歯を抜いた後はどうなるの?

こんにちは。河底歯科・矯正歯科の上杉です。

今回は、歯を失ってしまうとどうなるのか?どうしたらよいのか?についてお話しさせて頂きます。

虫歯を放置してしまい歯を抜かなくてはいけなくなってしまったり、歯周病で歯が抜け落ちてしまったり、事故によって歯を失ってしまったり原因は様々あるかと思います。

では、なくなってしまったらどうするのがよいのか?

痛みもないのでそのまま様子をみておく、放置をしておくと、お口の中や身体全身にまで影響してくることがあります。

症状としては、歯がなくなった所に隣の歯が倒れてきたり、噛み合わせる歯がないので噛み合っていた歯が伸びてくる事があり、噛み合わせが悪くなってくる、歯並びにも影響が出てくる。

噛みにくいため、食事がしにくく消化不良を起こすことがある。

発音がしにくくなり、コミュニケーションがしづらくなる。

骨格や頬のたるみなどもでてきます。

上手く笑う事ができなくなり、肩こりや頭痛などの症状が現れる事もあります。

なのでご自身で判断せず、まずは歯科でみて頂き、ご自身に1番あった治療を選択しましょう。

治療方法としては、ブリッジ、入れ歯、インプラントなどの治療方法があります。

ブリッジは両端の歯を削り橋渡しをするようにかぶせを作り入れていきます。

 

 

 

 

歯に固定して入れるため違和感は少ないです。治療期間も入れ歯やインプラントに比べ短い期間で作製することができます。外科的な手術がいらず体の負担は少ないですが、両端の歯を削り土台 を作ってかぶせるため、その両端の歯に負担がかかります。また、過度な力がかかると割れてしまう事もあります。

入れ歯は、取り外し式になるのでお手入れがしやすいので衛生面が保たれます。

歯を削る事も少なく、外科的な治療もいらないので負担は少ないです。

ですが、噛む力が健康な歯と比べて弱いのと安定性はブリッジやインプラントに比べて弱いです。また取り外し式なので、お口の中の違和感もでてきます。

 

 

 

 

 

インプラントは、人工の歯の根を埋入し、その上のかぶせを作製してご自身の歯と同じように噛む事ができます。また、ブリッジや入れ歯と比べて、審美性が高く、よりご自身の歯と同じような自然な見た目に近づける事ができます。治療は、外科的な治療になるため、どうしても身体に負担がかかりやすいのと自費治療になるので高価な物になります。また、治療期間もブリッジや入れ歯に比べて検査や経過観察期間などがあるため期間がかかってきます。お薬を服用、妊婦さんなどは治療が行えない場合もあります。そして、インプラントも歯周炎になるので術後はメインテナンスが必要不可欠になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの治療にもメリットデメリットはあり、個々のお口の中の状態も違うので当院ではまず、お口の中の検査を行い、そちらを元に患者さんにあった治療方針をたてさせて頂き、皆様に1番あった治療方法をご説明をさせて頂いています。納得して頂いてから治療に入らせて頂くので、分からないことや疑問に思う事など何かあればお気軽にお声がけ下さい。

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページの先頭へ戻る