» 矯正のブログ記事

私が矯正治療に携わり25年になりました。先日、47歳の誕生日を迎えました。広島大学矯正科に在籍している頃からの症例数も1,000症例は超え、いろいろな歯並びを治してきました。

患者さんとのカウンセリングで

「装置が気になる」「一度付けたら1,2年は取れないのが不安」という声もたびたび頂戴してきました。そんな方に朗報です。

新たに河底歯科・矯正歯科でも見えない矯正治療を導入することにしました。1997年にアメリカで開発された透明のマウスピース矯正です。

日々、私は新たな治療法があり、それが患者さんに有益なもので口腔内や医院の環境を良くできるものであれば導入してまいりました。

これも矯正治療に新たな革命を起こしてくれるものと思っています。当院で導入するのは初めてですが、1997年にアメリカで始まり、全世界で340万人以上の治療実績があります。また、最新治療なので高額なのでは?と思われがちですが、従来のワイヤー矯正同様、低価格で矯正治療をお届けしたいと思っております。

さて、このマウスピース矯正のメリットデメリットをまとめました。

メリット

①気づかれにくい

②痛みが少ない

③取り外しが簡単

④装置が取れるなど緊急の困りごとが出ない

⑤金属を使用しない

デメリット

①1日の装着時間を守らないと歯列が治らない

マウスピースの治療中は、1日あたり20時間以上の装着が必要と決められています。もし装着時間を守れないときは、矯正期間が延びたり、矯正結果に影響が出ることもあります。また、治療前にコンピューターで治療後までの型を作るため1ヶ月半から3ヶ月おきの通院で済みます。が、逆に通院回数が少ない分、ご自分で装着時間を守っていただかないと型が入らなくなる可能性がありますのでご注意下さい。

②難易度の高い歯列矯正には適用できない

前に比べたら、多くの症例を治すことができるようになっていますが、難易度の高い歯列矯正になる場合には、従来のワイヤー矯正をおすすめいたします。

また、見えない矯正治療とともに、今回、光学3Dカメラを導入しました。

アイテロアイテロ2

お口の中を特殊なカメラで撮影することで、患者さんの歯並びを3D画像で再現できる最新の機器です。 この画像情報を使用することで、患者さんお一人お一人に合わせた精密な装置が作製できるため、治療の精度がより高くなります。 また、この画像からリアルタイムでシュミレーションを行い、治療後に自分の歯並びがどのように綺麗になるかを見ることができます。

2月まで開始キャンペーンで従来のワイヤー矯正と同じ価格でやっております。ご興味のある方はネットまたはお電話にて

「矯正治療の相談です。」とご予約をお取りください。

の続きを読む »

お子さんが矯正してきれいになったのを見て、私も歯並びを治したい!という大人の方が多くなってきました。非常にいいことです。日本人は、歯並びに関しては、諸外国に比べ、かなりの後進国で、日本に来た外国人がこれだけ歯医者があるのに、こんなに歯並びの悪い人が多いとびっくりするそうです。

八重歯のおばあちゃんはいないんです。

歯並びが悪いままでは、将来的に歯を失うリスクが高くなります。

子供のころ、矯正をされなかった理由に金銭的な理由を挙げる人がたまにいますが、これは逆に言うと、将来、歯にお金がかかることを仕込んでしまっていることにもなります。

健康な歯並びになることは全身の健康につながり、人に対する第一印象を変え、コミュニケーションにつながり、ということで歯が健康なことで悪いことは一切、ないのです。

歯を失って、インプラントをすると、1本35万から40万します。それよりも子供のころに歯並びを治療して、それをメンテナンスで維持していくほうがずっといいですよね。当院は、歯並び治療に対するハードルを下げるべく、低価格で痛みの少ない治療を目指して日々診療しております。

前後

写真を見ていただくとわかるように、歯の凸凹が解消され、歯磨きがしやすくなりました。お金をかけて矯正されたので、自分の歯への意識も高まり、メンテナンスもきちんと来られています。私自身、歯並びを矯正して、人生が変わる!と感動をしました。矯正治療をどうしようかな、と迷っている方の前に進む一歩を後押しできたらいいなと思っています。

