ラミネートベニアについて聞いたことがありますか?

福山市で矯正治療をしている河底歯科・矯正歯科の河底晴紀です。だんだん寒くなってきましたね。

新型コロナウイルスが全国的には落ち着いてはいますがまだまだ油断はできません。

マスク生活ももう少し長引きそうですね。ところで、皆さんはマスク生活が終わったことを考えたときに、マスクをしているときはそこまで気にならなかったお口の中も口元が見えるようになってお口の中が気になるようになると思いませんか?
特に口を開けて笑ったときに歯の色や汚れが気になるという方は多くいらっしゃるかと思います。

今では、虫歯の治療だけではなく、矯正治療や審美歯科治療で歯を白く美しくするために歯科に通う方も多くなってきています。

歯を白くする治療方法の中で皆さんはどんな治療があるかご存じですか?

もちろん定期検診でメンテナンスを受けて歯の着色を除去してもらうのも一つです。
クリーニングで落ちなかった歯自体の汚れはホワイトニング、歯並びやかみ合わせを整えるためには矯正治療をします。これらは聞きなじみのある治療だと思いますが、

他にも歯を白く美しくするための治療方法として、「ラミネートべニア」という方法があります。

ラミネートべニアとは、ご自身の歯の表面をごくわずか(薄く)削って、歯の色をした薄いセラミックを歯の表面に貼り付ける審美治療です。(つけ爪のような感覚)

歯の変色(テトラサイクリン歯)やすきっ歯、矮小歯(歯の大きさが先天的に小さい)などの症例に適しています。

このような場合、以前は歯の周り全てを削ってその上に被せを入れるのが普通でしたが、虫歯でもない歯の場合、健全な歯を大きく削ることになります。

ラミネートべニアの場合は歯の表面を約0.30.5mmだけ削ればいいので神経にも影響はありません。

セラミックを歯につけていくので金属アレルギーの方も安心してすることができます。

治療中の痛みも少なく、天然の歯に似たツヤや色調になりますので、見た目も違和感なく自然な歯に見えます。

矯正治療後にラミネートべニアをした症例写真です。

 

歯の変色やすきっ歯、矮小歯など様々な症例に適してはいますが、歯ぎしりや、食いしばりのある方、かみ合わせの問題で治療ができない可能性のある方もいらっしゃいます。

保険適応外の治療にはなりますが、メリットが多く、より確実に歯をきれいにできる方法です。

前歯の事など審美でお悩みの場合はまず歯科医院にご相談ください。

(写真は上から治療前・ベニア入れる前・治療後のお写真です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページの先頭へ戻る