お口の中の唾液の効果

こんにちは。受付の大成です。

今回は、お口の中の唾液の効果についてお話します。みなさんは、唾液の効果についてどのようなイメージをお持ちですか?

私が初めて唾液について知ったのは学生時代の授業で、唾液に含まれる酵素アミラーゼがデンプンの分解をサポートし食べ物の消化を助けるというものでした。実は唾液にはその他にもさまざまな効果があるんです。

唾液は口腔内の3つの唾液腺から1日に1L1.5Lほど分泌されており、お口の中には常に2~3ml存在しているといわれています。普段は無意識に飲み込んでいますが、すごい量ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、唾液の効果について8つご紹介します。

1 お口の中を清潔に保つ

お口の中の食べ物のカスや口内細菌を洗い流しきれいにすることで、口臭や虫歯・歯周病を予防してくれます。

2 再石灰化作用

唾液に含まれるリンやカルシウムは歯の再石灰化を促し、虫歯菌によって溶けかけた歯を修復して強くします。

3 お口の中のpHを一定に保つ

お口の中pHバランスが酸性・アルカリ性に傾かないよう調整してくれます。

特に食事の後はお口の中が酸性に傾きやすく、酸性の状態が長時間続くと歯が溶けて虫歯になりやすくなります。唾液の効果でいち早く中性に戻すことで虫歯を防ぎます。

4 抗菌作用

唾液に含まれる酵素などの効果により、口から入ってくる細菌の侵入や増殖を防ぎます。

5 お口の粘膜を潤し、舌やのどの動きを滑らかにする

唾液が歯や粘膜を覆うことで、細菌による刺激や感染、歯の摩耗を防いでくれます。また、潤いによって舌や喉の動きがなめらかになり、食事や会話がスムーズになります。

6 飲み込みを助ける

かたくパサパサしたものでも、唾液と混ざることでまとまり飲み込みやすくなります。

7 消化を助ける

唾液に含まれる消化酵素アミラーゼがデンプンを分解し、体内に吸収しやすくします。

8 味を感じやすくする

舌にある味蕾(みらい)に唾液が味のもととなる物質を運ぶことで、食べ物の味を感じることができます。

上記のように、唾液はお口や体の健康を守るために大切な役割を担っています。

もしこの唾液の分泌量が減ると

・虫歯や歯周病が多くなる

・口臭がきつくなる

・体調を崩しやすくなる

・味を感じなくなる

・口内炎、口角炎になりやすくなる

・食べ物が飲み込みにくい

・会話がしづらくなる

など、さまざまな影響が考えられます。

唾液の分泌量が減る原因としては、生活習慣や環境(ストレス、口呼吸、不十分な口腔ケア、乾燥した室内など)、脱水、加齢に伴う機能低下(女性の場合更年期障害以降に見られがち)薬の副作用、疾患などが考えられます。

唾液の分泌を促すためには、まずは水分をこまめに取ることが大切です。

そしてよく噛むことです。しっかり噛んで食べることにより、唾液腺が刺激されよく唾液が出るようになります。食事はもちろんですが、虫歯を予防してくれる効果をもつキシリトールガムを噛むと唾液の分泌も促すことができるのでおすすめです。

また、笑う・話すことで表情筋を使うと唾液腺を刺激することができます。最近はコロナ禍でマスクをしていることや、人と会って会話をする機会が減っていることもあり表情筋が衰えることも問題視されているため、意識して使うことが大切になります。

さらには、唾液腺のある場所を軽くマッサージしたり、意識的に舌を動かすことも唾液の分泌を促すことにつながります。

もう一つ大切なのが「鼻呼吸」です。せっかく唾液が分泌されても、口を開けて呼吸をしているとすぐに乾いてしまい唾液の効果が十分に発揮できません。

唾液はお口と体の健康を守るためになくてはならないものです。まずはよく噛んで食事をしましょう。そして定期的なお口のメンテナンスにもお越しくださいね。

妊活の前に歯周病治療を!

