矯正治療中に装置が取れた時には〜当院は日本矯正歯科学会の認定医常駐です〜

こんにちは。さて、今日は矯正装置(ブラケット)、ワイヤーがなぜ取れたり外れたりするのかお話したいと思います。

矯正装置にもいろんなものがあり、また人によっても歯の使い方や口の動かし方が違うので、外れてしまう原因もさまざまです。なかでも多いとされているのは、固いものをかんだ時、運動などで食いしばったりした時が患者さんで多いです。

矯正装置の中でも最も外れやすいとされているのがブラケットです。

矯正装置は他のかぶせとは違うので、治療後の外す前提でつけています。『取れにくく、外しやすい』という絶妙な強度でつけているのです。100%外れなくすることはできません。

噛み方の癖や食べるもの、歯磨きの仕方が原因となっていることもあるので、矯正治療中は患者さん自身の生活も見直すことも大切です。

外れにくくするためにいくつか紹介していきます。

  1. 食べ方・噛み方に注意

強い力が加わることによって外れやすくなります。食事をする際には固いものは避けたり、もし食べる場合は小さく切って噛みやすいようにしてから口の中にいれてください。

      2.食べ物に注意

リンゴや、お肉などは気をつけましょう~!

最初のうちはワイヤーも細く動きやすいので奥の粘膜にあたって傷ができたりします。また、キャラメルやお餅、粘着性の高い食べ物は装置にくっつきやすく、はずれたり磨き残しにつながるのでさけることをお勧めします。

      3.触りすぎないように注意

矯正を始めたばかりの頃は、お口の中に装置があるのに違和感があるので気になって触ってしまうかもしれませんが、触り続けると外れたり折れたりするので意識をして触らないようにしましょう。

また、装置が外れやすい代表的な理由として、金属、セラミックの被せ、フッ素塗布した歯、唾液が多い人、噛み合わせが深い人、固いものをかんだりしたら外れやすいです。

装置が外れたらそのまま放置するのはやめましょう。一見問題ないようにみえても、矯正装置は絶妙な力加減で動かしているので、装置が正しく機能してないと綺麗な歯並びになるまで長い時間がかかってしまいます。また、せっかく動いてきた歯が後戻りしてしまう可能性もあります。自己判断でそのまま放置しないでくださいね。

ワイヤーも最初のうちは細いので固いものをかむと動いで奥の粘膜にあたって傷になってしまうこともあるので、そのときも我慢せずに連絡してきて下さいね。

当院の場合、院長が日本矯正歯科学会認定医であり、診療日はいつでも対応可能です。また4月より20年以上の歯科医師経験をもつ女性歯科医師(院長の妹)も当院に入職致します。

 

最後に矯正治療中の装置の周りは食べ物が挟まりやすく汚れが付きやすいのでしっかり歯磨きして、虫歯ゼロを目指しましょう!

歯科とタバコの関係について

歯科衛生士の佐藤です。今日はたばこと口の関係についてお話ししたいと思います。

たばこと肺がんなど呼吸器や循環器系の病気が関係があることは皆さん知っていると思いますが

歯医者や口のことと何か関係あるの?思う方結構いるのではないでしょうか?

たばこは口から吸って肺に入っていきますので、肺に害があるならもちろん口にも害があり、口腔がんや歯周病の発症にも深く関わっていますし、歯周病に関しては発症や進行に最も影響を与えるとまでいわれているのです。また矯正治療中の方は歯が動くスピードが遅くなると言われています。

まず、たばこを吸っている方が一番よく気にしているなと感じることですが、一般的によく自覚されているのが歯への着色です。

たばこを吸うと、歯にヤニが付いて茶色く着色します。

着色があるところは表面がざらざらしており、歯垢・歯石が付きやすい状態になります。

そしてたばこの着色は歯だけではなく歯茎にもつきます。

着色のもとは、たばこの煙に含まれるニコチンやタールなので、吸っている人はもちろん周りで煙を吸ってしまっている人(家族や子ども)の歯茎に着色してしまうこともあります。

次に歯周病との関係についてです。

最初にたばこが歯茎に与える影響についてです。

たばこの煙に含まれるニコチンやタールなどの化学物質が歯茎に血管を収縮させ、血流を悪くさせます。→そうすると歯茎に酸素や栄養が行き渡りにくくなってしまいます。

またたばこの影響によって、歯茎の抵抗力が落ちることや唾液の分泌量が減ってしまい、唾液の自浄作用が減ることも分かっています。

このような歯茎に与える影響からたばこを吸っている人は吸っていない人に比べて歯周病になった時に治るのに時間がかかってしまうことや、発症したときに進行するスピードが速いことも分かっています。

