治療した歯がたくさんあるけど矯正治療はできますか?

福山市で矯正治療をしている河底歯科・矯正歯科の河底晴紀です。

矯正治療をしたいけれど虫歯で治療してかぶせや詰め物がたくさんある方、インプラントが入っている方、矯正治療ができるか不安や心配になったことはありませんか?

今回はそんな方のために、きちんと治療はできるのか?どうやって治療を進めていくのか?ということについて書いていきたいと思います。

今のお口の中の状態によりますが、かぶせや詰め物をしていても基本的には歯と根がきちんとあり歯茎がしっかり(健康)していれば矯正治療を進めていくことができます。

ただし、天然歯とは違うのでいくつか気を付けて治療を進めていかなければなりません。

<被せ・詰め物について>

金属や、セラミックは装置がつきにくい特徴があります。

直接そのままつけてしまうとつけても装置がすぐにとれる可能性があるのでひと手間加えてからつけていくようになります。

・金属(銀歯)の被せや装置をつけるところに詰め物が入っていると接着剤(セメント)できちんと装置がくっつかないので表面を粗造にしてつけます。

・セラミックの被せは一度外して矯正期間中だけ仮の歯に変えて装置を付け、治療が終わってからセラミックに付け直す必要があります。

・ブリッジが入っている方はセラミック同様、一度外して仮の歯に変えてから装置を付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<インプラントについて>

インプラントは矯正治療をしても動かない歯になります。

・固定源となる6番目の歯にインプラントが入っている場合(本来バンドという固定する装置を付ける歯)はそのまま残しておいて矯正治療ができることがあります。

 

・矯正治療中に後からインプラントをここに入れますという予定がある方は、そこに入れられるように矯正治療を進めていきます。

 

・複数ある場合やインプラントが入れてある部位によってはできない可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

このようにかぶせやインプラントが入っている方は矯正治療についてはもちろん、補綴治療(被せ・詰め物・インプラント)などを含めた診断をすることが必要になります。

矯正はしたいけど被せやインプラントがたくさんあって歯がきちんと動いてくれるのか、矯正治療ができるか不安な方は治療できないかもしれないと諦めず、一度矯正相談へお越しください。当院はかぶせの治療などの一般歯科と矯正治療ができる歯科です。総合的に診断し、最良の方法をお伝えします。

インプラントは歯周病にならない?→なります(正確にはインプラント周囲炎といいます)

⻭科医師の河底 友紀です。前回アシスタントの久保田さんがインプラント経験者である当院の技⼯⼠の経験談をお話ししました。今回もインプラントについて、もう少しお話しをさせていただきますね。

⻭を失う⼆⼤原因は⻭周病と⾍⻭です。⻭が無くなったところは顎の⾻が減り、そのままにしておくと隣の⻭が倒れ込んできたり、嚙み合っていた⻭が伸びてきたりします。すると噛み合わせのバランスが崩れてしまい、いろいろなところに悪影響を及ぼします。
それでは、⻭が無くなった時の選択肢はどんなものがあるのでしょうか?

それは、

① インプラント
② ブリッジ
③ ⼊れ⻭

この 3 つです。もちろんそれぞれメリットとデメリットがあります。私がいつも参加しているセミナーでは、⻭が無くなった時の治療法としてインプラントが選択されることが⼀番多いです。
インプラントは、⻭が無くなったところにインプラント(⼈⼯の⻭の根っこ)を埋め込み、その上に⼈⼯の⻭のかぶせを取り付ける治療法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

イラストのように、インプラントは両隣の⻭を削る必要がありません。ブリッジのように隣の⻭に負担がかかることがないのです。しかも、咬合⼒(噛む⼒)は⾃分の⻭とほぼ変わりません。当院でインプラント治療をされたある患者様が「⾃分の⻭で噛んでいるようだ!!」とすごく喜んでおられました。その⾔葉を聞いた私たちも、本当に嬉しかったです。

どの歯がインプラントかわかりますか?

