勤務医の先生の症例発表を聞いて

歯科衛生士の佐藤です。先日、勤務医の先生ががセミナーで発表した治療計画を院内ミーティングで見せていただきました。

見せてもらった症例で感じたことは資料から現状を読み解く大切さ、大変さ咬合力が歯に与えるダメージは大きいということです。

強い咬合力がずっと加わっていると知らず知らずのうちに歯や骨に影響を与えています。

①歯ぎしりをしている歯が削れてしまう 

②力が加わったところが欠けてしまう

③神経を抜いている歯は力に耐えられず歯根が折れてしまうことが多い

④顎の関節にだるさや痛みが出てしまう

⑤歯を支えている歯槽骨が歯周病じゃないのに下がってしまう

など悪い影響が多いです。

特に力は奥歯に加わることが多いので咬合力が強い人は自分の力の強さで奥歯からどんどん歯を失っていき、口腔の崩壊を招いてしまうこともあります。

咬合力は、なかなか自分で強いかどうかわからないと思いますが、ずっと加わり続けている力は口の中に影響を及ぼしているのでそこから読み取ることが可能です。

まず、写真から分かるポイントです。

 

 

 

 

 

 

写真からは骨と歯の両方の影響を見ることができます。歯列の内側にボコボコっと出っ張っているのは骨です。

これは力の加わっている辺りの骨は分厚くなってできるもので骨隆起と言います。

他にも、歯のすり減り(咬耗)や一部歯質が楔状にかけてしまう楔状欠損も確認できます。

 

 

 

 

 

 

 

次に、レントゲンから咬合力の強さが分かるポイントです。レントゲンからは骨への影響を見ることができます。

ずっと強い力が加わる箇所は頑丈になるので分厚さが増し、咬合力の弱い人と比べると

明らかに骨の分厚さが違いますし、いわゆるエラの張ったような直角の骨になっています。

逆に咬合力が弱いひとは角度のついたようなシュッとした感じの骨になっています。

 

 

 

 

 

以上のように写真やレントゲンから咬合力が強いことを自覚していなくても知ることができます。

歯科医師は患者さんの口腔内を写真や模型などの資料から情報を集めていき、現状の把握や、主訴が起こってしまった原因、主訴以外の口腔内の問題点、そしてそれらすべてを踏まえての治療計画を考えます。

私たち歯科衛生士は歯周病以外の診断を行うことはできないのでドクターの治療の診断を少しでも手助けできるように資料採得の規格性や問診やコミュニケーションをとって中で主観的情報を少しでも引き出せるように努めようと思いました。

歯科医師免許取得後にどれだけ学ぶか 〜勉強会参加の報告

歯科医師の河底友紀です。
 
約1年間FCDCという勉強会に参加させていただくことになり、6月に第1回目、7月に第2回目を受講してきました。
第1回目の勉強会では、資料採得の重要性とそのやり方を学びました。資料から、まず「その患者さんの現状を知る」ことが重要です。そして、「現症に至っている原因はどこにあるのか」、また「どのような経過をたどって現在の状態になっているのか」を把握し、治療ゴールを目指していきます。
そして、実際に患者さんの資料採得を行い診断し治療計画を立て、第2回目の勉強会でそれぞれの受講生がプレゼンテーションをしました。
 
患者さんの口の中の一部をみるのではなく、いろいろな資料をもとに全体をみる…。すると、どうして治療している歯が多いのだろう?どうして顎がいつもだるいと言っているのだろう?どうして歯がこんなにすり減っているのだろう?どうして?どうして?どうして?・・・
資料をじっと見ていると、この「どうして?」の答えがみえてきます。
顎関節に影響が出ているな、おそらく歯ぎしりや噛みしめの癖があるな。噛む力が強いな、だから口の中がこうなっているんだ。矯正治療が必要だな。矯正治療をしたら口の中の環境が良くなって、この問題が解決するな。舌の癖もありそうだな。これも治していかないと…。
問題点がみえてくると、今度は最終的な治療ゴールがみえてきます。
そして、患者さんに「現状がどうなのか。」「それを解決するには何が必要なのか。」「最終的にはどうなるのか。」をお話し、患者さんの希望もお聞きします・
治療計画が決まって、治療がスタートします。
 
今回FCDCで学び始めて、1本1本の歯それぞれをバラバラに考えるのではなく、全体をみて重要な問題点を見逃さないようにしなければいけないとつくづく感じました。
 
講師の先生方は、私たち受講生のプレゼンテーションをご覧になってすぐ疑問に対する答えやアドバイスをくださいます。資料を見ると、頭の中に問題点、解決方法、治療ゴールがパッと浮かぶのだろうな…と思いました。講師の先生方はきっと今まで時間をかけて勉強をし、努力と経験を積み重ねてこられたはずです。私も講師の先生方に少しでも近づけるよう、今後もFCDCで学んでいくつもりです。
 
医療は日々進化しています。大学を卒業後、向上心を持って新しいことを学び続ける歯科医師とそうでない歯科医師とでは、治療結果に大きな違いが生まれてきます。
 
1年間FCDCで学ぶことはもちろん、自分がもっと知りたい身に付けたいと思っていることを勉強し吸収していきたいと思っています。そのために、今後もセミナーや勉強会に参加する機会を増やしたいと考えています。
 
