トリートメントコーディネーターの矯正日記2回目

こんにちは

トリートメントコーディネーターの重森です。

寒くなってきましたがみなさんはどうお過ごしですか?

わたしの矯正治療手記の第2弾です。

私の場合、顎関節症があり、まず、顎関節症の治療のためのスプリントというマウスピースを装着することから始めました。

顎関節症とは、口を大きく開いた時に痛みを感じたり、口を大きく開けなかったり、口の開閉時に音がしたり、という症状のことです。

私には歯ぎしり食いしばりという癖があります。

常に顎がだるい・・・。

私の場合は、顎が噛みたいところでは噛めておらず、歯が噛みあうところで噛んでいるとの事。

顎にとっては、「そこで噛みたくないのに、歯があるから噛むしかないか・・・」という渋々噛んでいる状態だそうです。

スプリントは咬む面がツルツルになっています。これはスプリントが吸収してくれているからですが、顎にかなりの負担がかかっているということです。

 

それを片顎にはめることで、もう片方の顎は歯列を気にすることなくストレスフリーで噛むことができます。

簡単にいいますと顎が噛みたい位置で噛むことができるのです。

これでしばらく、顎が本来ならどこで噛みたいのか?ということを模索していきます。

スプリントは通常、上顎にはめることが多いのですが、私の場合、噛み合せの関係で、下顎にはめる事になりました。

はめた当初は違和感でしかなく・・・。

しゃべるのも一苦労・・・。

しゃべることどころか、唾を飲み込むのもどうやったら良いのか分からない始末でした。

口の中に異物が入るって、こういうことなんですね。

しかも、異物感があって気になってスプリントをがりがりと噛んでしまいます。

何度か調整をしてもらって、そうこうしているうちに、だんだん慣れてきました。

仕事中、寝ている時は常に入れています。

朝、起きると少し顎が楽な感じがします。

先ほども言ったように、私には歯ぎしり食いしばりの癖があるので、特に朝起きると顎がだるいんですよね。

それがスプリントをすることで少し緩和しました。

今ではだいぶ慣れてきて、周りのスタッフからも、喋り方に違和感が少なくなったと言われます。

つけた当初は話しづらくて、とても舌足らずな話し方になってしまっていました。

慣れるって不思議ですね。

ただ、スプリントをがりがり噛むクセはいまだにありますが・・・。

スプリントを付け続けること3ヶ月。いよいよ次にステップへ行くことになりました!

次は、臼歯部にバンドと言われるものを付けてそれにパラタルアーチという矯正器具をセットしていきます。

さて、そのお話は次にブログで・・・!

お楽しみに!

私、矯正、始めます!トリートメントコーディネーターの矯正日記

こんにちは。
トリートメントコーディネーターの重森です。

暑かった夏も終わり、めっきりと秋めいてきましたね。

コロナの影響でアウトドアが流行る昨今、私は登山にはまりました。

しんどい登り道を歩く中で、まるでオアシスのように咲く山野草を夢中で写真に収めつつ、

ハアハア言いながらも山頂に辿り着いた時の爽快さ!食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・・
いろいろな秋の楽しみ方がありますが、あなたはどんな秋をお楽しみでしょうか?

さて、今回のテーマは“私の矯正治療”です。

・・・私、矯正、始めます・・・!

思い起こせば、小学生の頃から八重歯が気になっていた私。
写真の中でニコッと笑顔の私の口元は、八重歯のせいでまるで歯がないように見えるのです。
更に、何となく笑った時の口元が歪んで見える・・・。

それが気になって、大学の謝恩会の写真はすべて歯を見せなかった記憶があります。
写真に写る時だけは口角だけ上げてニコッとして。
せっかく綺麗に着付けをして記念に残る写真なのだがら出来るだけ歯は見せないようにしようと、ほぼ無意識に・・・そうしていました。
その時の写真を見返してみると面白いくらい、どの写真にも口角だけを上げた笑顔の私が写っています。

社会人になり、社内でプレゼンをした後で先輩から、
「笑う時に、なんか笑いきれていないよね?遠慮して笑っている感じがする」
と言われました。
その時は「プレゼンで緊張しているから・・・」と思ったのですが、
あとから考えると、無意識に歯を見せずに笑おうとしていたのかな?と思いました。

しかし、これだけ口元が気にはなっていても、私の中に「歯列矯正治療」という考えは微塵も浮かんではこなかったのです。
なぜかというと、「歯並びが悪い」とは思っていなかったから。
「八重歯」という言葉は知っていましたが、それが「歯並びが悪い」ことが原因とは知らなかったからです。
「八重歯も生まれつきで仕方ないか・・・」としか思っていませんでした。
ようは「生まれつき一重だから」「生まれつき鼻が低いから」「生まれつき背が低いから」という類の「生まれつき八重歯だから」という捉え方だったんです。

