歯医者選びのポイント

例えば歯が痛くなったとします。さてどこの歯医者へ行こうか。と迷った時、皆さんはどのようなポイントで歯医者選びをしますか?

患者さんに安心して治療を受けていただくために当院では設備や器具にこだわりを持っています。

当院が特に努力していること5つを挙げてみたいと思います。

 

  • 最新の機械の導入

医療の世界は日々変化しています。セミナーや雑誌から情報を入手し、常に患者さんにベストな治療を心掛けています。私たちの技術向上も大切ですが、古い機械を使っていては力を発揮できません。当院には様々な最新の機械が入っており、河底歯科・矯正歯科の技術力をおしあげてくれています。

  • セミナーに継続して行く(5年前と同じ治療はしていない)

多くの歯科医師・歯科衛生士に言えることですが、免許を取ったときのままの知識で止まっている人は少なくありません。当院は、トップである院長が常に最新最良の技術を身に着け、患者さんに提供したいという思いから自らももちろん、スタッフにも勉強の場を与えてくれます。

経験年数ばかり長くなって、自分の技術に自信がないまたは、免許を取ったときのままの知識や技術で何も問題を感じていない医療人もたくさんいます。

院長も患者さん役になって新しい機械を体験しています。↓

 

 

  • ラバーダムを使用した丁寧な根管治療

根の治療を行うとき、細菌感染した部分を取り除いても唾液に含まれる細菌が入ってしまうと予後がよくないと言われています。当院では、お口の中に「ラバーダム」という器具をかけることで唾液の侵入を防ぎ、確実な根管治療ができますが日本ではここまで丁寧に治療をするところは少数です。

 

 

  • 拡大鏡を使用した丁寧な治療

どんなに私は目がいいんだという歯科医師でも肉眼の世界には限界があります。当院では、拡大鏡を使用し、より精密な治療を行っています。

 

 

  • 滅菌に力を入れている

歯科で使用するミラーやピンセットは繰り返し使用するため、菌を完全に死滅させる滅菌が重要になってきます。滅菌できる機械であっても、どこまで菌を死滅できるか機械によって変わります。当院では滅菌パックに入れた器具をクラスBのレベルまで死滅できる滅菌機にかけます。クラスBは世界で最も高い滅菌基準ですが、実は滅菌にはレベルがありクラスBの体制を整える歯科はまだまだ少数です。

 

今回は5つピックアップしてみましたが河底歯科・矯正歯科の魅力はまだまだあります。

当院ホームぺージの「当院100個のいいところ」や「設備紹介」で写真を交えながらご紹介しているのでそちらもぜひご覧ください!

 

「当院100個のいいところ」

https://www.kawasoko-dental.com/concept.html

 

 

「設備紹介」

https://www.kawasoko-dental.com/device.html

年代別歯の本数~最後の最後まで健康で生き抜くために

こんにちは。トリートメントコーディネーターの重森です。

寒かった冬が過ぎ、春の陽気が漂う季節になってきました。

私は1年のなかで春が一番好きです。

モノクロだった世界に少しずつ色が差し込まれる、そんなイメージが湧いてきます。

早春に咲く梅の赤や白に始まり、ロウバイの黄色、

草木も芽吹き始め、緑が増えていきます。

そしてもうすぐ訪れる、桜の淡いピンク色に染まる景色・・・!

・・・お花見、お弁当、お酒・・・

と、結局は、花より団子・・・となるわけですが(笑)

ようは、気候や景色の良い中で食べるお弁当は最高!ということです。

いついつまでも、おいしくお食事がしたいですよね!

食欲は人間の三大欲求の1つです。そう簡単にはあきらめることはできません(笑)

 

人生最後まで、おいしく食事をするためには?

そうです、(ここは歯科医院のブログ・・・)お口の健康が欠かせない!のです。

 

さて、今、このブログを読んでくださっているあなた。

あなたの歯は何本ありますか?

 

今回のテーマは、

「あなたの歯は何本残せる?!

年代別で見る歯の残存本数 ~健康寿命を考える~ 」です!

 

 

歯がだんだん少なくなっていく・・・!?