自己投資をしてスキルアップすることで、患者さんに満足していただける治療をしていきたいです。
 
院長が常に先進のものを求めて上へ上へと目指しそれを続けることは非常に根気が必要であることを指導してくれました。
勉強にも1日だけの単発のセミナーから今回院長に参加させてもらっているFCDCのような勉強会のように1年を通して学ぶセミナーまで種類がたくさんあります。兄である院長が目指しているのは、「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」「奢れるものは久しからず」という精神であり、常に上を目指す診療姿勢には尊敬の思いです。
 
技術ももちろん大切です。それに加えて「患者様に寄り添う気持ち」「常に謙虚な気持ち」を忘れず確実な治療結果を出せるような歯科医師を目指そうと思います。
 
 
 

常に進化していくための勉強

4月より院長の妹である友紀先生が加わってくれ、治療の待ち期間が改善されました。

今年度は、友紀先生がFCDCという勉強会に6月より参加しています。

このコースでは、必要充分な資料の採得から診査・診断、トリートメントプランの作成までを柱に、明確な治療ゴールを目指して、勉強していきます。院長も何度も再受講している、歯科医師人生を変えたといっても過言ではないコースです。

また、当院では医院全体での勉強会も行っています。

先日は、株式会社ヒンメル田上先生のご紹介にて岡崎好秀先生の講義を受けました。お子さんの治療への工夫、動物の歯磨きのお話など興味をぐっとひきつけるような内容のお話がたくさん聞けてとても楽しかったです。

我々も、患者様に快適に治療に通っていただけるよう、努力してまいります。勉強って楽しいなあと感じた今月でした。

 

癒合歯って何?!

今日は癒合歯(融合歯)についてお話しします。歯科衛生士の佐藤です。

癒合歯(融合歯)その名の通り本来だったら2本別々に生えてくるはずだった歯が融合して1本として生えている歯のことです。

癒合歯の原因は発生途中の歯の芽 (歯胚) の段階で隣り合った歯胚同士がくっつき成長してしまって発生します。

乳歯の特に前歯で見られます。乳歯より発生頻度は低いですが永久歯でも見られることがあります。

 

 

 

 

 

どれが癒合歯は判断する方法ですが、基本的に歯は左右対称になっています。

これは本数にも歯の形態にも言えることなので癒合歯がある場合はその歯だけ反対側と比べて大きかったり、本数が少なかったりするので判断しやすいです。

では癒合歯がある場合はどうすればいいのかですが癒合歯自体は特に悪さをするようなことはありませんので癒合歯が生えてしまったからすぐにどうこうするというわけではありません。

しかし形が裏側にへこみがあることがあるのでそこへ歯垢がたまってむし歯にならないよう定期的にフッ素の塗布とむし歯のチェックしていくことが大切です。

また親御さんの心配の中には「次に生えてくる永久歯もくっついていますか?」というものもありますが、、、

乳歯が癒合歯だからと言って次に生えてくる永久歯も癒合歯というわけではありません。

パターンとして考えられるのは3つあります。

①永久歯は2本別々に生えてくるパターン

②永久歯も癒合歯として生えてくるパターン

③永久歯が一本足りないパターン の3つです。

①のパターンは問題ありませんが②③のパターンだった時に考えられる問題は歯並びや噛み合わせの異常です。

乳歯が永久歯に変わり始める6歳頃まではしっかりむし歯の予防に努めて生え変わりの時期になったらむし歯予防だけでなく歯並びについても定期的に診てもらっておくことが大切です。

定期クリーニングを受けました

事務局の河底です。

本日、忙しくて受けていなかったメンテナンスをしてもらいました。

痛いところや困っていることは全くありません。ところが大きいレントゲン写真を撮ってみてみると奥歯のポケットが深くなっていて歯周病が進行しているという診断でした。

自分では綺麗なつもりだった口の中も、エアフローできれいにしてもらうといつも思うことですが

「自分の歯の形はほんとはこんな形だったんだな」と思えるほど歯の形の違いを感じ歯の表面がツルツルになります。

今、世間ではコロナウィルス、コロナウィルスと騒いでいますが確かに未知のウィルスで治療薬もないことから重症化した場合のことを考えると本当に怖いです。

しかし歯周病も虫歯も感染症の一つです。治療法が確立されているから怖さはないですが、同じ感染症です。歯周病菌は腫れた歯肉から容易に血管内に侵入し全身に回ります。血管に入った細菌は体の力で死滅しますが、歯周病菌の死骸の持つ内毒素は残り血糖値に悪影響を及ぼします。これが脳卒中や心筋梗塞の原因になります。

最近、口の中がネバネバするなとか、歯が長くなったような気がするな、と思い当たる方、それはすでに歯周病がかなり進んでいます。

 

当院ではまだまだ数の少ない世界基準レベルの滅菌を施し、紙コップ、エプロン、グローブは全て使い捨てにしています。

歯周病はサイレントキラーといわれていますので今回の私がそうであるように、痛みがなく、じわじわと時間をかけ進行していきます。

そのためには、定期的に歯科でクリーニングを受けてください。あなたの10年後、20年後の歯の状態が明らかに違ってきます。

当院には最新のエアフローを使用しております。簡単に言えば車の高圧洗浄機で、水とパウダーをふきつけて歯の表面を傷つけることなく、きれいにする最先端の機械です。東京などでは自費診療でやっているところも多いのですが、当院では矯正治療中の方や保険診療のクリーニングにも使用しています。

エアフローをした後は、汚れも付着しにくくなります。

まだ経験されていない方、最先端のクリーニングをお試しください。

1 / 1012345...10...last »
ページの先頭へ戻る