歯並びが悪い、ことに気づいたのは、もちろん、この業界に入ってから。
この業界とは“歯科”のことですね。

当院に就職して、周りのスタッフに「歯並びが悪い」ことを指摘されたり、歯科について勉強をする中で、「あれ、私の歯、このままでは大変なことになるのでは・・・?」と思い始めたのです。

そして勇気を出して院長に「私の歯並びってどうなんですか?」と聞くと、衝撃のひとことが・・・。

「おばあちゃんになった頃には歯は無くなっているかもね」

・・・それで、わたしは、矯正を始めることにしました・・・

詳しくは、当院の八重歯のおばあちゃんはいないというブログを見て下さいね。

この際なので、これも以前から気になっていた、
笑った際に奥のほうでキラッと鈍い輝きを放つ、
・・・銀歯・・・
これもセラミックに替えてしまおうという治療計画をたてています。銀歯は、当院のブログでもお伝えしていますが、

・歯茎の変色(黒ずみ)

・二次むし歯ができやすい

・プラークがつきやすい

などの問題があります。

今後、この場を借りて「矯正治療の実況」をお伝えできれば良いな~と思っています。

今、私は登山でいうところの、登山計画書を書いて登山口に立ったところです。
これからどんな景色が見えるか、どんな難所が訪れるか、その先にあるゴールはどうなるのか・・・。
(私にとっては)未知の世界への少しの不安と大きな期待とを背負って、“河底歯科・矯正歯科”というチームで“矯正治療”という山に登っていきます!
(少々、オーバーな言い回しになったことは笑ってやってください)

あなたも、もし口元のことで悩みがあったら、ぜひ私たちにご相談ください。
私のように「生まれつきだから仕方ないか・・・」と思っていることも、もしかしたらどうにかなるかもしれません。
「案ずるより産むがやすし」という言葉があるように、歯並びのことで悩んでいらっしゃったら、まずは当院にて矯正相談を受けてみられてはいかがでしょうか。

お気軽にご相談くださいね。

 

私の現状の口の中です。八重歯があり、噛み合せが深く、全体的にでこぼこ。

正中(真ん中)もずれています。

さて、これがどんな風に変わっていくのか、楽しみです!

娘の矯正治療経過

娘の矯正治療経過です。一時的に装置はつけていた時期はありましたが、就寝時に装置はつけておらず、3ヶ月ごとにフッ素塗布をしている状態です。右下(写真では左下)に思わぬところから永久歯が生えてきましたが、適切な時期に乳歯を抜いたことで永久歯がきれいに歯列に入ってきました。

先日、大人になってから矯正した友人に、並べるのは永久歯なんだから全部永久歯になってから矯正したほうがいいんじゃないの?1期治療はなんの意味があるの?と質問されたのですが、1期治療と2期治療は目的が違います。

1期治療の目的は顎の骨の成長と歯の生え変わりを考慮しながら永久歯が生えやすい環境を整えてあげること、2期治療の目的は永久歯をきれいに並べてしっかり噛めるようにすることです。

永久歯になってからでは、スペースがない場合は抜歯矯正になるかもしれません。

また先日、1期治療が終わり2期治療にすすんだ方のお写真です。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝るときにFKO(エフカオー)という装置を頑張っていれてくれた成果がよく出ています。

1期治療は基本的に就寝時に装置をいれていただいたり、MFTといって口腔筋機能療法というトレーニングをしたりしますがご家庭の協力があってのことです。お子様が寝るときに装置を入れるのを嫌がるのであれば永久歯になって矯正治療を始めるのも一つの考えかもしれません。

一つの目安として8歳とかきましたが、お子様自身が歯並びをよくしたいと思う気持ち、装置を入れて治すことに理解できる年齢が、ちょうどゴールデンタイムだと思います。

また、2期治療(成人矯正)のゴールデンタイムは中学入学くらいでしょうか?12歳臼歯が12歳前後で生えますし、顎の骨はまだ軟らかく、成長を続けています。

大学入学前にかけこみで矯正治療をしたい!という人が多いですが県外に出られるお子さんもいらっしゃいますのでお子さんの2回目のゴールデンタイムは中学生くらいと考えて気になることがあればお早めに相談にお越しください。

 

 

歯牙腫の症例

事務局の河底です。最近矯正相談に来院されたお子様で歯牙腫の症例がありました。

歯牙腫とは歯を作っている組織のエナメル質や象牙質、セメント質の一部または全部が増殖してしまい発症する混合性の歯原性腫瘍です。

歯牙腫ができるのは10代~20代に多いと言われています。この症状が進行すると周りの歯が圧迫されてしまいます。赤い丸が歯牙腫です。

 

ところでみなさんは去年インド南部のチェンナイで歯が500本以上埋まっていて摘出した話をご存知でしょうか?

