蓄膿症と親知らずの関係は?

最近また寒くなってきましたね。歯科衛生士の佐藤です。

下向いていると鼻水が垂れてきたり、鼻が詰まって苦しくなったりしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

インフルエンザや、新型コロナウイルスなどの感染症も流行ってきているのでただの風邪と思わず不調がある際は病院を受診してくださいね。

今回は鼻づまり繋がりで歯科と関係のある鼻の病気についてお話したいと思います。

歯科と関係のある鼻の病気、それは蓄膿症です。

蓄膿症とは正式名称を慢性副鼻腔炎といい、副鼻腔(前頭洞・篩骨洞・上顎洞)に膿が溜まったり、ポリープが出来てしまったりし

た状態のことを言います。

その症状のうちでも、細菌の感染などにより膿が溜まっている状態を特に蓄膿症と呼びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

蓄膿症に関係が強いのは、上の奥歯と上顎洞です。

上顎洞も体の成長とともに大きくなっていきます。上顎洞が大きくなっている間に上顎の永久歯が生えていきます。この二つの成長が重なって歯根と上顎洞の間の距離が短いことや、写真のように歯根が上顎洞に入り込んでいる事もあります。

 

 

 

 

 

 

このように歯と上顎洞の距離が近いとむし歯が進行して根の先に膿の袋ができた時や歯周病が進行して細菌が蔓延している状態だと骨を簡単に壊してしまいます。

そうすると根の先の膿や周りの細菌が上顎洞にまで広がっていき蓄膿症の症状を引き起こしていきます。

症状は原因歯のある方に現れます。

上顎洞のドクドクするような脈動性の痛みと原因歯とその周辺の歯の痛み、頭重感、鼻閉感、全身的にも発熱や倦怠感、食欲不振などの症状が現れます。

治療法はまず、抗菌剤や抗炎症剤などを投与して、炎症を抑えていきます。

その後、原因歯の治療に移ります。原因に応じた治療(歯周病治療や根っこの治療など)を行っていきますが、それで改善しない場合は抜歯をすることもあります。

また、歯と上顎洞が近接、突き抜けている場合は抜歯することで口腔内と上顎洞が繋がってしまうこともありますがそういった場合は抜いた後の穴が治っていくごとに塞がっていきます。

穴が大きくて塞がらない場合は塞ぐ手術が必要になることもあります。

蓄膿症は歯が原因のものが全部ではなく、鼻が原因でなるものもあるので歯が原因で蓄膿症になるリスクを少しでも減らすために歯科を定期的に受診してむし歯や歯周病になっていないかなどチェックしていきましょう。

バレンタインデーにはキシリトールを!

受付の黒田です。入社して2ヶ月が経過しました。みなさんはキシリトールと聞いて何を思い浮かべますか?

キシリトールガムやタブレットなどお口の中をすっきりさせてくれる印象が強いと思います。

それは、キシリトールは溶解時に吸熱反応が起こり、口に含むとスーッとした爽やかな冷涼感が得られます。その為ミントフレーバーに合うことからキシリトールを使った食べ物にはミント味が多くみられるからです。

しかし、実はキシリトールとは糖アルコールという甘味炭水化物の仲間で自然界では多くの果実や野菜に含まれており、糖アルコールの中でも最も甘く、砂糖と同じ甘味度を持っています。また、それは人体でも作られます。

そして、天然の素材の甘味料と言われているキシリトールを始めとする糖アルコールは、むし歯の原因になりません。糖アルコールからは、口の中で歯を溶かすほどの酸は作られないからです。また、キシリトールは甘みが強いので、その甘味により唾液も出やすくなります。酸を作らない、唾液の分泌を刺激して酸を中和するのでキシリトールはむし歯にならないのです。

キシリトールを一定期間以上口の中に入れると、むし歯の原因となる歯垢がつきにくくなるだけでなく、歯の再石廃化を促し、歯を硬くします。そして、むし歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を弱める動きも持っています。

このような働きは、他の甘味料にはみられないキシリトールだけの効果です。

更に、キシリトールはインシュリンに関係なく代謝されるので糖尿病患者も安心して摂取が出来ますし、ダイエット中の方でも甘さは砂糖と同じですがカロリーが半分なので罪悪感なく食べることが出来ます。

みなさんの中には、食後のデザートがやめられない、甘いものが無償に食べたくなるといった方は多いはず、、、私もそのうちの一人ですが()

そんな方におすすめしたいのが、歯医者さんのアイディアで誕生した砂糖不使用のキシリトール100%のチョコです。お子さんのお菓子によるむし歯に悩まれている方にもチョコレートで楽しくむし歯予防出来るんです!

