妊婦さんの歯科治療について

衛生士の佐藤です。今日は妊娠中の方の歯科治療についてお話していきたいと思います。

元々あまり歯医者に行ったことがない方も妊婦検診をきっかけに歯科へ来院してくださることが多いです。

妊婦検診とは妊婦さんや赤ちゃんの健康状態を確認するために行うもので歯科では妊婦さんのむし歯の有無や歯ぐきの状態をチェックします。

この時にむし歯や歯周病などが見つかる方も実は多くいらっしゃり、出産までの間に治療をしていきます。

しかしその時気になるのが歯科治療でおなかの中の赤ちゃんに与える影響についてですよね。

これは治療前に妊婦さんからもよく質問を受けます。

まずむし歯治療で使用する麻酔についてです。

歯科で使う麻酔は局所麻酔と言われる打った周辺のみに作用するものなので胎盤を通して赤ちゃんに影響が出ることはありません。

ですが実際に治療を行うとなると妊娠初期はつわりで口を開けて器具を入れるのはしんどい方もいらっしゃいますし、麻酔の薬に入っている成分には大量投与すると子宮収縮を起こし穏やかにですが分娩促進させる作用をおこすものもあります。

虫歯治療する際は必要最低限の量の麻酔を使用するようにしていますが、より安全に治療をするために妊娠中期(1627)に行うことを当院では推奨しています。

ですので妊娠初期の段階で検診を受けむし歯や歯周病があった方は、麻酔を用いての

治療は妊娠中期に入ってから行い、それまでは歯周病の治療を行っていきます。

また、妊婦さんは歯周病治療もしっかり行っていく必要があります。

なぜなら歯周病に罹患している方は早産のリスクが上がってしまうからです。

よく聞く飲酒による早産のリスクは約3倍ですが歯周病による早産のリスクは約7倍にもなるとされています。

これは歯周病菌がもたらす炎症を起こさせる物質が子宮の収縮を起こさせるホルモンに似ているため早産や低体重児出産の原因になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊娠中はつわりによる食生活の乱れや口腔清掃不良の影響で歯茎の炎症を起こしやすいのですが、さらに妊娠中の女性ホルモンを好んで活動する歯周病菌の影響もうけてより炎症を起こし、歯周病を悪化させます。

妊娠中の歯周病は通常よりも早く進行してしまうため早めの発見と治療をお勧めします。

また、歯周病に罹患している人としていない人を比べると歯周病に罹患している人は不妊になりやすいという試験結果もあるそうです。

歯周病は妊娠・出産に深く関わっているのに若い人と歯周病はなかなか結び付かず

知らない間に不妊の原因を身体にため込んでいるかもしれません。

ですので妊娠中の方もですが妊活前にも歯周病のチェックをしに歯科を受診してくださいね。

ドライソケットとは?抜歯後痛みが出る場合

こんにちは。歯科医師の河底です。 今回は抜歯後の傷の治り方についてのお話しです。

―正常な治り方―

 

① 抜歯当日 空いた穴に血がたまり、血餅が形成される。

 

② 3〜4 日 上皮化(歯ぐきの再生)が始まる。

 

③ 1 週間 血餅が肉芽組織に変化する。

 

④ 3 週間〜1 ヶ月 肉芽が結合組織に変化し、骨が再生し始める。

 

⑤ 1 ヶ月〜1 ヶ月半 抜歯後の穴は完全に歯ぐきで覆われる。 ⑥ 半年〜1 年 歯ぐきの穴が完全に埋まる。

 

このようにして、抜歯後は傷が治っていきます。 しかし、抜歯後の傷の治りが悪い場合があります。「抜歯窩治癒不全」で す。(抜歯後、歯のあったところに穴があきます。これを抜歯窩といいます。) ほとんどの場合は、抜歯後は正常に治っていきますが、稀に抜歯後数日経ってか ら逆に痛みが強くなってくる場合があります。これは「ドライソケット」 と呼ばれる状態です。

 

ドライ(乾いた)ソケット(窩=穴)。つまり、乾いた穴です。

抜歯後、正常に治る場合は血餅ができますよね。血餅とは血液が凝固したもので、 止血や傷の治癒などに重要な役割を果たします。

しかし、うまく血餅ができなかったり、せっかくできた血餅が剥がれてしまうこ とがあります。

この場合、露出した骨の表面が感染を起こし、ドライソケットに なります。

ドライソケットになった場合、麻酔が切れた瞬間よりも抜歯後 2〜3 日経ってか らのほうが強い痛みを感じるようになります。

しかも、骨が露出しているため、 飲食時に痛みが強くなります。

そして、抜いた穴から嫌な臭いがします。通常な ら歯を抜いた穴は血餅ができているので赤〜濃い紫に見えることが多いですが、 ドライソケットは抜いた穴が大きくあいていて内部が白っぽく見えます。(←これも、骨が露出しているためです。)

 

<ドライソケットの原因>

① 骨自体の血流が悪くなっていて、血餅ができなかった。

 

② うがいをし過ぎた、舌で触ってしまった、抜歯した穴に吸引力がかかってし まったなどの理由で、血餅が剥がれてしまった。

 

③ 麻酔に含まれる血管収縮薬の影響で、あまり出血しなかった。

 

④ 抜歯後、喫煙することで血流が悪くなってしまった。

 

⑤ 抜歯後、何らかの理由で感染を起こしてしまった。

 

⑥ 難しい抜歯で骨が空気にさらされる時間が長くなってしまった。

 

それでは、ドライソケットになった場合、どうしたら良いのでしょう?

