痛くない麻酔の「秘密」

歯科衛生士の吉岡です。今日は、歯科での麻酔について書いてみたいと思います。

麻酔を使う場面はどのような時なのでしょうか?


一般的に神経のある虫歯を治療するときや抜歯、インプラント等で使用している歯医者さんが多いかと思います。

もちろん、当院でも同じです。(乳歯の虫歯処置の場合の麻酔は行っていません)

歯医者の麻酔と聞くと皆さんは「痛い」「歯茎に注射」そんなイメージがあると思います。。

しかし、当院の麻酔は、ほとんど痛みがありませんし、そもそも麻酔を打ったことさえ、気づかない方もいらっしゃいますのでご安心下さいね。

そこで今回は当院のやり方に沿って麻酔が少しでも好印象になるポイントをいくつか紹介します。

ポイント①:表面麻酔

表面麻酔にはジェルタイプのものやシールタイプのものがありますが

当院ではシールタイプのものを使用しています。

縦横5ミリぐらいに切ったものを麻酔するところ(歯茎)に貼って約1分待ちます。。

表面麻酔は、表面(歯茎)の感覚を麻痺させる方法です。「麻酔の麻酔」といったところでしょうか。注射針の入る痛みをかなり軽減します。

表面麻酔シール

ポイント②:カートリッジ(保存温度)

当院では保温器でカートリッジを痛みが少ないと言われる37度に温め、保温しています。

麻酔

ポイント③:注射器

当院には二種類の注射器があります。どちらも電動注射器なので自動的に組織の硬さに合わせて一定の速度で薬液を注入できるので注入時の痛みが比較的少ないです。この時に一定の速度で薬液を注入できることや、注射針の入れ方などに歯科医師の技量がでます。院長は、極めて「痛みの少ない」治療にこだわりを持っているので痛みのなさを確かめて見て下さい。

麻酔2

ポイント④:注射針

針の種類は太さが三種類あり、0.3ミリ、0.28ミリ、0.26ミリとあるのですが

当院では刺す痛みを軽減するために0.26ミリと一番細いタイプのものを使用しています。

このように、痛みの少ない治療には、テクニックと最新の医療機器が必要です。

また、治療に来られて麻酔をした際に、麻酔をしてある程度時間がたっているのに効いている感じがしない、そのような経験をした方いませんか?

治療中の歯の痛みを消失させるには、歯茎から注射した麻酔薬が、骨の内部に浸透していき、歯根の周囲で歯の内部に繋がる神経をブロックしなければなりません。痛みなどの刺激は神経線維を介してインパルスという電気信号として脳に伝えられます。脳にこの信号が伝わらない様に、局所麻酔薬には電流をブロックする作用があります。この麻酔の作用は周囲の組織のpHにより効き目が左右されるため、以下の条件のような場合に、麻酔が効きにくい状態となることがあります。

1.強い炎症を起こしている時
2.周囲の骨が硬い場合
3.根の周囲に膿が溜まっている場合
4.下の奥歯

歯の神経や歯肉、歯根の周囲に強い炎症があり、その炎症が強ければそれだけ麻酔は効きにくくなります。
また、長期間放置されていた虫歯の歯や、膿んだままになっていた歯では、骨の中にばい菌が侵入してこない様に、骨の側の防御機転により骨自体が石のように硬くなる場合があります。骨が硬いと麻酔が染み込みにくくなるため、神経のところまでなかなか届かないことになります。したがって、歯の治療に苦手意識があり、おかしいなと思いつつも、ついつい受診を先延ばしにしてしまう方、痛くなるまで放っておいて急患として来院する「今すぐ何とかして!!」タイプの患者さんほど、麻酔は効きにくいのです。


当院では麻酔が聞かない場合、麻酔の量を追加させてもらうようにしていますので、もしそのような場合がありましたら院長やスタッフまで声をかけていただくとよいと思います。

また、あまりにも強い炎症を起こしている場合には、まず抗生剤を23日服用していただき、治療を次回に持ち込むことも選択肢の一つです。

むし歯などを早めに治療していれば、麻酔が効きにくくなる状況になることはありません。ほとんどが痛みをギリギリまで我慢してしまった場合に起こるので、定期的に検診などを受けたり、おかしいなと思ったら早めに受診していただければ、治療自体も簡単に済みます。




