歯科とタバコの関係について

歯科衛生士の佐藤です。今日はたばこと口の関係についてお話ししたいと思います。

たばこと肺がんなど呼吸器や循環器系の病気が関係があることは皆さん知っていると思いますが

歯医者や口のことと何か関係あるの?思う方結構いるのではないでしょうか?

たばこは口から吸って肺に入っていきますので、肺に害があるならもちろん口にも害があり、口腔がんや歯周病の発症にも深く関わっていますし、歯周病に関しては発症や進行に最も影響を与えるとまでいわれているのです。また矯正治療中の方は歯が動くスピードが遅くなると言われています。

まず、たばこを吸っている方が一番よく気にしているなと感じることですが、一般的によく自覚されているのが歯への着色です。

たばこを吸うと、歯にヤニが付いて茶色く着色します。

着色があるところは表面がざらざらしており、歯垢・歯石が付きやすい状態になります。

そしてたばこの着色は歯だけではなく歯茎にもつきます。

着色のもとは、たばこの煙に含まれるニコチンやタールなので、吸っている人はもちろん周りで煙を吸ってしまっている人(家族や子ども)の歯茎に着色してしまうこともあります。

次に歯周病との関係についてです。

最初にたばこが歯茎に与える影響についてです。

たばこの煙に含まれるニコチンやタールなどの化学物質が歯茎に血管を収縮させ、血流を悪くさせます。→そうすると歯茎に酸素や栄養が行き渡りにくくなってしまいます。

またたばこの影響によって、歯茎の抵抗力が落ちることや唾液の分泌量が減ってしまい、唾液の自浄作用が減ることも分かっています。

このような歯茎に与える影響からたばこを吸っている人は吸っていない人に比べて歯周病になった時に治るのに時間がかかってしまうことや、発症したときに進行するスピードが速いことも分かっています。

歯周病は歯を支えている歯槽骨という骨が溶けていき、最悪の場合は歯が抜けてしまう病気です。

抜けるとまで行かなくても、溶けてしまった骨は元には戻らず、その後悪化しやすい状態になってしまいます。

そのため歯周病の治療を本格的にする場合は禁煙をおすすめします。

また当院では矯正治療で通われている方にもできれば禁煙をおすすめします。

歯が動くメカニズムは骨を溶かす細胞と骨を作る細胞の働きで歯根膜が元の厚みに戻ろうとすることの繰り返しです。たばこを吸っている方の場合、血流が悪くなり、骨吸収と骨形成がスムーズに行なわれないので歯の動きが悪くなります。

電子タバコに変えたので大丈夫と思っている方もいらっしゃいますが、通常のタバコよりいいにしろタバコの害がないことに変わりはありません。

この話が禁煙への動機づけや関心を持ってもらう1つのきっかけになればいいと思います。

免疫力アップのために〜コロナ対策

事務局の河底です。連日、コロナウィルスのニュースがどのTVをつけてもついていますね。いつも○○県で新たに△名出た!というようなニュース。新しく感染した人が出た街や場所ばかりを放送するのでその場所や街に大きな影響が出る。こんなオリンピックイヤーに日本の経済大打撃ですね。飲食店で感染者が近くに出たら店に誰も来なかった、こんなのは初めてというようなニュースを見ると同じ中小企業の一員として胸が痛みます。

コロナウィルスで歯科にとって必要なマスク・グローブ・消毒液にも顕著に影響が出ています。昨日は院内でも月に1回のミーティングを行い、院長より感染対策についての話がありました。

マスクの効果や手洗い・消毒について説明がありましたが、免疫をつけることも大事ですよね。

我が家には子供が三人いますが今年度は、誰も病気しておらず、皆勤賞を目指して今日も元気に登校・登園しました。

私は実はあまり几帳面な性格ではないのですが、手洗いだけは数えきれないほど毎日しているのと

食事面でちょっとだけ工夫していますのでご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

この本を読むといろいろな味噌玉を使った美味しそうなレシピが載っています。材料は下の4つです。本にはなぜ赤味噌がいいのか、なぜ白味噌がいいのか、なぜ玉ねぎがいいのか、なぜりんご酢がいいのかがちゃんと丁寧に書いてあり、なるほどと楽しみながら読める1冊です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はずぼらな性格なので医院の仕組みを考える時も料理をする時もいかに簡単にできるか、を考えています。長く続けることが大切だからです。あまり難しいことを考えてスタッフに求めてもすぐ「やーめた!」となってしまいます。料理も同じですね。

本には玉ねぎをすり下ろすように書いてありますが、それってすごく面倒なので私はフードプロセッサーを使ってあっという間に作ります。できたら製氷機に入れて冷凍庫に保存します。

また本には味噌玉にお湯を注いで飲むとありますが玉ねぎに火が通っていないのは口臭の原因になるのでしっかり味噌玉に火を入れて作ります。それに毎日寒いので汁物が一品あるととてもあたたまります。

