インプラントをするのに大切なこと

インプラントをするのに大切なこと

~私達が大切にしていること~

 

最近街中でインプラントの看板を見かける機会も増えてきたように思います。それだけインプラント治療が身近になっているのではないでしょうか。今回はインプラントについて知識を深めていきたいと思います。

 

インプラントは身近な治療になってきていますが、治療自体はとても大がかりです。

例えば歯が痛くなって歯科医院に行ったら「今から虫歯治療をしましょう!」という場合はあっても、歯を失った部分にいきなり「今からインプラントを埋めましょう!」という場合はありません。なぜならインプラントは顎の骨に歯の代わりになるインプラント体を埋め込む大手術なので、顎の骨の状態を調べる検査が大変重要になってくるからです。

検査では顎の骨の状態を調べるレントゲン写真を撮影するのですが、定期健診でよく見かけるお口の平面レントゲン写真の「パノラマレントゲン写真」だけではどのような状態か詳しくは分かりません。

当院ではインプラント治療をする場合は必ず歯科用CTを使用して診断を行います。パノラマレントゲン写真と撮影方法や時間は変わらず、頭の周りを機械がぐるっと回転します。撮影後は顎の骨が立体的な3D画像になり、今現在の顎の骨の形状や量まで精密に確認することが可能になります。部分的にスライスして断面を見ることもできる素晴らしい機械なのです。

さて、話が少し変わります。数十年前のインプラントを知っていますか?

下の写真は昔のインプラントが入っている顎の骨のレントゲン写真です。

平たいプレート状に映っているものが昔のインプラントで、手術方法としてはプレートを顎骨に埋め、残っている自分の歯とくっつけて支える方法だったそうです。現在のインプラントは単体でも天然歯と同じ役割が果たせるスマートなものです。このような大きなプレートが自分の顎に植わっていると考えると少し恐ろしいです。

 

このようにインプラント技術は日々進化しており、時代と共に変わりゆく技術や知識を学び続けることが大切になってきます。当院の院長は、患者さんに常に最適な施術が行えるよう休診日である水曜日や日曜祝日も年間200時間以上の講習会に参加しています。

私たち歯科衛生士も例外ではありません。外部から定期的に指導に入ってもらい、常に新しい知識や技術を取り入れています。

日本矯正歯科学会の認定医は5年ごとの更新制をとっていますが、歯科医師免許・歯科衛生士免許は更新制をとっていないので

国家資格を取った後の診療に対する姿勢は人によって異なってきます。

 

インプラントに話を戻しますが、インプラントのメリット・デメリットを簡潔に書きます。

 

デメリット

・保険がきかない治療である

・抜歯程度ではあるが外科処置となる

 

メリット

・咬合力はブリッジやインプラントに比べかなり天然歯に近いところまで回復でき違和感が最も少ない

・ブリッジのように隣の歯を削る必要がない

・入れ歯のようにバネをかける歯に負担がかからない

 

どうでしょうか?長い目で見たらというお話を必ずするようにしていますが、入れ歯は栓抜きの原理でバネをかけている歯が将来的に負担に耐え切れず抜けることになります。

また、ブリッジも本来ならば3本の歯で噛むところを1本なくなったら2本で今までと同じ噛むという仕事をするため、両隣の歯に負担がかかることは明白です。

 

当院では患者様に安心して手術を受けていただけるよう、手術後の保証制度を設けております。

<フィクスチャー(人工の歯の根)は10年保証>

・使用開始から2年以内→100%当院が負担します

・使用開始から2~4年以内→80%当院が負担します

・使用開始から4~6年以内→60%当院が負担します

・使用開始から6~8年以内→40%当院が負担します

・使用開始から8~10年以内→20%当院が負担します

・使用開始から10年以上→100%自己負担とさせていただきます

 

<上部構造(被せ物)は5年保証>

・使用開始から1年以内→100%当院が負担します

・使用開始から1~2年以内→80%当院が負担します

・使用開始から2~3年以内→60%当院が負担します

・使用開始から3~4年以内→40%当院が負担します

・使用開始から4~5年以内→20%当院が負担します

・使用開始から5年以上→100%自己負担とさせていただきます

 

保証のための条件としては

・当院において装着したものに限らせていただきます。

メンテナンスは3か月毎にお越しください。必ず最低でも半年に1回メンテナンスにいらしていただき、メンテナンスに応じていただけなかった期間がありますと、いかなる理由があろうとも保証いたしかねますので予めご了承ください。

