矯正治療時のホワイトニングのタイミングについて

福山市で矯正治療をしている河底歯科・矯正歯科の河底晴紀です。今日は矯正治療時のホワイトニングのタイミングについてお話したいと思います。日本でコロナが流行りだして2年が経ちます。コロナ禍のマスクによって今のうちに矯正治療をしたい!という方が本当に増えたように感じます。矯正治療の患者さんにつかせていただくと歯並びの変化を実感されている方もおり私たちもうれしい気持ちになります。見た目を気にされて矯正治療を始められた方が多く、歯並びがキレイになっていくと次は歯の色を気にされる患者さんもいます。 

矯正治療中の患者さんのお口にはボタンのようなブラケットやワイヤーなどの様々な装置が付いています。これらがついているとホワイトニングをすることができないので矯正治療時にホワイトニングがしたいと思われた場合は、矯正治療が終わってからのスタートになります。本来、矯正治療を終えられた方はマウスピース型のリテーナー(保定装置)の型取りのみしますが、ホワイトニングも希望された方はホワイトニング用のマウスピースの型取りの2種類をとらさせていただいています。 

 

 

 

 

 

 

 

この患者さんは矯正治療後にホワイトニングもされ、八重歯もキレイに並び特に八重歯にあたる前から三番目の歯 犬歯(けんし)の色は黄色がかかっているのが一般的ですが右の写真を見ると犬歯もキレイにホワイトニングされ、見違えるほど歯並びも歯の色もキレイになっています。 

ホワイトニングは主に日中にしていただき、矯正治療後のマウスピース型のリテーナーは就寝中などの夜にしていただくようお願いします。 

歯を削らずに白くできること、セラミックを用いた修復治療などに比べて比較的安価なことなどがホワイトニングの長所です。その反面、通常半年から2年ほどで色がやや後戻りをすること、変色の原因や程度によっては効果がないこと、神経がある歯の場合は知覚過敏が生じることがあるなどの短所があります。ホワイトニングが行えるかは、ホワイトニング前のカウンセリングと患者さんのお口の状態を確認した上で判断します。 

ホワイトニングに興味のある方、歯の色が気になる方はスタッフにご相談ください。 

※当院では妊娠中や授乳中の方、無カタラーゼ症(高原氏病)の方はホワイトニングを行えません。 

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページの先頭へ戻る