もう一つのおすすめは納豆です。最近では「菌活」という言葉もよく聞きますが、

納豆はとても体にいいと国内外でもたびたび注目されていますね。私が子供の頃の納豆はおいしいものはなかったですけど今はたれにもいろんな種類があるし、美味しくて健康にもいい。また先日のテレビでは納豆に酢をかける「酢納豆」が抜群に免疫力アップにいい!と言っていました。免疫が落ちると歯の痛みにもつながってきますし、全身にも影響があります。マスク・マスク・消毒・消毒・・というのも大切ですが、体の内側から元気になる方法も大切だと思います。

今年度もあと少し、皆勤賞目指して元気に頑張ります。

蓄膿症と親知らずの関係は?

最近また寒くなってきましたね。歯科衛生士の佐藤です。

下向いていると鼻水が垂れてきたり、鼻が詰まって苦しくなったりしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

インフルエンザや、新型コロナウイルスなどの感染症も流行ってきているのでただの風邪と思わず不調がある際は病院を受診してくださいね。

今回は鼻づまり繋がりで歯科と関係のある鼻の病気についてお話したいと思います。

歯科と関係のある鼻の病気、それは蓄膿症です。

蓄膿症とは正式名称を慢性副鼻腔炎といい、副鼻腔(前頭洞・篩骨洞・上顎洞)に膿が溜まったり、ポリープが出来てしまったりし

た状態のことを言います。

その症状のうちでも、細菌の感染などにより膿が溜まっている状態を特に蓄膿症と呼びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

蓄膿症に関係が強いのは、上の奥歯と上顎洞です。

上顎洞も体の成長とともに大きくなっていきます。上顎洞が大きくなっている間に上顎の永久歯が生えていきます。この二つの成長が重なって歯根と上顎洞の間の距離が短いことや、写真のように歯根が上顎洞に入り込んでいる事もあります。

 

 

 

 

 

 

このように歯と上顎洞の距離が近いとむし歯が進行して根の先に膿の袋ができた時や歯周病が進行して細菌が蔓延している状態だと骨を簡単に壊してしまいます。

そうすると根の先の膿や周りの細菌が上顎洞にまで広がっていき蓄膿症の症状を引き起こしていきます。

症状は原因歯のある方に現れます。

上顎洞のドクドクするような脈動性の痛みと原因歯とその周辺の歯の痛み、頭重感、鼻閉感、全身的にも発熱や倦怠感、食欲不振などの症状が現れます。

治療法はまず、抗菌剤や抗炎症剤などを投与して、炎症を抑えていきます。

その後、原因歯の治療に移ります。原因に応じた治療(歯周病治療や根っこの治療など)を行っていきますが、それで改善しない場合は抜歯をすることもあります。

また、歯と上顎洞が近接、突き抜けている場合は抜歯することで口腔内と上顎洞が繋がってしまうこともありますがそういった場合は抜いた後の穴が治っていくごとに塞がっていきます。

穴が大きくて塞がらない場合は塞ぐ手術が必要になることもあります。

蓄膿症は歯が原因のものが全部ではなく、鼻が原因でなるものもあるので歯が原因で蓄膿症になるリスクを少しでも減らすために歯科を定期的に受診してむし歯や歯周病になっていないかなどチェックしていきましょう。

バレンタインデーにはキシリトールを!

受付の黒田です。入社して2ヶ月が経過しました。みなさんはキシリトールと聞いて何を思い浮かべますか?

キシリトールガムやタブレットなどお口の中をすっきりさせてくれる印象が強いと思います。

それは、キシリトールは溶解時に吸熱反応が起こり、口に含むとスーッとした爽やかな冷涼感が得られます。その為ミントフレーバーに合うことからキシリトールを使った食べ物にはミント味が多くみられるからです。

しかし、実はキシリトールとは糖アルコールという甘味炭水化物の仲間で自然界では多くの果実や野菜に含まれており、糖アルコールの中でも最も甘く、砂糖と同じ甘味度を持っています。また、それは人体でも作られます。

そして、天然の素材の甘味料と言われているキシリトールを始めとする糖アルコールは、むし歯の原因になりません。糖アルコールからは、口の中で歯を溶かすほどの酸は作られないからです。また、キシリトールは甘みが強いので、その甘味により唾液も出やすくなります。酸を作らない、唾液の分泌を刺激して酸を中和するのでキシリトールはむし歯にならないのです。

キシリトールを一定期間以上口の中に入れると、むし歯の原因となる歯垢がつきにくくなるだけでなく、歯の再石廃化を促し、歯を硬くします。そして、むし歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を弱める動きも持っています。

このような働きは、他の甘味料にはみられないキシリトールだけの効果です。

更に、キシリトールはインシュリンに関係なく代謝されるので糖尿病患者も安心して摂取が出来ますし、ダイエット中の方でも甘さは砂糖と同じですがカロリーが半分なので罪悪感なく食べることが出来ます。

みなさんの中には、食後のデザートがやめられない、甘いものが無償に食べたくなるといった方は多いはず、、、私もそのうちの一人ですが()

そんな方におすすめしたいのが、歯医者さんのアイディアで誕生した砂糖不使用のキシリトール100%のチョコです。お子さんのお菓子によるむし歯に悩まれている方にもチョコレートで楽しくむし歯予防出来るんです!

