口臭について

みなさんはご自分の口臭を感じたことはありますか?

実は自分ではなかなか気づきませんが口臭は誰にでもあります。

起床直後や空腹時、あと緊張した時など。

これは生理的口臭といい唾液の分泌量が一時的に減って口の中の細菌が増えるからです。

この場合、食事をしたりおしゃべりをすることで唾液の量が増えれば口臭が弱くなります。

しかし、一度匂うといわれるとその後も匂うのではないか、、、と気になってしまいますよね?

そうなる前に対策できるよう今回は口の中に原因がある病的口臭の原因と対処法をご紹介しようと思います。

まず、口臭の原因についてです。

先ほども少しお話ししましたが、口臭の原因は『細菌』です。

細菌がタンパク質を分解するときや歯と歯の間に挟まった食べかすを分解するときに

臭いの原因物質を放出しているのです。

細菌は様々なところにいます。

細菌が原因の口腔内疾患の代表であるむし歯や歯周病、

細菌のたまり場となってしまうプラークや歯石、

清掃不良でプラークが付いてしまっている入れ歯など。

また、歯に合っていないかぶせも要注意。

歯に合って部分に食べかすやプラークがたまってしまいます。

そして、舌にも。

細菌や食べかすが苔のように舌にくっついてしまうのです。

最初にお話したように唾液の減少も口臭の原因となります。

なぜなら唾液には殺菌作用があり、お口の中の環境を整える役割もあるからです。

次に対処方法です。

・歯科医院でむし歯や歯周病の治療を行うこと。

まずは原因を取り除かなければ良くはなりません。

なお、お口の中の原因箇所を治療しても口臭が改善しないようであれば、鼻やのど、全身の疾患が原因の可能性もありますので然るべき医療機関を受診してください。

・歯科医院へ定期的にメンテナンスに通うこと。

プラークや歯石などは普段のケアだけでは落としきれません。歯科医院でのプロフェッ ショナルケアを定期的に行うことでプラークや歯石を落とし、むし歯や歯周病を早期に発見、悪化しないように予防することが大切です。

・舌のケアを行うこと。

見落としがちかもしれませんが、舌も歯と同じようにきれいにしなければなりません。

舌をきれいにするには「舌ブラシ」という専用のブラシを使い舌苔を除去することで

口臭を予防することができます。
・殺菌効果のある歯磨き粉や洗口剤を使う。

原因である細菌に効果的な薬用成分の入ったものを使うことで

細菌の数を減らすことができます。

最後に当院での口臭対策のグッズをご紹介します。

『SP-T メディカルガーグル』

こちらは口臭予防に効果のある洗口剤です。

殺菌性に優れた成分を配合しており、口臭を予防してくれます。当院では、歯周病が中程度以上に進んでいる方にまずこちらを治療の一環としておすすめしています。

『システマ デンタルペーストα

歯周病を予防に効果のある成分と口臭を予防する成分が配合されていて

歯周病と口臭を予防できます。

最初に書いたように口臭は誰にでもあります。

問題は臭いの強さです。

他人を不快に感じるような強い臭いでなければ気にしなくて大丈夫です。

しかし口臭が強くないのに自分で強いと思い込んで精神的に病んでしまう人もいます。

口臭が気になる方は一度歯科検診をお勧めします。

原因がお口の中にあるのであれば、そこを治療すれば口臭は改善できます。

1人で悩まず、お気軽にお問い合わせください。

むし歯になる確率を大きく下げるフッ素洗口~新潟県の取り組みからみる

吉岡です。

私が歯科衛生士になり、虫歯になってしまっているお子様を沢山みてきました。

虫歯の治療をするときに治療台で泣きながら頑張って治療をしてくれたり、大きな虫歯になって神経の治療になったり・・・

保護者の方はそのような治療をしているお子様の姿を見たくないですよね。

そこで、当院に通院されているお子様には3ヶ月ごとにフッ化物塗布を行っていますが、

実はフッ化物を直接歯に作用させる方法には3つあります。

・フッ化物入り歯磨き剤を使う方法

・フッ化物を歯に塗っていく方法

・フッ化物で洗口していく方法

この中で、一番効果的といわれているものがフッ化物洗口になります。

う蝕を約半分に抑える効果があります。

フッ化物洗口とはフッ化物洗口液を用いて口をすすぐことにより、歯の表面にフッ化物イオンを作用させ、歯の質を強化して虫歯を予防することです。

フッ化物洗口はぶくぶくうがいができるようになる4歳以上が適切です。

4歳から14歳までの期間に実施することで虫歯予防対策として最も大きな効果が得られます。生えそろったばかりの乳歯や萌出直後の永久歯に対する虫歯予防として効果的です。

