娘の矯正治療

こんにちは。事務局の河底です。娘の左上2番(上の歯の正中より2番目の歯)が出てきて、装置を撤去しました。

よくお子様の矯正で「1期からしたらいいの?」『2期からしたらいいの?」

と私自身、お友達に聞かれます。私は、一般的には1期からしたほうがいいと思いますが矯正治療の場合、治療をする本人と親御さんの協力と両方が必要なので、例えば、親が治療したくてもお子さんの同意が得られないのであれば大人になってからするのも一つの方法と思っています。

または、院長の診断により1期はせずに永久歯交換後、成人矯正ということもあります。

 

1期治療の最大のメリットは歯槽骨が成長中ということです。

本人の成長力を引き出しながら、予防的に歯並びをよくしていける時期が1期なのです。

また、お母様によく聞かれるのが、乳歯と永久歯の色の違いです。

大人の場合は全てが永久歯なのであまり思わないかもしれませんが、お子様の場合、永久歯と乳歯が混在している状態なのでよく気づかれる方は

この色の違いを不思議に思われるかもしれません。

永久歯は乳歯と比較すると黄色いです。乳歯のほうが白いのは普通の事です。
理由は、歯の構造の違いによります。(基本的な構造は同じです)

歯の一番外側の部分をエナメル質といいます。エナメル質は、中の象牙質(ぞうげしつ)という部分を覆っています。
この象牙質はエナメル質に比べて黄色っぽい色をしています。
乳歯より、永久歯のほうが象牙質の厚さがあるので、それが透けることによって、
黄色っぽくみえるのです。(食べ物などの着色もあります。)

娘の歯並び観察期です。今は装置を一時的に撤去していますが、まだまだ乳歯と永久歯が混ざっている状態です。

定期チェックをしながら、虫歯の予防をしたり、変な癖がないかのチェックも行います。

最近、テレビを見ていると舌癖が多い大人が多いことに驚きます。特に林修先生や、名前はわからないのですがコメンテーターの方で

舌癖がある方が多いのに驚きます。特徴としては、舌ったらずな甘えたような口調ですのでシリアスな話題を喋れば喋るほど違和感があります。

当院では、MFTトレーニングも行なっております。

自分のお子様が風船が膨らませることが当然できると思っている親御さん、できるかどうかぜひお試しください。

 

 

大人の矯正・子供の矯正について

こんにちは。

平成も残り数か月になりました。年が明けてあっという間に1月も終わりですね。

当院では、スタッフ全員が「未来計画シート」という目標を毎年年初に出して、タイムカプセルのように年末に見返すようにしています。仕事の目標・プライベートの目標、年の初めに計画をたてるのはとてもいいことです。矯正治療も年の始めに始められる方は多いんですよ。

さて、最近、患者さんに治療計画や予防についての説明をしていると、

ご年配の患者さんから、

「この齢で矯正もねぇ・・・矯正は小さい子やもっと若い人がするもんでしょう?」

というお話を聞く事があります。

子どもの頃から矯正を始める方も、大人になって矯正を始める方も、どちらともいらっしゃいます。

今日は、「大人の矯正」と「こどもの矯正」、この2つについてお話しします。

 

「矯正」と一言でいっても、大人の矯正とこどもの矯正はまったく異なります。

 

【こどもの矯正】

まず「こどもの矯正」からお話しします。

こどもの矯正は大きく分けて2つのステップがあります。

最初のステップが乳歯から永久歯の交換時期に行う「1期治療」です

こどもは、体が完全にできあがっていないため、顎の骨自体も成長し、その過程で大人の歯に生え変わっていきます。

よって、1期治療では、歯と顎を正しい位置に調整していきながら、成長にしたがって治療をおこなっていきます。

当院の1期治療は8歳前後から行うことが望ましいと考えています。

当院で使用する1期治療の矯正器具は取り外し可能なものがほとんどです。

その為、お子さん自身が器具を口の中に入れることができる年齢から始めることが良いと考えているからです。

当院で使用する1期治療の着脱式器具の一部です。

主に就寝時に着けていただきますが、おうちで勉強をしているとき、テレビを見ているときなど、着けている時間が長いほど効果が高いので出来るだけ長く着けて頂くことをおすすめします。

