マタニティ歯科 ー妊活と同時に歯科活を始めてくださいー

みなさんこんにちは。歯科衛生士の佐藤です。

先週医院のホームページが新しくなりました。

スタッフの写真や医院の内装など新しく撮ったものもありますので

ぜひ見てみてください。

 

そしてホームページの中に『マタニティ歯科』とありますが、

皆さん聞いたことありますか?

 

歯医者には一般歯科・矯正歯科・小児歯科など色々ありますが、

それらと比べて『マタニティ歯科』は聞きなじみがないと思います。

 

マタニティ歯科とは妊婦さんを対象としたものです。

妊婦さんの中には「つわりのせいで歯磨きしにくい」「歯磨きすると血が出る」「歯が痛いけどいつ治療すればいいのか分からない」などお困りの方多いのではないでしょうか?

そんな妊婦さんのお口の中の気になること・疑問についてアドバイスや、出産・子育てに向けてむし歯治療やクリーニングをさせていただきます。

 

今日は妊娠中に起こりやすい口腔内疾患や歯周病菌が及ぼすリスク、そして赤ちゃんのむし歯のリスクについて書きたいと思います。

 

《妊娠中の口腔内とかかりやすい疾患》                                  

妊娠中はお口の中の状態が変化しやすいのです。

・ホルモンバランスの変化によって唾液の分泌量が変動しやすい。

・食事の内容や回数が変化する。

・つわりによって歯磨きがしにくく磨き方が不十分になる。

などの理由が挙げられます。

 

そして歯磨きが不十分なことに加え、女性ホルモンを好む歯周病菌が増えやすいため悪循環をまねきやすいです。

 

そんな時になりやすいのは妊娠性歯肉炎や妊娠性エプーリスです

【妊娠性歯肉炎】

原因である細菌が増えやすいので少し歯垢が残っているだけでも歯茎が腫れたり出血したりしやすいです。

【妊娠性エプーリス】

あっていない被せ物や歯石があるところのように刺激のあるところにできやすく

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増えることによって発生します。

歯茎に腫れたこぶのようなものができ、触ると痛みや出血があります。

 

これらは出産後には、軽減、消失する場合も多いです。

 

《歯周病が及ぼす影響~不妊・早産のリスク~》

歯周病が早産のリスクになることは結構皆さんご存知なのではないでしょうか?

これは歯周病菌の影響で「早く産め~早く産め~」というホルモンが分泌されるためです。

そして最近では不妊治療中の人が歯周病にかかると妊娠するまでの期間が長くなるといわれ、不妊に対しても影響があると言われています。

 

《赤ちゃんのむし歯リスク》

赤ちゃんは菌を持っていない状態で生まれてきます。

では何故むし歯になるのでしょうか?

答えはお母さんやお父さんなど周りの大人たちからです。

大人が口をつけたお箸やスプーン、コップなどをそのまま使い赤ちゃんに

ご飯をあげるときや、スキンシップでキスをするときなんかに

唾液を介してむし歯菌が移ってしまうのです。

 

そしてお母さんにむし歯があるかどうかということは

子供がむし歯になる確率に大きく関わっています。

2歳児のむし歯発生率

婚活、妊活という言葉がたくさん聞かれる一方で以外とおろそかになっているのが口腔内のケアなんです。

妊娠してから歯周病がすすんだ妊婦さんは早産リスクが高いですよといってももうその時にはすでに赤ちゃんがお腹の中にいます。妊活をするときに同時に歯科

活もしてみてください。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、お母さん自身のためにも

赤ちゃんが生まれる前から~マイナス1歳からのむし歯予防~を

家族全員で始めてみませんか?

 

 

 

お口の中の唾液の働きとは?

こんにちは。アシスタントの重森です。

暑い日が続きますが、体調管理は大丈夫ですか?

 

私は先日、妹の結婚式に出席しました。

披露宴で妹への手紙を朗読したのですが、大変緊張してしまいました。

緊張すると、口がカラカラになりますよね!

あなたもそんな経験をされたことがあると思います。

緊張するということは、ストレスがかかっている、という状態。

ストレスがかかると交感神経という、体を活動的にする神経が強くはたらきます。

交感神経が強くはたらくと、水分の少ないネバネバとした唾液が分泌されます。

だから口の中が乾燥してカラカラになるんですね!

 

・・・ということで、今回のお話しのテーマは「唾液」です!

ふだん「唾液」について考えることはあまりないですよね?

今日はたっぷりと「唾液」について語ります!

 

【唾液はとっても働きもの!】

あなたは1日に唾液がどのくらい分泌されると思いますか?

なんと1~1.5リットルも分泌されると言われているんです!

意外と多いと思いませんか?