チョコレートの中でむし歯の大きな原因となるのはみなさんもご存知の通り砂糖す。その砂糖を全く使わず、甘味料を100%キシリトールにすることでむし歯予防の効果もさることながら、プラークをキシリトールが変化させることによりむし歯になりにくい口腔内環境を作ることが出来ます。

当院で今年取り扱っているのはスタンダードなものに加えてほうじ茶、抹茶味です。

抹茶味はカテキンも入っているのでカテキン効果、キシリトール効果でとてもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も食べましたが味は普通のチョコです!これがむし歯予防になるとは思わないですし、おいしく食べれて更に予防にも繋がるなんてお得ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子さんで歯磨きが苦手だったりなかなかお菓子がやめられなくて悩まれている方でも歯磨きをしたご褒美に一粒あげたり、寝る前でも安心して食べれるので気になる方は是非一度試してみてください!

今年もありがとうございました

事務局の河底です。今年も残すところ、わずかとなりました。

2019年の河底歯科・矯正歯科を振り返りますとこの1年もまたあっという間に過ぎました。

参加しているMID-Gでのマニュアルコース表彰式、歯科衛生士学校での矯正学講義担当、消費税アップ、院内のデジタル化の推進・・と今年も例年に劣らず多くの出来事がありました。また、「一年の計は元旦にあり」という諺(ことわざ)がありますが、当院は毎年元旦よりも早く11月くらいには来年の計画を立てるようにしています。

スタッフも同じです。

野球の大谷選手が花巻東高校一年のときにドラフト1位指名を受けるために自分がやらなければならないことを一覧にして書き出していたのを当院でも同じようにやっています。

医院として個人としてどんな風になっていきたいか、目標を見える化して前に進んでいます。

また、話はガラリと変わりますが、年末といえば大掃除ですよね。

我が家も十分とは言えないながらも大掃除に着手しました。1日では終わらないほど普段掃除をためてしまっています。この掃除をするときに、私はいつも歯のクリーニングのことを考えます。

掃除だって毎日こまめにやっておけばこんなに大変にはならないのです😅

台所やトイレ、風呂、、、、水回りは本当に掃除が大変です。私の場合、泡ハイター、歯ブラシ、クエン酸、ありとあらゆる薬剤、道具を使います。車の掃除には高圧洗浄機も使います。また、頑固な汚れのついた子供のシューズを洗うのは超音波を使います。

これって本当に歯のクリーニングに似ているんです。きっと毎日の歯磨きが十分ならば大変ではないのですが、だいたい歯科に来られる方は、プラーク、歯石がついています。

当院でもエアフロー、超音波スケーラー、ハンドスケーラー、歯磨剤もいろんな種類を使っています。あの手この手、道具と専門技術できれいに磨いていきます。

そのパワーをご覧ください。歯面に水とパウダーを吹き付けて汚れを吹き飛ばします。

↑エアフローを使用して清掃している歯科はまだごく少数です。おうちにはない道具や機械で専門的に磨きます。

歯周病はこんな感じです。歯周病は感染症ですのでとにかく、バイキンを減らしていくことです。歯科でクリーニングに通う治療期間中も朝昼晩、食べ物を食べる度に、飲み物を飲む度に汚れはついていきます。

エアフローにはきれいにするだけの効果ではなく、新たなバイキンを付着しにくくする効果もあります。

歯石はただの汚れと思わないでください。歯を支えている骨をどんどん溶かしていく病気です。

基本的に歯周病はサイレントキラーですので症状がなく、じわじわと進行していきます。歯茎の中はこんな風になっています。あれ?歯が少し長くなったかな?ぐらぐらしてきたかな?と思ったときには相当歯周病が進んでいると考えてください。

毎日、使わないといけないお口の中です。是非きれいにしてあげてください。毎日、当たり前と思って食べている食事も歯が十分にあってこそです。

お忙しい方も年末または年始に、またそれも忙しくて歯科にいけなかった方はせめて自分の誕生日月にご褒美として歯科でクリーニングしてみてください。舌で歯を触ってみると歯ってこんな形だったんだな、と改めて思えるほどきれいになります。当院は滅菌にも大変力を入れています。一生笑って、自分の歯で食事ができるようにお手伝いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

4 / 27« first...23456...1020...last »
ページの先頭へ戻る