一流のアスリートと歯並びの関係

宇野選手歯列矯正終了宇野選手歯列矯正中

事務長の河底です。

冬季オリンピックが昨日閉幕しました。

私は自分が歯列矯正をした経験者であり、また歯科に勤務するようになり、選手を見ていても歯列矯正している方や歯並びに目がいきます。

歯並びは、見た目だけのものと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、歯並びや噛み合わせは筋肉や姿勢に影響します。

噛み合わせが安定していると、運動能力が向上するといわれています。

私が気になったのは、やはりフィギアスケートの宇野昌麿選手、宮原知子選手、坂本花織選手です。坂本選手は全日本選手権の時には装置がついていましたが、

今回のオリンピックではすでに装置がとれていましたね。

フィギアスケート選手では、この他にもキムヨナ選手が矯正治療をされていましたよね。

歯列矯正で歯並びがよくなると、見た目の美しさはもちろん、体のゆがみが改善され、バランス感覚や歯を食いしばったときの力の出し方などがよくなります。

フィギアスケートでは回転、ジャンプなど我々一般人が想像もつかないような食いしばりをしているでしょうし、バランス感覚も競技のうえで大切でしょうから、

選手にとって歯列矯正がいかに良い影響を及ぼすか、明白です。

他に歯並びを改善することにより得られるいいことは・・

1.しっかり噛めるので胃腸に負担がかからない

2.大きな口をあけて笑える

3.磨きにくかった箇所がなくなり、歯磨きをしやすくなる結果、むし歯や歯周病にならない

4.歪みがなくなり、肩こりや頭痛が改善される(肩こりや頭痛は歯並び以外に原因があることもあります。)

5.発音障害がなくなる(歯がないと音がもれたり、英語の発音がうまくできなかったりということがあります。)

歯列矯正の相談に来られる方には、歯並びをよくしたい理由があってこられます。私自身は、小さいころ、矯正治療の知識のない先生に

簡単に八重歯を抜歯され、抜けたところに歯がより正中がずれてしまいました。あの頃、きちんと矯正がわかっている先生に出会って適切に治療をしておけば、

正中がずれなかったんだろうなと思います。私は、この正中がずれたことによって学生のころ、口をどこで閉じていいかわからない、常に顎がずれているような気がして、

ひどい肩こりや頭痛に悩まされていました。

口をどこで閉じていいかわからない、ってなにも問題のない人から見れば、どういう意味?となるのでしょうが、

口を閉じるということ自体、無意識のうちに行っていることで慢性的にすっきりしていない状況でした。

見た目だけを気にして行った歯列矯正ですが、今は、肩こり、頭痛、またひどかった便秘も解消され、毎日がとてもハッピーです。

もっと早く矯正治療をしておけばよかったと思いますので、歯並び相談でご自分のお子さんを連れてこられる親御さんには、

それに気づいてあげられるなんて、なんて素晴らしい!と思います。私も、自分の両親に口をどこで閉じたらいいかわからないということは

大したことではないと思い、伝えたこともありません。

歯列矯正には、期間もお金もかかりますが、自分の頭痛、肩こり、便秘がなくなり、あの何年もに及ぶ悩みから解放されたのですから、

かけがえのない幸せを手に入れたと思います。歯並びを治したいといったときに、いいよと快諾してくれ、支払をしてくれた両親に感謝しています。

トップアスリートと歯並びの関係から話がそれてしまいましたが、今回のフィギアスケートでは、男子の羽生選手、宇野選手の金・銀メダル獲得は本当に素晴らしかったです。

スポーツのトップレベルを目指しているお子様をお持ちの親御さん、またはスポーツをしていなくても、ここ一番の時に正しい噛み合わせであることは、

集中力を高めることにつながってくると思います。歯列矯正の意義を今一度考えていただき、

お子様に一生もののプレゼントをされてはいかがでしょうか?

完全メタルフリー推進宣言

セラミックの歯

河底歯科・矯正歯科では、完全にメタルフリーを目指して補綴物(インレークラウンなどのかぶせもの)を一新しました。

院内に技工士がおり、全体ミーティングで銀歯やセラミックの補綴物を勉強し、わかりやすくまとめましたので参考になさってください。

●「かぶせ」と言ったら銀歯・・・だった時代

今、このブログを読んでくださっている、あなた。

鏡の前で、もしくは手鏡を持って、口を大きく開いて、自分の歯を見てください。

「銀歯」は何本ありますか?

