こんなところに歯が?!娘の矯正

こんにちは。いよいよ今年もあとわずかになりましたね。事務局の河底です。

夏休みから小学3年の娘が矯正治療を開始しました。

最近の子供は、食事がやわらかめのものが多く、昔に比べて栄養価の高い食事をする傾向があるため、歯が並ぶ歯槽骨が小さく、歯自体は大きい子供が多いです。うちの娘もこの例外ではなく、歯槽骨が小さく歯が大きいのでおしくらまんじゅう状態となり、前歯の1本が押し出されて奥に生えています。前から見ると、歯がないみたい・・・。8月の写真をご覧くださいね。

子供の治療は、院長が診断により様々な装置を用います。娘の場合は、局所的にブラケットと言われる装置をつけました。大人の矯正治療にも用いられるオーソドックスな装置ですね。

この奥にひっこんでしまった歯を前に出すためには、その歯が収まるようにぎゅうぎゅうに並んでいる歯のどこかにスペースをつくってあげないといけません。今は、このスペースを作っている状態です。

最初の状態では、並びきれなくて奥側に押し出されている状態ですが、まず隣の歯を左右に動かしてスペースを作り

スペースができたので、奥の歯を今は前に出している状況です。やっぱり並びきらないだけあって大きいですね。

 

これで、一安心・・・前よりも少しは磨きやすくなったなと思っていたら

娘が「大変だよ。すごいところから歯が生えてきた!!!!!」と。

どこどこ〜?と呑気に娘の口の中をみてみると、ありえないところから永久歯が!!!!

普通、混合歯列の歯は下から永久歯が生えて押し出してくれることにより、自然と乳歯が抜ける仕組みになっています。混合歯列のレントゲンはこんな感じです。面白いですよね。

 

今まで何人も「すごいところから永久歯が生えてきたんです!」というお母様たちの声を聞いても、大丈夫大丈夫、矯正すればちゃんと治るんだから、と冷静に話を聞いていたのですが・・・こんな生え方?!とさすがの私もびっくりしました。でも、最終的にはきれいに治りますから、今できることをしていくしかないですね。生え始めの歯は特にむし歯になりやすいのでこんな変な位置に生えてきた歯でも大切に磨かないといけません。

 

ところで長男と次男は、それぞれ5歳と3歳なのですが、さしすせそがおかしい。何回直してもしゃししゅしぇしょ!となります。

見ていると必ず、発音の際にベロを上下歯列の間にこまめに入れています(笑)。英語のTHのような発音の仕方ですね。まあ、この発音もずっと続けば問題ですが、気長にみていきます。こんなことで一喜一憂していたら身がもちませんので(笑)、あまり神経質にならずできることだけしていきます。

時々、舌癖のある大人の方に会うと、自分の子供は治してやらないといけないよなあとは思いますが、子育ては気長に根気よくです😆

矯正治療をすると人生が変わる?!~芸能人の歯並びにみる

矯正治療をすると人生が変わると書かせていただいたことがあります。

一体何が変わるの??

矯正を考えている人、矯正をまだしていない人は思いますよね。

矯正をした人はよく分かると思います。

芸能人の浜辺美波さん、おぎやはぎの矢作さんが矯正をされたのはご存じですか?

浜辺美波さんは八重歯がありました。下の歯もガタガタと歯並びは良くなかったのです。

浜辺美波さんは歯の裏側にブラケットをつけて矯正されたようです。裏側矯正のため矯正治療中は滑舌が悪かったみたいです。しかし矯正後は口元がすっきりして洗練された女性のイメージになりました。

歯の矯正治療をすると顔のゆがみも矯正されます。

次は矢作さんです。矢作さんは矯正治療を堂々と自信のラジオ番組で公表されており「矯正界のアイドル」と言われています。矢作さんは二重歯列でした。そのため矯正治療も時間がかかると言われていました。