歯周病は歯を支えている歯槽骨という骨が溶けていき、最悪の場合は歯が抜けてしまう病気です。

抜けるとまで行かなくても、溶けてしまった骨は元には戻らず、その後悪化しやすい状態になってしまいます。

そのため歯周病の治療を本格的にする場合は禁煙をおすすめします。

また当院では矯正治療で通われている方にもできれば禁煙をおすすめします。

歯が動くメカニズムは骨を溶かす細胞と骨を作る細胞の働きで歯根膜が元の厚みに戻ろうとすることの繰り返しです。たばこを吸っている方の場合、血流が悪くなり、骨吸収と骨形成がスムーズに行なわれないので歯の動きが悪くなります。

電子タバコに変えたので大丈夫と思っている方もいらっしゃいますが、通常のタバコよりいいにしろタバコの害がないことに変わりはありません。

この話が禁煙への動機づけや関心を持ってもらう1つのきっかけになればいいと思います。

医療費控除について

こんにちは。

アシスタントの重森です。

1年もあっという間でした!

もう師走・・・

クリスマスから大晦日、お正月・・・とイベントも目白押しですね!

あなたにとってどんな1年だったでしょうか?

走り回る師走ですが、ちょっと立ち止まって1年の振返りをしてみてもいいですね。

年が明けて2月から確定申告が始まりますので今回は治療費に医療費控除が適用できる話をしたいと思います。

あなたは「医療費控除」という制度をご存じでしょうか?

聞いたことがある方は多いと思います。

ざっくり言うと1年間に支払った医療費を申告することによって税金が還付される」制度です。

今回はこの「医療費控除」について詳しく説明したいと思います。

歯科での医療費控除の対象となる治療とは・・・

あなたやあなたと生計を一緒にする配偶者、その他の親族の為に1年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費の合計額が一定額以上ある場合に「医療費控除」が受けられます。

ただし、医療費控除の対象となるものとならないものがありますので、まずはそれを見ていきましょう。

【対象となるもの】

・インプラント治療費 

・自由診療によるかぶせ等の治療費(オールセラミックの詰め物やかぶせ)

・矯正治療費 

・むし歯の治療費 

・通院のための電車、バス代(交通費は領収書がなくても日にちと金額のメモでOK

・薬局で購入した風邪薬(病気にかかる費用はOK

申告には領収書が必要となります。領収書の再発行はできませんので大切に保管してください。

【対象とならないもの】

・フッ素治療費(予防目的なので不可) 

・ホワイトニングの費用(審美目的なので不可)

・歯ブラシなどの口腔衛生用品代(日常生活で使用するものは不可) 

・インフルエンザ予防接種(予防目的なので不可) 

・通院のためのガソリン代

医療費控除の計算方法・・・

医療費控除の対象となるものが分かったら、次は計算方法について説明します。

計算は以下のようになります。 

 

 

 

   

1 保険金等で補填させる金額・・・

・健康保険組合等からの給付金や、高額療養費、出産一時手当金、生命保険契約等に基づ

き支払いを受ける医療保険金、入院給付金は差し引きます。

2 足切り額・・・

・所得が200万円以上の人は、10万円

・所得が200万円未満の人は、所得合計額の5%

ここでいう所得とは、年収や手取り額ではありません。

年収から必要経費(給与所得控除額)を引いた金額です。

所得は源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」の欄をご確認ください。

実際に計算してみましょう!

計算方法が分かったところで、実際に計算してみましょう!