フッ化物の種類や使用方法によって効果は異なりますがフッ化物洗口に限らずどの方法でも早く始めて毎日、長い期間続けてもらうことが大切です。

近年ではご家庭や学校でも使われるようになっていますが、現在日本で一番子どもの虫歯が少ない県として知られているのが新潟県です。新潟県はどのような取り組みをしているのか、お伝えしていきます。

この取り組みは昭和56年からスタートし、当時は12歳児の90%以上(1人平均5本以上)が虫歯だったそうです。

そこで、新潟県は子どもたちの虫歯予防のために、まず保育所や幼稚園、学校などでフッ素洗口の実施を始めたそうです。

他にも学校と歯科医院とで連携し虫歯予防のために学校が医療機関への受診を歓奨したり

学校などで昼食後の歯磨きや保健指導を行い、県歯科医師会はイベントなどをして歯磨きの大切さを呼びかけたりしているそうです。今では、12歳児の虫歯は5人に4人は虫歯が一本もないという結果が出ています。子供たちの歯を守る取り組みが県全体で連携して

行なわれていることがよくわかりますね。


ちなみに当院でも1本でも多く虫歯になったお子様、あるいは将来虫歯にならないようにするために、お子様にミラノールというフッ化物洗口剤を使っていただくようにしています。

ミラノール

フッ素洗口剤は夜寝る前に歯磨きをした後フッ化物洗口をして飲食はせずにそのまま寝てもらい、お口の中にフッ化物が長くとどまるので、大きな効果が期待できます。このように、やり方はご家庭でしていただくものになるのでとても簡単です。

しかし、間違って「フッ化物洗口をすれば虫歯にならない」と思い込まないでください。

虫歯になる原因は、虫歯菌、糖質、歯の質、時間、この4つの条件が重なって虫歯になります。ですから、定期的に歯科医院で歯のメンテナンスや虫歯のチェックを行い、きちんとご家庭で歯磨きをしたうえでフッ化物洗口をしてください。


なお、一般的には第一大臼歯が生え始める就学前から中学生くらいまで継続していただくとよいですが、むし歯ができやすい大人の方にももちろん、効果です。お子様の場合、エナメル質の成熟期にフッ素洗口を経験することにより、脱灰に対する強い抵抗力をもつ強い歯ができますのでより予防効果が高いです。

お子様に初めて歯が生えた時の感動を思い出して、大切にしてあげてくださいね。

むし歯より怖い歯周病

あなたは、歯を失う二大疾患をご存じですか?

「むし歯」はまっさきに浮かんでくることだと思います。

もう1つは・・・そう「歯周病」なんです。

実はこの歯周病、歯の病気だけではなく、なんと全身の病気と関係があるのです!

今日は、その「歯周病」について、しっかりとお話ししようと思います。

歯周病とは・・・

まず、「歯周」とは具体的にはどの部分なのでしょうか?

読んで字のごとく、歯の周りで歯を支えている土台のことを歯周組織といいます。

歯周組織は、目に見えている歯肉(歯茎)と、外からは見ることができない歯根膜、セメント質、歯槽骨で構成されています。

歯の構造

この歯周組織に起こる病気が歯周病です。

歯周病は、プラーク(歯垢)という、歯に付着する細菌の固まりにより引き起こされます。

歯周病の直接的な原因は、これらの細菌の感染であり、これら細菌に体の生体防御機能(免疫)が負けてしまったときに歯周病になります。

歯周病とは感染症なのです。

この歯周病の直接的な原因となる細菌を「歯周病原性細菌」といい、これらの細菌は他のいろいろな細菌と集落を作って生活をしています。

これを「バイオフィルム」といいます。

例えば、台所の排水溝などに付着しているヌメヌメした汚れ・・・。あれを想像して頂ければいいと思います。

歯周病の原因となる細菌は、このような「バイオフィルム」と呼ばれる集落を作って生活しているため、単に薬をつけても細菌を死滅させることができません。

そして、症状の進行とともに歯がぐらつき、最終的には抜けてしまいます。

ご存じのとおり、抜けた歯は二度と元には戻りません。

こうやって、次第に1本、、、2本、、、と歯を失っていくことになるのです。

歯周病の進行度

歯周病の進行度は、①歯肉炎 と ②歯周炎 の2段階に大別できます。

①歯肉炎

歯周病の原因となる細菌は毒素を出して体の組織内に入り込もうとします。

体は外から異物である細菌が入り込もうとすると防衛機能が働いて、その細菌が入ってこないように戦います。いわゆる免疫反応ですね。

細菌と戦っていると、戦場となった歯肉(歯茎)は焼け野原のような状態になります。

この状態が「炎症」です。

実際には歯肉が腫れたり、出血しやすくなります。

この段階が「歯肉炎」です。

ほとんどがブラッシングや歯石除去だけで改善されます。

若年層の方でも思春期性歯肉炎や、妊娠中の妊娠性歯肉炎などの注意が必要です。

②歯周炎

体の防衛機能がなんとか細菌の侵入を食い止めようとしても、プラークが溜まり細菌が増え続ければ、体側はだんだん不利になって後退していきます。

歯周病説明用

その結果、歯肉が下がり、歯周ポケットができてしまいます。(上記図参照)

