あなたの口臭大丈夫ですか?

口臭について こんにちは、河底歯科・矯正歯科の児玉です。

 

今日は口臭についてお話しします。

口臭とは、呼吸や会話をした際、出てくる息が他人にとって不快の感じるもののことを口臭と言 います。

ただ、嗅覚には個人差があり、その時の体調や心理的要因によってもにおいの感じ方が変わって きます。

口臭には種類があり、主に4種類に分類されます。 1つ目は、生理的口臭です。 これは、舌の後ろ側にある舌苔における細菌の腐敗作用で発生します。生理的口臭は、起床直後 に高い数値を示します。睡眠時に唾液分泌が減少し、細菌が増加することでおこります。

生理的口臭を軽減するためには、舌清掃が効果的です。舌清掃をする際には、舌の後方から前方にかけて 磨くとよく取れます。舌清掃は、起床直後、1日1回程度行えば十分です。ただ、舌苔(白いもの) が付着してない場合は、磨く必要はないです。その他にも、舐めるだけで口臭改善につながるタブ レットや予防対策として洗口液があります。当院で販売しているタブレットは、タブレットに入っているキウイパウダーが唾液の分泌を促してくれます。洗口液は、当院で販売しているハビットプロがおすすめで す。気になる方は気軽にお声がけくだい。

2つ目は、飲食物・嗜好品による口臭です。ネギ、ニラ、ニンニクなどを食べた後、よく口の中が におうことがあると思います。これは、口の中に直接残っている食べカスと、体内で吸収されたものが肺から呼吸で排出されることでにおいます。ただ、飲食物・嗜好品による口臭は時間の経 過と共に減少することが多いです。

3つ目は疾患などの病的原因による口臭です。 病的原因による口臭は、90%以上が口腔内疾患や異常によるものが多いと報告されています。歯 周病や唾液分泌の減少、虫歯などです。その中でも、歯周病が主になるため、その場合には歯周 病治療が必要です。その他の唾液分泌減少に関しては、舌体操や唾液腺マッサージが効果的です。 唾液腺マッサージ ①耳下腺 指全体で耳の前、上の奥歯あたりを後ろから前に円を描くようにマッサージをします。 ②顎下腺 親指を顎骨の内側のやわらかい部分に当てて耳の下から顎の下まで押します。 ③舌下腺 両手の親指をそろえて、顎の下を軽く押します。 食前や口腔ケアの前に5回から10回程度行うのが理想です。

 

 

 

 

 

 

 

4つ目は、心因性の口臭です。これは、他人からではなく、自分で判断して悩まれてしまうことで す。しかし、誰でも口臭が0ではないので、極端に心配する必要はないです。 口臭の存在は、生活において良好な人間関係を築くうえでも障害となります。口臭の発生原因の 90%以上が口腔内にあります。少しでも口臭に悩まれているようでしたら、歯医者に受診される ことをお勧めします。 

 

 

引用文献 https://www.kokucare.jp/training/training/daekisen/ 歯科衛生士2020 10月号

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページの先頭へ戻る