「0本だよ!治療した歯はないよ!」というかた。大変素晴らしいです!ぜひ、そのままのお口を保ってください!

大人のかたで「銀歯」がない方は、たぶんすごく稀だと思います。

2014年の調査では、20代~60代の「銀歯」を入れている人の率は、なんと71.2%という結果も出ているくらいです。

では、あなたのお口にも入っている、その「銀歯」。素材は何だかご存知ですか?

銀歯の素材は「金銀パラジウム合金」と言う金属です。

成分を細かく言うと、金12%、パラジウム20%(JIS規格)、銀50%前後、銅20%前後、その他の金属数%・・・という内容です。

この「銀歯」、実は50年間、作り方がほとんど変わっていません。

歯科の進歩がめざましい昨今においてびっくりですよね?!

そして、先進国の中でこんなに「銀歯」を入れている国民が多いのは日本だけです。

なぜ、「銀歯」という、見た目にも目立つ、昔からの素材を日本人は歯にかぶせているのでしょうか・・・?

●「銀歯」を選ぶリスク・・・

「だって健康保険内でできるからでしょ?」

そうですね。みなさん、そう答えられると思います。

日本は基本的に国民皆保険なので、歯科治療も保険内なら3割負担ですみます。

ただ、健康保険内でできる治療だからといって、「銀歯」を選ぶということは、実は様々なリスクを抱える・・・ということにつながっていくのです。

今、歯科医やスタッフ、その家族がむし歯になってかぶせものをどうしますか?という選択肢に直面した場合、銀歯を入れるでしょうか?

答えは「NO」です。

銀歯を入れるということは、

1審美的に美しくない

22次むし歯になりやすい(銀歯の下でむし歯は広がりやすく、再治療が必要になる確率が高くなります。)

3口腔内にいれた銀歯は劣化し、体内に金属が蓄積される(シルバーのアクセサリーや食器を持っている方、銀って黒ずむのをご存知ですよね?)

4金属のせいで歯茎が黒っぽくなる(今ある銀歯が入っている箇所の歯茎の色をよく見てみてください。)

今までは、なんとなく、高いものをすすめにくい、健康保険で認められているものだからとおもい、とくに審美的欲求の高い方にのみすすめていた銀歯ですが、当院では、自分が受けたい治療、自分の家族に受けさせたい治療を目指しています。

そうすると、高くても、よいものはよいセラミックをおすすめすることになるのです。

●まだまだある、「銀歯」のリスク ~ガルバニック電流~

金属製のスプーンなどを口に入れた時に「キーン」と嫌な感じがした経験はないですか?

これは口の中でごく微弱な電流が走っているからなのです。

これが「ガルバニック電流」です。

簡単に言うとガルバニック電流とは、異なる金属同士が触れ合うことで発せられる電流のことです。

「ガルバニ電池」といえば聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

ボタン電池もこの原理を利用して作られています。

とっても飛躍して言ってしまえば、あなたのお口の中でボタン電池のような現象が起こっている!?ということになります!

なぜなのか?・・・お口の中にある金属と言えば・・・

そう、むし歯を削った歯にかぶせた「銀歯」ですね。

銀歯が複数ある人はスプーンを口に入れなくても、口の中の銀歯同士が唾液などを介して接触することにより電流を発していることになるのです。

実はこのガルバニック電流、舌炎を起こしたり、またはアレルギーを発症したりする可能性も指摘されています。

他にも、まだ研究段階ではありますが、このガルバニック電流が原因で、疲れや不眠、イライラなどのトラブルがおこる事があるとも言われています。

●メタル=金属を使わない「かぶせ」へ・・・

ここまで、銀歯の素材である「金銀パラジウム合金」という金属のことをお話ししてきましたが、ひと昔前には「アマルガム」という無機水銀を素材とした詰め物も使用されていました。