 

まずは、抜歯を行った歯科医院に連絡をしなるべく早く行きましょう。

歯科医院で行う処置としては、

・抜歯した部分の消毒

・抗生物質の軟膏塗布

・抗生物質や痛み止めを再び処方される

・レーザー治療を使用した消炎処置 などがあります。

ほとんどの場合、このような処置により傷口が自然に塞がり、 1〜2 週間ほどで痛みが和らぐことが多いようです。

それでも痛みが改善しない場合は、抜歯後乾いてしまった穴に再び傷をつけて 出血させ、新たに傷口に血餅を作る処置を行うこともあります。

残念ながら、ドライソケットを完全に予防することは難しいです。 しかし、少しでも予防するためにみなさんにお願いがあります!

 

・何度もうがいをしないようにしてください。

 

・舌で傷口を触らないようにしてください。

 

・抜歯した穴に吸引力がかかるような動作は控えてください。

 

・抜歯後、喫煙はしないようにしてください。

 

・血が止まりにくくなることは極力控えてください。

 

・十分な休養をとって体調を整えましょう。

私の友人も学生の頃、下の親知らずを抜歯後ドライソケットになっていました。 とにかく痛いと言っていたのを今でもよく覚えています。

 

抜歯後ドライソケットにならないよう予防し、もし痛みがどんどん強くなるな どの症状があった場合は早めにご連絡くださいね。

むし歯と歯周病以外に治療が必要な歯がある?楔上欠損について

こんにちは、スタッフの久保田です。

今日はくさび状欠損についてお話したいと思います。

みなさん歯がしみたり、歯の根本が欠けているところはありませんか?

 

【くさび状欠損とは歯頸部(歯の根本)が削れて凹んでいる状態の歯です】

  • 歯ぎしり・食いしばりをしている
  • ブラッシング圧が強い

主にこの3つが挙げられます。症状としては歯を磨く時や冷たい物を口に入れた時にしみる症状がでます。これは歯の根本の表面のエナメル質が欠けて中の象牙質が見えてしまってるからです。

 

 

 

 

 

 

これは当院のスタッフの口腔内写真で、⭕️赤丸のところがくさび状欠損です!

歯科医院での対処法は、

・白いプラスチックの詰め物をする(保険適用)

・高濃度の染み止めのお薬の塗布

・歯ぎしり、食いしばりがある方はマウスピースの使用(保険適用)

・一部の噛み合わせが強い方は噛み合わせの調節

 

セルフケアでの対処法は、

・知覚過敏専用(シュミテクト等)の歯磨き粉の使用

・ブラッシング圧が強い方は柔らかめの歯ブラシの使用

 

またくさび状欠損は知覚過敏などの症状がなく欠損部分が浅く虫歯になる心配がなければ経過観察でも大丈夫です。

ですが、大きく欠けて凹んでいる場合はそこに汚れが溜まって虫歯になる可能性があるので気をつけてください!

 

最後に‥‥

くさび状欠損になってしまった歯は虫歯と同様自然と治ることはありません。放置しておけば虫歯になる可能性もあります、ひどくなるとしみる症状が強くなって最悪神経を取ることになります。特にしみる症状のある方は早めに診てもらいましょう!

自分で気づかないうちに歯を傷つけてしまうのがくさび状欠損です。早い段階で予防ができるように定期的クリーニング、定期検診をおすすめします

★お口のことで気になることがあことがあればぜひ一度当院にご相談くださいね♪

 

 

歯磨きが苦手な方、いらっしゃいますか?歯磨き貯金というアプリがあります

皆さんは歯医者さんで「ここに磨き残しがありますね」といわれたことありませんか?

自分ではしっかり磨いているつもりだけどどうしたらいいんだろうとお悩みの方もいらっしゃると思います。

歯磨きはどうしても長年の磨く癖とかもあり、磨き残しやすい部分も出てきます。

そこで今日はスマホのアプリで歯磨きの仕方を教えてくれるアプリを紹介します!