 

1期治療の期間は、個人差もありますが4~5年ほどです。

「長いなぁ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、お子さんの顎の成長を利用して治療しますので、成長と同じくらいの時間がかかるのです。

ただ、学校などに着けていく必要はありませんし、食事や歯磨きの時には取り外せるので、比較的お子さんの負担は軽く、治療をおこなえます。

また、顎の成長をうまくコントロールすることができるので、おとなの矯正のように歯を並べるスペースがなく抜歯をする・・・という可能性も低くなるなど、時間をかけてでもおこなう価値がたくさんあります。

 

次のステップは永久歯が生えそろった時期にスタートする「2期治療」です。

いわゆる大人の矯正で、ブラケットという器具を歯に直接着けて、それにワイヤーを通します。

1期治療の後に2期治療にすすむと、比較的短い期間で歯並びの改善が見込まれます。

1期治療には期間が長くなってもする価値が大いにありますが、「お子さんの同意が得られない」「抜歯になっても短期間で集中的に治療したい」ということで自分で時期をみてスタートする方もいらっしゃいます。

【おとなの矯正】

おとなの矯正は、歯に直接、ブラケットと呼ばれる器具をつけ、それにワイヤーを通して歯を動かしていく治療になります。

このブラケットは取り外しはできません。

付けたら矯正が終わるまで付けたままになります。

こどもとは違い、大人はすでに顎の骨の成長は止まり、顎の形も完成済みです。

こども矯正がやわらかい粘土をいじることだとすれば、大人の矯正はすでに固まってしまった紙粘土の形を変えようとするようなものなので、治療方法も期間もこどもとは違ってきます。

スペースが決まっているところに歯を綺麗に並べないといけないので、抜歯をしてスペースを空けて歯を並べていくという場合もあります。

しかし、矯正治療をおこなうにあたって基本的に年齢制限はありません。70歳の方で矯正治療をされ、

より美しくなられた方もいらっしゃいます。

その方は、「宝石やカバンを買うのを我慢して矯正治療の費用にしたい、テレビに出ている人はみんな歯が綺麗だから」といわれ、とても綺麗な歯並びになられました。本当に歯並びを直してさらに美しくなられ、矯正を始めた時のこのお話もとても素敵ですよね?

ですので大人も子供も年齢関係なくできます。歯並びが気になる方は、ご遠慮なくご相談ください。装置はセラミックなので見た目もほとんど気になりません。

大人の矯正治療の期間は、個人差もありますが、だいたい2~3年ほどです。

「2~3年も器具をつけたままなのか・・・」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、歯は一生ものです。

ご存じの通り、永久歯は生え変わることはありません!

もちろん、歯並びも自然に治ることはありません。

考えてみれば、長い人生の内、器具を付けているのはたった2~3年です。

それだけで、見た目は良くなり、噛み合せも良くなるのでしっかりと噛めるようになります。

また歯並びが良くなることで磨きやすくなり、むし歯や歯周病の予防効果も高くなります。

それによって歯の寿命も長くなります。

矯正が終わってからの残りの長い人生、コンプレックスだった歯並びが見た目も良くなるだけでなく、しっかりと美味しく食事が出来るようになるわけです。日本人は体の寿命は伸びていますが、実は終わりの10年を寝たきりで過ごす方も多いのです。

これには、歯も関係しています。自分の歯で最後まで咀嚼しているかたはとても健康ですが、入れ歯の方ほど寝たきりになる確率が増えるのです。

人生100年時代です。2~3年は長いと思いますか?短いと感じますか?