しかし、歯科の進歩によって、これら金属の身体への有害性が研究されるようになり、時代は「メタルフリー」へと変化しています。

当院でも、オールセラミックの金属を使わない「かぶせ」や「つめもの」を取り入れ、患者様ひとりひとりのお口の状況に最適な物をおすすめしています。

オールセラミックと聞くと「銀歯ではない、白い歯」というイメージがありますが、

決して「白い歯」という見た目のメリットだけではありません。

口の中の環境を改善することによって、しっかり食べられるようになり、それが身体全体の健康維持にもなりつながり、そしてQOL(生活の質)を高めることにもなる・・・。

私たちはそのように考えて患者様ひとりひとりと向き合っています。

「銀歯が入っているけど、セラミックに変えようかな・・・」

そう思ってくださった方、まだまだ迷いがある方、もっとメタルフリーについて話が聞きたい方、、、どうぞご遠慮なくお気軽にスタッフにお声かけください。


あなたは、矯正治療を行う医院をどのように選びますか?

認定医

今日は矯正をするにあたりどこの歯科医院を選択するのがよいのか、そして矯正専門医院と当院の違いについてもお話していきたいと思います。

矯正をしたいと思ったらまずどこの歯科医院でするのかを選択しなければいけません。

矯正専門医院の方がいいのでは?と思われる人が多いと思いますが、ここでは私が当院に勤務し始めて、思った個人の見解を述べたいと思いますので参考にしてくださいね

矯正治療は、歯科の中でも特に専門性が高い分野と言われています。

しかし、歯科医師免許を持っていたら、標榜科目は自由です。わかりやすく言えば、矯正治療を一度もしたことがなくても矯正歯科と標榜することもできるのです。

そこで、一つのわかりやすい基準となるのが、「日本矯正歯科学会の認定医」資格です。全国10万人いる歯科医師のうち、日本矯正歯科学会認定医は約2965人(2015年)です。認定医の取得には、5年以上の矯正治療経験と50症例以上の実績が必要とされていますが、矯正治療をされる方は、むし歯の治療よりはるかに長い治療期間と費用をかけるわけですから、しっかり歯科医院は選ばれたほうがいいと思います。

通常は、認定医を持っている歯科医師は、矯正専門医院で開院するケースが多いです。

私も、入職してから、院長に話を聞いたことがあります。

「どうして矯正専門医ではなく、一般歯科もできるようになったんですか?」と。

院長は、先代の院長(院長の父)が矯正治療と一般治療を両方やっていたことが大きいけれど、自分が父親になったときに、子供のむし歯治療ができないのではなく、むし歯の治療もできる歯科医師になりたいと思ったのが、両方を手がけるきっかけだったそうです。

また、インプラントに関しても、先代の院長がしていたので、引き継ぐ形ですることになったが、歯がなくなったときの選択肢として、インプラントの意義を非常に強く感じて、研鑽を続けているそうです。

また、矯正治療に対しては、

「矯正治療は最大にして最高の予防」

「矯正治療こそが、予防のスタートラインだ」という信念があるそうです。

よく、院長が八重歯のおばあちゃんはいないんだよという話をするのですが、八重歯をそのままにしておくと口腔内の歯が少しずつ崩壊していくそうです。

歯並びをよくすると、見た目だけを気にされる方がたくさんいますが、

・むし歯や歯周病のリスクが少なくなる

・かみあわせがよくなり、食べ物をよく噛めるようになる(胃腸に負担を与えない)

など、健康面でも、いいことがたくさんなんですよ。

また、矯正専門医ではなく、当院のような一般歯科も手掛ける認定医で治療するメリットはほかにもあります。

矯正治療中にむし歯ができたり、抜歯となった場合、当院は、すぐに対処できます。

でも、それよりももっと大きい意義があります。

それは、矯正をしている先生は、歯並びをよくすることに重点を置いて矯正治療をしますが、当院では、補綴と言ってかぶせの治療などもできるので、矯正専門医にはない発想で患者さんの口腔内をよくする方法を提案できます。

矯正治療は、予防のスタートラインといえる素晴らしい治療です。

通常のむし歯の治療に比べ、患者さんの感動も大きいですし、喜ばれます。しかし、矯正治療にも限界はあります。それは、元々の歯の形や大きさまでは治せないということです。