先日、親子で歯並びを気にされているというお母さんと話をしたときに、「わあ!知らなかった」と言われた歯並びを悪くする原因をお教え致します。

また、当院に来られる患者さんが持たれている多くの矯正治療のイメージは、二期治療(成人矯正)で歯が永久歯に交換してからでないとできないと勘違いされています。

歯科医療も大学で矯正学を学ぶとき、抜歯をしていかに歯を並べるかという矯正を主体として学びます。

しかし、歯並びの良い子にする予防的な方法があります。

今回は、子供の歯並びが悪くなる癖、異常についてお教え致します。参考にしてみてください。

①   指しゃぶり⇒出っ歯になります。

3歳くらいまでの指しゃぶりは子供にとって、弊害はないですが、5歳を過ぎても指しゃぶりをしていると歯並びに影響が出てきます。

指しゃぶり

②   口呼吸⇒出っ歯になります。

通常は鼻呼吸をすることによって、鼻の空洞は広がり、上顎もよく成長し歯並びがきれいになります。しかし、口呼吸の方は口で呼吸するため、上顎が成長できず狭くなります。

③   下唇をかむ癖⇒出っ歯になります。

下唇をかむと、下の歯は内側に倒れ、デコボコになります。

下唇をかむ

④ 舌を出す癖⇒開咬になります。

ものを飲むときや喋るときに舌を歯と歯の間にはさむ癖のある人は開咬になります。開咬とは、奥歯はかみ合っても前歯がかみ合わない状態のものです。前歯でモノを噛み切ることができません。

開咬

⑤   爪や鉛筆をかむ癖⇒前歯がずれます。

何かをかむ癖があると、その噛む歯に力が加わり、前に出る可能性があります。

⑥   やわらかいものばかり食べる⇒歯がデコボコになります。

昔に比べて堅いものを食べない傾向にあります。ハンバーグ、パスタなど現代の食事は咀嚼する回数が少ないので、口まわりの筋肉が使われないので、顎が小さくなります。また、昔に比べ、食事の栄養価は高いので一本一本の歯は大きくなる傾向にありますので、余計におしくらまんじゅう状態になってデコボコになります。

⑦   頬杖をつく⇒噛み合わせが悪くなります。

重い頭を一点で支えることになるので奥歯の噛み合わせが乱れます。

頬杖をつく

以上が歯並びを悪くする癖です。そのほかにも、下記のような異常があります。

当院では、院長が日本矯正歯科学会の認定医です。適切な時期に適切な処置を行い、歯並びを悪くする原因を取り除くことができます。

①   上唇小帯が太い⇒すきっ歯になります。

②   舌小帯が短い⇒受け口になります。

③   過剰歯がある⇒前歯が生えてこない

④   歯が極端に小さい矮小(わいしょう)歯がある⇒歯に隙間ができます。

⑤   癒合(ゆごう)歯がある⇒歯がデコボコになります。

⑥   乳歯がむし歯になる⇒永久歯の生えてくるスペースがなくなります。

よく、乳歯のむし歯はいずれ抜けるから何も問題ない!と思われているお母さまがいらっしゃいます。永久歯の生えてくるスペースもなくなりますし、痛みがあれば、痛みを避けて偏った噛み合わせになることもありますので、むし歯ゼロがいいですね。また、乳歯はむし歯になったら抜いたらいいと思うのも間違いです。乳歯は永久歯が生えてくるスペースのガイドの役割もしていますので、早く抜いたらいいというものでもないのです。

いかがですか?

もちろん、遺伝的要素もありますが、上記のような癖や異常を排除することにより、歯並びが改善することもあります。

河底歯科・矯正歯科では、永久歯交換前にする治療を1期治療と呼び、お口の周りの筋肉をトレーニングする装置を使用したり、狭い顎を広げる装置を使用したり、MFTという口腔機能のトレーニングを指導したりしております。

よくお母さまが成人矯正をされていると特に1期治療について、誤解をされているケースがあります。1期治療から矯正治療を始めると、通う回数は長くはなりますが、歯並びを悪くする原因を排除するトレーニングができたり、2期治療に進んでも抜歯の可能性を低くしたり、2期治療の期間が結果的に短くなるケースがあったり、とよいことがいっぱいです。

「食べよう 笑おう 幸せになろう」笑顔の先には輝く未来があります。

当院では主に矯正治療やインプラント治療の検査などで、口腔内写真・顔貌写真を撮らせていただいております。

今回はその理由と重要性についてご説明いたします。

当院では、「いつまでも素敵な笑顔でおいしく食事ができるように」歯科医療の立場より患者さんの健康及び生活の質(QOL)に貢献したいと思っています。

患者さんの主訴(一番治したい箇所)をお聞きしながら、ただむし歯があるかどうかだけでなく、歯茎の状態、骨格のバランス、噛み合わせの異常など総合的に問題がないか、分析します。

診察中に口腔内を一見しただけではわからないような問題も、後でじっくり写真をみることにより多くの情報を得る事ができます。

診療時間外にこれらの写真を診断し、治療計画をたてています。

顔の写真は、顎のゆがみ、噛み合わせの異常、歯の見え具合、上下骨格のバランスなど多くの情報を与えてくれます。当院では、口腔内の問題を全体的に診断するというコンセプトで治療をおこなっています。

