あなたのお子様は大丈夫ですか?お口ぽかん①

最近、子供さんでお口があいている子が増えているように思います。

環境の変化のせいでしょうか、花粉症やアレルギーの子、鼻炎の子が増えており鼻がつまっている子が多く口呼吸になっている状態です。診療するときも鼻がつまっているかなど確認して行っています。鼻がつまって口呼吸になっている場合と、口腔周囲筋の未発達によりお口が閉じにくいこともあります。今日は赤ちゃんのときから口の周りの筋肉をつけて将来鼻呼吸がしっかりできるようになるための習慣についてお話したいと思います。

生まれてから赤ちゃんは母乳をのみます。母乳が出にくいお母さんもいると思います。この場合は哺乳瓶を使ってミルクを飲みます。

 

 

 

 

哺乳瓶の乳首は柔らかい物だと少しの力でミルクを飲むことができてしまいます。

そのため口の周りの筋肉の発達が未熟になり口が開いて口呼吸になってしまうと考えられます。赤ちゃんの唇の力を鍛えるためにも硬めの乳首を使用するのをお勧めいたします。また、卒乳を急ぐのは口呼吸の原因になる可能性もあります。

母乳、ミルクを飲んでいる赤ちゃんは鼻呼吸をしています。飲みながら鼻で息をしています。授乳の時期に口の周りの筋肉をしっかり鍛えることは口呼吸の防止になります。

早く離乳食に移行すると鼻呼吸の習慣、口周りの筋肉の発達が未熟なため口呼吸になってしまうリスクがあると考えられます。

離乳食が始まって少し時間がたつと赤ちゃんは自分で食べたいという意思が出てきます。

目で見て食べ物と認識し、つかんで口に運びます。簡単に思えるこの動作は自分の口に入る量や口に運び唇の力も使い舌の使い方も学んでいるのです。

自分で上手に手づかみ食べできるようになるとスプーンやフォークで食べるのがうまくなります。

ここからは離乳食のスプーンと姿勢について書きます。

離乳食開始時期には赤ちゃんはまだ自分では食べることができないのでスプーンで食べさせてあげないといけません。

 

スプーンは柄が長くある程度の深さがあり口に入りやすい小さいものがよいと思います。先は細いものが口に入りやすいと思います。

赤ちゃんが自分でスプーンを持って食べ始めたら口に入りやすい大きさの物で握りやすい物が良いと思います。食べるのに良い姿勢は始めの頃は椅子に座ってもうまく座れないと思います。抱っこやベビーラックが良いでしょう。お座りができるようになったら椅子が安定します。足底は床にしっかりつけて力が入るようにしてあげましょう。

これらのことを気を付けて鼻呼吸の基礎作りを赤ちゃんの頃からしっかりしてあげるのは健康と歯並びなどに大きく関係してくるのです。赤ちゃんの成長を楽しんで子育てを頑張ってくださいね。

子供の睡眠障害、成長との関係

こんにちは。

トリートメントコーディネーターの重森です。心地よい天候が続いていますね。

このころの気候は年中のなかで一番穏やかで気持ちのよいときですね。今日は、一見歯の話とは関係ないような「こどもの睡眠障害と成長との関係」についてお話したいと思います。

日本のこどもの睡眠時間は世界的に見ても短いと言われています。

あなたのお子さんの睡眠時間は十分でしょうか?

睡眠不足がもたらすもの・・・

睡眠不足は成長ホルモンの分泌にも影響を及ぼします。

成長ホルモンは睡眠時に分泌されますので、睡眠不足だと分泌量が低下して成長障害をきたしたりします。

また、知能指数や学業成績の低下、発達障害などがおこるという報告もあります。

この睡眠不足は、親の就業形態や核家族化などにより、こどもが十分に睡眠をとる環境が整っていないことなどが指摘されています。

しかし、環境のせいばかりではありません。

今回のテーマである「睡眠障害」、これも睡眠不足の原因です。

睡眠障害の中でも、歯科と関わりが深いのが「睡眠関連呼吸障害」です。

「睡眠関連呼吸障害」とは、いわゆる無呼吸症候群やいびき症のことをいいます。

睡眠中に上気道の閉塞や狭窄がおこり、無呼吸や低呼吸を繰り返し、そのたびに覚醒して睡眠が分断される障害です。

 

 

 

 

 

特にいびきがその初期症状と言えます。

その他にも、

・日中の強い眠気

・注意力散漫

・いつも口を開けている

・情緒不安定

・多動性、攻撃性

・おねしょ(夜尿症)