以下CNNニュースより抜粋します。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35140784.html

ニューデリー(CNN) インド南部のチェンナイで、あごの痛みを訴えて病院を受診した7歳の男の子の口の中から526本の歯が見つかり、医師団が摘出手術を行った。

男の子は下あごの右側に腫れや痛みがあり、チェンナイの歯科大学病院に先月入院した。

同病院の医師がCNNに語ったところによると、男の子のX線検査などを行って診察した結果、「異常な歯」が大量に入った嚢(のう)が見つかった。

医師団は先月、男の子の口から嚢を摘出する手術を行い、続いて4~5時間かけて嚢の中から全ての歯を取り出した。

「歯は0.1ミリ~15ミリのものが全部で526本あった。最も小さい歯でさえも歯冠と根とエナメル質があった」と医師は話している。

男の子は手術の3日後に退院した。歯は健康な状態の21本に戻り、完全回復が見込めるという。

医師によると、今回の症例は複合性集合歯牙腫と呼ばれる極めて珍しい症例だった。原因は不明だが、遺伝や放射線など環境による影響の可能性が考えられる。

両親は、男の子が3歳だったころからあごの腫れに気付いていたが、男の子がじっとしていないので医師の診察も受けられなかったと話しているという。

今回は、なかなか歯が生えてこないお母さまが心配されてこの歯牙腫が見つかりました。

この摘出手術は当院ではできないのですが大きい病院の口腔外科で全身麻酔の上することになります。

不安に思われることがあればご相談に来院していただければと思います。レントゲンを撮ってみないとわからない病気もあります。今回はお母さまがお子様の異変に気づかれ、早期の対応ができてよかったです。

コロナウィルスでマスクを常につけている状態が長く続き、口腔内環境が乱れている方が多いです。

実は私もマスクをしているし、今回は磨かなくてよいかなという気持ちになったことがあるのも事実です。歯磨きの状態が悪く、歯茎に炎症が出て痛みが出る方、虫歯が大きくなっている方が受診されていますがこのような時だからこそ、みなさん、歯磨きもがんばっていきましょう。

緊急事態宣言は解除されましたが当院ではまだ全ての出入りされる患者様に問診票の記入と検温を行っております。ご協力お願い致します。

矯正治療中に装置が取れた時には〜当院は日本矯正歯科学会の認定医常駐です〜

こんにちは。さて、今日は矯正装置(ブラケット)、ワイヤーがなぜ取れたり外れたりするのかお話したいと思います。

矯正装置にもいろんなものがあり、また人によっても歯の使い方や口の動かし方が違うので、外れてしまう原因もさまざまです。なかでも多いとされているのは、固いものをかんだ時、運動などで食いしばったりした時が患者さんで多いです。

矯正装置の中でも最も外れやすいとされているのがブラケットです。

矯正装置は他のかぶせとは違うので、治療後の外す前提でつけています。『取れにくく、外しやすい』という絶妙な強度でつけているのです。100%外れなくすることはできません。

噛み方の癖や食べるもの、歯磨きの仕方が原因となっていることもあるので、矯正治療中は患者さん自身の生活も見直すことも大切です。

外れにくくするためにいくつか紹介していきます。

  1. 食べ方・噛み方に注意

強い力が加わることによって外れやすくなります。食事をする際には固いものは避けたり、もし食べる場合は小さく切って噛みやすいようにしてから口の中にいれてください。

      2.食べ物に注意

リンゴや、お肉などは気をつけましょう~!

最初のうちはワイヤーも細く動きやすいので奥の粘膜にあたって傷ができたりします。また、キャラメルやお餅、粘着性の高い食べ物は装置にくっつきやすく、はずれたり磨き残しにつながるのでさけることをお勧めします。

      3.触りすぎないように注意

矯正を始めたばかりの頃は、お口の中に装置があるのに違和感があるので気になって触ってしまうかもしれませんが、触り続けると外れたり折れたりするので意識をして触らないようにしましょう。

また、装置が外れやすい代表的な理由として、金属、セラミックの被せ、フッ素塗布した歯、唾液が多い人、噛み合わせが深い人、固いものをかんだりしたら外れやすいです。

装置が外れたらそのまま放置するのはやめましょう。一見問題ないようにみえても、矯正装置は絶妙な力加減で動かしているので、装置が正しく機能してないと綺麗な歯並びになるまで長い時間がかかってしまいます。また、せっかく動いてきた歯が後戻りしてしまう可能性もあります。自己判断でそのまま放置しないでくださいね。

ワイヤーも最初のうちは細いので固いものをかむと動いで奥の粘膜にあたって傷になってしまうこともあるので、そのときも我慢せずに連絡してきて下さいね。

当院の場合、院長が日本矯正歯科学会認定医であり、診療日はいつでも対応可能です。また4月より20年以上の歯科医師経験をもつ女性歯科医師(院長の妹)も当院に入職致します。

 

最後に矯正治療中の装置の周りは食べ物が挟まりやすく汚れが付きやすいのでしっかり歯磨きして、虫歯ゼロを目指しましょう!

1 / 812345...last »
ページの先頭へ戻る