患者さんの中には、歯の形や大きさに問題がなく、歯並びを治すだけでいい方もたくさん、いらっしゃいますが、私が診ている限り、いろいろな方がいて、矯正治療をした後にかぶせの治療をして歯の形態をきれいにしたり、歯の本数がない場合には、インプラントをしたりもします。これこそが当院の強みです。

また、矯正治療が終わった後も、ずっとメンテナンスに通っていただくことが可能であり、その後のむし歯や補綴にも十分に対応できます。

上記は、私の個人的な見解ですが、ぜひ参考にして医院選びをしてみてください。

徹底比較しよう!インプラント・ブリッジ・入れ歯


歯科衛生士の吉岡です。

今日は、歯がなくなったときの選択肢として、ブリッジ・インプラント・入れ歯をわかりやすく徹底比較してみたいと思います。

歯がなくなったとき、皆さんはどう思われますか?

歯がなくなって再生する!と思われていた患者さんに遭遇したことがありますが、永久歯は失ってしまうと、二度と取り返すことはできません。

1本くらいなら抜けてもそんなに問題がないでしょう?」と思う方もいるかもしれません。しかし、抜けてしまった分だけ、噛む力は確実に弱くなります。

また、歯はお互いに支え合っているので、1本でも抜けてしまうと、隣り合う歯やかみ合う歯にも影響が出てきます。

そのため、歯が1本でもなくなったら、何かの方法で歯を補う必要があります。

そんなとき、3つの方法があります。

1つ目はインプラントです。

インプラントの良い点は、顎の骨に埋入するのでしっかりと固定できることです。

また、残っている歯を削ることはないので他の歯には負担がかかりません。

見た目もよく、他の歯と同じように咬める力を持っているので硬いものや食べ物がおいしく食べられるといわれている患者様が多くいらっしゃいます。

インプラントは保険外治療なので確かに高額にはなりますが、自分の歯を140万程度で再生できると思えば、お金をかける価値はあるでしょう。1本の歯だって、ものすごく価値があるのです。あなたの指が1本とけてなくなったのが1本40万で再生できますよ、と言われたら、迷わず、治療をしませんか?

ただし、顎の骨が細かったり、骨がなかったりする方には、インプラント治療はできません。また、抜歯程度とはいえ、外科手術に耐えられるだけの体力がないと無理ですし、全身疾患がある方・骨粗しょう症のお薬を長期にわたり飲まれている方は、治療できないことがあります。

インプラント図

2つ目はブリッジです。

ブリッジは、抜けてしまった部分の両隣りの歯を土台にして、ひとつながりになった人工の歯を入れる治療法です。その状態が橋を架ける様子に似ていることから、ブリッジと呼ばれています。

ブリッジは入れ歯のように取り外しできるわけではありません。
土台となる歯に、歯科用接着剤でしっかり固定されています。そのため、生まれ持った歯とほぼ同じように噛めますし、普段はブリッジが入っていることを意識することもありません。

ただ、ブリッジを入れるためには、土台となる歯を削る必要があります。歯の上にそのままブリッジを取り付けたのでは、その部分だけ高くなって噛み合わせが変わってしまうからです。

一般的にブリッジでは、土台となる歯を削る量や、土台となる歯の本数が多ければ多いほど、しっかりと固定できます。でも、土台にするために健康な歯を削らなければならないことに、抵抗感を持つ人も多いかもしれません。

ブリッジ図


3つ目は、入れ歯です。

入れ歯は、大きく分けて総入れ歯と部分入れ歯があります。

入れ歯を入れる目的は、形態(審美性など)と機能(咀嚼、発音など)の回復、お口の中を安定した状態に保つことにあります。

歯を削除量はブリッジほどではありませんし、取り外しができるので手入れが簡単です。

欠点としては、入れ歯をしていると、お口の中で合わなくなってきて痛みを伴うことがあったり、咬む力が健康な状態と比べて、20%から40%くらいになります。

また、異物感もあり、発音しにくいことがあります。


安定性や審美性、咬合力など総合的にみてみますと、やはり一番長く使っていただけるのは

インプラントということがわかりますね。

しかし、長持ちさせるためには、ご自身による毎日の歯磨き、当院で行っているメンテナンスが重要になってきます。

補うものにはそれぞれ利点と欠点がありますので、よくお考えの上、治療方法を決めてくださいね。

4 / 13« first...23456...10...last »
ページの先頭へ戻る