など、日常生活への影響から、発達面での問題も生じると言われています。

子どもの場合は、一般的にいびきがひどくなっても呼吸が止まる(無呼吸)までには至りません。

脳の成長発育の為、大量の酸素を必要とする子どもは、気道を広げる筋力が強かったり、

えび反り姿勢をとったり、うつぶせ寝、横向き寝などして気道を確保しようとします。

しかし、無呼吸にはなりませんが、呼吸が細くなったり、息苦しさからたびたび覚醒してしまったりします。

子どもの睡眠時の呼吸障害の原因は、

・鼻内疾患

・扁桃肥大

・アレルギー性鼻炎

・小顎

などがあり、上気道の通気性が悪くなることで引き起こされます。

 

子どもの睡眠関連呼吸障害では主に医科的治療法が優先されますが、歯科的治療が必要な場合もあります。

小顎といって、上の顎に対して下の顎が後退している場合(図1)や、

上顎の歯列弓が狭い場合(図2)などです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(日本形成外科学会より)

 

 

 

 

 

 

 

 

顎骨を広げることにより、鼻腔が拡大したり、舌位が改善して、結果上気道が拡大したという報告もあります。

また、MFT(口腔筋機能訓練)を行うことにより、症状が改善したという報告もあります。

いったん低呼吸、無呼吸の習慣がつくと、完治は難しいと考えられています。

そうなる前に、成長期に上下顎を適切に発育させれば、気道の狭窄を防ぎ、睡眠関連呼吸障害の発生を未然に防げる可能性があります。

お子さんのいびきが気になる、日中とても眠そうにしている、歯並びが悪いかもしれない・・・

このようなことに気づいたら、当院へご相談ください。

お子さんの健やかな成長を当院もお手伝いしたいと思っています!

新しい時代を生きていく子どもたちに良質な眠りを!!

セミナー参加報告〜MFTとは?

事務局の河底です。先日、広島大学矯正学教室にMFTでご高名な高橋先生が来られ、「チーム矯正」で講義を受けて参りました。

MFTとは口腔筋機能療法をいいます。

MFTを行うことで正しく筋肉が機能するようになり、不正咬合(受け口や出っ歯など)の原因となる舌癖(ぜつへき)の改善・予防や、口呼吸の改善を行うことができます。

今回はクイズ形式です。

1.お口をポカーンとあけていることがありますか?

(いつも・時々・いいえ)

2.舌はいつもどの位置にありますか?

(上顎にある・いつも前に出ていて唇にふれている・上下の歯の間にある・下顎にある)

3.どのような食べ方をしていますか?

(口を開けて食べている・噛んでいない・食べこぼしが多い・一度にたくさん頬張る・食べながら水分をよくとる・飲み込む時に頰や口に必要以上に力が入る・飲み込む時に舌が前につきでる・食べ方が極端に遅かったり早かったりする)

いかがでしたでしょうか?

1の正しい答えは、いいえです。いつもまたは時々お口をあけているということは、鼻がつまっており耳鼻科での治療が必要な場合または、鼻がつまっていないのであれば口輪筋の筋力不足が考えられます。

 

2の正しい答えは上顎にある、です。それ以外にチェックがついた方は、正しい位置に舌がないので歯並びに悪い影響が出ます。

 

3は、チェックが多ければ多いほど正しい咀嚼と嚥下(飲み込み)ができていないことになります。

歯ならびに悪い影響を与えない正しい飲みこみ方は、口を閉じて舌を上あごにつけ、奥歯をかみしめ、のどを使って飲みこみます。

舌癖のある人は、舌が歯を押していて、飲みこむときにはさらに押し出す強い力が歯に加わります。また、舌癖のある人はいつも口を開けていることが多いため、舌が歯を内側から押す力に対して、外側から歯を押さえる唇やほほの筋肉に力がありません。
そのため、出っ歯になったり、歯と歯の間にすき間が開いたり、上下の歯がかみ合わない歯ならびになることがあります。

こういう方は、大臼歯で咬めていないので唾液が分泌されず口が乾き、食事中にお茶を流し込むように飲んだり、口が開いたまま食べている人は

水分量の多いりんごなどを食べた時に口の横から水分が出たり、食べこぼしたりします。

当院では主に成長期にあるお子様や成人の方にもMFT(口腔筋機能療法)を行なっております。上記のチェックなどにより問題ない方には必要ないのですが、矯正治療にMFTを取り入れることによって口唇を閉じた時の美しさや矯正治療後の長期安定性が増します。癖を治さないまま、矯正治療をしても後戻りの原因になります。

ご自分がどうか、お子様がどうかぜひチェックしてみてくださいね。

娘の矯正治療

こんにちは。事務局の河底です。娘の左上2番(上の歯の正中より2番目の歯)が出てきて、装置を撤去しました。

よくお子様の矯正で「1期からしたらいいの?」『2期からしたらいいの?」

と私自身、お友達に聞かれます。私は、一般的には1期からしたほうがいいと思いますが矯正治療の場合、治療をする本人と親御さんの協力と両方が必要なので、例えば、親が治療したくてもお子さんの同意が得られないのであれば大人になってからするのも一つの方法と思っています。