「歯磨き貯金」というアプリです。

 

このアプリ実は歯科医のお父さんが娘さんがむし歯・歯周病にならないようにと考えたも

のでそうで、アプリを起動すると歯ブラシの交換の目安やつけるペーストの量、準備物も教えてくれます。

 

そして歯磨きをスタートすると音声・BGM付きでどこから磨けばいいかを動画で教えてくれます

歯ブラシが動いているところを一緒に磨けばいいしポイントポイントで歯磨きのアドバイスも言ってくれながらなので普段より一層隅々まで磨ける気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯ブラシが終わると今度はフロスもやっていきます。

この時もアドバイスを言ってくれながら動画で一緒にしてくれます。

 

 

歯医者の先生が作られたものというだけあってアドバイスの内容は私たちが普段患者さんにお話ししているのと同じようなないようのものになっておりとても参考になります。

 

歯磨きの時間も何分くらい磨けばいいか分からないというお声がありますが

短すぎるとちゃんと磨けないのでこの動画と同じように磨くとちょうどいい時間になると思います。

お子さんが自分で歯磨きするときもこのアプリを見ながらするといいですね。

お子さんは磨く順番がぐちゃぐちゃになりがちだったり、一本の歯を磨く時間が短かったりするので、このアプリを見ながらだとその問題が解決されます。

 

また、このアプリを使って歯磨きをするとご褒美までのカウントダウンをしてくれます!

ご褒美は自分で好きなものを設定できるのでモチベーションが上がるものを設定してみるのもいいと思います。

 

お父さんが娘のためにという所も、歯科医の作ったものという所も安心感がありますよね!

いつも歯医者さんで磨き残しを指摘されてしまうのが気になるけど、自分で意識してするにも限界があるな、、、と感じる方におすすめのアプリです。

インプラントは歯周病にならない?→なります(正確にはインプラント周囲炎といいます)

⻭科医師の河底 友紀です。前回アシスタントの久保田さんがインプラント経験者である当院の技⼯⼠の経験談をお話ししました。今回もインプラントについて、もう少しお話しをさせていただきますね。

⻭を失う⼆⼤原因は⻭周病と⾍⻭です。⻭が無くなったところは顎の⾻が減り、そのままにしておくと隣の⻭が倒れ込んできたり、嚙み合っていた⻭が伸びてきたりします。すると噛み合わせのバランスが崩れてしまい、いろいろなところに悪影響を及ぼします。
それでは、⻭が無くなった時の選択肢はどんなものがあるのでしょうか?

それは、

① インプラント
② ブリッジ
③ ⼊れ⻭

この 3 つです。もちろんそれぞれメリットとデメリットがあります。私がいつも参加しているセミナーでは、⻭が無くなった時の治療法としてインプラントが選択されることが⼀番多いです。
インプラントは、⻭が無くなったところにインプラント(⼈⼯の⻭の根っこ)を埋め込み、その上に⼈⼯の⻭のかぶせを取り付ける治療法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

イラストのように、インプラントは両隣の⻭を削る必要がありません。ブリッジのように隣の⻭に負担がかかることがないのです。しかも、咬合⼒(噛む⼒)は⾃分の⻭とほぼ変わりません。当院でインプラント治療をされたある患者様が「⾃分の⻭で噛んでいるようだ!!」とすごく喜んでおられました。その⾔葉を聞いた私たちも、本当に嬉しかったです。

どの歯がインプラントかわかりますか?

インプラント治療の流れ
① 検査診断…⾍⻭・⻭周病などの検査とパノラマレントゲンによる顎⾻の診査を⾏います。

② 顎⾻の CT 撮影…より詳しく診断するために CT 撮影をします。

③ 説明・契約・⼿術前チェック…術前に不安な箇所がないように説明をし、契約をします。

④ インプラント埋⼊…チタン製の⼈⼯⻭根を顎⾻に埋める⼿術をします。

⑤ 上部構造(かぶせもの)製作(数回かかります)…⼈⼯⻭根が顎⾻と結合していればか
ぶせものを作っていきます。

⑥ メンテナンス…インプラントを⻑持ちさせるためのメンテナンスは⽋かせません。
インプラント治療は保険がきかず、費⽤がかかります。インプラントの上部構造は⾃費のか
ぶせものになります。

☆⼿術料⾦(アバットメント代含む)…297,000 円
※アバットメントとは、インプラント体に上部構造を固定するための⽀台装置です。
☆上部構造(⼈⼯⻭)…ジルコニア 110,000 円
e-max 110,000 円
ジルコニアセラミック 132,000 円
☆TEK(仮⻭)…前⻭ 1 本ごとに +33,000 円
⾅⻭ 1 本ごとに +11,000 円
※価格は税込みです。
費⽤は⾼いですが⻑い⽬で⾒た場合、他の⻭に負担をかけない最良の⽅法です。そしてインプラント治療の後は、インプラント周囲炎にならないように毎⽇のセルフケアに加えて定期的にメンテナンスを⾏います。インプラント周囲炎とは、インプラント周辺の組織が⻭周病に感染した状態をいいます。しかし、天然⻭に⽐べインプラントは炎症への抵抗⼒が低いため、⼀度細菌感染を起こすと⾻吸収(⽀えている⾻が無くなること)が急速に進⾏します。

定期的なメンテナンスにより、⼝の中を清潔な状態に保つことは、インプラントはもちろん、残っている⻭の寿命を伸ばすことにもつながります。
インプラントについてご質問などがありましたら、お気軽にご連絡ください。

1 / 912345...last »
ページの先頭へ戻る