MonthlyArchive: 2019.06

よく聞く口内炎、その原因や治療法は?

今日は口内炎の話をしたいと思います。

堀ちえみさんのニュースがあってから今までただの口内炎と思っていたものが気になりだしたという方が増えています。

患者さんからも「ベロにできたのも口内炎っていうのかしら・・・」と質問を受けたりします。

答えはYES!なんです。

実は口腔内の粘膜の表面にできた炎症は全てまとめて『口内炎』と言われます。

口内炎ができた部位によって 舌炎や口唇炎、口角炎と分類させることもあります。

病態によって アフタ性口内炎や潰瘍性口内炎と分類されるものもあり、一口に口内炎と言っても詳しく見てみると様々な種類があります。

次になぜ口内炎ができるのかです。

原因は様々ですが明らかになっているものは、細菌・真菌・ウイルスなどによる感染症として起こるものです。

これも感染している菌によって名称が違ってきます。

よく聞くものではヘルペス性口内炎があります。これは単純疱疹ウイルスに感染することによって起こります。

感染症以外では抗菌薬やステロイド薬を服用していること・アレルギー・白血病・放射線などの関与が考えられ、他にも体調が悪いときにできやすいことから全身疲労や風邪・胃腸障害・ビタミン欠乏などが考えられます。

さらに金属などのかぶせ等の補綴物で不良なもの、むし歯などによる粘膜への刺激も原因となることもあります。

次に口内炎の治療法についてです。

一般的に口内炎にはステロイドを含む口腔内用軟膏や貼付薬が使用されます。

この薬は口内炎にとてもよく効きます。

さらに口内炎は時間の経過とともに自然に治癒することも多いです。

当院では院長の所見の下で次の処置を行います。

①軟膏の処方

当院では『デキサルチン口腔用軟膏』の処方を行っております。

 

②レーザー処置

レーザーを当てることで炎症を抑え、傷の直りを早めることができます。

レーザーと聞くと痛そうに感じるかもしれませんが痛みはほとんどありませんのでご安心ください。

  

最後に予防法についてです。

・口腔内を清潔に保つこと

口腔内疾患の原因が細菌であることが多いです。ですからまず口の中の細菌を減らす事が大切です。

・体調を整える

体の免疫が下がっていると普段悪さをしない細菌でも原因になることもあります。

バランスの良い食事や十分な睡眠をとることが大切です。

・粘膜への刺激を無くす

歯の尖っている箇所や口に合わなくなった補綴物などがずっと粘膜に当たって刺激しているとそこに炎症が起こることがあります。

被せのやり替えや尖った部分を磨いて丸めることで刺激を取り除くことが大切です。

今日は口内炎についてお話をしてきました。

先ほども話したように口内炎は薬や時間の経過とともに治っていきます。

しかし、全身疾患の初期症状として口内炎ができるということもあります。

「薬を塗っても治らない」「しばらく経っても治らない」という場合は放っておかずに

速やかに病院を受診するようにしてください。

あなたのお子様は大丈夫ですか?お口ぽかん②

今日は前回と引き続きお口が開いている子についてや予防法についてをお話ししたいと思います。

お口がぽかーんと開いてしまうのを防ぐためにどんなことに気を付けなければならなのか。

まずは食事の際の姿勢についてです。

家族みんなで食卓を囲む際のテーブルやイスはお子さんに合っていますか?

大人に合わせたもので子供の足はフラフラ浮いている。なんてことはないでしょうか?

小さいときは子供用のイスを使っていても成長とともに子ども自身がお父さんお母さんと同じようなイスが良いということもあるかもしれません。

しかし、正しい姿勢は口腔機能の発達にも大きく関わっています。

両足はしっかり床につき、首は前や後ろに傾いたりせず、まっすぐ伸びた姿勢が良いでしょう。

また、食事の途中でお茶や水など水分を与えるのもあまりよくありません。

これは、食べ物をあまり咬まずに水分で流し込んだりしないようにするためです。

食べ物を口に入れたら奥歯でよく噛み、飲み込むまでは口を開けないようにするのが良いでしょう。

お口ぽかーんの子は口呼吸のしているので食事中も口で息をするために口を開けるんです。

そうするとクチャクチャと音がたったりするのを気にする保護者さんもいらっしゃいます。

飲み込むまで口を開けないようにという約束をするとその間は鼻で呼吸するようにもなるため鼻呼吸の練習にもなるでしょう。

また食事シーンで注意しなければならないのはストローです。

口腔機能の発達のためにはストロー飲みは必要ありません。

むしろストローで飲もうとすると乳児嚥下が持続してしまい、成人嚥下を学習する機会が減ってしまうのです。

そして、離乳食期に大切なのは内舌筋という舌の筋肉を鍛え、飲み込むときの圧(嚥下圧)を上げることです。

これは捕食したり、コップから飲もうとすることで培われていきます。

いきなりストロー飲みからコップで飲もうとするとこぼしてしまったり難しいかもしれません。

まずはスプーンで啜って飲むような練習から始めるのが良いかもしれません。

そして口腔機能の発達には体幹を鍛えることも大切です。

小さい子が遊びながら体幹を鍛えるのには風船を使ったものをおすすめします。

風船をポンポーンと真っすぐ上にあげるのです。ただし手首だけではまっすぐ上がりません。

両足をしっかりと地面に付けて、膝を曲げたりしながら体全体を使って遊びます。

こうすることによって遊びながら体幹を鍛えることができます。

小さい子にいろんなことを強制することは難しいかもしれません。

しかし小さい頃からの癖を大きくなってから治すのはとても大変です。

小さい頃から少しずつ悪い癖にならないように導いてあげることが大切でしょう。

ページの先頭へ戻る