矯正後のリテーナー(保定装置)について

今日は矯正治療について書きたいと思います。

矯正の中でもきれいに並べた後の保定とその装置についてです。

保定というのはブラケットやワイヤーなどを使って歯をきれいに並べていき、移動した歯や顎骨をその位置と状態で長期間保持し、安定できる条件を整える処置のことです。

なぜこのような処置が必要かというと、装置を使って元々生えていた位置から力を加えて動かしても、装置を外し、フリーの状態にしてしまうと、歯は元の位置に戻ろうとまた動いてきてしまうのです。これを後戻りと言います。

矯正治療には必ずこの後戻りのリスクが付いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

この方は本来Uの字型のきれいな歯列に矯正されていたのが青丸の部分だけ少し歯列から

はみ出すような向きに移動してしまっています。

私の友人も「保定用のマウスピースをはめていなかったら隙間が出来ていた」といっており、みてみると前歯の間に隙間が出来ていました。

せっかく長い時間をかけてきれいに並べた歯でも後戻りはあっという間にしてしまいます。

なので後戻りしないようにつけておくリテーナー(保定装置)がワイヤーやブラケットにもまして重要なのです。

当院では固定式のものと取り外しできるもの二つのリテーナーを使って後戻りの防止をしています。

まずは、固定式のリテーナーです。

だいたいの場合、上下の前歯の裏のあたりにワイヤーを接着剤でくっつけて後戻りの防止をします。

かなり細めのワイヤーなので実際に付けた方もすぐ慣れて気にならなくなると言っていました。

 

 

 

 

 

 

もう一つは夜寝るときにはめてもらうマウスピース型のリテーナーです。

夜寝るときの姿勢(横向きとか)によっては歯列に横からの圧力がかかり、歪んでしまうこともあります。

そうならないために夜はめていただきます。

こちらもかなり薄めの素材で作っているので違和感なく使えるものです。

また保定装置を付ける側の方が気になるのはいつまでつけるの?という所だと思います。

このつける期間については先生ごとに様々な考え方がありますが、当院の院長の考えとしては、できるだけ長く!になります。

最初にも言ったように外すと後戻りのリスクが上がってしまうので、できるだけ長く、年単位での装着をお願いしています。

他にもリテーナーはたくさん種類がありますが今回は当院で主に使用しているものをご紹介いました。

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページの先頭へ戻る