麻生太郎さん

麻生太郎さんの写真を拝借しましたが、これにより左の口角が下がっていることがわかります。

歯科専用のソフトで専門的に分析し、診断をさせていただいています。

こんにちは。今回は、医療費控除についてご説明いたします。

□医療費控除とは
一年間(1月1日から12月31日)に支払った医療費が10万円(年間所得金額が200万円未満の場合は所得金額×5%)を超えた場合、確定申告をすることにより所得税・住民税が還付または軽減される制度です。
大人の矯正の場合、美容目的とみなされて医療費控除の適用外ではないかと思われる方もいる様ですが、実際には専門医(日本矯正歯科学会の認定医など)の診断書があれば認められます。もちろん子どもの矯正でも同じです。当院ではご希望の方に医療控除申請用の診断書を発行しております。

□医療費控除の対象となるもの
自分自身または自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために、納税者が支払った医療費が対象となります。具体的には、本人・配偶者・子供・兄弟姉妹・両親・祖父母等、親族で生計を一緒にしている人全てが対象と考えて下さい。親や祖父母・子供などが離れた所で生活し、自分と一緒に生活していなくても、生活費の大部分を仕送りしている場合は生計を一にしている人とみなされます。

□当院で医療費控除の対象となる医療費
• 矯正料金(矯正相談料・精密検査料も含む)
※実際に治療を開始しなかった方については矯正相談料金は対象医療費にはなりません。

• 治療の為の医薬品購入費
• 通院費(電車・バスの利用)
通院費は領収書がないので、ノート等にまとめたものを申告書に添付します。お子さんが小さいため保護者の方が付き添わなければならないような時は、保護者の方の交通費も通院費に含まれます。通院費として認められるものは、公共交通機関等を利用した場合ですので、例えば自家用車で通院した時のガソリン代といったものは対象となりません。当院ではご希望の方に通院回数証明書を発行しております。

□医療控除の対象となる金額
『その年の1月1日から12月31日までの間に実際に支払った医療費の合計額』-『保険金などで補填される金額』- 10万円
• 医療費控除の対象となる金額は最高で200万円です。
• その年の総所得金額等の合計額が200万円未満の人はその金額×5%の金額が医療控除対象額となります。
• 治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が、各年分の医療費控除の対象となります。

□手続きを行うために必要な書類等
• 給与所得者の場合 : 給与所得者用の還付申告書・源泉徴収票・医療費等の領収書(コピーは認められません)。
• 給与所得者以外の場合 : 所得税の確定申告書の医療費控除欄に記入して申告。
• 印鑑、銀行等の通帳 ※確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。

□手続き方法
• 医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署長に対して提出してください。その際、対象となる医療費の領収証をまとめ、確定申告時にその他必要書類と一緒に提出します。もちろん河底歯科・矯正歯科以外での医療費もまとめて提出して下さい。(健康保険組合等から交付された『医療費のお知らせ』は領収証としては取扱われませんのでご注意下さい)
また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も付けてください。
• 所得税の還付金は、銀行口座に振り込まれます。また、郵便局で受け取ることもできます。
• 申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。
• 確定申告書を提出し忘れていても5年前までさかのぼって期限後の確定申告をすることにより医療費控除を受けることができます。

□医療費控除は誰が申告すればお得?
家族で年間の医療費をまとめるならば、一番所得の多い方が医療費控除を受けるのが最も節税効果が高くなります。
*所得税からの還付率

所得税からの還付額

*住民税からの減税率・・・所得に関係なく一律 10%
住民税は還付金ではなく、その年の6月からの住民税の金額で調整されます。
例:矯正治療費120万円の場合の総所得金額に応じた合計還付金額

合計還付金額

例えば給与年間700万円の方が60万円の矯正治療代金を支払った場合は、
→ 所得税から円が102,100円還付されます
→ 住民税から50,000円が減税されます
つまり、60万円の矯正治療が実質447,900円で受けられます。税率が高い方ほど節税効果は高くなります。
(ただし、ご家庭の扶養人数、入っている保険の種類、住宅ローン控除の適用の有無などで必ずしも、上記の金額の還付があると保証するものではありません。)


□還付金の受け取り方
1. 預貯金口座への振込による方法
2. 最寄りのゆうちょ銀行各店舗または郵便局に出向いて受け取る方法
の二種類があります。詳しい手続き方法に関しては国税庁のホームページをご覧ください。
時期によっても前後しますが、還付金は確定申告から1ヶ月程度で還付されます。