二重歯列は歯磨きが非常に難しく虫歯、歯周病にもなりやすいのです。噛みあわせも悪くなるというリスクがあります。顎が狭く歯が並ばず2列になっている状態です。

二重歯列は放置すると顎関節症になるリスクも非常に高いのです。

矢作さんの矯正治療は3年かかったそうです。

矢作さんは見た目だけではなく今後起こる可能性の高いリスクも軽減できました。

以前のブログで書かせていただいたのですが八重歯をかわいいと思うのは日本人だけなのです。歯列矯正は海外では当たり前のことで八重歯をかわいいという観念はないのです。むしろ、ドラキュラなど不吉なイメージなのです。

八重歯のおばあちゃんは見ないですよね。

また犬歯誘導という専門的用語がありますが、安定した正しい噛み合わせができているかどうかを判断する大切な要素の1つが、犬歯誘導です。八重歯のことを専門用語で犬歯というのですが、飛び出た八重歯を見た目だけのために抜歯することは長期的にみて、とても残念なことです。長い目で見た時に噛み合わせのバランスが崩れるので、どうか大切な八重歯を抜歯しないでください。

 

日本は、世界でも長寿大国となり、人生100年時代と言われるようになりました。しかしながら、最後まで元気に生活できている人は少ないです。私達の目標は、最後の10年を寝たきりで過ごさないためにも、1本1本の歯を大切にしていきましょうということです。歯並びを治して見た目も噛み合わせも改善できれば、将来的に歯を失う可能性はぐっと少なくなります。大人の方の矯正治療はおよそ2年です。長い100年のうちの2年と思えば、期間の壁は乗り越えられるのではないでしょうか?

矯正治療のインプラントアンカーとは?

最近涼しくなってきて外に出やすいいい時期になってきましたね。

と、いうことで今日は矯正治療のお話をしていこうと思います。

矯正治療に興味がある人に読んでいただきたい内容です。

矯正も色々な方法があり奥が深いと私も実感しています。

インプラントアンカーってきいたことありますか?

顎の骨にネジを植え込んでそれ固定源として歯を移動する方法です。

ネジを植え込むと聞くとこわいと思いますので説明していきますね。

インプラントアンカーのメリット

1.一度に歯の移動ができ効率的に歯を動かせるので治療期間を短縮できること。

2.従来は前歯を大きく動かすためにヘッドギアなどをかぶらないといけない症例もかぶらなくてもよくなったこと。

3.歯を抜かなくていい症例もたくさん出てきたこと。

4.抜歯したスペースを利用して前歯を後ろに下げたいとき常奥歯も前に出るものですが、インプラントアンカーにより奥歯が前に出なくなったこと。

 

矯正終了後、インプラントアンカーは除去しますので安心してください。除去のときも痛みはあまりないと思います。抜いたあとも穴は目立ちませんし骨も数カ月で元に戻ります。

デメリットは

1.アンカースクリューを入れるために抜歯程度の外科処置が必要になること。

2.中には骨の性質によりうまくくっつかない方もいること。そのためアンカースクリューがぐらぐらする可能性、脱落することもあります。その時は打ち直しもします。

当院では、インプラントアンカーを入れたほうがきれいに治る、治療期間が短くなるなど患者様にそのほうがよいと思う場合には院長が事前に説明し、行っております。

 

歯科矯正も日々進化しており患者様の負担は軽くなってきていると思います。

当院のいいところは、院長は広島大学院の矯正科をかれこれ20年前に卒業していますが、その時のままの治療法で今もやっているわけではなく、最新最良の材料・技術を駆使することを常に継続して行っているということです。

現場でたくさんの人の矯正治療の様子を診てきましたが痛みが少ない方がほとんどです。歯が動くときは多少の違和感があると思いますが矯正終了後の笑顔が皆様最高に輝いておられます。

私たちは皆様の笑顔をみるととてもうれしいです。この笑顔を見ることで毎日エネルギーもいただいています。確かに、費用も時間もかかる歯科矯正ですが、当院では低価格で、患者様に負担の少ない矯正治療を行っています。ぜひ、楽しく矯正ライフを送ってください。

 

歯並びは見た目だけのもの?!