まずは基本的なことから・・・。

大人の歯(永久歯)は全部で何本でしょう?

このブログの愛読者なら分かるはず!!

そう、28本(親しらずを全部入れると32本)です。

永久歯なので、抜けるともう生えてきません!

 

このことをふまえながら、以下のグラフを見てみましょう。

 

(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイトe-ヘルスネットより

 2011年に行われた全国調査(歯科疾患実態調査))

 

このグラフは「年齢別にみた一人あたりの歯の数の平均値」です。

 

このグラフを見ると、40代半ばくらいから、歯の本数が減っていくのが分かります。

2本減り、3本減り・・・

60代になると、20~30代の時と比べて平均して9本も少なくなっています!

びっくりしませんか?

現在、20~30代のあなた。

60代になると、今より9本も歯が少なくなっているんですよ?!

だいたい歯は奥歯から無くなっていきますので、

上下左右の奥歯が2~3本ない状態を想像してください・・・。

平均値ですので、だいたいの人が近い未来、このようになるということです。

 

そして、70歳を過ぎると歯の本数は、なんと元々の半分以下に・・・。

極端な話、上の歯が全部ない、という状態です。

 

「入れ歯をすればいいのでは?」

そう簡単に考えてはいけません。

私の父(69歳)は入れ歯をしておりますが、日々、苦労をしています。

違和感があるからと、作った当初から入れ歯を入れたがりません。

おのずと合わなくなり、今では食べる時にしか使いません。

たまに外食に行くと「あっ、入れ歯忘れた!」となり、

おいしく食事ができずへこむこともしばしば・・・。

 

もちろん、入れ歯がしっくりくる方も大勢いらっしゃいます。

が、しかし、うちの父のようになる方も現実いらっしゃいます。

 

なにはともあれ、自分の歯があることに越したことはないのです。

 

厚労省が公開した「平成29年簡易生命表」によれば、

日本人の平均寿命が過去最高を更新して、男性は81.09歳、女性は87.26歳となりました。

70歳で歯が半分無くなると考えると、

人生残りの10年~20年近くを自分の歯を半分失った不自由な状態で過ごさなくてはなりません。

 

食事は毎日のことです。

考えてみてください。

20年近くも日々の食事の際に「はぁ・・・」とため息をつかねばならない生活を・・・。

 

 

今からでも遅くない!!

しかし、ただ単に嘆くことばかりではありません!

下のグラフをご覧ください。

(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイトe-ヘルスネットより

平成23年(2011年)歯科疾患実態調査)

 

このグラフは、歯の数の移り変わりを年代を追ってあらわしたものです。

これを見ると、残存歯数はどの年齢層においても増えていっていることが分かります。

 

昨今は歯に対しての意識が高くなっています。

・定期的にメンテナンスに通う

・かぶせをむし歯になりにくいセラミック素材のものに変える

・清掃力を上げる為に歯列矯正治療をする・・・など

このようなケアをすれば、歯の寿命が長くなる可能性も高くなります。

だから、あきらめることはありません!

 

 

あなたの健康寿命を延ばすために・・・

あなたは、「健康寿命」という言葉をご存じでしょうか?

平均寿命が延びてはいますが日本人、最後の10年は寝たきりで過ごす方が多いのです。これは歯の本数が大きく関係しているのです。

最後の10年を寝たきりで過ごさないご老人は自分の歯が20本以上ある方が多いと言われています。

先日のブログにも書きましたが、噛んで食事をすることは全身の健康につながります。

私たちと一緒にあなたのお口の健康を守っていきましょう!!