例)夫、妻、子ども1人。夫婦共働き、子どもは中学生

夫の年収500万円、妻の年収250万円

  今年から子どもの矯正治療を開始

  妻がセラミックのかぶせ(10万円)を入れた

1年間でかかった医療費は家族3人分合計で85万円

夫が生命保険会社から医療保険金5万円を受け取っていた

夫の年収は500万円なので所得は346万円となり、所得が200万円以上なので足切り額は10万円です。

85万円-5万円-10万円(足切り額)=70万円

70万円が医療費控除額となります。

夫の税率が10%とすると、

医療費控除額70万円 × 税率10% = 7万円

したがって、医療費控除の申告により、所得税は7万円還付されます。

さらに住民税も一律10%安くなるので、この場合7万円の計算になり、

所得税と住民税を合わせると14万円も税金を減らすことができます。

課税所得は、源泉徴収票で計算できます。

 「給与所得控除後の金額」-「所得控除の額の合計金額」=「課税所得」

税率については国税庁のHPでご確認ください↓

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

所得税の場合は医療費控除で安くなった分だけ還付されますが、住民税は翌年6月以降

に納めるため、所得税のように還付されることはありません。医療費控除で安くなった

後の税額を6月以降に納めることになります。

夫婦共働きで、妻が夫の扶養に入っていなくても、医療費は家族分を合計して計算することができます。

また、税率が高いほうが還付額が多くなる為、夫と妻とで税率が高い方で申告をしたほうがお得です。

歯科治療についていうと、矯正費用を分割にすると足切りされる年が増える事になるので還付額を大きくしたい場合は一括払いのほうがお得です。

申告の手続き・・・

さて、還付金の計算ができたら実際に申告をしてみましょう。

①必要な書類を準備する

 ・確定申告書 

・医療費控除の明細書

どちらとも税務署の窓口、もしくは国税庁のHPからダウンロードできます。

 書類を入手して必要事項を記入します。

 ・源泉徴収票(会社員の場合)

 ・医療費通知

   →ご自分の加入している健康保険組合等から送られてくる書類です。

②必要な書類を税務署に提出する

 通常の確定申告では、支払いがあった年の翌年2月上旬~3月15日のあいだに書類を提出します。

③還付金を確認する

 還付金は1ヶ月~1ヶ月半程度後に指定した振込口座に振り込まれるか、最寄のゆうちょ銀行または郵便局に出向いて受け取ることができます。

詳細は国税庁のHPをご確認ください。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/r01junbi/iryouhikoujo.htm

1年の締めくくりとして・・・

ちょっとややこしいかもしれませんが、余裕をもって申告するためにも早めに書類を記入されるといいですね。

2019年は元号が変わるなど、大きく時代が変わったなぁ・・・と思う年でした。

2020年は、いよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます!

夏季オリンピックとしては56年ぶりの日本での開催。

今から待ち遠しいですね!

来年も元気に過ごせるよう、ぜひともお口から健康を考えてみてください!

矯正治療を開始した場合の準備について

秋も深まり、朝晩はずいぶんと寒くなってきました。季節の変わり目ですが体調に気をつけながら、食欲の秋、スポーツの秋などいろんな秋を楽しみたいですね♪

さて、今回は大人の矯正の装置が付くまでの流れについてお話ししたいと思います。受診したらすぐに装置が付くの?と思われがちですが、実は、矯正の装置が付くまでに様々な準備が必要になります。

(小児矯正の一期治療の場合はこのような装置はまだ使いません)

  1. ゴムで歯と歯の間を空けます。

まずはセパレートという作業を行います。セパレートとは、下の画像のように歯と歯の間にゴムを入れ、ゴムの伸縮性を利用して歯と歯の間に隙間を作る作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セパレートの段階から歯を動かすことになるので、個人差もありますが歯の痛みも出てきます。しかし次のステップに進むための大事な作業なので、頑張ってクリアしていきましょう。

    2.自分の歯に合ったバンドを探していきます。

バンドとは、奥歯に付ける輪状の金属のことです。歯に指輪をしたような状態で歯の周囲を覆うので、奥歯で矯正装置を完全に固定することができ、矯正装置が外れにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.セパレートで空けた歯と歯の隙間を使ってこのバンドをつけることになります。

歯の大きさは人それぞれなので、その人の歯にあったバンドのサイズを探していきます。これをバンド試適といいます。詰め物が入っている歯や、複雑な形の歯、歯と歯の間が狭くセパレートの効果が出にくいタイプの歯の持ち主の方は、バンドを合わせる作業に手間取ることがあります。また、なるべく痛みのない状態で、バンドを合わせたいので、セパレートにきていただいて歯型を採り、バンドを合わせて装置を作ります。

装置のために歯型を採り、石膏を流して模型にします。この、お口の中を再現した模型をもとに院内で装置を作っていきます。石膏が固まり、模型ができたら、試適して合わせたバンドを付けて、ワイヤー(針金)を曲げていきます。次に熱した金属を溶かし、曲げたワイヤーとバンドを接着させます。最後に、模型から外してキレイに研磨します。これで装置は完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、これでやっと準備は完了です。装置をセットするお約束の少し前に、再度セパレートを入れた後、ついに装置が入ります。

このように、装置が付くまでには少なくとも5~6回お越しいただいて、準備が必要になります。お口に合った装置を作るために、細かい調整をすることが大切なんですね~!

