超滅菌宣言!当院の滅菌システムは本気度が違います。

今回は当院が行っている感染対策、器具の洗浄と滅菌方法について紹介をしていきたいと思います。

歯科医院は唾液や血液を介してウイルスなどに感染しやすい場所なので、感染しないために患者さんごとに滅菌をした器具に交換をしています。

しかし、どの歯科医院でも患者さんに使用した器具は最終的には滅菌作業をしていますが、滅菌をするまでの工程は様々です。

当院では患者さんやスタッフの安心安全を考え、洗浄・滅菌作業を行っています。

<一般的な歯科医院での滅菌までの流れ>

①    手洗い・超音波で唾液や血液を落とす

②    器具をパッキング

③    滅菌器で滅菌

このように手洗いで器具を洗浄したり超音波で洗浄する歯科医院はよくあると思いますが、それだけでは汚れが残っていたり、先端が鋭利な器具が多いため洗浄中にスタッフが指を傷付けてしまうということがあります。

そこで、当院では滅菌をする前にドイツ製の「ミーレジェットウォッシャー」という洗浄器を使用しています。

ミーレ

見た目が大きいので業務用の食洗器みたいですよね。ですが、大きな違いがあります。

<業務用食洗器>

完全に汚れを取ることはできず主に油の汚れを取るためのものなので洗剤をいれて洗浄していきます。また、洗浄温度は60~70度、すすぎ温度は80~90度を基本にしています。

<ミーレ>

タンパク質を取るための洗浄器なのでタンパク分解用洗剤を使います。洗浄温度は55度ですすぎ温度は93度に設定されています。食洗器は油汚れを取るために熱湯を使いますがそれを器具に使った場合、器具に付着した血液やタンパク質の汚れは55度以上の高温になると凝固し、汚れが取れなくなります。

ミーレはISO15883(国際規格)に準拠した高性能洗浄器です。

血液や肝炎などのウイルスに汚染されている可能性のある器具に用いることができる消毒レベルの洗浄器です。

循環水量は毎分500ℓで水流がすごいので器具の細かいところを消毒・洗浄・乾燥をしてくれるこの洗浄器が当院では毎日大活躍です。滅菌をする前にどれだけ洗浄ができているかが重要なのです。

洗浄が終わったらクラスBオートクレーブで滅菌を行っています。

オートクレーブはクラスB・クラスS・クラスNに分類されています。

特にクラスBはヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格をクリアする高度なオートクレーブです。機械の中で真空状態をつくり、次に高圧高温蒸気を細かいところまで吹き入れることにより滅菌を行います。

ちなみにこちらが当院の洗浄から滅菌までの工程です。

①    血液のついた器具は超音波で洗浄

②    器具は水につけて汚れを落としやすくしておく

③    ミーレジェットウォッシャーで洗浄

④    器具をパッキング

⑤    滅菌器に入れて滅菌(クラスBオートクレーブ)

私たちも患者さんにより良い治療を受けていただけるように洗浄・滅菌に力を入れています。

当院では患者さんごとに紙コップ、エプロン、グローブも使い捨てのものを使用し、治療するときは滅菌パックを患者さんの目の前で開けるので滅菌したての器具を使用しています。来院された患者さんに安心して治療を受けていただけます。

ミーレがあるかどうかでその医院の滅菌への本気度がわかると言えます。当院は妥協のない衛生管理を行っています。

徹底比較しよう!インプラント・ブリッジ・入れ歯


歯科衛生士の吉岡です。

今日は、歯がなくなったときの選択肢として、ブリッジ・インプラント・入れ歯をわかりやすく徹底比較してみたいと思います。

歯がなくなったとき、皆さんはどう思われますか?

歯がなくなって再生する!と思われていた患者さんに遭遇したことがありますが、永久歯は失ってしまうと、二度と取り返すことはできません。

1本くらいなら抜けてもそんなに問題がないでしょう?」と思う方もいるかもしれません。しかし、抜けてしまった分だけ、噛む力は確実に弱くなります。

また、歯はお互いに支え合っているので、1本でも抜けてしまうと、隣り合う歯やかみ合う歯にも影響が出てきます。

そのため、歯が1本でもなくなったら、何かの方法で歯を補う必要があります。

そんなとき、3つの方法があります。

1つ目はインプラントです。

インプラントの良い点は、顎の骨に埋入するのでしっかりと固定できることです。

また、残っている歯を削ることはないので他の歯には負担がかかりません。

見た目もよく、他の歯と同じように咬める力を持っているので硬いものや食べ物がおいしく食べられるといわれている患者様が多くいらっしゃいます。

インプラントは保険外治療なので確かに高額にはなりますが、自分の歯を140万程度で再生できると思えば、お金をかける価値はあるでしょう。1本の歯だって、ものすごく価値があるのです。あなたの指が1本とけてなくなったのが1本40万で再生できますよ、と言われたら、迷わず、治療をしませんか?