歯科衛生士の佐藤です。

日本人は欧米人と比べて矯正に対する認識が低いと言われていますが歯並びを治すことが見た目だけのものと思っている人が多いからかもしれません。

実は、歯並びを治すことは、見た目だけの問題だけではなく、

・しっかり咀嚼ができるようになる

・磨き残しリスクが減ることにより、歯周病菌が減る

・歯周病菌は全身疾患を引き起こすと言われているため全身疾患への予防になる

など、機能面のメリットもたくさんあります。

そこで最近の子供の歯並びですが、「小さい顎に大きな歯」これがますます顕著になっています。

 

食事の栄養状態や食べるものの変化により「小さい顎に大きな歯」となるわけですが、これに加えて子供ころからの姿勢・食べ方・呼吸の癖なども歯並びに影響していると言われています。

 

いったいどんなことが歯並びに影響を与えているのでしょうか。予防で歯並びがきれいになるならそのほうがいいですよね。

是非世の中のお母さま方に知っていただきたい情報です。実は、赤ちゃんへの母乳の飲ませ方からもう歯並びへの影響はスタートしているんですよ。

 

①母乳の飲ませ方・姿勢

 赤ちゃんはミルクを飲みながら口のまわりの筋肉を鍛えています。

 おっぱいをしっかり吸う、深くくわえることで口の周りの筋肉や噛む力や正しい飲み込み方を身に付けているのです。

 そして赤ちゃんが鍛えているときに大切なのは授乳の姿勢です。

 一番大切なのは赤ちゃんが飲みやすい姿勢です。

次に大切なのは横向きで背中を丸めた姿勢での授乳することです。

 これが逆に首がのけぞった状態、顎が上がった状態だと口の中では舌が下がった状態になっています。

 この状態だとおっぱいをしっかり吸うことも深くくわえることもできず、口の周りの筋肉が鍛えられません。

 また、この姿勢が癖になると口呼吸や歯列不正の原因になります。

②食事の仕方

食の欧米化により軟らかい食事が多くなっていることや

子供が食べやすいように食べ物を小さく切ってあげている影響から

最近の子は硬いものを噛むこと、食べ物にかぶりつくことが少なくなっています。

そのため最初に言ったように顎の発達が不十分で歯が顎に並びきらず歯並びが悪くなることがあります。

子どものために食べ物を小さく切るのではなくちょっと大きくしたり、硬いものを食べさせる方が子どもの顎の発育には良いでしょう。

 

③口呼吸の悪影響

歯並びは内側(舌)と外側(唇や頬)から押される力のバランスで決まります。

鼻呼吸ではなく口呼吸をするのが普通になってしまうと、口がずっと開いた状態になってしまいます。

そうなると外側からの力が弱くなり出っ歯になる傾向にあります。

口呼吸をしていたら「お口をとじようね」と促したり、そもそも慢性的な鼻炎が原因で鼻呼吸ができないと言うことであれば耳鼻科の受診も必要です。

口呼吸はお口が乾燥してばい菌がすみやすい状態になったり、口元が出てくる原因になるんです。

 

このように子供のころからの癖なども歯並びに影響しているんですね。

 

更に、歯並びが悪いと全身にも影響があります。

歯がデコボコに並んでいると一生懸命磨いても歯垢が残っていることが多いです。

その磨き残しの中の細菌がむし歯や歯周病を引き起こします。

セルフケアだけではなく歯科医院でプロフェッショナルケアで発症・進行を予防することが必要でしょう。

 

そして噛み合わせが悪いことから食べ物がちゃんと咬めず胃腸に負担がかかったり、

特定の言葉(サ行・タ行・ラ行)が発音しにくかったり、顎関節症を誘発することもあります。

 

歯並びは遺伝だけでなく子供のころからの癖や呼吸の仕方、母乳の飲ませ方なども原因になるんです。

小さい頃から気を付けてみていたら不正咬合を早期発見・早期治療に繋がるかもしれません。

皆さんも周りの子どもたちの癖や呼吸の仕方に気をかけてみてください。

それが不正咬合予防の第一歩になるかもしれません。

小学3年の娘も矯正治療を開始しました

事務局の河底です。夏休みが終わりほっとしています。食事の支度、習い事の送迎、宿題の管理・・・。もうへとへとです。今年の夏はまさしく災害なみの暑さで、毎日ほんとうによくがんばりました!