インプラント治療の流れ
① 検査診断…⾍⻭・⻭周病などの検査とパノラマレントゲンによる顎⾻の診査を⾏います。

② 顎⾻の CT 撮影…より詳しく診断するために CT 撮影をします。

③ 説明・契約・⼿術前チェック…術前に不安な箇所がないように説明をし、契約をします。

④ インプラント埋⼊…チタン製の⼈⼯⻭根を顎⾻に埋める⼿術をします。

⑤ 上部構造(かぶせもの)製作(数回かかります)…⼈⼯⻭根が顎⾻と結合していればか
ぶせものを作っていきます。

⑥ メンテナンス…インプラントを⻑持ちさせるためのメンテナンスは⽋かせません。
インプラント治療は保険がきかず、費⽤がかかります。インプラントの上部構造は⾃費のか
ぶせものになります。

☆⼿術料⾦(アバットメント代含む)…297,000 円
※アバットメントとは、インプラント体に上部構造を固定するための⽀台装置です。
☆上部構造(⼈⼯⻭)…ジルコニア 110,000 円
e-max 110,000 円
ジルコニアセラミック 132,000 円
☆TEK(仮⻭)…前⻭ 1 本ごとに +33,000 円
⾅⻭ 1 本ごとに +11,000 円
※価格は税込みです。
費⽤は⾼いですが⻑い⽬で⾒た場合、他の⻭に負担をかけない最良の⽅法です。そしてインプラント治療の後は、インプラント周囲炎にならないように毎⽇のセルフケアに加えて定期的にメンテナンスを⾏います。インプラント周囲炎とは、インプラント周辺の組織が⻭周病に感染した状態をいいます。しかし、天然⻭に⽐べインプラントは炎症への抵抗⼒が低いため、⼀度細菌感染を起こすと⾻吸収(⽀えている⾻が無くなること)が急速に進⾏します。

定期的なメンテナンスにより、⼝の中を清潔な状態に保つことは、インプラントはもちろん、残っている⻭の寿命を伸ばすことにもつながります。
インプラントについてご質問などがありましたら、お気軽にご連絡ください。

お口の中の唾液の効果

福山市で矯正治療をしている河底歯科・矯正歯科の河底晴紀です。今日は院長に変わり事務局の河底が投稿します。

今回は、お口の中の唾液の効果についてお話します。みなさんは、唾液の効果についてどのようなイメージをお持ちですか?

私が初めて唾液について知ったのは学生時代の授業で、唾液に含まれる酵素アミラーゼがデンプンの分解をサポートし食べ物の消化を助けるというものでした。実は唾液にはその他にもさまざまな効果があるんです。

唾液は口腔内の3つの唾液腺から1日に1L1.5Lほど分泌されており、お口の中には常に2~3ml存在しているといわれています。普段は無意識に飲み込んでいますが、すごい量ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、唾液の効果について8つご紹介します。

1 お口の中を清潔に保つ

お口の中の食べ物のカスや口内細菌を洗い流しきれいにすることで、口臭や虫歯・歯周病を予防してくれます。

2 再石灰化作用

唾液に含まれるリンやカルシウムは歯の再石灰化を促し、虫歯菌によって溶けかけた歯を修復して強くします。

3 お口の中のpHを一定に保つ

お口の中pHバランスが酸性・アルカリ性に傾かないよう調整してくれます。

特に食事の後はお口の中が酸性に傾きやすく、酸性の状態が長時間続くと歯が溶けて虫歯になりやすくなります。唾液の効果でいち早く中性に戻すことで虫歯を防ぎます。

4 抗菌作用

唾液に含まれる酵素などの効果により、口から入ってくる細菌の侵入や増殖を防ぎます。

5 お口の粘膜を潤し、舌やのどの動きを滑らかにする

唾液が歯や粘膜を覆うことで、細菌による刺激や感染、歯の摩耗を防いでくれます。また、潤いによって舌や喉の動きがなめらかになり、食事や会話がスムーズになります。

6 飲み込みを助ける

かたくパサパサしたものでも、唾液と混ざることでまとまり飲み込みやすくなります。

7 消化を助ける

唾液に含まれる消化酵素アミラーゼがデンプンを分解し、体内に吸収しやすくします。

8 味を感じやすくする

舌にある味蕾(みらい)に唾液が味のもととなる物質を運ぶことで、食べ物の味を感じることができます。

上記のように、唾液はお口や体の健康を守るために大切な役割を担っています。

もしこの唾液の分泌量が減ると

・虫歯や歯周病が多くなる

・口臭がきつくなる

・体調を崩しやすくなる

・味を感じなくなる

・口内炎、口角炎になりやすくなる

・食べ物が飲み込みにくい

・会話がしづらくなる

など、さまざまな影響が考えられます。

唾液の分泌量が減る原因としては、生活習慣や環境(ストレス、口呼吸、不十分な口腔ケア、乾燥した室内など)、脱水、加齢に伴う機能低下(女性の場合更年期障害以降に見られがち)薬の副作用、疾患などが考えられます。