⻭科医師の河底友紀です。 今回は、⻭周病と不妊・早産の関係についてです。 ⻭周病とは、細菌の感染によって引き起こされる⻭の周りの組織の病気です。進⾏すると⻭ を⽀える⾻が溶けていき、最終的には⻭が抜けてしまうこともあります。

なぜ、お⼝の中で 起きる⻭周病が不妊や早産と関係があるのでしょうか? ⻭周病は全⾝の疾患に関連すると考えられています。

最近では、病院に入院すると手術前に必ず、歯科で歯周病の治療をするように指導されると思いますが、これは、歯周病をしっかり術前に治さないとからだの疾患も治せませんよということです。それくらいお口のケアはからだの健康に通じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯周病菌が全身に流れ込むと心筋梗塞を発症する確率が高くなったり、誤嚥性肺炎を引き起こす確率が高くなることはすでに有名です。歯周病は不妊や早産にも関係があることがわかってきています。

フィンランドで⻭周病が妊娠 しやすさに及ぼす影響を調べることを⽬的とした試験が実施されたそうです。その結果、妊 娠しなかった⼥性と妊娠した⼥性を⽐較すると、妊娠しなかった⼥性は⻭周病菌である P.gingivalis が明確に⾼く検出されました。しかも、唾液や⾎清中の P.gingivalis に対する抗 体については不妊率を 3 倍に、明確に⻭周炎である場合は不妊率を 4 倍近くに⾼める可能性があると分かったのです。(年齢、喫煙、経済的理由は無関係)

妊娠前であっても⻭周病菌が増えると免疫やホルモンバランスに影響を及ぼす可能性があ り、⽣殖機能の低下が懸念されているそうです。 また、妊婦が⻭周病になると⻭周組織の破壊が通常よりも速いスピードで進⾏します。する と、⻭周病菌がもたらす炎症物質が過剰に⽣成され、⾎管の中に⼊り込み⾎液とともに全⾝ に運ばれます。この炎症物質は⼦宮を収縮させるホルモンに酷似していることから、早産の 危険性が⾮常に⾼くなるといわれています。⻭周病でない妊婦さんよりも 7 倍以上もの確 率で早期、低体重児出産が起こるそうです。

 

妊娠中は⻭磨きが不⼗分になったり、妊娠期に増加する⼥性ホルモンが⻭周病菌を増殖し やすくするため、⻭ぐきに炎症が強く現れることがよくあります。また、お⺟さんの⾎液中 の⻭周病菌は胎盤に付着し、細菌感染を引き起こします。その結果、おなかの⾚ちゃんが出 産時の胎盤を通して⻭周病菌に感染する危険性もあります。 以前読んだ本に「妊娠前、できれば妊活をスタートする前に⻭の治療を済ませるのが理想。」 と書いてありました。

 

妊娠する前から定期的な⻭のメンテナンスを受けて、⻭周病や⾍⻭を 治療しておきましょう!

食べ物が歯に挟まるというストレス、見逃していませんか?

歯科衛生士の佐藤です。みなさんは食事の後に食べ物が歯に挟まってしまうなんてことありませんか?歯と歯の間のきつさは人によってそれぞれなので全然挟まったことのないという人もいると思いますが、歯は隣の歯とくっついている部分(コンタクト)と隙間がある部分(歯間空隙)が存在します。

 

 

 

 

 

 

前歯の形はあまり膨らみがないのでこの歯間空隙はあまりありませんが、奥歯は丸みのある形をしているのでこの歯間空隙が前歯より広く存在します。

この空隙に食べ物が挟まるのです。なので歯並びによっては前歯にも挟まりますが奥歯に挟まる人の方が多いと思います。

元々挟まりにくい人も挟まるようになってしまうことがあります。

1つはむし歯です。 むし歯が原因で歯に大きな穴が開いてしまった場合、その穴に食事のたびに食べ物が入り込んでしまうことはよくあります。

咀嚼するたびに食べ物がぐいぐい押し込まれるので痛みを伴う場合もあります。

そして、入り込んでしまうと歯磨きだけではなかなか取りにくくむし歯が進行してしまったり、痛みがずっと続いてしまったりします。

また、むし歯の治療で詰め物や被せを作成した際に何らかの原因で歯が動いてしまい、コンタクトが緩くなってしまった場合にも挟まりやすくなることがあります。

次に歯周病です。

歯は周りを骨で囲まれて支えられています。歯周病はその周りの骨を溶かしてしまう病気です。

骨はどんどん根っこの方向へ下がっていきます。それと一緒に歯ぐきも痩せていくので最初の写真の三角形がどんどん大きくなっていき、物が入り込む隙間が広がっていきます。

骨は溶けてしまうと元に戻らないのでその後も挟まりやすい状態が続きます。

:歯周病の状態

:健康な状態

 