9月から、小学校・幼稚園が始まり最高に嬉しいです。

さて、小学3年生の娘、歯が大きく、前歯が並んでいないのが気になっていました。最近のお子様は栄養価が高いので一つ一つの歯が大きい傾向にあり、昔の食事に比べ咀嚼が少ないやわらかい食事が増えたので顎の骨は小さい傾向にあります。結果、おしくらまんじゅう状態となり、並びきらない歯が外に押し出され、ガタガタになります。

娘の場合、小さい時から過蓋咬合(上の前歯が下の前歯に深く多いかぶさっている状態)気味でしたがフッ素塗布しながら経過観察をしてきました。

まだ混合歯列期といって永久歯と乳歯が混在している状態なのですが、現在の問題は

・笑ったときの歯並びがガタガタ(前の2番目の歯が奥に生えているので歯がないように見えると友達にいわれる、と本人も気にしておりました。)

・歯磨きがしにくい

ことです。

1期治療において、当院では大学病院のように様々な装置を用います。

FKO、拡大床、舌の位置を正しく整えるためのトレーナー、ヘッドギアーなどです。

お子様は現在たくさん来院されておりますが、本当に使用する装置は様々です。娘の場合は拡大なのかなーと思っていたら、写真のように一部にブラケットという装置をつけました。

私は15年くらい前に成人矯正を他院でしましたが、はっきりいってすごく痛かったです。娘にどう?と聞くと、

調整の最初の日はちょっと痛いかなあーというくらいでつけた日から2、3日すると痛みはないようでした。一般的に子供の時から矯正治療を始めると、

●成長途中であるため、歯が移動しやすい
●歯を抜かない治療の可能性も高まる
●歯を支える歯肉、歯槽骨が順応しやすい
●顎と歯のバランスのとれた成長が期待できる

というメリットがあります。

確かに、1期治療からですと通う期間はトータルで長くなりますが、月に1回(経過によっては2、3ヶ月毎)の通院ですし、費用面からいっても当院は着手料金を1期・2期に分けており、大人になって始めるより費用の分散化も可能です。(分割支払いは大人・小児とも可能ですが、医療費控除的には足切り額というのがあるので、税金をたくさんお支払いの方はまとめた支払いの方がお得の方が多いでしょう。)

また当院の場合、 セルフライゲーションというブラケットを使用しており、摩擦抵抗が従来のものに比べて格段に少ないです。摩擦抵抗が少ないということは、自転車に例えるとブレーキをかけずにすいすい自転車がこげる状態です。

以前当院で使用していた装置に比べ、ブレーキがかからないので痛みも少なく、治療のスピードも早いということです。

親としては、子供に痛みの負担がないということはとても嬉しいです。

また舌癖のあるお子様もいらっしゃいますね。

娘の場合にはないのですが、そのまま放っておくと大人になっても俳優の桐谷健太さんや今でしょ!の林修先生のように舌ったらずな喋りをすることになります。

桐谷健太さんは前よりはいいですが、大人になってこの癖を治すのは大変ですよね。

当院ではMFTという口腔筋機能療法も行なっております。

矯正治療を体験した私の個人的な意見ですが、人生いろいろイベントがあります。高校卒業、大学卒業、社会人デビュー、結婚・・・。いろいろライフイベントで写真を残したり、出会いや別れがありますが、その折々において歯並びを直しておいてよかった!とおもうことはたくさん出てくるでしょう。

娘にもこれからいろんなライフイベントがある中で常に笑顔でいてほしいなと思います。

 

 

1 / 512345
ページの先頭へ戻る