不安なことや疑問がありましたら遠慮なくお話してください。キレイな歯並びを目指して一緒に頑張りましょう(^^)

矯正治療の後戻りと保定装置について

こんにちは。トリートメントコーディネーターの重森です。

蒸し暑くなってきましたね。

1年もあっという間に半分を過ぎました。

早いですね~!!

1年の折り返し地点にきて、私はやっと年初めに立てた目標の1つである、

「ダイエット」に取り組み始めました・・・(遅いですけどね)

ここ1ヶ月間、ほぼ毎日、2時間近くのウォーキングを続けた結果・・・

1ヶ月で3.7kgの減量に成功!!(食事管理もしながら)

・・・ただ、ここで喜んでばかりではいけません・・・

今まで何度も繰り返してきたリバウンド・・・

だいぶふくよかな私はまだ目標体重には到達していませんし、

「後戻り」しないためにも、今後も運動と食事の管理をしっかりと続けていくつもりです!

さてさて、ダイエットにリバウンドは大敵ですが、

歯にも「後戻り」があることをご存じですか?

今回は「矯正治療の後戻りと保定装置」についてお話ししたいと思います。

【歯の後戻りとは・・・】

歯の後戻りとは、歯列矯正治療によって改善した歯並びが、元の悪い状態に戻ってしまうことを言います。

装置を付けて歯を動かし、歯並びを改善していく歯列矯正治療ですが、

治療終了直後の歯はかなり動揺しています。

これは、歯の周囲の骨や歯肉などの組織がまだ歯をしっかりと取り巻いていないからです。

この状態で放置してしまうと、歯は動き、元の悪い歯並びに戻ってしまいます。

また、舌の癖、生活習慣(うつ伏せ寝や頬杖など)でも歯並びは悪化します。

その為、歯並びが改善し矯正治療の装置を取り外した後に、改善した歯並びの状態で固定させるよう保定装置を取り付けます。

【保定装置について】

歯を固定させる保定装置にはいくつかの種類がありますが、

当院で主に使用しているのは、以下の2種類です。

歯の裏側に直接つける固定タイプ

 

 

 

 

 

 矯正治療終了後、歯型を取り、その歯型に合わせて細いワイヤーで形を作ります。

 この保定装置は主に上下の前歯部~小臼歯の裏側に、専用の接着剤で直接つけます。

 付けるとご自身では取り外しはできない固定タイプです。

 歯に直接付けており、食べかすが残りやすいのでそれを意識しながら、

丁寧に歯磨きをしてください。

就寝時にのみつける取り外しタイプ

 

 

 

 

こちらの保定装置も、歯型を取り、そこから作ったものです。

 薄いプラスチック素材で、夜寝るときに付け朝起きたら外す、取り外し可能なものです。

 日中は外して、専用ケースで保管をします。

 夜付ける前には必ず歯磨きをしましょう。

 装置のお手入れには専用の洗浄剤がありますので、そちらを使用します。

当院では以上の2種類の保定装置を同時に使って頂いています。

保定装置を付けておく期間については、歯科医によって意見が異なりますが、

当院の院長の考えでは「できるだけ長い間」つけて頂くことをおすすめしています

保定装置を付けていないと、歯はフリーの状態になり後戻りをする可能性が高くなります。

歯に直接つける固定タイプは、歯の裏側につけるので目立たないですし、

取り外しタイプも就寝時のみの使用なので、ぜひとも出来るだけ長い期間、着けていただくことをおすすめします。

【矯正治療終了後もメンテナンスにお越しください】

保定装置が取れていないかチェックのためにも、

矯正治療後、メンテナンスにお越しください。

当院では3ヶ月に1度のメンテナンスをおすすめしています。

保定装置のチェックはもちろん、むし歯、歯周病のチェック、歯垢歯石の除去をおこないます。

キレイになった歯並びを長持ちさせるためには定期的なメンテナンスはかかせません。

お金も時間もかけて治した歯並び、しっかりと管理をして維持していきましょう!

1 / 712345...last »
ページの先頭へ戻る