そんな、たくさん分泌されている唾液には、たくさんの働きがあります。

 ・歯ぐきや舌などの粘膜を保護して傷つかないようにする・・・「潤滑作用」

 ・ご飯をよく噛むと甘くなる、食物に含まれるデンプンを糖に変える・・・「消化作用」

 ・ケガをしたら唾をつけておけば治る、と言われる・・・「抗菌作用」

 ・食べかすを洗い流してお口に残るのを防ぐ・・・「洗浄作用」

 ・お口の中のpHを正常に保って歯が溶けるのを防ぐ・・・「緩衝作用」

 

【唾液が減るとどうなるの?】

こんなに働きものの唾液!

そんな唾液が減ってしまうと、どうなるのでしょう・・・?

唾液の分泌量が減って「口が渇く」という状態。

一時的なものなら良いのですが、慢性的になると「ドライマウス(口腔乾燥症)」という病気です。

唾液の量が減ると、お口の中の洗浄作用が少なくなります。いつまでも食べかすがお口の中に溜まったままになり、その食べかすをエサにして細菌が増える、という状態に・・・。

さらに、飲食によって下がったお口の中のpHもなかなか元に戻らなくなります。

お口の中が酸性のままだと、酸がエナメル質という歯の表面の層を溶かしてしまいます。(エナメル質の脱灰)

そう、働きものの唾液が少なくなると、むし歯や歯周病のリスクが高まるのです!

また、細菌が溜まることによって口臭の原因にもなってしまいます。

 

【唾液が減るのはどうして?】

唾液は、自律神経(内臓をコントロールする神経)からの指令が唾液腺に伝わり、血液を元にしてつくられます。

簡単に言えば、唾液という「製品」を作るにあたっての、自律神経が「指令部」、唾液腺が「工場」、血液が「材料」というわけです。

なので、唾液が少なくなるということは、「指令部」である自律神経のバランスが乱れていたり、「工場」である唾液腺の不具合であったり、「材料」である血液が不足していたり、という様々な原因があります。

 

【唾液の分泌量アップ!】

ふだんの生活の中で少し工夫することでも唾液の量をアップさせることもできます。

  • よく噛んで食べる

  噛むことによる刺激で唾液腺や自律神経も刺激され、

よりたくさんの唾液が分泌されます。

  • 規則正しい生活をする

  唾液をつくる為の「指令部」である自律神経のバランスを整えることも大切。

  自律神経は、交感神経と副交感神経が交互にはたらいてバランスを保っています。

  睡眠時間や食事の時間などが不規則になることでもバランスが乱れます。

  • コーヒー、紅茶は控えめに。お酒もほどほどに・・・

  カフェインの入った飲み物やアルコールには利尿作用があります。

  尿の排泄によって体の水分が減ると、唾液の材料である血液も減り、

  作られる唾液量も少なくなります。

  • 口呼吸ではなく鼻呼吸にする

  口で呼吸をすると唾液が蒸発して、おのずとお口の中が乾燥します。

  • 唾液腺マッサージをする

  強くゴリゴリとするのではなく、やさしくマッサージをしましょう。

いかがでしたか?

唾液にはむし歯や歯周病のリスクを軽減するという、とっても役に立つ働きがあることが分かりましたね!

また、普段の生活にひと工夫することで唾液の量をアップできることもできますので

試してみてください。

唾液腺のマッサージ方法についても分かりにくい場合は当院の歯科衛生士にお気軽にお声かけくださいね!

超滅菌宣言!当院の滅菌システムは本気度が違います。

今回は当院が行っている感染対策、器具の洗浄と滅菌方法について紹介をしていきたいと思います。

歯科医院は唾液や血液を介してウイルスなどに感染しやすい場所なので、感染しないために患者さんごとに滅菌をした器具に交換をしています。

しかし、どの歯科医院でも患者さんに使用した器具は最終的には滅菌作業をしていますが、滅菌をするまでの工程は様々です。

当院では患者さんやスタッフの安心安全を考え、洗浄・滅菌作業を行っています。

<一般的な歯科医院での滅菌までの流れ>

①    手洗い・超音波で唾液や血液を落とす

②    器具をパッキング

③    滅菌器で滅菌

このように手洗いで器具を洗浄したり超音波で洗浄する歯科医院はよくあると思いますが、それだけでは汚れが残っていたり、先端が鋭利な器具が多いため洗浄中にスタッフが指を傷付けてしまうということがあります。

そこで、当院では滅菌をする前にドイツ製の「ミーレジェットウォッシャー」という洗浄器を使用しています。

ミーレ

見た目が大きいので業務用の食洗器みたいですよね。ですが、大きな違いがあります。

<業務用食洗器>

完全に汚れを取ることはできず主に油の汚れを取るためのものなので洗剤をいれて洗浄していきます。また、洗浄温度は60~70度、すすぎ温度は80~90度を基本にしています。