チョコレートの中でむし歯の大きな原因となるのはみなさんもご存知の通り砂糖す。その砂糖を全く使わず、甘味料を100%キシリトールにすることでむし歯予防の効果もさることながら、プラークをキシリトールが変化させることによりむし歯になりにくい口腔内環境を作ることが出来ます。

当院で今年取り扱っているのはスタンダードなものに加えてほうじ茶、抹茶味です。

抹茶味はカテキンも入っているのでカテキン効果、キシリトール効果でとてもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も食べましたが味は普通のチョコです!これがむし歯予防になるとは思わないですし、おいしく食べれて更に予防にも繋がるなんてお得ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子さんで歯磨きが苦手だったりなかなかお菓子がやめられなくて悩まれている方でも歯磨きをしたご褒美に一粒あげたり、寝る前でも安心して食べれるので気になる方は是非一度試してみてください!

今年もありがとうございました

事務局の河底です。今年も残すところ、わずかとなりました。

2019年の河底歯科・矯正歯科を振り返りますとこの1年もまたあっという間に過ぎました。

参加しているMID-Gでのマニュアルコース表彰式、歯科衛生士学校での矯正学講義担当、消費税アップ、院内のデジタル化の推進・・と今年も例年に劣らず多くの出来事がありました。また、「一年の計は元旦にあり」という諺(ことわざ)がありますが、当院は毎年元旦よりも早く11月くらいには来年の計画を立てるようにしています。

スタッフも同じです。

野球の大谷選手が花巻東高校一年のときにドラフト1位指名を受けるために自分がやらなければならないことを一覧にして書き出していたのを当院でも同じようにやっています。

医院として個人としてどんな風になっていきたいか、目標を見える化して前に進んでいます。

また、話はガラリと変わりますが、年末といえば大掃除ですよね。

我が家も十分とは言えないながらも大掃除に着手しました。1日では終わらないほど普段掃除をためてしまっています。この掃除をするときに、私はいつも歯のクリーニングのことを考えます。

掃除だって毎日こまめにやっておけばこんなに大変にはならないのです😅

台所やトイレ、風呂、、、、水回りは本当に掃除が大変です。私の場合、泡ハイター、歯ブラシ、クエン酸、ありとあらゆる薬剤、道具を使います。車の掃除には高圧洗浄機も使います。また、頑固な汚れのついた子供のシューズを洗うのは超音波を使います。

これって本当に歯のクリーニングに似ているんです。きっと毎日の歯磨きが十分ならば大変ではないのですが、だいたい歯科に来られる方は、プラーク、歯石がついています。

当院でもエアフロー、超音波スケーラー、ハンドスケーラー、歯磨剤もいろんな種類を使っています。あの手この手、道具と専門技術できれいに磨いていきます。

そのパワーをご覧ください。歯面に水とパウダーを吹き付けて汚れを吹き飛ばします。

↑エアフローを使用して清掃している歯科はまだごく少数です。おうちにはない道具や機械で専門的に磨きます。

歯周病はこんな感じです。歯周病は感染症ですのでとにかく、バイキンを減らしていくことです。歯科でクリーニングに通う治療期間中も朝昼晩、食べ物を食べる度に、飲み物を飲む度に汚れはついていきます。

エアフローにはきれいにするだけの効果ではなく、新たなバイキンを付着しにくくする効果もあります。

歯石はただの汚れと思わないでください。歯を支えている骨をどんどん溶かしていく病気です。

基本的に歯周病はサイレントキラーですので症状がなく、じわじわと進行していきます。歯茎の中はこんな風になっています。あれ?歯が少し長くなったかな?ぐらぐらしてきたかな?と思ったときには相当歯周病が進んでいると考えてください。

毎日、使わないといけないお口の中です。是非きれいにしてあげてください。毎日、当たり前と思って食べている食事も歯が十分にあってこそです。

お忙しい方も年末または年始に、またそれも忙しくて歯科にいけなかった方はせめて自分の誕生日月にご褒美として歯科でクリーニングしてみてください。舌で歯を触ってみると歯ってこんな形だったんだな、と改めて思えるほどきれいになります。当院は滅菌にも大変力を入れています。一生笑って、自分の歯で食事ができるようにお手伝いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

冷たいアイスが美味しい時期・・・くさび状欠損とは???

歯科衛生士の吉岡です。この暑い時期、アイスクリームがおいしくてつい食べてしまいますね。

だけど・・・歯にじわじわ冷たいものがしみる感じ。これはもしかして・・・

気になって鏡を見てみると、大変なことに!歯の付け根がくぼんでいてショック・・・

まさか自分が、くさび状欠損!?知覚過敏!?