歯周ポケットとは、歯と歯肉の境目にできる病的な隙間のことをいいます。

この歯周ポケットができると細菌はさらに暴れるようになり、炎症はより深いところまで進んでいき、やがては歯を支えている骨(歯槽骨)などの部分に近づきます。

すると歯を支えている骨は炎症から逃げようとして、体に吸収されていきます。

これが「歯周炎」です。

この状態になるとさらにポケットは深くなり、炎症も拡大し、やがては歯の根元まで進んでいき、最終的には歯が抜けてしまいます。

歯周病と全身疾患の関係

成人における歯周病は、近年のさまざまな研究から、生活習慣病との深い関係性が分かってきました。

特に、歯周病と糖尿病、心疾患、肥満などは、互いに影響しながら重症化する傾向があることもあきらかになっています。

Pと全身疾患との関係

●糖尿病

糖尿病は喫煙と並ぶ歯周病のリスク因子で、糖尿病の合併症の1つともいわれています。

また、炎症を起こした歯周組織の影響で、インスリンの働きを妨げて血糖値を上昇させるとも考えられており、歯周病治療によりインスリンの働きが活発になり、改善されることがわかっています。

●心疾患

歯周病原性細菌が血液中に入り、心臓などに感染を引き起こすことがあります。

また細菌などの刺激によって動脈硬化が進行し、狭心症や心筋梗塞が引き起こされることもあります。

●肥満

内臓の周りに脂肪が溜まる「内臓脂肪型肥満」は、動脈硬化を進行させる原因の1つです。

上記したように、歯周病の原因となる細菌などの刺激によって、この動脈硬化がさらに進行していきます。

この他にも、歯周病に罹患している妊婦さんは早産、低体重児出産のリスクが高くなるという報告があります。

「歯周病は歯の病気」と思っていた方は多いと思いますが、全身の病気に関係してくるとは驚きですね!

歯周病は初期の段階では痛みなどはほとんどありません。

「歯磨きをしっかりしてればいいよね?」

と思われた方・・・。セルフケアは必須ですが、それだけでは足りません。

最初にお話ししましたように、細菌は「バイオフィルム」という集落を作って生活していて、それはセルフケアだけではしっかりと取り除くことができません。

毎日のセルフケアはもちろんのこと、それと同時にプロのケアも必要となります。

歯ブラシでは届かない歯周ポケットに入り込んだバイオフィルムは、歯科衛生士のケアによって取り除くしかないのです。

入れ歯もプロフェッショナルなケアが必要です

「入れ歯は人工物なので磨く必要はない」と考えている方も少なくないと思いますが、もちろん入れ歯もケアが必要です。

ケアをしないままでいるとプラークが溜まり、その中の細菌を誤飲・誤嚥し、肺炎を招くリスクがあります。

またその細菌によって、健康な歯まで歯周病やむし歯になる可能性もでてきます。

まずは入れ歯専用のブラシなどを使った清掃が最も重要です。

そしてブラシなどの清掃で取りきれない歯石や細菌には、化学的な清掃方法をとります。

当院では、市販されていない歯科医専用の強力な薬剤と超音波を用いて入れ歯についた歯石や細菌を取り除く、入れ歯のクリーニングをおこなっております。

驚きの洗浄力ですのでぜひ一度お試しください。

歯周病の治療・予防は、あなたと歯科衛生士との二人三脚で初めて成立します!

治療や予防について詳しくお知りになりたい方はご遠慮なく当院スタッフにお気軽にお尋ねください。

治療の為の定期的な通院、治療後のメンテナンス・・・

忙しい中、大変だとは思いますが、一緒にがんばっていきましょう!!



歯ブラシを処方する


DAの重森です。今回は「歯磨きの仕方」についてお話しします。

皆さんは1日に歯磨きを何回していますか?そして歯磨きにかける時間はどれくらいですか?

