矯正装置が入るまで〜すぐに装置が入るわけではありません

こんにちは、河底歯科・矯正歯科の院長河底晴紀です。 今日は、矯正装置が入るまでの流れについてお話します。

1.矯正相談 2.矯正検査 3.診断 4.クリーニング 5.装置装着

①まず、矯正相談という形で予約をとって頂きます。(ウェブかお電話でご予約お取りできます) 矯正相談では、矯正専用の問診票を書いていただき、レントゲン、口腔内写真の撮影をします。そ こから、問診票を見ながらカウンセリングをさせていただきます。カウンセリングした後、矯正 のドクターから詳しいお話しをします。これが矯正相談の流れになります。矯正相談をさせて頂く ことで、患者様自身が気になる事や不安に思う事を気軽に聞くことができます。 矯正相談(60分) ・問診票の記入 ・レントゲン2枚、口腔内写真の撮影 ・カウンセリング ・Drから説明 ・矯正相談に関する注意事項 お聞きしたいことや不安なことについて、できるだけメモしてきてください。 問診票記入に時間がかかる場合があります。予約時間より10分早めの来院をお願いします。 紹介状、資料を預かっている場合は、持参してください。レントゲンの際、金属類は取って頂くの で、ヘアピンやピアスなどはあらかじめ取って頂くとスムーズに撮影できます。

 

②次は、検査です。1時間程度で、お顔の写真、レントゲン(相談で撮ったもの以外)、CT、お口の 中のスキャン、口腔内写真(精密)を撮影していきます。この作業は、矯正する上で大事な作業でこ の資料を元にDrが治療計画を立てていきます。 検査(60分) ・顔面写真 ・口腔内写真 ・レントゲン(CTその他) ・3Dスキャナーによる歯型撮影

 

③次は、診断です。診断では、②の検査で撮ったデータを元に矯正ドクターから患者様にあった 矯正治療を説明します。(30分~45分)

 

④次に、クリーニングです。 虫歯がないかどうか(あった場合は、装置をつける前に治療します) 噛み合わせはどうか(スプリントという装置を数ヶ月付けていただくこともあります) かぶせの変更(かぶせの種類によっては今のかぶせのを仮のものに変更する場合があります) などによって、装置装着までの回数が変わってきます。  大人の矯正だと、抜歯が必要な場合、抜歯をしたあと、装置をつけるための型取りをします。上 下すぐには装置はつかず、まずは上下どちらから装置をつけます。(中には抜歯をしない方もい らっしゃいます) 子供の矯正だと、抜歯はせず、装置をつけるための型取りをする場合があります。

 

⑤④が終わると装置がつきます。基本的に装置が付くと、1ヶ月に1度ペースで来院していただ き、装置のチェックをしていきます。 矯正治療について、「期間が長い」「治療費がかかる」「痛そう」というイメージがあるのも事 実です。しかし、矯正治療=見た目を治すだけでなく、噛めなかった食事を噛んで食べれるよう になり、歯列を治すことで、繰り返すむし歯や歯周病を改善する例もあります。 少しでも歯並びを悩まれているようでしたら、気軽に矯正相談にお越しください。

「口元の出っ張りを改善 – 矯正治療で自信を取り戻す」

医療法人社団河底歯科・矯正歯科院長の河底晴紀です。

はじめに

こんにちは、矯正歯科医の河底晴紀です。今日は、口元の出っ張りに関する悩みに焦点を当て、この問題がどのように矯正治療で改善できるのかについてお話しします。この問題は、見た目に関する自信の欠如だけでなく、日常生活にも多くの影響を及ぼすことがあります。

口元の出っ張りの原因

口元が出ている状態は、多くの場合、上顎の前方への突出や下顎の後退によって引き起こされます。これらの問題は咬合の異常に関連しており、単に見た目の問題だけでなく、発音の難しさや咀嚼の効率低下など、様々な日常生活の問題につながり得ます。

矯正治療のアプローチ

矯正治療は、個々の状態に応じたカスタマイズされたアプローチです。最初に行う詳細な口腔内の検査と顔面の分析に基づいて、個々の状態に合わせた治療計画を立案します。その後、ブラケットや矯正装置を用いて徐々に口元の位置を調整していきます。このプロセスは患者さん一人ひとりのニーズに合わせて行われ、患者さんの日常生活への影響を最小限に抑えることにも配慮しています。

矯正治療がもたらすメリット

  1. 見た目の改善: 口元の正しい位置への調整により、外見上の印象が大きく向上します。美しい笑顔は、人との関わりや社交的な場面での自信に直結します。

  2. 発音の明瞭化: 正しい咬合は、よりはっきりとした発音を可能にし、日常のコミュニケーションが改善されます。

  3. 口腔衛生の向上: 正しい位置にある歯は、歯垢の蓄積が減り、虫歯や歯周病のリスクが低減します。

  4. 自信の向上: 外見の改善は、自己イメージの向上につながります。社交的な場面での自信は、人生の多くの面でプラスの効果をもたらします。

  5. 全身の健康への良い影響: 正しい咬合は、効率的な咀嚼を可能にし、消化と栄養吸収を助けます。また、顎関節への負担を軽減し、長期的な口腔健康をサポートします。

治療期間と費用

矯正治療の期間と費用は個々の状態によって異なります。私のクリニックでは、患者さんの財政的な負担を考慮し、最適な治療オプションを提供するよう心がけています。初診では、患者さんの状態を詳細に診断し、治療計画を提案します。