 

 

 

 

 

 

 

これに気づいたのは約2年前でした。

私と同じように、今までしみていなかったのに冷たいものがしみる

歯ブラシでしみた感じがある

歯の付け根にくぼみがある

というように患者さんからこのような訴えがよくあります。

お口の中を見てみると、歯と歯茎の境目が削れているパターンが多いです。

それは、虫歯ではないのに歯と歯茎の境目がくぼんでしまうくさび状欠損という疾患です。

くさび状欠損というのは、横から見るとくさび状 < ←このような形で、よく堅い木材や金属でつくられた三角形の道具みたいな形をしているのでくさびという言葉を使います。

歯と歯茎の境目がくさび状に削れていることをくさび状欠損といいます。

くさび状欠損の原因は、ブラッシング圧が強すぎたり、研磨剤がたくさん入っている歯磨き粉で歯磨きをしているとできることがあります。

また、強い食いしばりや、歯ぎしりをしていると表面の歯の質が壊れてなる場合もあります。

患者さんのお口の中をみていると少なくても1~2本はあります。

くさび状欠損になってしまうとそこから虫歯になったり、しみる症状(知覚過敏)になることがあります。

そのようなことにならないための当院での治療方法としては、

しみる症状がある方にはもしかしたらバイキンが原因でしみている可能性もあるので、まずはしっかり歯垢や歯石をとり、歯茎の炎症を抑えることを第一にしていきます。

状態がよくなればしみることはなくなります。

それでも症状が治まってこない場合は、しみ止めのお薬を塗って経過をみていきます。

しかし、症状が治まらなかったり、あまりにも深く削れている歯に関しては白い詰め物で埋めなければならないことがありますが、強い歯ぎしりや強いブラッシング圧が治まらない限り詰めたところが欠けてしまう可能性もあります。

また、その詰め物は症状が治まってもバイキンの付きやすいものになりますので、正しい歯磨きが必要になります。

強い歯ぎしりや食いしばりが原因であれば、直接歯と歯が触れ合わないようにマウスピースをつくって毎晩つけていただくことがお勧めです。

また、歯ブラッシング圧が強い方は強さのコントロールが必要です。歯磨剤についても研磨剤が少ないものにしたり、食べた後すぐの歯磨きはせずに30分あけてから磨いたりとお家でのケアも工夫してみてください。

心配な方は、今お使いの歯ブラシを持って歯科医院へ行ってみて相談してみるのもいいと思います。 

私たち歯科衛生士が、皆さんと一緒に改善できるようにサポートしていきます。

よく聞く口内炎、その原因や治療法は?

今日は口内炎の話をしたいと思います。

堀ちえみさんのニュースがあってから今までただの口内炎と思っていたものが気になりだしたという方が増えています。

患者さんからも「ベロにできたのも口内炎っていうのかしら・・・」と質問を受けたりします。

答えはYES!なんです。

実は口腔内の粘膜の表面にできた炎症は全てまとめて『口内炎』と言われます。

口内炎ができた部位によって 舌炎や口唇炎、口角炎と分類させることもあります。

病態によって アフタ性口内炎や潰瘍性口内炎と分類されるものもあり、一口に口内炎と言っても詳しく見てみると様々な種類があります。

次になぜ口内炎ができるのかです。

原因は様々ですが明らかになっているものは、細菌・真菌・ウイルスなどによる感染症として起こるものです。

これも感染している菌によって名称が違ってきます。

よく聞くものではヘルペス性口内炎があります。これは単純疱疹ウイルスに感染することによって起こります。

感染症以外では抗菌薬やステロイド薬を服用していること・アレルギー・白血病・放射線などの関与が考えられ、他にも体調が悪いときにできやすいことから全身疲労や風邪・胃腸障害・ビタミン欠乏などが考えられます。

さらに金属などのかぶせ等の補綴物で不良なもの、むし歯などによる粘膜への刺激も原因となることもあります。

次に口内炎の治療法についてです。

一般的に口内炎にはステロイドを含む口腔内用軟膏や貼付薬が使用されます。

この薬は口内炎にとてもよく効きます。

さらに口内炎は時間の経過とともに自然に治癒することも多いです。

当院では院長の所見の下で次の処置を行います。

①軟膏の処方

当院では『デキサルチン口腔用軟膏』の処方を行っております。

 

②レーザー処置

レーザーを当てることで炎症を抑え、傷の直りを早めることができます。

レーザーと聞くと痛そうに感じるかもしれませんが痛みはほとんどありませんのでご安心ください。

  

最後に予防法についてです。

・口腔内を清潔に保つこと

口腔内疾患の原因が細菌であることが多いです。ですからまず口の中の細菌を減らす事が大切です。

・体調を整える

体の免疫が下がっていると普段悪さをしない細菌でも原因になることもあります。

バランスの良い食事や十分な睡眠をとることが大切です。

・粘膜への刺激を無くす

歯の尖っている箇所や口に合わなくなった補綴物などがずっと粘膜に当たって刺激しているとそこに炎症が起こることがあります。

被せのやり替えや尖った部分を磨いて丸めることで刺激を取り除くことが大切です。

今日は口内炎についてお話をしてきました。

先ほども話したように口内炎は薬や時間の経過とともに治っていきます。

しかし、全身疾患の初期症状として口内炎ができるということもあります。

「薬を塗っても治らない」「しばらく経っても治らない」という場合は放っておかずに

速やかに病院を受診するようにしてください。

ページの先頭へ戻る