歯磨きは、1日最低でもの2回、特に夜寝る前の歯磨きはとても大切です。

また歯磨きにかける時間は7分~10分が理想。12回の歯磨きすべてこの時間はかけられないとしても、夜寝る前の歯磨きはしっかりと時間をかけましょう。

ただし、なんとなく歯磨きをして10分が経った・・・ではあまり効果的ではありません。

歯磨きの仕方にはいくつかの方法がありますのでご紹介します。


●歯磨きの仕方1 ~縦磨き法~

この磨き方は、歯と歯の間が広く開いている人、細かな操作が困難な人に向いています。

・歯ブラシの毛先を歯に対して直角にあてて、歯の根元に向けて上下に歯ブラシを

動かします。

・歯の裏側は歯ブラシを縦に使います。

・歯の噛みあわせの面には歯ブラシを前後に動かします。

・奥歯には歯ブラシを斜めに入れて往復させます。


●歯磨きの仕方2 ~スクラビング法~

この磨き方は、軽い歯肉炎がある、歯肉が退縮している、知覚過敏・・・などのお口の状態の方におすすめです。

・歯ブラシの毛先を歯に対して直角にあて、小刻みに左右に往復させます。

・前歯の裏側は歯ブラシを縦に入れて1本ずつ小刻みに動かします。

・奥歯は、歯と歯の境目に毛先を当てて、小刻みに動かします。


●歯磨きの仕方3 ~バス法~

歯茎が腫れている、出血がある、歯周ポケットが深い・・・などのお口の状態の方に向いている磨き方です。

ただ、歯ブラシの操作が難しいことと、誤った磨き方をした場合歯茎を傷付けることがありますので注意が必要です。

・歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目にあて45度の角度を保ちながら左右に小刻みに

動かします。動かすというより振動させる、という感じです。

・前歯の裏側は、歯ブラシを縦に入れて、1本ごとに振動させるように磨きます。

・奥歯の裏側は、表側と同様に行います。



このほかにも細かい磨き方はいろいろありますが、どの磨き方も、あまり力を入れすぎると歯が摩耗したり、歯茎が退縮したり傷が付いたりすることもあります。

自分のお口の状態に合った磨き方をすることが大切ですので、歯磨きについて不安に思われた方は来院時に歯科衛生士におたずねください!

●乳歯は虫歯になりやすい・・・

以前のブログで乳歯のことについてお話ししてきましたように、乳歯はとても大切な歯です。

しかし、乳歯は永久歯に比べて未熟なのでとても虫歯になりやすいのです。

乳歯で特に虫歯になりやすい歯は以下の通りです。

・上の前歯・・・歯の付け根と、歯と歯の間に汚れがたまりやすい。

・奥歯・・・23歳頃に生えてくる。いちばん虫歯になりやすい。

また、乳歯は虫歯になると進行が早いので注意が必要です。

●子どもの歯磨きについて

お子さんの大切な歯を虫歯にしない為にも、歯が生え始めたら、口の中のケアと歯ブラシに慣れさせる練習をしましょう。

・食後はぬらしたガーゼで歯を拭く(生後78ヶ月頃から)

・乳児用歯ブラシでケアをする

・上下の前歯が生えてくる1歳半頃から歯ブラシを使用する

・食べたら歯ブラシを持たせたり、口にくわえたりさせ慣れさせる

磨き方は、汚れがたまりやすい歯の付け根、歯と歯の間などをお子さんが嫌がらないうちに手早く磨きます。

食べたら磨く、のが理想ですが、その日の汚れをその日の内に落とすことを心がけましょう。

●仕上げ磨きについて

お子さんの歯を守っていく上で大切なのは保護者の方のチェックです。

2歳くらいまで・・・保護者の方が全面的に磨いてください

6歳くらいまで・・・お子さんの磨き残しを磨きましょう。仕上げ磨きです。

9歳くらいまで・・・お子さんの歯磨きをチェックしてください。点検磨きです。

ここに書いた年齢はあくまで目安です。お子さん個々の成長や性格などに合わせて保護者の方がチェックをしてあげてください。


●磨き残しをしないためには・・・

ここまで歯磨きの仕方についてお話ししましたが、実は歯磨きのみでは、約7割しかプラーク(歯垢)を落とせないのです!