ただし、顎の骨が細かったり、骨がなかったりする方には、インプラント治療はできません。また、抜歯程度とはいえ、外科手術に耐えられるだけの体力がないと無理ですし、全身疾患がある方・骨粗しょう症のお薬を長期にわたり飲まれている方は、治療できないことがあります。

インプラント図

2つ目はブリッジです。

ブリッジは、抜けてしまった部分の両隣りの歯を土台にして、ひとつながりになった人工の歯を入れる治療法です。その状態が橋を架ける様子に似ていることから、ブリッジと呼ばれています。

ブリッジは入れ歯のように取り外しできるわけではありません。
土台となる歯に、歯科用接着剤でしっかり固定されています。そのため、生まれ持った歯とほぼ同じように噛めますし、普段はブリッジが入っていることを意識することもありません。

ただ、ブリッジを入れるためには、土台となる歯を削る必要があります。歯の上にそのままブリッジを取り付けたのでは、その部分だけ高くなって噛み合わせが変わってしまうからです。

一般的にブリッジでは、土台となる歯を削る量や、土台となる歯の本数が多ければ多いほど、しっかりと固定できます。でも、土台にするために健康な歯を削らなければならないことに、抵抗感を持つ人も多いかもしれません。

ブリッジ図


3つ目は、入れ歯です。

入れ歯は、大きく分けて総入れ歯と部分入れ歯があります。

入れ歯を入れる目的は、形態(審美性など)と機能(咀嚼、発音など)の回復、お口の中を安定した状態に保つことにあります。

歯を削除量はブリッジほどではありませんし、取り外しができるので手入れが簡単です。

欠点としては、入れ歯をしていると、お口の中で合わなくなってきて痛みを伴うことがあったり、咬む力が健康な状態と比べて、20%から40%くらいになります。

また、異物感もあり、発音しにくいことがあります。


安定性や審美性、咬合力など総合的にみてみますと、やはり一番長く使っていただけるのは

インプラントということがわかりますね。

しかし、長持ちさせるためには、ご自身による毎日の歯磨き、当院で行っているメンテナンスが重要になってきます。

補うものにはそれぞれ利点と欠点がありますので、よくお考えの上、治療方法を決めてくださいね。

本年もよろしくお願い致します

あけましておめでとうございます。
今年は5日から仕事を始めました。
産休中だったスタッフも戻ってきて
スタッフ一同、新たな気持ちで歯科医療を
提供していきたいと考えております。
本年もよろしくお願い致します。

今年を振り返って

今年もまもなく終わろうとしています。
前回のブログ更新から2か月以上が経過しておりましたが、
毎日が矢のごとく、過ぎていきます。

1年を振り返り、私にとっては人生の岐路となる意義のある年となりました。
4月に父から医院を継承し「河底歯科・矯正歯科」がスタートしました。
医療技術は日進月歩で進化しており、それに対して常にアンテナを張り、
良いと思える技術や材料、道具があれば導入して
患者さんに最良の治療を提供したいという気持ちでいろいろなことに取り組んできました。

既存のものを変えるにはとてもエネルギーが要ります。
講習会に行って最新の治療技術を習得し
今まで行っていた自分の技術を見直した上で、
新しい技術導入のために必要な道具および材料を購入して治療を行ってまいりました。

当院を選んでお越しくださる患者さんの存在があって、より進歩していけるのだと感謝しております。

来年も「河底歯科・矯正歯科」では、自分が受けたい治療を提供できる歯科を目指し、スタッフ一同、精進してまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

最後に今年1年がんばって働いてくれたスタッフ、材料・技工など仕事を一緒にしてくださる関係者の方々に本年の御礼を申し上げます。

みなさん、良いお年をお迎えください。

歯が生えた!

歯が生えた

うちの子どもに歯が生えました。
最初に生えてくる歯は、写真のように下の前歯です。
笑うと2本の歯がニョキッと見えます。

まもなく1歳になりますが、歯みがきは当然無理なので
ガーゼで軽く拭いてあげるような感じでOKです。

食べることが大好きな◯◯ちゃん。

虫歯にならないように、気をつけねば。。

1 / 3123
ページの先頭へ戻る