□高額医療費との違い
保険診療において、重い病気やけがのため長期間の入院が必要になったり、治療が長引くような場合には、一部負担金自体が高額となってきます。そのためその負担を軽減できるように、一部負担金が一定の金額を超えたときに、その超えた部分の金額が払い戻される制度が高額医療費です。高額医療費は保険診療の適用範囲が対象となるため、当院での矯正治療費は基本的に適用外となります。(よくお問い合わせがある部分です。)
□確実に医療費控除を受けられるために

ご希望の方には医療費控除申告用の診断書および、交通費申告用の通院回数証明書を発行しております。当院で作成する診断書には、医療控除対象であると認められるように、所得税基本通達における容貌の美化を目的とするものではないということを記載しています。
なお、実際の細かいところはここに記載したことと異なることがあるかもしれません。ご不明な点やご質問等は税理士や税務署の方にご確認下さいね。

事務長の河底です。長くて短い夏休みが終わりました。

お子さんが矯正してきれいになったのを見て、私も歯並びを治したい!という大人の方が多くなってきました。非常にいいことです。日本人は、歯並びに関しては、諸外国に比べ、かなりの後進国で、日本に来た外国人がこれだけ歯医者があるのに、こんなに歯並びの悪い人が多いとびっくりするそうです。

ところで、八重歯のおばあちゃんを見かけたことがありますか??

八重歯のおばあちゃんはいない


歯科医学的にいうと犬歯(※この犬歯が外側に飛び出たものを八重歯といいます)には本来、食事を食べる時の顎を動かすガイドとしての重要な役割があります。

八重歯の状態ではその役割が果たせないどころか、歯磨きもしにくくなりむし歯や歯周病になるリスクが極めて高いのです。

結果として歯を失ってしまうため、八重歯のおばあちゃんを見ることがなくなってしまうのです。それだけではないですよ。

ガイドとしての機能も果たせなくなると、他の歯の負担が増してしまうため結果として全体的に歯を失ってしまうリスクが高まってしまいます。

こう考えると、八重歯を放っておくことが非常に怖いことだと理解していただけると思います。

つまり、八重歯の矯正治療は将来の自分への投資なのです。

子供のころ、矯正をされなかった理由に金銭的な理由を挙げる人がたまにいますが、これは逆に言うと、将来、歯にお金がかかることを仕込んでしまっていることにもなります。

健康な歯並びになることは全身の健康につながり、人に対する第一印象を変え、コミュニケーションにつながり、ということで歯が健康なことで悪いことは一切、ないのです。

私自身も、3人の子供がいますが、私ならば、教育ローンを組むのと同じ、分割払いにしても、矯正治療はさせると思います。

歯を失って、インプラントをすると、1本35万から40万します。それよりも子供のころに歯並びを治療して、それをメンテナンスで維持していくほうがずっといいですよね。当院は、歯並び治療に対するハードルを下げるべく、低価格で痛みの少ない治療を目指して日々診療しております。

27年3月新聞(上顎)前27年3月新聞(上顎)後

矯正認定医 2010 〜

先日、日本矯正歯科学会の矯正認定医を更新しました。
矯正認定医は一度取得したら永久に認定医であるかというと、そうではなく、5年毎に更新をしなければなりません。

ただ書類を出せば更新されるというものではなく、毎年矯正の学会に参加して、常に新しい知識や技術を研鑽しなければなりませんし、学会での発表や論文の投稿など、いくつかの条件をクリアしないと認定医を更新することができません。

歯科医師であれば「矯正歯科」の標榜を掲げ、治療を行うことはできます。

しかしながら、矯正歯科というのは専門性が非常に高く、知識、経験が豊富であることが必要なため、日本矯正歯科学会が矯正治療に関して適切かつ充分な学識と経験を有する歯科医師を「認定医」として認定しています。

私は患者さんに安心して矯正治療を受けていただくためにも今後も「認定医」を更新していこうと思います。

20100930_日本矯正歯科学会

9月27日と28日は休診して、横浜で開催された日本矯正歯科学会に参加してきました。

矯正歯科に関する学会の中では日本最大の学会です。
新しい材料や技術などが発表される場なので、毎年出席するようにしています。

ここ数年で矯正歯科の材料が大きく進歩しました。
当院でも昨年、矯正材料を最新のものに大幅リニューアルし、技術においても進化しました。

今年も新しい材料と技術に巡り会うことができたので
さらなる進化を遂げたいと考えております。

このように矯正歯科に限らず、医療の分野は常に進化しているので
幅広くアンテナを張り、良いと思うことは積極的に取り入れたいと思います。
これからも河底歯科・矯正歯科の進化にご期待下さい。