 

 

 

 

 

挟まりやすい原因がむし歯だった場合はむし歯を取り除き詰め物や被せを作っていく必要があります。

被せが合わなくて挟まりやすい場合は既にむし歯があればもちろん作り直しになります。むし歯がない場合は自分で「むし歯がないならまだこのままでもいいかな…」と思われる場合はメンテナンスを定期的に行い、経過観察をする場合もあります。

だたし、ものが入りっぱなしになっているとむし歯になったり、歯茎が腫れたりするリスクがあるので普段の歯磨きを気を付けていただく必要があります。

歯周病の場合でも、もちろん歯周病の治療が必要になります。

歯周病の場合はむし歯と違い治療後も歯間が広く空いている状態が続くので患者さんの歯間に合った歯間ブラシやフロスを使っていただく必要があります。

歯間ブラシは素材や太さの種類がたくさんあるので歯科医院で自分に合ったサイズを診てもらうことをお勧めします。

元々の歯並びが原因でむし歯や歯周病が無くても挟まりやすい方はいらっしゃいますが、治療が必要という場合もあるので気になったら是非一度は歯科医院で診てもらってください。

人生100年時代で歯を一生保つためのお話

アシスタントの山本です。今日は人生100年時代で歯を一生保つためのお話をしたいと思います。

最近では、歯の健康と全身の健康の関係が明らかになってきています。それが医療費も大きく関係していることが分かっています。長期的にみると歯のメンテナンスが医療費の大幅な節約につながるのです。

65歳で総医療費が平均より15万円もやすくなります!(トヨタ関連部品健康保険組合と豊田加茂歯科医師会の共同調査)

組合員5万2600人の2003年度の医療費と受診歴のデータを分析し、歯医者で年2回以上、定期的に歯石除去などをしている602人の医療費について調べたところ次のような結果が出ています。

・定期的に歯医者を受診している人は48歳までに総医療費が平均より高かったが49歳以降平均よりも総医療費が安くなった。

・49歳以降、総医療費の差はどんどん広がり65歳では定期受診の人が15万円も安くなった。

・年齢が高くなるほど、総医療費の差は大きくなった。

また、残存歯数が生涯医療費と入院日数を決めるとも言われています。な、なんと

少数歯(0−9歯)になると要介護になる確率は15倍になります。そして

10−19歯でも要介護になる確率は7倍になるんです。

歯のメンテナンスで医療費が安くなる主な3つ理由

定期的にメンテナンスを行うことにより、効果的に虫歯、歯周病を予防して多くの歯を残すことができます。以下のような理由から全身の健康が維持されて生涯医療費の削減につながったと考えられます。

①歯の喪失によりさまざまな疾患のリスクが高まる
メンテナンスを行わずに多く歯を失うことにより、次のような疾患、症状の発生リスクが高まるため医療費が高くなってしまうと考えられます。

脳血管患、心臓疾患(脳梗塞、脳卒中、狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈など)、誤嚥性肺炎、早産、癌等です。

歯の喪失が、さまざまな疾患のリスクを高めるのは、「噛み合わせの乱れによる全身バランスの悪化」「軟食傾向が引き起こす栄養バランスの偏り」さらには歯周病菌が全身疾患に直接結びついていることも研究として明らかになってきています。

そのため、メンテナンスで歯を守ることによって全身疾患を予防することができ、結果的に生涯医療費の削減につながるのです。

②虫歯・歯周病は再発しやすい
虫歯になると、削って詰め物や被せ物をします。治療によって痛みをなくすことはできますが、元の健康な状態に戻せるわけではありません。また治療済みの歯では虫歯の再発リスクが高くなるため最初は小さな虫歯であっても、再発を繰り返して最終的に抜歯が必要になってしまうケースも少なくありません。さらに、歯周病は自覚できる初期症状かないため進行しやすく適切なメンテナンスを行わなければ再発しやすくなります。症状に気づく頃には重症化してしまっているケースも少なくないため、歯周病で多くの歯を失ってしまうのです。