・故意による破損は、保証対象外とさせて頂きます。

・現在健康な歯が将来的に虫歯や歯周病になった場合、今回作らせて頂いた歯を作り直さなければならない場合があります。その場合は保証の対象外とさせていただきます。

・予防処置のフッ素塗布や、歯のクリーニングにつきましては、保証の対象外とさせていただきます。

 

インプラントを入れた後は何よりアフターケアが大切です。インプラントは天然歯よりデリケートなのでケアを怠ってしまうとインプラント周囲粘膜炎やインプラント周囲炎を引き起こすこともあります。当院では院長、歯科衛生士が患者さんのお口の状態を定期的に管理していきます。

 

このブログを見て少しでもインプラントに興味を持たれた方やインプラントの話だけでも聞いてみたいと思われた方はぜひご相談ください。

矯正治療のインプラントアンカーとは?

最近涼しくなってきて外に出やすいいい時期になってきましたね。

と、いうことで今日は矯正治療のお話をしていこうと思います。

矯正治療に興味がある人に読んでいただきたい内容です。

矯正も色々な方法があり奥が深いと私も実感しています。

インプラントアンカーってきいたことありますか?

顎の骨にネジを植え込んでそれ固定源として歯を移動する方法です。

ネジを植え込むと聞くとこわいと思いますので説明していきますね。

インプラントアンカーのメリット

1.一度に歯の移動ができ効率的に歯を動かせるので治療期間を短縮できること。

2.従来は前歯を大きく動かすためにヘッドギアなどをかぶらないといけない症例もかぶらなくてもよくなったこと。

3.歯を抜かなくていい症例もたくさん出てきたこと。

4.抜歯したスペースを利用して前歯を後ろに下げたいとき常奥歯も前に出るものですが、インプラントアンカーにより奥歯が前に出なくなったこと。

 

矯正終了後、インプラントアンカーは除去しますので安心してください。除去のときも痛みはあまりないと思います。抜いたあとも穴は目立ちませんし骨も数カ月で元に戻ります。

デメリットは

1.アンカースクリューを入れるために抜歯程度の外科処置が必要になること。

2.中には骨の性質によりうまくくっつかない方もいること。そのためアンカースクリューがぐらぐらする可能性、脱落することもあります。その時は打ち直しもします。

当院では、インプラントアンカーを入れたほうがきれいに治る、治療期間が短くなるなど患者様にそのほうがよいと思う場合には院長が事前に説明し、行っております。

 

歯科矯正も日々進化しており患者様の負担は軽くなってきていると思います。

当院のいいところは、院長は広島大学院の矯正科をかれこれ20年前に卒業していますが、その時のままの治療法で今もやっているわけではなく、最新最良の材料・技術を駆使することを常に継続して行っているということです。

現場でたくさんの人の矯正治療の様子を診てきましたが痛みが少ない方がほとんどです。歯が動くときは多少の違和感があると思いますが矯正終了後の笑顔が皆様最高に輝いておられます。

私たちは皆様の笑顔をみるととてもうれしいです。この笑顔を見ることで毎日エネルギーもいただいています。確かに、費用も時間もかかる歯科矯正ですが、当院では低価格で、患者様に負担の少ない矯正治療を行っています。ぜひ、楽しく矯正ライフを送ってください。

 

福山市三吉町に移転して5周年

河底歯科・矯正歯科は現在の福山市三吉町に移転して5周年を迎えました。

H22年4月に父から福山で40年続いている歯科を事業承継して、H24年11月に縁あって現在地の三吉町に移転しました。

この5年間を振り返ると、いろいろなことがありました。

H22年には歯科衛生士のスタッフ2名と受付、私の4人でスタートし、現在は10人を超えるプロフェッショナル集団になりました。

H22年にはアナログだった多くの機械類がデジタル化され、レントゲンに関しては、アナログから3次元のCTになりました。

むし歯測定器・世界基準の滅菌器を導入し、滅菌コーナーを改装もしました。

職種も増え、歯科助手・歯科衛生士・技工士・受付とみんなが自分の持ち場をもつプロフェッショナル集団になりました。

そんな中でも、変わらないのは開院当初からの歯科医療に対する考えや自分が何を世の中に提供できるかということです。

当院のコンセプトは、「健口(けんこう)と審美の両立」です。自分の歯で噛める幸せと大きく口を開けて笑える美しい口元を両立させて、口腔内に関する健康を提供することで患者様の人生を幸せにしたい!と考えています。