【矯正相談について】

当院では矯正にご興味のある方がお気軽にご相談して頂けるように、

まず「矯正相談」のご予約をとって頂くようになっています。

その時点で矯正をするかしないかは決めていらっしゃらなくても大丈夫です。

矯正相談の費用は2,000円(税抜)と受けて頂きやすくなっておりますので、

気になる方はご連絡ください。

また、当院ホームページにも治療の流れ、費用等わかりやすく記載しておりますので、

ご参考になさってください。

矯正治療を年の初めに決断される方は多いです。多くの方が歯並びを改善して、幸せになっていく姿をたくさん見ることができてうれしいです。

こんなところに歯が?!娘の矯正

こんにちは。いよいよ今年もあとわずかになりましたね。事務局の河底です。

夏休みから小学3年の娘が矯正治療を開始しました。

最近の子供は、食事がやわらかめのものが多く、昔に比べて栄養価の高い食事をする傾向があるため、歯が並ぶ歯槽骨が小さく、歯自体は大きい子供が多いです。うちの娘もこの例外ではなく、歯槽骨が小さく歯が大きいのでおしくらまんじゅう状態となり、前歯の1本が押し出されて奥に生えています。前から見ると、歯がないみたい・・・。8月の写真をご覧くださいね。

子供の治療は、院長が診断により様々な装置を用います。娘の場合は、局所的にブラケットと言われる装置をつけました。大人の矯正治療にも用いられるオーソドックスな装置ですね。

この奥にひっこんでしまった歯を前に出すためには、その歯が収まるようにぎゅうぎゅうに並んでいる歯のどこかにスペースをつくってあげないといけません。今は、このスペースを作っている状態です。

最初の状態では、並びきれなくて奥側に押し出されている状態ですが、まず隣の歯を左右に動かしてスペースを作り

スペースができたので、奥の歯を今は前に出している状況です。やっぱり並びきらないだけあって大きいですね。

 

これで、一安心・・・前よりも少しは磨きやすくなったなと思っていたら

娘が「大変だよ。すごいところから歯が生えてきた!!!!!」と。

どこどこ〜?と呑気に娘の口の中をみてみると、ありえないところから永久歯が!!!!

普通、混合歯列の歯は下から永久歯が生えて押し出してくれることにより、自然と乳歯が抜ける仕組みになっています。混合歯列のレントゲンはこんな感じです。面白いですよね。

 

今まで何人も「すごいところから永久歯が生えてきたんです!」というお母様たちの声を聞いても、大丈夫大丈夫、矯正すればちゃんと治るんだから、と冷静に話を聞いていたのですが・・・こんな生え方?!とさすがの私もびっくりしました。でも、最終的にはきれいに治りますから、今できることをしていくしかないですね。生え始めの歯は特にむし歯になりやすいのでこんな変な位置に生えてきた歯でも大切に磨かないといけません。

 

ところで長男と次男は、それぞれ5歳と3歳なのですが、さしすせそがおかしい。何回直してもしゃししゅしぇしょ!となります。

見ていると必ず、発音の際にベロを上下歯列の間にこまめに入れています(笑)。英語のTHのような発音の仕方ですね。まあ、この発音もずっと続けば問題ですが、気長にみていきます。こんなことで一喜一憂していたら身がもちませんので(笑)、あまり神経質にならずできることだけしていきます。

時々、舌癖のある大人の方に会うと、自分の子供は治してやらないといけないよなあとは思いますが、子育ては気長に根気よくです😆

歯磨き後のうがいは1回?!

10月も半分になり、あと1か月半で今年が終わろうとしています。1年の過ぎるペースが年々早くなっていくような感じがしてなりません。歯科衛生士の藤井です。

さて、本日は歯磨きした後のうがいの回数について少し考えたいと思います。いきなりですが、みなさんは歯磨きをした後に何回コップの水を口に含んで吐き出してを繰り返していますか?

毎日何気なく行っていることなので、回数を聞かれると考えこんでしまうかもしれません。

歯磨きをした後はお口の中に歯磨き粉や食べかすが残った状態なので、歯磨き粉の味が無くなるまで何回もゆすいでしまっているかもしれませんね。

実は歯磨き後のうがいはタイトルにも記載しているように「1回」がベストなのです。

「歯磨き後のうがいが1回」という情報は、歯の特集をしていたテレビ番組や雑誌で見たことがあるので、何となく知っていた方もいらっしゃっるかもしれません。でもなぜ「1回」がよいのでしょうか?

