» 一般歯科のブログ記事

今日は当院のインプラントの特徴についてご説明させていただきます。歯科衛生士の吉岡です。

当院では、歯がなくなったときの選択肢として、インプラント、ブリッジ、入れ歯を説明しております。患者様には、それぞれのメリット・デメリットをお伝えしたうえで選択していただいております。

インプラントとは、歯を喪失したあごの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、上にかぶせをしていくものです。

インプラントをされた方からは、

・痛みがほとんどない

・自分の歯との違いがわからないくらい普通に食事ができる

とのご感想をいただいております。

健康保険がきかないので費用がかかるのと全身疾患を抱えていたり、特定の薬を継続して飲まれている方などには適応しない場合がありますが、

・機能性

・耐久性

・審美性

・手入れの簡単さ

などでは、なくなった歯の選択肢として一番のおすすめです。

では、インプラントがどういうものか、図で見ていきましょう。

インプラントの構造

インプラントは3つの基本構造で成り立っています。

下から、フィクスチャー、アバットメント、上部構造と呼ばれるものになります。

フィクスチャーはあごの骨の中に埋入されるチタン、あるいはチタン合金でできた円柱状の構造体です。

アバットメントはフィクスチャーと上部構造をつなぐ部品です。通常フィクスチャーとスクリュー(ねじ)で固定されます。

上部構造はアバットメント上に装着されるかぶせのことです。

インプラントは、実は医院によってやり方や種類も違ってきます。

当院では患者さんの負担を考慮し1回の手術で終わる1回法を行っており、世界70か国以上に歯科用関連製品を提供しているスイスのストローマンというメーカーを使用しています。世界で500万人以上の患者さんがストローマンインプラントによる治療を受け、患者さんのQOL向上に貢献しているといわれています。

また、当院は患者さんの骨量が十分な場合にインプラントを行っておりますが、

95%の方が

「抜歯と同じくらいだった」

「緊張してきたのに何ともなかった」とおっしゃられています。

1本歯がなくなると、再生することはできません。確かに1本40万前後しますと高い買い物にはなりますが、これで今まで食べていた食事と変わらず、固いおせんべいがばりばりと食べられたり、おいしいお肉をぎゅうっと噛みしめて食べられるわけです。

当院では、インプラントの後も、特にインプラントをされた方にはメンテナンスの重要性を詳しくお伝えし、メンテナンスにお越しいただいております。メンテナンスに3か月毎に来院されている方には、保証制度もあります。

インプラントの手術から、上部構造(かぶせ)が入るまでは通常2,3か月はかかりますが、その後のメンテナンスは、思わず寝てしまうほど、快適です。経験したことのないツルツル感をぜひお試しください。

アシスタントの重森です。冬休みが終わり、世の中のお母さんは、ほっとされているのではないでしょうか?


今日は、お子様の歯の本数について、書いてみたいと思います。意外と歯の本数ってご存知ない方が多いんです。

「あれ?うちの子、今、何本生えているのかな?」特に小学生頃のお子さんがいらっしゃる方でしたら、大人の歯が何本生えたのか?気になるところですよね。また、3歳くらいの小さなお子さんをお持ちの方ですと歯がどれくらい生えてきたのか?などもお子さんの成長を感じる上で楽しみではないかと思います。子どもの歯、いわゆる乳歯は上下でそれぞれ10本ずつ、合計で20本、生えてきます。ちなみに大人の歯、いわゆる永久歯は上下それぞれ14本、合計28本です。親知らずを含めると28本+4本で32本になります。

乳歯


乳歯から永久歯への生え変わりの時期については個人差がありますが、目安として参考にしてください。乳歯は3歳頃までに20本すべてが生えそろいます。そして6歳頃から永久歯が生え始めます。まず「6歳臼歯」という大きな大人の歯が乳歯の一番奥に生えていきます。

歯ブラシを奥歯に入れるとお子様が「おえっ」となってしまう、または、奥までよく見えなくてついつい歯ブラシが届かないなど難しいですが、この6歳臼歯は、大人の歯です。死ぬまで一生使う歯ですから、大事にしてあげてくださいね。

つづいて、7歳~11歳頃には、まず切歯が、続いて犬歯(糸切り歯)と小臼歯が順々に生え変わります。そして12歳頃には第二大臼歯が生え始め、14歳頃までには親知らず以外の永久歯が生えそろいます。第二大臼歯は6歳臼歯のさらに奥なので歯ブラシが届きにくい為、虫歯に注意しましょう。なお、生え変わりの順番についてはばらつきが大きいので必ずこの限りではありません。生え変わりの時期についても個人差があります。乳歯は34ヶ月、永久歯は1年弱ほどの差があっても異常ではありませんのでご安心ください。