または、院長の診断により1期はせずに永久歯交換後、成人矯正ということもあります。

 

1期治療の最大のメリットは歯槽骨が成長中ということです。

本人の成長力を引き出しながら、予防的に歯並びをよくしていける時期が1期なのです。

また、お母様によく聞かれるのが、乳歯と永久歯の色の違いです。

大人の場合は全てが永久歯なのであまり思わないかもしれませんが、お子様の場合、永久歯と乳歯が混在している状態なのでよく気づかれる方は

この色の違いを不思議に思われるかもしれません。

永久歯は乳歯と比較すると黄色いです。乳歯のほうが白いのは普通の事です。
理由は、歯の構造の違いによります。(基本的な構造は同じです)

歯の一番外側の部分をエナメル質といいます。エナメル質は、中の象牙質(ぞうげしつ)という部分を覆っています。
この象牙質はエナメル質に比べて黄色っぽい色をしています。
乳歯より、永久歯のほうが象牙質の厚さがあるので、それが透けることによって、
黄色っぽくみえるのです。(食べ物などの着色もあります。)

娘の歯並び観察期です。今は装置を一時的に撤去していますが、まだまだ乳歯と永久歯が混ざっている状態です。

定期チェックをしながら、虫歯の予防をしたり、変な癖がないかのチェックも行います。

最近、テレビを見ていると舌癖が多い大人が多いことに驚きます。特に林修先生や、名前はわからないのですがコメンテーターの方で

舌癖がある方が多いのに驚きます。特徴としては、舌ったらずな甘えたような口調ですのでシリアスな話題を喋れば喋るほど違和感があります。

当院では、MFTトレーニングも行なっております。

自分のお子様が風船が膨らませることが当然できると思っている親御さん、できるかどうかぜひお試しください。

 

 

堀ちえみさんが発症した舌癌について

事務局の河底です。

私の世代にとてもショックだった堀ちえみさんの舌癌について今日は書きたいと思います。

 

このニュースのショックは大きく、当院にもこのニュースの後、このできものは大丈夫かという患者さんが来られました。

通常は歯科医師が診ればすぐに舌癌か口内炎かはわかります。

舌癌の原因

舌癌の原因は不明ですが、飲酒や喫煙、入れ歯や歯の刺激などが原因と考えられています。
入れ歯の噛み合わせが悪い、歯が尖っている、又は欠けているなどの原因で舌に刺激を与える事で舌癌の発生に繋がることも考えられます。

舌癌の治療として、手術と放射線治療を行い、抗がん剤も併用します。リンパ節に転移がある場合には、首のリンパ節の同時切除術を行います。

口内炎とは

口内炎は、歯茎や舌などの粘膜に何らかの原因で炎症反応が出たものを言います。

口内炎には、放置しておいても自然に治癒する口内炎と、癌に移行する可能性のある口内炎があります。ただ、見た目が同じ口内炎であっても、その後悪性化するかどうかはその時点では分かりませんので、こういう口内炎だから良性、こういう口内炎だから悪性、という判断は簡単にはできません。

また、慢性的刺激を受け続けた口内炎が癌化しやすい傾向にはあります。例えば、歯並びにより、ずっと同じ場所に刺激がある、常に頬っぺたを噛んでいる、などです。口内炎だと思っていても、3週間以上治らない場合は早めに歯科を受診してみてください。

35年前に比べて舌癌発症率は3倍!

このブログにも以前書きましたが、現代人はとても顎が小さいと言われています。その原因は噛む回数が減ってきたことにあります。

1食につき弥生時代は3990回、江戸時代では1440回噛んでいたのに対し、現在は600回と言われているそうです。でも、舌は母親の胎内で作られるので、大きさは昔から変わらないわけです。

噛む回数が減っていること

顎が小さくなる

①歯並びが悪くなる

②口内が狭くなり、常に舌は歯からの刺激を受けて緊張している

噛むことには他にも

・脳を活性化し認知症を予防する。
・肥満を防止する  などのメリットもあります。

当院では、全ての方の健康寿命を伸ばすことを目標にしています。そのためには噛むことです。自分の歯でいつまでもおいしく食事をすることが最後の10年を寝たきりにしないために大切なことなのです。

食べることはとても大切なことです。ぜひ食べ物のおいしさを感じながらしっかり噛んで食事してくださいね。最後に堀ちえみさんが早く回復されますように心からお祈りいたします。

1 / 612345...last »
ページの先頭へ戻る