治療への一歩

矯正治療の第一歩は、専門家への相談から始まります。私のクリニックでは、無料の初診相談を行っており、患者さんの状態を詳細に診断し、最適な治療計画を提案します。

治療の成功事例

矯正治療は確かに費用も期間もかかり、簡単には始められないかもしれませんが、矯正治療をした患者さんからは「やってよかった」「人生が変わった」「早くやっておけばよかった」などのお声をいただきます。

まとめ

口元の出っ張りは、矯正治療によって効果的に改善することができます。私のクリニックでは、一人ひとりの患者さんに合わせた治療を行い、美しい笑顔と健康な口腔環境を提供しています。矯正治療についてのご質問やご相談があれば、お気軽にご連絡ください。あなたの人生がより豊かで健康的になるよう、全力でサポートいたします。

矯正治療のIPR(アイピーアール)とは?

IPR(アイピーアール)とは略語で、正式名称は「inter-proximal reduction」と言います。 interproximal=隣接の reduction=削減 で、隣接面(歯と歯の境目)を部分的に削除するということです。 「ディスキング」とも呼ばれ、主に矯正において歯を移動させるために必要なスペースを確保するために歯と歯の間を0.1〜0.5mmの範囲で削ります。

歯列矯正では、歯を内側に引っ込めたり、重なって生えている歯をきれいに並べたりするためのスペースが必要になることが多いです。 大幅に歯並びを動かす必要がある場合は「抜歯」をしてスペースを確保します。IPRを行うと、抜歯をせずに歯をきれいに整えられ矯正治療ができます。

患者さんの中では、IPRが必要でない方もいます。たとえば、すきっ歯のすき間を改善したい患者さんの場合は、すきっ歯のすき間を利用して歯を動かすのでIPRは行いません。また、軽度な不正で前歯が1本ねじれているなどの場合には、スペースを作らずに矯正ができる場合もあります。

ただし、矯正治療をする方は歯と歯のスペースが足りない方がほとんどなので、多くの方がはじめに「IPR」か「抜歯」をして、歯を移動させるスペースを確保してから治療が始まります。

★痛みはあるの?

歯を削るため、痛みがあるのではと思われる方もいらっしゃると思います。IPRは痛みを伴わない治療で、麻酔も行いません。

歯の中には神経が通っています。虫歯の治療などで歯を削った場合、神経に届いた時に痛みを感じることがあります。虫歯治療での痛みは、エナメル質の内側にある「象牙質(ぞうげしつ)」という部分にまで進行していることも多く、象牙質まで歯を削ることになり、さらにその内側にある「歯髄(しずい)」という歯の神経に響くことで痛みを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

画像引用:ライオン歯科衛生研究所

 

それに対して、IPRで削る範囲ははあくまで歯の表層であるエナメル質のみで、象牙質の近くまで削ることはないため、痛みを感じませんので麻酔も必要ありません。

さらに、削った部分の虫歯になる可能性は非常に低いです。

★その他の目的

IPRは、歯を移動させるための必要なスペースを確保する以外の目的でも行うことがあります。

・歯の大きさや形を整える目的

一人一人に、口元がきれいに見える歯の大きさや形のバランスがあります。IPRを使い、患者さんに合わせて、その方にとって1番きれいに見える歯の形態に整えることが可能です。矯正の治療以外でも、必要に応じて最後仕上がりを整えるためにIPRをすることもあります。

・ブラックトライアングル(歯と歯の間の三角形のすき間)を解消する目的

歯列矯正で歯が動いたことや、加齢などで歯茎が下がってしまったことによって、歯と歯の間に三角形のすき間ができてしまうことがあります。これを「ブラックトライアングル」と呼びます。IPRでは、このブラックトライアングルを解消することもできます

・矯正治療の審美性を向上させる目的

IPRは矯正治療を開始する前に、歯のスペースを確保する目的で行うことが多いのですが、大部分の歯並びが整った後に、審美性をさらに向上させるためにIPRを行うことがあります。
インビザラインの矯正では、3次元的な画像を用いて、シミュレーションをしてからIPRを行いますので、歯を多く削る心配はありません。

このように、IPRは歯を移動させるために必要なスペースを確保するためだけでなく、様々な目的により歯の表面を削ることをしますが、痛みもなく麻酔なしで行うことができるので安心して治療を受けてくださいね。

 

マウスピース矯正かワイヤー矯正か?

福山市で矯正治療をしている河底歯科・矯正歯科の河底晴紀です。

矯正治療を受ける時にワイヤー矯正がいいのかマウスピース矯正がいいのか悩まれる方が多いのではないのでしょうか?