堀ちえみさんが発症した舌癌について

事務局の河底です。

私の世代にとてもショックだった堀ちえみさんの舌癌について今日は書きたいと思います。

 

このニュースのショックは大きく、当院にもこのニュースの後、このできものは大丈夫かという患者さんが来られました。

通常は歯科医師が診ればすぐに舌癌か口内炎かはわかります。

舌癌の原因

舌癌の原因は不明ですが、飲酒や喫煙、入れ歯や歯の刺激などが原因と考えられています。
入れ歯の噛み合わせが悪い、歯が尖っている、又は欠けているなどの原因で舌に刺激を与える事で舌癌の発生に繋がることも考えられます。

舌癌の治療として、手術と放射線治療を行い、抗がん剤も併用します。リンパ節に転移がある場合には、首のリンパ節の同時切除術を行います。

口内炎とは

口内炎は、歯茎や舌などの粘膜に何らかの原因で炎症反応が出たものを言います。

口内炎には、放置しておいても自然に治癒する口内炎と、癌に移行する可能性のある口内炎があります。ただ、見た目が同じ口内炎であっても、その後悪性化するかどうかはその時点では分かりませんので、こういう口内炎だから良性、こういう口内炎だから悪性、という判断は簡単にはできません。

また、慢性的刺激を受け続けた口内炎が癌化しやすい傾向にはあります。例えば、歯並びにより、ずっと同じ場所に刺激がある、常に頬っぺたを噛んでいる、などです。口内炎だと思っていても、3週間以上治らない場合は早めに歯科を受診してみてください。

35年前に比べて舌癌発症率は3倍!

このブログにも以前書きましたが、現代人はとても顎が小さいと言われています。その原因は噛む回数が減ってきたことにあります。

1食につき弥生時代は3990回、江戸時代では1440回噛んでいたのに対し、現在は600回と言われているそうです。でも、舌は母親の胎内で作られるので、大きさは昔から変わらないわけです。

噛む回数が減っていること

顎が小さくなる

①歯並びが悪くなる

②口内が狭くなり、常に舌は歯からの刺激を受けて緊張している

噛むことには他にも

・脳を活性化し認知症を予防する。
・肥満を防止する  などのメリットもあります。

当院では、全ての方の健康寿命を伸ばすことを目標にしています。そのためには噛むことです。自分の歯でいつまでもおいしく食事をすることが最後の10年を寝たきりにしないために大切なことなのです。

食べることはとても大切なことです。ぜひ食べ物のおいしさを感じながらしっかり噛んで食事してくださいね。最後に堀ちえみさんが早く回復されますように心からお祈りいたします。

最近増えている「顎関節症」

最近「顎が痛い」「口が開きにくい」「カクカク音がする」とおっしゃる患者さんが多いようです。

その症状、顎関節症ではないですか?

最近は顎関節症の人が増えているようで、男性より女性の方が2~3倍多く、特に20代と50代の女性に多いようです。

顎関節症という言葉は聞いたことあるけど詳しくは分からないという方は多いと思います。

よって、今日は顎関節症についてお話ししたいと思います。

 

ではまず顎関節の構造を簡単にご説明します。

 

顎関節は図で表すとこのようになっています。

頭蓋骨の骨と下顎の骨がこのように凸凹がはまるような形になっており、

この骨と骨の間には軟骨と同じようなクッションの役割をしている関節円板からなっています。

 

この下顎の骨が前に移動したり回転することで口を開閉する運動をしています

 

次に顎関節症についてです。

顎関節症とは、顎関節や咀嚼筋の痛み・関節雑音(カクカク音がするなど)・開けると痛い・口が開きにくい(開口障害)など顎関節に起こる慢性的な疾患の総合的な名称のことです。

人によっては耳痛・耳鳴り・めまい・頭痛・頚部痛など周りの組織に痛みが出る場合もあります。

 

 

そして顎関節症は原因や痛みのある箇所によって5つのタイプに分類されています。

 

Ⅰ型:咀嚼筋の痛みが主な症状で顎関節に痛みがないタイプ

Ⅱ型:持続的な外傷や下顎を強く打ったことにより顎関節の周りの

組織が傷ついてしまったタイプ

Ⅲ型:関節円板の位置がずれたり、変形したことが原因で関節雑音・開口障害・痛みなどが生じるタイプ

Ⅳ型:顎関節に強い負荷がかかり骨自体が変形してしまったタイプ

Ⅴ型:それ以外が原因のタイプ(不安やストレスが原因のものも含む)

 