唾液の分泌を促すためには、まずは水分をこまめに取ることが大切です。

そしてよく噛むことです。しっかり噛んで食べることにより、唾液腺が刺激されよく唾液が出るようになります。食事はもちろんですが、虫歯を予防してくれる効果をもつキシリトールガムを噛むと唾液の分泌も促すことができるのでおすすめです。

また、笑う・話すことで表情筋を使うと唾液腺を刺激することができます。最近はコロナ禍でマスクをしていることや、人と会って会話をする機会が減っていることもあり表情筋が衰えることも問題視されているため、意識して使うことが大切になります。

さらには、唾液腺のある場所を軽くマッサージしたり、意識的に舌を動かすことも唾液の分泌を促すことにつながります。

もう一つ大切なのが「鼻呼吸」です。せっかく唾液が分泌されても、口を開けて呼吸をしているとすぐに乾いてしまい唾液の効果が十分に発揮できません。

唾液はお口と体の健康を守るためになくてはならないものです。まずはよく噛んで食事をしましょう。そして定期的なお口のメンテナンスにもお越しくださいね。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について日本矯正歯科学会よりお知らせしておくようにとの通達がありましたのでご案内致します。



① 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2 週間で慣れることが多いです。



② 歯の動き方には個人差があります。



そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。



③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重 要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。



④ 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まります ので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと 隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。



⑤ 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がること があります。



⑥ ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。



⑦ ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。



⑧ 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。



⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。



⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。



⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。



⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。



⑬ 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する 可能性があります。



⑭ 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。



⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物) などをやりなおす可能性があります。



⑯ あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。



⑰ 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になる ことがあります。



⑱ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

矯正後のリテーナー(保定装置)について

今日は矯正治療について書きたいと思います。

矯正の中でもきれいに並べた後の保定とその装置についてです。

保定というのはブラケットやワイヤーなどを使って歯をきれいに並べていき、移動した歯や顎骨をその位置と状態で長期間保持し、安定できる条件を整える処置のことです。

なぜこのような処置が必要かというと、装置を使って元々生えていた位置から力を加えて動かしても、装置を外し、フリーの状態にしてしまうと、歯は元の位置に戻ろうとまた動いてきてしまうのです。これを後戻りと言います。

矯正治療には必ずこの後戻りのリスクが付いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

この方は本来Uの字型のきれいな歯列に矯正されていたのが青丸の部分だけ少し歯列から

はみ出すような向きに移動してしまっています。

私の友人も「保定用のマウスピースをはめていなかったら隙間が出来ていた」といっており、みてみると前歯の間に隙間が出来ていました。

せっかく長い時間をかけてきれいに並べた歯でも後戻りはあっという間にしてしまいます。

なので後戻りしないようにつけておくリテーナー(保定装置)がワイヤーやブラケットにもまして重要なのです。

当院では固定式のものと取り外しできるもの二つのリテーナーを使って後戻りの防止をしています。

まずは、固定式のリテーナーです。

だいたいの場合、上下の前歯の裏のあたりにワイヤーを接着剤でくっつけて後戻りの防止をします。

かなり細めのワイヤーなので実際に付けた方もすぐ慣れて気にならなくなると言っていました。

 

 

 

 

 

 

もう一つは夜寝るときにはめてもらうマウスピース型のリテーナーです。

夜寝るときの姿勢(横向きとか)によっては歯列に横からの圧力がかかり、歪んでしまうこともあります。

そうならないために夜はめていただきます。

こちらもかなり薄めの素材で作っているので違和感なく使えるものです。

また保定装置を付ける側の方が気になるのはいつまでつけるの?という所だと思います。

このつける期間については先生ごとに様々な考え方がありますが、当院の院長の考えとしては、できるだけ長く!になります。

最初にも言ったように外すと後戻りのリスクが上がってしまうので、できるだけ長く、年単位での装着をお願いしています。

他にもリテーナーはたくさん種類がありますが今回は当院で主に使用しているものをご紹介いました。

ページの先頭へ戻る