今日は両者の違いをわかりやすくお話ししますが、答えは簡単。適応となる症例が異なるのでどちらにしようか悩んでいるあなた、まず矯正相談にお越しください。どちらでも治せるよといわれた方は両者の違いを下記参考の上、考えてみてください。

当院では、ワイヤー矯正をした後、マウスピース矯正に切り替えるMIX法も行っていますが、コロナ禍でマスクをしているのでワイヤー矯正がいいと希望される方が多いようです。

★見た目の違い

まずワイヤー矯正は見た目を気にされる方も多いですが、歯にブラケットという装置をつけ、歯を動かしていきます。

これに対してマウスピース矯正では、1日22時間以上装置を入れることにより歯並びを直していきます。マウスピースは食事をする時と歯磨きをする以外はずっと装着しているものと考えてください。

外す時間は歯が後戻りする時間だと考えてできるだけはずさないようにしないといけないので性格的に管理が難しいと思われる方はワイヤー矯正のほうがいいですね。

 

★痛みについて

どちらの矯正治療法も個人差があり、痛みというのは定量化できないので難しいですが、歯が浮くような痛みはあります。

これはマウスピース矯正のほうが1枚のマウスピースで歯を動かす量が少ないため、比較するとワイヤー矯正より痛みが少ないと言われています。

ただ、マウスピース矯正だから痛みが全くないわけではありませんのでご注意ください。

 

★症例について

ワイヤー矯正は外科矯正以外のほぼ全ての症例に幅広く対応できるというメリットがあります。

マウスピース矯正は、その歯科が採用しているメーカーにより得意とする症例が異なります。

例えば当院で採用しているインビザラインでは全顎矯正を得意としますがASOライナーは通常部分矯正を得意とし、軽度のがたがたした歯並びや少しの隙間を微調整するような症例に対応します。

 

★費用について

どこの歯科でも一般的にはマウスピース矯正のほうが金額が高くなる傾向にあります。

 

どちらの矯正治療にも共通して言えることは矯正治療には長年の熟練した経験と技術が必要だということです。

マウスピース矯正はAIで矯正診断するなどと言われる時代にもなりましたが、AIが診断してくれるのではなく、ドクターがコンピューター上で治療計画をデザインするものであり、歯を動かす理論、最終ゴール、骨格診断ができないと満足のいくゴールは得られないと言えます。

またマウスピース矯正は時として予想に反する動きをする場合もありますので、マウスピース矯正で計画どおりに治療結果が望まれない場合はワイヤー矯正に切り替える可能性もあります。

ドクターから納得のいく診断を受けて治療開始することが大切です。

顎間ゴムについて~矯正治療

今日は顎間ゴムについて効果や切れた場合の対処方法についてお話します。

 

 

 

 

 

『 顎間ゴム』とは、矯正の際に使用される矯正治療用の小さなゴムのことです。上顎と下顎に矯正用のゴムを引っ掛けることで、歯を動かす原動力とし、あらゆる不正歯列や不正咬合の改善に効果があります。そのため矯正治療では意外とメジャーなものです。

『顎間ゴム』は、その実物を見ると非常に小さな輪ゴムみたいなものですが、決してただの輪ゴムではなく、矯正治療のために作られた特殊なゴムです。

 

矯正治療に欠かせない『顎間ゴム』ですが、すべてのケースに使用するとは限りません。『顎間ゴム』を使用することが多いケースでは、上の前歯の先端が外側に傾いてしまっているために出っ歯になっている『上顎前突』の場合や、本来なら上下の歯を噛み合わせた際に接触するはずの上下の前歯が隙間があるために開いた状態のケースの『開咬』または『オープンバイト』の場合があります。この顎間ゴムは、ゴムかけを患者さん自身で行っていただく必要があり、目安として1日20時間以上、基本的に食事と歯磨きの時間以外は着用します。

 

 

効果を充分に得るためには、最低でも1日12時間はゴムかけを行うべきだといわれています。たとえば、眠っている間の6~8時間でも充分に長い装着時間のようですが、それでは全く足りないということです。

なぜ、12時間を超える長い時間の装着が必要かというと、動いた歯は「後戻り」するからです。ゴムで牽引して動かした歯は、ゴムを外すと徐々に元に戻ります。1日のうち12時間を使って動かした歯は、残りの12時間でほぼスタート地点まで戻るともいわれています。ましてや、6~8時間しか装着していないとなると、十分な効果を得ることができません。さらに、年齢が高い人ほど、戻り幅が広いとも考えられているようです。

つまり、12時間を最低ラインとして、それよりも装着時間が長ければ長いほど戻りを小さく抑えられ、効果を早く、かつ効率良く得られるというわけです。

顎間ゴムは一度装置につけて使用し続けていると、時間の経過とともに劣化していき、その伸縮性が失われて切れてしまうことがあります。つまり普通のゴムと同様に使い続ければどんどん伸び切ってしまい、縮まなくなってしまうということです。基本的にゴムかけに使うゴムは24時間を目安に新しいものに交換しましょう。また、顎間ゴムが切れてしまったら新しいゴムに付け替え、左右にかけている場合は左右両方新しいゴムに付け替えましょう。予備がなくなりましたらいつでもご連絡くださいね。

 

ページの先頭へ戻る