また、お母さまとお話していると、乳歯は、いつか抜けるから、という考えをお持ちの方が多いことに驚きます。

乳歯は、単純に永久歯が生えてくるまでの歯というわけではなく、次に生えてくる永久歯を誘導するガイドの役割も担っていますので虫歯などで乳歯があまりにも早い時期になくなってしまうと後から生えてくる永久歯にも影響が出る場合もあります。

生え変わりの期間は小学校に通いお子さんの自立心も次第に出てくる時。お口の中の状態までお父さん、お母さんの目が届かなくなる時期かもしれません。また、乳歯でもむし歯になってしまうと、痛みを避けるために、噛むところが偏る場合があります。これが癖になると歯並びに影響を与えることもありますので、 「ただの乳歯」ではなく、乳歯だからこそ、大事にしてあげてください。

当院に通院されているお子様は3か月ごとにフッ素を塗布し、ご家庭でも毎日のフッ素洗口を推奨しております。お子様に初めて歯が生えた時の感動を思い出して、一生自分の歯で食べられるよう、親子で歯を大切にしてくださいね。

歯科業界は、日進月歩で進化しています。補綴物といって歯のかぶせ、つめものも10年前とは全く違う材質のものが出てきます。

当院では、この度、自費のかぶせの種類を一掃し、自費のかぶせ及びつめものには一切、金属を使わないメニューとなりました。

一度、セラミックを入れた人は、銀歯を入れません。その理由をご説明します。

1.  目立つ

2.  むし歯になりやすい

3.  歯茎が黒くなる

4.  銀歯の下でむし歯が広がる

5.  汚れがつきやすい

もう少し、個別に詳しく見ていきます。

まず、①銀歯はなんといっても見た目が悪いです。口をあけて笑ったときに見えるこの感じ。

銀歯写真

やはり、歯の色は白く透明感があるほうが見た目にもきれいで第一印象もよくなりますし、銀歯が見えると年齢が実際より上に見えます。

次にむし歯になりやすいです。一度削った歯は、またむし歯になる可能性が高いです。

最初は小さなむし歯でつめものをしたけど、何年か経ち、全体のかぶせになり、また何年か経ち、抜歯し、ブリッジになり、入れ歯になり、歯がなくなるという方が多いです。

むし歯になるのは、自分の歯と銀歯の間がむし歯になるからです。お口の中に入れた銀歯は、酸性、アルカリ性、熱いもの、冷たいもの様々なものを食べることにより、劣化し、むし歯になるのです。

次に歯茎が黒くなります金属アレルギーがない方でも、銀歯を口の中に入れると、金属が溶け出すことにより、白い歯・ピンク色の歯茎は変色してきます。金属を入れた周り、ぜひ鏡で見てみてくださいね。

次に④銀歯の下でむし歯が広がります。痛いなどの症状が出てかぶせをとってみたら、むし歯は、こんな感じで広がっています。

銀歯の下でむし歯が広がっている写真

銀歯は、歯とはもともとくっつかない性質のものです。ですので、取れない形にしてはめこんでいます。銀歯が取れて中が大きなむし歯になっていた、ということはよくあることです。セラミックは歯とよくくっつくので中でむし歯がひろがることはありません。

最後に⑤銀歯は汚れがつきやすいです。

銀歯はこの50年間作り方が変わっていません。印象材で型をとり、接着するというこの作り方、50年も前から、ほとんど作り方が変わっていないのです。銀歯の表面には、目に見えない小さな傷が多くあり、その傷の中に細菌がつきます。歯ブラシで磨いても、傷の中の細菌はとれないのでお口の中にべとべと感が残ります。セラミックは表面を一度コーティングしてから焼くので傷がなく汚れが付きにくいのです。

いかがでしたか?最後に銀歯に使われる材料についてご説明します。

いわゆる銀歯の材料は、金銀パラジウム合金です。ヨーロッパなどの先進諸国では金パラの使用はなくなりました。特にドイツでは銀歯と慢性疲労症候群との関係が言われており、実際に、銀歯をセラミックに変えたら、慢性的な体調不良(頭痛や肩こり)がほとんどのケースにおいて軽減されたという報告があります。

これについては、日本では金パラは認められている材料ですし、絶対に悪とはいえませんが、歯科業界の進歩にともない、メタルフリーの時代になっていることは確かといえます。

当院では、説明を受けずに銀歯を入れられたということのないよう、かぶせについては必ずご説明をしまして、選択していただいております。