<ミーレ>

タンパク質を取るための洗浄器なのでタンパク分解用洗剤を使います。洗浄温度は55度ですすぎ温度は93度に設定されています。食洗器は油汚れを取るために熱湯を使いますがそれを器具に使った場合、器具に付着した血液やタンパク質の汚れは55度以上の高温になると凝固し、汚れが取れなくなります。

ミーレはISO15883(国際規格)に準拠した高性能洗浄器です。

血液や肝炎などのウイルスに汚染されている可能性のある器具に用いることができる消毒レベルの洗浄器です。

循環水量は毎分500ℓで水流がすごいので器具の細かいところを消毒・洗浄・乾燥をしてくれるこの洗浄器が当院では毎日大活躍です。滅菌をする前にどれだけ洗浄ができているかが重要なのです。

洗浄が終わったらクラスBオートクレーブで滅菌を行っています。

オートクレーブはクラスB・クラスS・クラスNに分類されています。

特にクラスBはヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格をクリアする高度なオートクレーブです。機械の中で真空状態をつくり、次に高圧高温蒸気を細かいところまで吹き入れることにより滅菌を行います。

ちなみにこちらが当院の洗浄から滅菌までの工程です。

①    血液のついた器具は超音波で洗浄

②    器具は水につけて汚れを落としやすくしておく

③    ミーレジェットウォッシャーで洗浄

④    器具をパッキング

⑤    滅菌器に入れて滅菌(クラスBオートクレーブ)

私たちも患者さんにより良い治療を受けていただけるように洗浄・滅菌に力を入れています。

当院では患者さんごとに紙コップ、エプロン、グローブも使い捨てのものを使用し、治療するときは滅菌パックを患者さんの目の前で開けるので滅菌したての器具を使用しています。来院された患者さんに安心して治療を受けていただけます。

ミーレがあるかどうかでその医院の滅菌への本気度がわかると言えます。当院は妥協のない衛生管理を行っています。

口臭について

みなさんはご自分の口臭を感じたことはありますか?

実は自分ではなかなか気づきませんが口臭は誰にでもあります。

起床直後や空腹時、あと緊張した時など。

これは生理的口臭といい唾液の分泌量が一時的に減って口の中の細菌が増えるからです。

この場合、食事をしたりおしゃべりをすることで唾液の量が増えれば口臭が弱くなります。

しかし、一度匂うといわれるとその後も匂うのではないか、、、と気になってしまいますよね?

そうなる前に対策できるよう今回は口の中に原因がある病的口臭の原因と対処法をご紹介しようと思います。

まず、口臭の原因についてです。

先ほども少しお話ししましたが、口臭の原因は『細菌』です。

細菌がタンパク質を分解するときや歯と歯の間に挟まった食べかすを分解するときに

臭いの原因物質を放出しているのです。

細菌は様々なところにいます。

細菌が原因の口腔内疾患の代表であるむし歯や歯周病、

細菌のたまり場となってしまうプラークや歯石、

清掃不良でプラークが付いてしまっている入れ歯など。

また、歯に合っていないかぶせも要注意。

歯に合って部分に食べかすやプラークがたまってしまいます。

そして、舌にも。

細菌や食べかすが苔のように舌にくっついてしまうのです。

最初にお話したように唾液の減少も口臭の原因となります。

なぜなら唾液には殺菌作用があり、お口の中の環境を整える役割もあるからです。

次に対処方法です。

・歯科医院でむし歯や歯周病の治療を行うこと。

まずは原因を取り除かなければ良くはなりません。

なお、お口の中の原因箇所を治療しても口臭が改善しないようであれば、鼻やのど、全身の疾患が原因の可能性もありますので然るべき医療機関を受診してください。

・歯科医院へ定期的にメンテナンスに通うこと。

プラークや歯石などは普段のケアだけでは落としきれません。歯科医院でのプロフェッ ショナルケアを定期的に行うことでプラークや歯石を落とし、むし歯や歯周病を早期に発見、悪化しないように予防することが大切です。