 

歯磨き粉のパッケージを見ると色んな成分が入っていますが、一番目に付く成分はフッ素ではないでしょうか。フッ素は歯科で「フッ素入りの歯磨き粉や洗口剤をオススメします!」とアドバイスを受けたり、お子さんの歯のクリーニングで「フッ素を塗っておきました」と説明を受けることもあると思うので、歯にいいイメージは持っているかもしれません。

実際にフッ素には虫歯になりにくくする効果や歯を強くする効果があります。

少し難しい言葉ですが、

「酸産生抑制機能・再石灰化促進機能」

というものです。

お口の中にいるミュータンス菌などの細菌が食べ物や飲み物に含まれている糖分を餌にして体に取り込み酸を出すことで歯を溶かし穴が空いてしまうのが虫歯なのですが、お口の中が酸性になるとフッ素がイオン化という状態になりそれ以上酸が作られるのを防ぐ働きをしてくれます。そして酸により柔らかくなった歯を再び元の状態に戻す再石灰化の手助けをしてくれます。

こんな素晴らしい効果のあるフッ素をお口の中に留めておきたいですよね!

フッ素入りの歯磨き粉で歯磨きをしてフッ素が歯にコーティングされるとフッ素がすぐに歯に取り込まれる訳ではなく、徐々に浸透していくので定着するまで少し時間がかかります。またコーティング中に水を含むことでお口の中のフッ素が流れて濃度が薄くなってしまいます。

1番いいのは歯磨き後のうがいをなしにすれば歯磨き粉のフッ素をそのままお口の中に留めておくことができますが、磨いた後は食べかすが出てきたり歯磨き粉は食品でないため、磨いた後の状態で放っておくのは好ましくありません。フッ素が大量に流れてしまわないよう最低限の少量の水で流してあげるのがおすすめだと思います。

 

知らずに今まで何回もうがいしてしまって常識を覆された!!という方もいらっしゃるかもしれないので、補足して正しい日常の歯磨きの手順も伝えたいと思います。

 

①まず年齢に応じた量の歯磨き粉を歯ブラシにつける

・歯が生えたころ(約6か月)~2歳→子どもの切った爪程度

・3歳~5歳→5㎜以下

・6歳~14歳→1㎝程度

・15歳以上→2㎝程度

 

②次に歯を磨く前に歯磨き粉を歯の面全体に広げる

③そして2~3分、歯磨き粉の泡立ちを保つために歯磨きをする

④泡立った余分な歯磨き粉を吐き出す

⑤最後に10~15ml(小さじ2杯分くらい)の水をお口に含んで5秒間ぶくぶくうがいを1回する

⑥注意点として歯磨き後1~2時間は飲食をしないほうがよい

 

といった流れです。最後の「歯磨き後1~2時間は飲食をしないほうがよい」というのもポイントです。うがいを少量に留めたのに飲食でフッ素が流れてしまってはもったいないですよね。

 

フッ素をお口に留まらせるイメージで、今日から歯磨き後のうがい回数を減らしてみてはいかがでしょうか?

お子様の歯を守る~初めて歯が生えた時の感動を思い出して~

歯科衛生士の吉岡です。

お子様が歯科医院に来られた時、お母様からよく「虫歯はありますか?」と聞かれます。

虫歯のあるお子様はもちろん歯にバイキンもついていますが、間食について聞いてみると

「自分で冷蔵庫からコーラをだしてよく飲むんです」と虫歯と間食の関係性が食習慣の中で見られます。

皆さんのお子様の食習慣はどうですか?甘いものばかり食べていませんか?だらだら食べていませんか?虫歯は歯磨きができていないとなるというわけではなく、食習慣にも大きく関わっています。

 

1~5歳ぐらいまでは1日に必要な栄養量を3回の食事では満たせないため、1~2回の間食が必要になりますが、間食の量、種類、回数、摂取エネルギーなどが虫歯の発症に関与しています。

 

みなさんは酸が歯を溶かすことを知っていますか?