人数が増えて組織としても大きくなった当院ですが、働く人の幸せも考え、日々福利厚生など考えてきました。

先日、月に1回の全体ミーティングをしていた時のことです。

1人のスタッフがミーティングに少し遅れて登場。

スタッフみんなから5周年のプレゼントをもらいました。

当院のロゴマークをイメージしたバルーン。こんなうれしいサプライズはありません。

5周年スタッフよりプレゼント

ともに働くスタッフ、来てくださる患者様、一緒に仕事をしてくれる技工所や、歯科商店の方、家族、多くの方に支えられて無事5周年が迎えられ、本当にうれしいです。

今後も、患者様にとってはよい治療・環境を、スタッフにとっては働きやすい職場・環境を提供してみんなが幸せになれる歯科を目指したいと思います。

今後も宜しくお願い致します。

診療に対する思い~プロフェッショナルとして

今回は、私の診療に対する思いについてお伝えします。

私は歯科医師免許を取得してもう20年以上になります。

日頃の臨床を通じて思うのは、歯科医師になるための基本だけでは患者さんの口腔内をよくすることはできず、歯科で使用する道具や技術は日々進歩しているということです。

去年、私が全国各地で、著名なドクターから研修やトレーニングを受けた時間はトータルで200時間を超えます。

診断や技術に関して学び、また自己の治療を振り返るわけですが、常に上を目指していくことは非常に根気のいることになります。

歯科衛生士も例外ではありません。外部の著名な講師の先生より定期的に指導していただき、技術や素養を高めています。

今回は、11/1-11/4までお休みをいただき、海外の学会に参加してまいります。

これからも、臨時休診等でご迷惑をおかけすることもありますが、プロフェッショナル集団として、自己研鑽に励んでまいりますのでご理解いただきますよう、よろしくお願い致します。

IMG_2373


冷静の中にある情熱(パッション)

事務長の河底です。

テニスの松岡修造さんをテレビで見ていると、

松岡修造

「この暑苦しさ、情熱、面倒くささ、院長に似ている( ;∀;)」とよく思います。

ただいつもそういうテンションなわけではなく、むしろ極めて静かです。

「冷静の中に情熱がある」といった感じでしょうか。普段は、ソフトで穏やかですが、仕事について語りだすと情熱が出てくる感じです。

今回は、院長の情熱=矯正治療に対する思いを書きたいと思います。

ここからは院長の記事を抜粋します。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

まず、歯科医師を志したきっかけには、父が、福山市で初めて矯正治療を開始したということが大きいです。今でこそ、矯正治療は世間に広く認知されていますが、昭和47年当時、歯医者さんというのは、むし歯を治すところであり、今から考えても歯並びを治すというのは画期的なことだったと思います。

私は、広島大学大学院で矯正治療を5年間勉強し、矯正治療専門という道も考えましたが、自分の子供がむし歯になったときに、「お父さんは歯並びは治せるけど、むし歯は治せないんだよね。」というのは嫌だったので、そこからは、一般歯科で苦労を積み、福山に戻ってまいりました。

それほど、一般歯科と矯正歯科は、同じ歯科でも全く異なる分野であり、矯正認定医の資格をもち、むし歯の治療ができる歯科医は、福山でもごくごくわずかです。矯正治療が特に専門性の高い分野だからです。

私の思いはただ一つ。患者さんにいつまでも自分の歯でおいしく食事をしていただき、美しい歯でおもいきり笑っていただきたいです。むし歯ができやすい、歯周病になりやすい人には、歯並びが原因と思われる方もいます。私は、「矯正治療は、最大にして最高の予防法」と考え、これからも進化してまいりたいと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

以上です。院長も今は、経験年数20年以上ですが、口癖は、「親父のように手先が器用なわけではない。本当は、すごく向いているかといわれたらそうではなく、努力でここまできた」でした。

しかし!私は、院長ほど、歯科医師が天職な人はいないと思います。だって、普通は、歯科医師免許を取った後、ここまで研修に行って、勉強する人はそう多くはないです。

家族と過ごす時間を削って、自分がゆっくりする時間を削って、全国でも「神」といわれるような著名な先生の講習を全国各地、年間何百という時間と費用をかけて受けて、診断や技術の勉強をしています。

「冷静の中の情熱」です。

1 / 212
ページの先頭へ戻る