この中でも特にⅢ型の関節円板に障害のあるタイプが60%ほどを占めるそうです。

原因は一つというわけではなく、咬み合わせの異常、歯ぎしりや食いしばりなどの悪習癖、ストレスなど様々な要因が合わさって発症・増悪すると考えられています。

 

そして顎関節症の診断にはご本人の自覚症状と顎関節やその周辺の筋肉の触診や口が最大どのくらい開けられるかの距離や顎運動の診査などの一般診査と歯科用のエックス線診査などの画像診査を行いどのタイプか、どのくらい重症かを診断し治療を行っていきます。

 

次に治療についてです。

当院は症状や顎関節のレントゲンを元に院長が診断し、必要ならばスプリントの作製を行っています。

今書いてきた症状に心当たりある方、顎関節などにお痛みのある方はお気軽にお声がけください。

親知らずってなに?!どうすればよい?

「最近親しらずがうずいてきて、歯医者さんで抜いてもらおうかなぁ~。」

友達との会話でこんな話題が出てきました。体調不良の時や季節の変わり目にうずくという方もいて、痛みがひどい方は痛み止めの薬を飲んで症状を抑えているという話も聞きます。

そもそも親しらずとはどういった歯なのでしょうか。そしてなぜ痛むことがあるのでしょうか。

 

まず永久歯の名称と本数について学んでいきたいと思います。

上の歯を参考にしてみます。上の前歯中央から右に移動して確認していきましょう。鏡で自分の歯を指さしながら確認してみるとより分かりやすいと思います。

1番目の歯:中切歯、2番目の歯:側切歯、3番目の歯:犬歯、4番目の歯:第一小臼歯、5番目の歯:第二小臼歯、6番目の歯:第一大臼歯、7番目の歯:第二大臼歯、8番目の歯:第三大臼歯

と計8本あり、それぞれの歯に〇〇歯と名前がついています。

この並びのセットが右上、左上、右下、左下と4ブロックあり、永久歯は8本×4ブロックで合計32本が一般的です。

指さして確認した時、7番目までしかなかったという方もいるかもしれません。歯を抜いた経験がない方は7番目の後ろに8番目の歯である第三大臼歯が埋まっている可能性が高いです。

この一番奥にある第三大臼歯が別名「親しらず」といいます。

乳歯の生え始めとは違い、親がこの歯の生え始めを知ることはない・・ということが「親しらず」の語源になっているそうです。

現代人の顎は昔の人より小さくなっているので第三大臼歯まで生え切らず埋まっていることや歯の頭が少し出ていることが多いです。もちろん完全に生えている方もいます。

食事や普段の生活に支障がない場合は第三大臼歯が埋まっている状態でも全く問題ないです。第三大臼歯が完全に生えて上と下で噛み合っている場合も問題はありません。しかし

・頭が少し出ていて歯ブラシの毛先が届き切らず虫歯になっている

・埋まっている第三大臼歯が真横に生えて第二大臼歯を押して痛みが出る

・歯並びに影響している

 

こんな時は抜いた方がよいです。365日歯ブラシが当たっていない場所があると思うとぞっとしませんか??

抜き方にもパターンがあるので順番に見ていきましょう。

まずはパノラマレントゲン写真を撮り、歯がどのような向きで生えているか調べます。

歯が生えている種類は大きく分けて3種類に分けられます

①真っすぐ生えている

②斜めに生えている 

③真横に生えている 

抜歯を行う場合は表面麻酔を行い、局所麻酔を行います。

①真っすぐ生えている時は歯の頭をペンチのような器具(抜歯鉗子ばっしかんし)でつかみ、抜きます。

②斜めに生えている時は第三大臼歯や骨の一部を歯を削る機械で分割し、抜いていきます。

③真横に生えている時は歯茎をメスで開き、歯の頭と根を機械で削って分割し、頭を抜いた後根を抜きます。

メスで切り開いた後は抜歯した穴を針と糸で縫います。

この時期は寒い日が続いたり、風邪も流行っているので体調不良を抱えている方がいらっしゃるかもしれません。親しらずでお悩みの方は是非ご相談ください。

1 / 612345...last »
ページの先頭へ戻る