食べていない時のお口の中のpHは6.5~7.0くらいでほぼ中性ですが、甘いもの(糖類)

を食べるとすぐにpHが酸性に傾いて、酸が歯を溶かしていきます。

特にだらだら食べになってしまうとお口の中が長時間酸性になってしまい、歯を溶かしていくのです。

 

 

実際に虫歯になりやすいもの、なりにくいものにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

~なりやすいもの~

・アメ ・ガム(砂糖入り)・チョコレート ・クッキー ・菓子パン ・炭酸飲料 など

 

この中には、砂糖を多く含んでいるものばかりです。

アメやガムは、お口の中に入っている時間が長いです。チョコレートやクッキーは歯にくっついて歯の溝に残りやすい状態になります。

 

~なりにくいもの~

・リンゴ ・おにぎり ・バナナ ・さつまいも ・牛乳 ・麦茶 ・お茶 など

 

これらは砂糖を含んでいない、または自然の糖分で、食べかすも残りにくいものです。

お母様の手作りのものも良いかと思います。

 

このように虫歯になりやすいものならないものがそれぞれあることが分かりましたね。

では、虫歯にならないためにどういった間食の取り方をしていけばよいのか詳しくお伝えします。

 

・甘いものを食べた後には甘いものを洗い流すものを食べる

 たとえば、アメを食べた後には酸を作り出さないキシリトール入りのガムやタブレットを食べるようにすると良いです

 当院にもキシリトール入りのタブレットがあります

・時間と回数ですが、3歳未満は甘みが強い物を摂取すると甘い味を覚えると欲しがるようになり、虫歯になりやすくなるだけではなく、味覚の発達が妨げられて甘党になりやすくなります。この影響で野菜を食べなくなったり、好き嫌いの多いお子様になる可能性もあります。

3歳未満はお母様の管理下にあるのでお母様次第では糖分を含む食べ物の摂取を禁止することが可能です。

しかし、3歳を過ぎて行動範囲が広がってくると、友達の家で糖分を含むものを与えられるなど、糖分の禁止は難しくなるので、時間は「10時、15時」など決まった時に、回数は1日2回、量は1皿分などと決めると良いと思います。寝る前に糖分の多いものを食べてそのまま寝てしまうと虫歯になりやすいです。間食した後は歯磨きをして予防しましょう。

 

・間食は栄養のバランスを考えて、野菜の入ったものやおにぎりなどお母様の手作りのものも良いでしょう。

 

・お菓子と飲み物の組合せを考えてみましょう。

 ケーキ+お茶 など甘いものを食べたら飲み物はお茶や牛乳に変えてみてください。

また、ジューズを飲みたいときは糖分が少ないものに変えるのもいいと思います。

 

・虫歯予防のための食品の選択には、「特定健康用食品(トクホ)」や「歯に信頼」マークが役立ちます。

 

・噛みごたえのあるものにする

 イカや昆布などお子様が食べることは少ないと思いますが、

しっかり咬むことによって唾液の分泌をよくしてくれるので虫歯菌によって作り出された酸と中和し酸によって溶かされた歯を修復する役割があります。

 また、よくかむということは最近グルメ志向や食品のソフト化などによって咬むことの

 重要性を忘れ去られようとしていますが、最近ではよく咬んで食べていないことから顎の成長不足で歯並びに影響が出てきたりすることが増えてきています。

 顎を発達させるためにも大切です。

 

 

虫歯予防には、定期健診へ行く、シーラントをしてもらう、フッ素を塗ってもらうことなど、

様々な予防方法があります。どれも大切なことですが、まず、皆さんが家庭内で一番できることは、食習慣や歯磨き習慣を身につけることです。

乳歯だからいずれ抜けてしまうと思わず、今(小児期)から虫歯にならない予防習慣を身に

つけていると永久歯になってからも虫歯予防がしていけるようになると思います。

 

1 / 212
ページの先頭へ戻る