この磨き残しをしないためには、歯ブラシの他に、デンタルフロスや歯間ブラシなどの歯と歯の間を掃除するためのアイテムを使いましょう。

デンタルフロスや歯間ブラシは、歯間に挟まった食べかすを取る爪楊枝の代替品ではありません。歯ブラシと同様、プラークを取るのに必要なアイテムなのです。

ただ、フロス(糸)となると使い方が難しい・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれません。当院では、フロス初心者の方も使いやすいY字型のホルダータイプのフロス(ウルトラフロス)もご用意しておりますので、スタッフへお気軽にお声かけください。

●おススメの歯磨きアイテム

ここで、重森おススメの歯磨きアイテムをご紹介します。参考になさってください。

・フィリップス ソニッケアー

電動歯ブラシです。音波水流で歯垢を落とします。

通常の手磨きの半分の力でブラッシングでき、毛先の届きにくい歯間部や奥歯などのプラークを効果的に除去します。

歯垢除去力は、手磨きの最大10倍!

んといっても、楽です。自分で手を動かすことがないので、私は、テレビをみながらゆっくり磨いています。

ソニッケアー

・テペ(歯ブラシ)

予防歯科の先進国であるスウェーデン製の歯ブラシです。

なんと、スウェーデンの薬局で購入された歯ブラシの77.2%はテペ製なのです。

ちなみに、みなさん、歯ブラシいつ交換しましたか?

歯ブラシの交換は1ヶ月に1回が目安です。

毛先が開いてしまった歯ブラシでは、歯ブラシ本来の歯垢除去力が発揮されません。

また長期間使っている歯ブラシには細菌もたくさんついてしまっています。

当院は、歯ブラシを単なる歯磨きの道具とは考えていません。

風邪をひいたらお薬を処方するにように、当院では、患者さんお一人おひとりに合わせて歯科衛生士がおすすめの歯ブラシを処方しています。

お子様の歯の生え変わり時期について

アシスタントの重森です。冬休みが終わり、世の中のお母さんは、ほっとされているのではないでしょうか?


今日は、お子様の歯の本数について、書いてみたいと思います。意外と歯の本数ってご存知ない方が多いんです。

「あれ?うちの子、今、何本生えているのかな?」特に小学生頃のお子さんがいらっしゃる方でしたら、大人の歯が何本生えたのか?気になるところですよね。また、3歳くらいの小さなお子さんをお持ちの方ですと歯がどれくらい生えてきたのか?などもお子さんの成長を感じる上で楽しみではないかと思います。子どもの歯、いわゆる乳歯は上下でそれぞれ10本ずつ、合計で20本、生えてきます。ちなみに大人の歯、いわゆる永久歯は上下それぞれ14本、合計28本です。親知らずを含めると28本+4本で32本になります。

乳歯


乳歯から永久歯への生え変わりの時期については個人差がありますが、目安として参考にしてください。乳歯は3歳頃までに20本すべてが生えそろいます。そして6歳頃から永久歯が生え始めます。まず「6歳臼歯」という大きな大人の歯が乳歯の一番奥に生えていきます。

歯ブラシを奥歯に入れるとお子様が「おえっ」となってしまう、または、奥までよく見えなくてついつい歯ブラシが届かないなど難しいですが、この6歳臼歯は、大人の歯です。死ぬまで一生使う歯ですから、大事にしてあげてくださいね。

つづいて、7歳~11歳頃には、まず切歯が、続いて犬歯(糸切り歯)と小臼歯が順々に生え変わります。そして12歳頃には第二大臼歯が生え始め、14歳頃までには親知らず以外の永久歯が生えそろいます。第二大臼歯は6歳臼歯のさらに奥なので歯ブラシが届きにくい為、虫歯に注意しましょう。なお、生え変わりの順番についてはばらつきが大きいので必ずこの限りではありません。生え変わりの時期についても個人差があります。乳歯は34ヶ月、永久歯は1年弱ほどの差があっても異常ではありませんのでご安心ください。

また、お母さまとお話していると、乳歯は、いつか抜けるから、という考えをお持ちの方が多いことに驚きます。

乳歯は、単純に永久歯が生えてくるまでの歯というわけではなく、次に生えてくる永久歯を誘導するガイドの役割も担っていますので虫歯などで乳歯があまりにも早い時期になくなってしまうと後から生えてくる永久歯にも影響が出る場合もあります。

生え変わりの期間は小学校に通いお子さんの自立心も次第に出てくる時。お口の中の状態までお父さん、お母さんの目が届かなくなる時期かもしれません。また、乳歯でもむし歯になってしまうと、痛みを避けるために、噛むところが偏る場合があります。これが癖になると歯並びに影響を与えることもありますので、 「ただの乳歯」ではなく、乳歯だからこそ、大事にしてあげてください。

当院に通院されているお子様は3か月ごとにフッ素を塗布し、ご家庭でも毎日のフッ素洗口を推奨しております。お子様に初めて歯が生えた時の感動を思い出して、一生自分の歯で食べられるよう、親子で歯を大切にしてくださいね。

ページの先頭へ戻る