1本のはを失うとさらに歯を失いやすくなります。虫歯や歯周病で歯を失った場合、歯を補う治療が必要になりますが、被せの種類によっては他の歯に負担をかけ、その歯も失うリスクが高まります。特にブリッジの治療は両隣の健康な歯を削って歯を補うため支えとなる歯を失うリスクが高まります。将来に多くの歯を残し、全身の健康とそれによる障害医療の節約につなげるには、定期的なメンテナンスにより虫歯や歯周病を発生させないこと、歯の喪失を防ぐことが必要です。

③メンテナンスで効果的に歯を守れる
将来的に多くの歯を残す為にははを失う二大原因の虫歯と歯周病を防ぐことが必要ですがセルフケアには限界があります。丁寧に歯磨きをしたつもりでも十分に汚れを落とすことが難しいため歯磨きだけでは効果的に予防できないのです。また虫歯や歯周病の原因はプラークだけではなく、唾液の分泌量の不足や歯を守る血力が弱いため口の中に病気の原因となる細菌が増殖することで発生リスクが高くなる人もいます。そのため、自分のリスクに合った対策を行わなければ効果的に病気を防ぐことはできません。病気は発生、再発を繰り返し年齢を重ねるごとに残っている歯が減ってしまいます。

定期的にメンテナンスを受けた人と治療だけをした人では年齢がたくなるにつれて残っている歯に差が出てきます。メンテナンスを受けることによって残存歯数は大幅に増えるためそれより歯や全身疾患の治療にかかる費用の節約に繋がるのです。

日本では予防歯科への理解や普及が十分ではありませんが、予防歯科先進国のスウェーデンでは、メンテナンスで歯科を受診するのは一般的で、歯科疾患の少ない国だと言われています。

メンテナンスを継続することでお口の健康が守られるのはもちろん生涯医療費の節約にもなるので、ぜひ痛みがなくてもぜひ今からでも定期的なメンテナンスを受けてみてください。

コロナむし歯?

こんにちは。受付の黒田です。

10 月も終わりに近づき、やっと秋らしい気温になってきましたね。 今日は TV でも紹介されていた“コロナむし歯”についてお話ししたいと思います。コロナむし歯って・・・最初にテレビをみて何かと思いました。。

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い歯科の受診を控える方が多くなった今、むし歯などが悪化するケースが増えてきています。最近、受付にいると「コロナで定期検診を控えていたらむし歯になったかもしれない。」「コロナが怖くて治療を中断していた歯が痛いので診てほしい。」という声を多数 いただきます。

更に大人だけでなく子どものむし歯が重症化しているケースも多くみられます。 これは、新型コロナウイルスによる生活の変化が原因と考えられます。自宅にいる時間が増え、 お菓子や甘いものを摂取する機会が増えたり、感染リスクを恐れ歯科への通院を中断していることなどがあげられます。

そして、マスクの着用も口内トラブルの原因となっています。会話や口を動かすことが減ったり、 口呼吸が増えることから唾液の分泌量が減り、口内細菌が溜まりやすくなるのでむし歯や歯周病のリスクが高まります。 口の中が汚れていると新型コロナウィルスにもかかりやすくなると言われており、口腔ケアを しっかり行うことによって歯周病菌が減り予防にも繋がります。更にこれからの季節に増えて くるインフルエンザの予防にもなります!口の中を歯周病や虫歯などがない健康な状態に保つ ことは、新型コロナウィルスに感染した場合でも、重症化を抑えられる可能性が高くなりますし、感染しても、重症化に至らない確率が高くなります。

当院ではより皆さまが安心して歯科治療を受けられるように様々なコロナウイルス対策を行な っております。

・まず、来院時には検温とコロナウィルスに関する問診票の記入をお願いしています。

・更に、アルコール消毒、治療前に必ずうがいをしてもらい、院内は常に換気を行っています。

・受付ではウィルスガードを設置したり、待合ではマスク着用をお願いしております。

・診察券もアプリに切り替え、レジも釣り銭機を導入しているので究極の非接触を実現しています。

・そして、週末に医院内を Etak での消毒を行っています。Etak の特徴は効果が長持ちすること です。塗布、噴霧したところにしっかり固定化し、蒸発しないので拭き取ったり水で流しても抗菌成分は剥がれません。一週間は効果が持続します。 このように、当院では継続して感染予防対策を行なっています。

安心して通院していただけるようにこれからも努めて参ります。

2 / 912345...last »
ページの先頭へ戻る