、新たなリスクの発生により今まで守ってきた歯を失いかねない、とても厄介なむし歯なのです。

ご自身でも根面う蝕のセルフチェックをしみましょう。

40代以上である

・歯が前よりも長くなったように見える(鏡で確認してみましょう)

・歯の根元がしみることがある

・歯の根元が黄色や茶色に着色している

・毎日の口腔ケアが不足している自覚がある

・しばらく歯医者に行っていない

当てはまる項目が多い方ほど要注意です。

治療方法としては、従前の「削って詰める」治療よりは、早期にむし歯の兆候を発見して、削らずに失ったミネラル成分を歯に取りもどす「再石灰化(さいせっかいか)療法」が第一です。

虫歯の進行がごく初期の場合は、歯の再石化を促すようセルフケアに力を入れて頂き、経過を観察します。

ある程度虫歯が進行している場合は、進行状況によっては、虫歯の部分を削合し、コンポジットレジン充填剤で修復します。

虫歯が重度に進行している場合は神経の治療が必要になります。この場合は既に痛みやしみるなどの自覚症状が既に現れていることが多いです。

最後にご自宅でできる予防方法をご紹介します。

⭕️毎日の歯磨き

軽い力で丁寧にブラッシングをしましょう。力をいれすぎたブラッシングは、歯ぐき下がりを起こさせてしまう原因にもなります。1か月しないうちに、歯ブラシの毛先の広がりが見られる場合は、力のいれすぎかもしれません。

⭕️デンタルフロスや歯間ブラシを用いたケア

歯と歯の間に挟まった食べ残しはブラッシングだけでは、取り除くことができません。

⭕️洗口液の使用

洗口液で口腔内をゆすぐと虫歯・歯周病の予防効果が高まります。

⭕️フッ化物配合の歯磨き粉の使用 

フッ素には再石灰化を促進する、歯の質を強化する、歯垢中のむし歯菌が酸を作り出すのを抑制するなど、むし歯予防に役立つ働きがあります。もちろん歯冠部のむし歯と同じように、根面う蝕にもフッ素は有効です。

近頃歯医者に通っていない方は、虫歯チェックや歯周病チェック、口内のメンテナンスにお越しくださいね。

金属の歯は時代遅れ?最新のセラミックの歯事情とは?

福山市で矯正治療をしている河底歯科・矯正歯科の河底晴紀です。今日は、歯科衛生士の萩原が投稿します。

今回は金属の歯と最新の素材セラミックの違いについてお話ししたいと思います。

まずは金属の歯いわゆる銀歯のデメリットについてです。

① 審美性が低い

② 腐食する

③ 歯茎が黒くなる

④ 熱伝導率が高い

⑤ 金属アレルギーを引き起こす可能性がある

主にこの5つがあります。

まず一つ目の審美性が低いについてです。銀歯は審美性が低く、銀歯を白い歯にやり替えたいや相手の目が気になってしまうという患者さんも少なくありません。

2つ目の腐食についてです。銀合金やアマルガムなどの金属は電気的に不安定で腐食しやすいです。金属でできているので水分や唾液に長い年月触れることで腐食し、さびることがあります。

3つ目の歯茎が黒くなるについてです。銀歯を入れている方で歯茎が黒くなったと気にされている方もいるのではないでしょうか?歯茎が黒くなる原因としては喫煙もそのひとつですが、歯科保健医療用に用いられる金属は主に金銀パラジウム合銀で、主成分の銀が硫化によって黒変しやすいためです。

4つ目の熱伝導率が高いについてです。熱伝導率とは物体に熱を加えた時の熱の伝わりやすさの指標です。私達の歯のエナメル質や象牙質は熱伝導率が低く、急激な温度変化が歯髄に伝わりにくくなっています。一方、金属は熱伝導率が高く、温度変化が歯髄に伝わりやすいため、注意が必要です。例えば神経の近くまで処置をした歯を金属の詰め物やかぶせで修復すると、温度変化の刺激が神経に伝わりやすいです。

最後に金属アレルギーを引き起こす可能性があるについてです。金属製品に触れた後、数時間から数日後に皮膚に炎症を生じることがあります。これはアレルギー性接触皮膚炎とよばれ、一般には金属アレルギーとして知られています。金属アレルギーでは、金属に接触する口の粘膜の炎症だけでなく、口から離れた全身の皮膚に発赤、腫脹、湿疹を生じることが多いです。例えば、口に入っている金属製のかぶせが原因で手のひらや足裏に嚢胞(掌蹠膿疱症)を生じることがあります。

データでは、保険の金属修復の寿命は5〜7年で、金属の下にむし歯ができることがあります。

次にセラミックについてです。セラミックは硬く、耐摩耗性に優れ、天然歯の色調を再現でき審美性に優れているのが特徴で、むし歯や歯周病の再発を防ぎやすいのが最大の利点です。

 

身近なものとしては陶器をイメージしてください。

まずは銀歯のデメリットでお話しした熱伝導率についてです。セラミックでは熱伝導率が

低いため温度変化の刺激が神経に伝わりにくくなっています。

またセラミックは他の材料と比較し表面が滑沢なため、汚れがつきにくく、また歯ブラシで汚れを落としやすいです。

どのかぶせものにするか、何を優先すれば良いのか、審美生、コストなど迷ったときは当院のTCが患者さん一人一人に分かりやすく説明しますので、なんでもご相談ください

3 / 3012345...102030...last »
ページの先頭へ戻る