・舌のケアを行うこと。

見落としがちかもしれませんが、舌も歯と同じようにきれいにしなければなりません。

舌をきれいにするには「舌ブラシ」という専用のブラシを使い舌苔を除去することで

口臭を予防することができます。
・殺菌効果のある歯磨き粉や洗口剤を使う。

原因である細菌に効果的な薬用成分の入ったものを使うことで

細菌の数を減らすことができます。

最後に当院での口臭対策のグッズをご紹介します。

『SP-T メディカルガーグル』

こちらは口臭予防に効果のある洗口剤です。

殺菌性に優れた成分を配合しており、口臭を予防してくれます。当院では、歯周病が中程度以上に進んでいる方にまずこちらを治療の一環としておすすめしています。

『システマ デンタルペーストα

歯周病を予防に効果のある成分と口臭を予防する成分が配合されていて

歯周病と口臭を予防できます。

最初に書いたように口臭は誰にでもあります。

問題は臭いの強さです。

他人を不快に感じるような強い臭いでなければ気にしなくて大丈夫です。

しかし口臭が強くないのに自分で強いと思い込んで精神的に病んでしまう人もいます。

口臭が気になる方は一度歯科検診をお勧めします。

原因がお口の中にあるのであれば、そこを治療すれば口臭は改善できます。

1人で悩まず、お気軽にお問い合わせください。

歯の白さにはシェードというレベルがあります~新庄選手に見る真っ白な歯

 

最近テレビを見ていると、歯を白くしている芸能人の方がたくさんいます。

少し前に話題になっていたのが、元プロ野球選手の新庄剛志さん。

顔だけではなく歯にも変化があったようです。

笑った時に白い歯が目立っていますが、これはホワイトニングではなくセラミックの差し歯です。

 

このように、きれいな歯になりたい!と思っている方の中で「歯の色を白くしたい」などと

色や見た目にこだわりを持っていらっしゃる方が最近増えてきたのではないでしょうか。

そこで今日は歯の色について書いていきたいと思います。

 

歯の構造には大きく分けて一番外側にある無彩色で光を通す素材である「エナメル質」、その下には黄色っぽい色をした「象牙質」、象牙質の中には神経である「歯髄」があります。

エナメル質の厚さや色と象牙質の色がその人の生まれつきの歯の色を決めているのです。

歯の構造

 

皮膚や髪の毛の色に個人差があるように、歯の色にも正常な範囲があります。

その影響するものとしては個体差、年齢差、歯の部位などです。

 

個体差は、たとえ黄色いと感じていても歯の色見本であるシェードガイドの範囲内に

おさまっていれば正常色です。

年齢差では、永久歯が生えたての子どもと高齢者の摩耗や咬耗した歯と比べれば、高齢者の方が明度は低く、黄色みは強いかと思います。

また、一本の歯でも歯の先端と歯と歯茎の間の部分では色が異なります。

 

このように歯の正常色は全部同じではなく、シェードガイドに代表されるように幅があります。

 

 

 

歯の着色・変色には、外来の着色物が歯に沈着するもの(外因性)と歯の内部から生じるもの(内因性)とに分類できます。

外因性・・・虫歯、歯磨き不足、嗜好品(お茶・コーヒー・煙草)など

内因性・・・遺伝性、先天性、薬剤(フッ素、テトラサイクリン系)など

その中でも、薬剤のテトラサイクリン系抗生物質は肺炎などの薬剤として使われていますが、胎児期や永久歯が形成される時期に多く投与されると、テトラサイクリンの抗生物質と反応し歯が変色してしまいます。このことをテトラサイクリン歯と呼んでいます。

テトラサイクリン歯は、黄色から褐色さらに黒色を呈するようになり、服用時期、使用量、薬剤の種類によって変色の程度は大きく異なります。

テトラサイクリン歯の治療法としては、軽度の症状であればホワイトニングは可能です。

しかし、重度になってくるとホワイトニングでは補えないのでラミネートべニアを使って修復をしていくことがあります。やり方は歯の削除量はわずかで表面の歯を被覆するようになります。

神経を保存できる方法であるので、このようにホワイトニングの効果が十分に得られない方のためにお勧めです。

 

 

また、当院のホームホワイトニングでは、せっかくホワイトニングをするのですから上顎と下顎で色がバラバラになってしまうことがないよう、患者さんにも色の変化を感じてもらえるように、上顎と下顎を同時にするのではなく、まずは上顎から始めてもらい、患者さんが満足された色になってから、上顎の色に合わせて下顎もホワイトニングをしてもらうようにしています。

どの程度白くしたいかを段階的に確認でき、新庄選手のように真っ白!でなければ、およそ1ヶ月で変化がわかるぐらいの白さになっていくと思います。ホームホワイトニングを始めた方は、一週間に一度来院していただくようになるのでその時に色の変化の確認をさせてください。

 

 

歯を白くする方法は、ホワイトニング、かぶせ物を白いものに変えるなどいくつかあります。

第一印象も大きく変わりますね。

家族、友人に自慢できるような歯の白さを手に入れてみてはいかがでしょうか。

ホワイトニング前後

 

5 / 17« first...34567...10...last »
ページの先頭へ戻る